MENU

【2022】ワールドカップ|日本サッカー海外の反応まとめ!(カタールW杯)

2022年11月にサッカーワールドカップがカタールで開催され、サッカー日本代表は初戦で強豪ドイツと対戦し、見事に2対1で逆転勝利をおさめ、韓国や中国など海外の世界中で多くの反応がありました。

W杯では先に失点した試合では、過去9戦7敗2引き分けで「勝率0%」。しかも、相手は優勝候補のドイツだったこともあり、その分反応も大きいようです。

コスタリカ戦では惜しくも負けてしまいましたが、第3戦ではドイツに続き強豪スペインにも勝利し、見事に決勝トーナメントへ進出が決まりました!!

SNSやネット上では「歴史的勝利!」「奇跡的!」と日本中が歓喜で湧き上がっています♪

そこで今回は、「【2022】ワールドカップ|日本サッカーの海外の反応は?」と題して、調べた内容をお届けさせて頂きます!

目次

【2022】ワールドカップサッカー日本代表!海外の反応が話題!

【海外の反応】日本対ドイツ戦(ワールドカップ2022)

前半、GK権田が相手を倒してPKを献上し、1点を先取された日本。後半に入ると、森保監督は積極的に選手交代。すると後半30分、左サイドから三笘が切り込み、スルーパスに南野が反応。中央に折り返したボールをGKノイアーが弾くが、これに堂安が反応。冷静に左足で押し込み、同点ゴールで歓喜を爆発させた。

さらにその8分後、自陣からのFKから板倉がロングボールを送ると、抜け出した浅野がスピードに乗った。ペナルティエリア右まで運び、角度のないところからシュート。これがニアサイドに決まり、逆転に成功した。

THE ANSWER

海外の反応①英公共放送局「BBC」

日本がW杯でドイツを破るのはこれが初めて。彼らにとって歴史的な勝利となった。

海外の反応②英衛星放送局「スカイスポーツ」

日本は2得点を挙げたが、どちらも控え選手から。控え選手のゴールが100%というのは、日本だけである。衝撃的だ。

海外の反応③米スポーツ専門局「CBSスポーツ」

W杯もう1つの番狂わせ!ブンデスリーガの選手がドイツ撃破に導いた。

海外の反応④南ドイツ新聞

「Shock」我々はまたW杯の初戦に失敗した。浅野がドイツ人を突き刺した。

海外の反応⑤本田圭佑

とりあえずまだ落ち着こう。まだ決まってないんでね。この勝利は間違いなくいいですけど、結局もう1試合勝たないといけないことに変わりはないんで。次の分析を始めていかないと。もうすでに次の戦いは始まっている。

海外の反応⑥韓国メディア「スポーツソウル」

日本は持ち味のポゼッションとパスプレーを一時的に封印した。簡潔かつ効率的な攻撃でドイツを揺さぶり「その時」を待っていた。「日本がドイツを破ったのは偶然ではない」

海外の反応⑦スペインの新聞「MARCA」

森保はHTに久保を退場させ、冨安健洋を投入して3バックに変更。これはドイツと再び戦うための決断だった。そして浅野拓磨、堂安律、南野拓実といった選手を送り込んだ。この“切腹”覚悟の、大胆な決断こそが勝因だ。変化が相手を難しくさせ、浅野と堂安がゴールを決め、勝利を呼び込んだ。最終的に1-5-4-1といったフォーメーションは嘘となり、3人のバック、6人のストライカーをフィールドに据えるという、信じられない“革命”を起こして、番狂わせを現実にしたのだ。
この結果は、スペインに対する重大な警告だ。彼らがドイツを破ったことで、グループEの争いは分からなくなっていくかもしれない。油断はできない。

【海外の反応】日本対コスタリカ戦(ワールドカップ2022)

【海外の反応】日本対スペイン戦(ワールドカップ2022)

まとめ【2022】ワールドカップ|日本サッカーの海外の反応まとめ(カタールW杯)

今回は、【2022】ワールドカップ|日本サッカーの海外の反応は?といった内容を紹介させて頂きました!

  • 英公共放送局→歴史的な勝利
  • 英衛星放送局→衝撃的
  • 米スポーツ専門局→番狂わせ

アルゼンチンにサウジアラビアが勝利したことも話題となりましたが、日本が強豪ドイツに勝利したことも海外でも大きく取り上げられました。

2試合目にはコスタリカに惜しくも負けてしまいましたが、第3戦では強豪スペインに見事勝利し、決勝トーナメントに進むことが決定しました!

サッカー日本代表の海外の反応も評価が高く、本大会ではベスト8も狙えるかもしれませんね!

優勝候補の一角に数えられるドイツ代表やスペインを破っての決勝トーナメントの進出は、まさにジャイアントキリング!

世界を震撼させ、一躍大会の主役候補に名乗りをあげたのではないでしょうか!?

ぜひ、決勝トーナメントの活躍も期待しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次