MENU
\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

【すきすきワンワン!】ネタバレあらすじ全話!結末の最終回ラストはどうなる?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

King&Prince(キンプリ)の岸優太さんと美少年の浮所飛貴さんが出演する日テレ系ドラマ『すきすきワンワン!』は、2023年1月~3月に放送されました。

『すきすきワンワン!』の脚本は、NHKの朝ドラ『スカーレット』など数多くのドラマを手掛けている人気脚本家の水橋文美江さんです。

『すきすきワンワン!』には原作がなく、完全オリジナルストーリーなので、最終回まで展開が読めず楽しめますよね♪

この記事では、【すきすきワンワン!】ネタバレあらすじ全話!結末の最終回ラストはどうなる??と題して、1話から最終回までのあらすじとネタバレをお届けさせて頂きます。

『すきすきワンワン!』関連記事

目次

【すきすきワンワン!】あらすじネタバレ

『すきすきワンワン』は、いまどきの26歳クズ男が昔飼っていた最愛の犬と再会し、愛し愛され、成長していく感動の物語を描いてます♪

夢もなく人生あきらめモード、いったん勤めた会社もなんとなく辞めてしまい自堕落な生活を送っていた炬太郎の前に「僕はあなたの元飼い犬・てんです!」と名乗る謎の男・木ノ宮天が現れます。

スピリチュアルなことは一切信じない炬太郎は、なぜかひとり感動し距離を縮めてくる木ノ宮を拒もうと試みるものの「宝物の首輪」「小さかった頃の思い出」「てんにだけ話した悩み事」など、てんにしかわからないモノやコトをずばずばと言い当てられてしまいます…。

徐々に信じざるを得なくなっていく炬太郎の複雑な胸中を置いてきぼりにし、木ノ宮は「あの頃の輝いていたご主人様に戻ってほしい!」「僕はあなたのためならなんでもできる」「ご褒美になでてください!」「なんなら一緒にお風呂入ろう!」と、シッポを振るように興奮し、やたらおせっかいと、強すぎるスキンシップをかけてきます。

最初こそ、うっとうしがった炬太郎だったが、自分のためにひた向きに尽くす“木ノ宮”てんに、溶かされ、癒され、しまいには心奪われていくのですが・・・

【すきすきワンワン!】1話「ネタバレ」「あらすじ」1月23日放送

第1話放送日
2023年1月23日(月)

【すきすきワンワン!】第1話のあらすじ

無職で無気力な主人公の炬太郎(岸優太さん)。
そんな炬太郎は、散らかり放題の部屋で起きて食べて寝るというだけの、いわるゆ「ダメ生活」を送っていました。

▼第1話あらすじ詳細

そんな炬太郎の元にある日、「僕はあなたの元愛犬でした!」と名乗る謎の男・てん(浮所飛貴さん)が現れます・・!
てんの口から炬太郎の子供時代の『てんしか知りえない真実』が飛び出し、「まさかほんとに!?」と謎の男の言うことを信じざるを得ない炬太郎でした。

そして、ダメ男と元愛犬だった男子との不思議な同居生活が始まります・・

【すきすきワンワン!】1話のネタバレ!

一匹の真っ白い犬・てんは、雪井家で飼い主・炬太郎(伊藤篤志さん)に愛されて共に過ごしていました。
そんなある日、てんが天寿をまっとうする日がやってきました。弱ったてんを抱きしめ、悲しむ炬太郎は、昔おばあちゃんから聞いた「モンモン」という国に伝わる「尻尾を切り取って丘の上に埋めると、人に生まれ変わることが出来る」という言い伝えを教えます。てんは、自分が死んだら尻尾を切り取って丘の上に埋めてほしいと祈り、天国へ旅立つのでした。

▼第1話ネタバレ詳細

それから14年後。炬太郎(岸優太さん)は無職で無気力な26歳になってしまっていました。日中から日向ぼっこをして、親子連れに「あんな大人になっちゃだめよ」と言われてしまう始末。

