MENU
\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

【ワンパンマン】原作終了?サイトやひどいという声の真相は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

『ワンパンマン』は、ONEによるウェブ漫画で、村田雄介によるリメイク版が『となりのヤングジャンプ』で連載されている人気作品です。しかし、原作が終了したという噂や、リメイク版がひどいという声がネット上で飛び交っています。これらの真相は一体何なのでしょうか?

そこで、この記事では、『ワンパンマン』の原作終了の理由や、原作の作者は誰なのか、公式サイトはどこなのか、ひどいという声はなぜ出ているのかなどを解説します。

目次

【ワンパンマン】原作終了?

『ワンパンマン』の原作が終了したという噂についてですが、これは誤りです。原作はONEによってウェブサイト上で連載されています。ただし、原作は不定期更新であり、過去には2年間も更新が止まっていたことがあります。そのため、更新が滞るとすぐに終了したと勘違いされることがあるようです。しかし、ONEは自身のホームページで原作の更新休止を正式に発表したことがあります。

そのため、もし本当に原作が終了する場合は、ONEから何らかのアナウンスがあると考えられます。現時点では、原作はまだ続いていると言えます。

【ワンパンマン】原作の作者は誰?

『ワンパンマン』の原作の作者は、ONEという漫画家です。ONEは『モブサイコ100』や『弾丸天使ファンクラブ』などの作品でも知られています。ONEは2009年から『ワンパンマン』をウェブサイト上で連載し始めました。

当初は漫画制作ソフトの練習のために描いていたものでしたが、読者からの反応が予想以上に大きくなり、最終話までのプロットを制作しました。その後、読者であった村田雄介から共同制作のオファーを受けてリメイク版を開始しました。

村田雄介さんのプロフィール

村田雄介さんは1978年生まれの漫画家です。代表作は『アイシールド21』や『ワンパンマン』です。村田さんは12歳でゲーム『ロックマン3』にキャラクターを応募して佳作入選しました[^10^]。その後もゲームや漫画に関わる活動を続けており、1995年には『週刊少年ジャンプ』でデビューしました。

2012年からONEと共に『ワンパンマン』のリメイク版を連載しており、アニメ化や実写映画化も決定しています。

【ワンパンマン】サイトはどこ?

『ワンパンマン』のサイトについてですが、原作とリメイク版で異なります。原作はONEのホームページで連載されており、こちらから無料で読むことができます。リメイク版は『となりのヤングジャンプ』で連載されており、こちらから無料で最新話と過去の一部の話を読むことができます。また、リメイク版は単行本化もされており、書店やオンラインショップで購入することもできます。

【ワンパンマン】ひどいという声はなぜ?

『ワンパンマン』がひどいという声についてですが、これは主にリメイク版に対するものです。リメイク版は原作に比べてストーリーやキャラクターに変更や追加が多くあります。そのため、原作のファンからはリメイク版が原作の面白さを損なっているという批判があります。特に、2021年7月に更新された第213話では、サイタマが時間を逆行するという衝撃的な展開が描かれました。これに対して、原作の設定や世界観を無視しているという不満や、村田雄介が自分の好きなように描いているという疑惑が出ています。

しかし、一方でリメイク版のファンからは、村田雄介の画力や演出力を高く評価する声や、ONEの監修の下で描かれていることを信頼する声もあります。また、原作も不定期更新であり、リメイク版よりも遅れていることもあります。そのため、リメイク版が先行してオリジナル展開をすることは仕方ないという意見もあります。

まとめ【ワンパンマン】原作終了?サイトやひどいという声の真相は?

この記事では、【ワンパンマン】原作終了?サイトやひどいという声の真相は?といった内容を紹介させて頂きました。

『ワンパンマン』はONEによるウェブ漫画で、村田雄介によるリメイク版が『となりのヤングジャンプ』で連載されている人気作品です。原作は終了しておらず、まだ続いています。原作の作者はONEで、リメイク版の作者は村田雄介です。原作はONEのホームページで読むことができます。

リメイク版は『となりのヤングジャンプ』や単行本で読むことができます。リメイク版は原作に比べて変更や追加が多くあります。そのため、原作のファンからは批判がありますが、リメイク版のファンからは賛美や信頼があります。両者の違いや魅力を理解して楽しんでみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次