MENU
\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

【アナウンサーたちの戦争】実話が原作?モデルや脚本は誰?(和田信賢)

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

NHKドラマ『アナウンサーたちの戦争』の主人公の和田信賢アナウンサーを森田剛さんが演じます。

SNSやネット上では「アナウンサーたちの戦争は実話?」「モデルは誰?」といった疑問の声が多くありました。

そこで今回は、【アナウンサーたちの戦争】実話が原作?モデルや脚本は誰?(和田信賢アナ)と題して、調べた内容をお届けさせて頂きます。

『アナウンサーたちの戦争』関連記事

目次

【アナウンサーたちの戦争】実話が原作?

ドラマ『アナウンサーたちの戦争』は、太平洋戦争下の日本放送協会とそのアナウンサーたちが行った電波戦について、事実に基づいて描いたものです。

主人公は、開戦ニュースで天才と呼ばれた和田信賢アナウンサーで、彼の妻や同僚、上司との関係や葛藤も描かれます。

戦前の日本放送協会

当時、日本軍の戦闘を支えるもう一つの戦いとして、「電波戦」が行われていました。これは、ラジオ放送を通じて戦意高揚や国威発揚を図り、偽情報で敵を混乱させるという戦略でした。

戦前の日本放送協会には取材を専門とする記者職がなく、主に同盟通信社から提供されるニュース原稿をアナウンサーが話し言葉に書き直して読んでいました。1940年12月の情報局設置後は、放送協会は国家の宣伝を担うことになり、ニュース原稿を提供する同盟通信社自体が、国策推進のために設立された通信社でした。

戦後、日本放送協会は新たな組織に生まれ変わり、1946年4月に放送記者制度が創設され、公募によってNHK放送記者第1期生が誕生しました。さらに、表現の自由を保障する日本国憲法の下で、1950年に放送法が施行され、自主・自律を堅持する放送局としてNHK・日本放送協会は再出発しました。

【アナウンサーたちの戦争】モデルの和田信賢アナって誰?

和田信賢アナウンサーは、日本の放送史に残る伝説的な人物です。彼は戦前から戦後にかけて、多くの名場面を実況し、聴衆の心をとらえました。彼の実況は「瞬間芸術」と呼ばれるほどに華麗で情緒に溢れていました。彼はまた、文化人とのトーク番組「話の泉」の司会者としても人気を博しました。彼は妻である大島実枝子アナウンサーとともに、NHKのアナウンサーの先駆者として尊敬されています。

また、和田信賢アナウンサーが実況した双葉山・安芸ノ海の取組や終戦放送などの音声や映像もインターネットで視聴できます。彼の声には、当時の時代背景や感情が反映されており、聴く者に強い印象を与えます。ぜひご覧ください。

和田信賢アナウンサーのプロフィール

  • 名前:和田信賢
  • 読み方:わだのぶたか
  • 生年月日:1912年6月19日
  • 没年月日:1952年8月14日
  • 出身地:東京都
  • 学歴:早稲田大学中退

【アナウンサーたちの戦争】脚本は誰?

ドラマ『アナウンサーたちの戦争』の脚本は、倉光泰子さんです。

  • 名前:倉光泰子
  • 読み方:くらみつやすこ
  • 生年月日:1983年8月22日
  • 出身地:埼玉県熊谷市

倉光泰子さんは1983年8月22日に埼玉県熊谷市で生まれ、日本大学芸術学部映画学科監督コースと東京芸術大学大学院映像研究科脚本領域を卒業しました。彼女は映画制作会社や配給会社に勤務しながら、携帯ゲームのシナリオを執筆していました。

彼女の脚本家としてのキャリアは、2014年に第26回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞した『隣のレジの梅木さん』で始まりました。その後、フジテレビの月9ドラマ『ラヴソング』や『グッド・ドクター』、Netflixの配信ドラマ『今際の国のアリス』など、様々なジャンルのドラマを手掛けてきました。彼女の作品は、人間の心の中身や葛藤を鋭くとらえるとともに、皮肉や悪意を含んだユーモアも交えることで、視聴者に強い印象を与えます。

彼女は2020年に放送された『アライブ がん専門医のカルテ』で第9回市川森一脚本賞を受賞しました。このドラマは、がん専門医として働く主人公が自らがんになりながらも患者と向き合っていく姿を描いたもので、医療現場のリアルさや人間ドラマの感動が評価されました。

彼女は現在も活躍中で、2022年にはフジテレビの『PICU 小児集中治療室』やTBSの『王様に捧ぐ薬指』などのドラマを担当しています。

あかり

彼女の作品は、ウェブサイトや動画配信サービスで視聴することができます!ぜひチェックしてみてくださいね♪

倉光泰子さんコメント

企画書のタイトルだけ見た瞬間は、アナウンサーが戦争に立ち向かう話だと思いました。

正義を貫くアナウンサーが登場し、情熱で人の心を絆す、そんなイメージです。ですが、そこに書かれていた内容は違いました。私たちが知らなかった真実がありました。衝撃でした。これはたくさんの人に届けなくてはいけない話だと、強く感じました。

ドラマとはいえ、史実に基づく話です。たくさんの方にご協力いただき、慎重に言葉を選びながら、脚本を作り上げました。この話を伝えたいという制作チームの情熱が伝わるものになったと思います。

この作品では、戦争の恐怖だけではなく、言葉の持つ力について描いています。戦争は過去のものではありません、世界各地で続いています。その一方で、以前と違い、誰もが好き勝手に言葉を発せる時代になりました。そんな今だからこそ、この作品が、戦争とは、言葉の力とは何なのか、考えるきっかけとなればと願っています。

まとめ【アナウンサーたちの戦争】実話が原作?モデルや脚本は誰?(和田信賢)

今回は、【アナウンサーたちの戦争】実話が原作?モデルや脚本は誰?(和田信賢アナウンサー)といった内容を紹介させて頂きました。

NHKドラマ『アナウンサーたちの戦争』は、太平洋戦争下の日本放送協会とそのアナウンサーたちが行った電波戦について、事実に基づいて描いたもので、モデルは森田剛さんが演じる主人公の和田信賢アナウンサーです。

脚本は今注目の倉光泰子さんが担当しています。

森田剛さんが熱演する演技も注目ですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次