元カノである森川澪央澪(桜田ひよりさん)の職場をこっそり覗き見しにいく炬太郎。澪央にみつかり、説教されてしまいます。

自転車でとぼとぼと自宅に帰る途中、橋の真ん中で真っ白い服装に身を包んだ青年(浮所飛貴さん)が炬太郎の前に立ちはだかります。にこにこと炬太郎を見つめる青年を不審に思いながらも横を通り過ぎようとする炬太郎。その時、青年が「ワン!」と吠え、驚いた炬太郎は振り向きます。すると、青年は愛犬・てんの姿にかさなります。驚きを隠せない炬太郎は動揺しながらも自宅に帰ります。

炬太郎は親の残した家に住み、空き部屋を貸し出すことで生計を立てていました。しかし、自堕落な炬太郎のせいで、なかなか借り手が見つからず、管理不動産屋の柿田(おいでやす小田さん)にも呆れられる始末でした。

そこに、さっき橋であった青年が「部屋を貸してください」とあらわれ、好条件を提示された炬太郎は青年に部屋を貸し出すことにします。

書類を書きながら身の上話をしだす青年は、急に「こた君さえいればいい」と言いだし、炬太郎を慌てさせます。そして青年は、自分が「てん」の生まれ変わりで、20歳の誕生日にニューオーリンズを訪れた際ハリケーンに見舞われ雷鳴と共に夜空に閃光が走り、その瞬間「前世が犬だ!こた君に会いたい!」と記憶がよみがえったことを語ります。とても信じられるような話ではなく、不審がる炬太郎に、てんと名乗る青年は炬太郎とてんしか知らない事実を語り始めます。

それは、しっぽを切って丘の上に埋める言い伝えの話や、炬太郎が野球のボールやあひるのおもちゃを庭に埋めていたことでした。炬太郎とてんしか知ることのないエピソードの数々に、さすがに炬太郎も信じざるを得ない状況でした。

炬太郎は青年に、犬が生まれ変わることを小学校5年生までは本当に信じていた、と語り始めます。炬太郎はてんの全てが本当に大好きだったから、尻尾を切り取って埋めるなんてとてもじゃないけど出来なかった、と謝るのです。そして、「てん、一緒に暮らそう」と青年に伝えました。

こたつでうたた寝をする炬太郎を見つめながら、てんは炬太郎と初めて会った時のことを回想します。そして、「ペロペロしたい~」と炬太郎に抱きつこうとし、炬太郎は「やめろ~」と拒否、2人の生活は始まったばかりです。

あかり

浮所くんが元・飼い犬の役!白い衣装が似合っていましたね♪

【すきすきワンワン!】2話「ネタバレ」「あらすじ」1月30日放送

第2話放送日
2023年1月30日(月)

【すきすきワンワン!】第2話のあらすじ

てん(浮所飛貴さん)と同居することになった炬太郎(岸優太さん)は元カノ・森川澪央澪(桜田ひよりさん)から借金の返済を求められます。しかし、実はいまだに澪央への未練いっぱいの炬太郎は、借金という繋がりが無くなってしまうと、本当に澪央との関係は断ち切られてしまうという思いから、一歩を踏み出せずにいました。

▼第2話あらすじ詳細

けれどもてんから説得され、澪央への未練を断ち切るため、炬太郎はてんの協力の元、借金返済という名目で澪央に会いに行きます。しかし、そこで厳しい現実を突きつけられることになってしまいます。ただ、大好きだった澪央を幸せにしたいと願っていたはずだったのに、どうしてこんな関係になってしまったのか、炬太郎は胸の内をてんに打ち明けます。
果たして炬太郎は無事借金を返し、澪央への思いを伝えることが出来るのでしょうか?

【すきすきワンワン!】2話のネタバレ!

晴れて、てん(浮所飛貴さん)と同居することになった炬太郎(岸優太さん)は、元カノ・澪央(桜田ひよりさん)に未練たらたらです。澪央から借りたままのお金・5万円を返すように頻繁に連絡が来ますが、返事もせず無視を決め込んでいました。

▼第2話ネタバレ詳細


呆れるてんに、炬太郎は「人を本気で好きになったことがあるか?」と問い、てんは「ありますよ」と答えます。
炬太郎が澪央に借金を返さない理由は「お金を返してしまったら、今後電話もメールも来なくなって、2人の関係が完全に終わってしまう!」という身勝手なものでした。いよいよ呆れるてんに「見ろ!お金を返さない限り絶対忘れないからな!だって!」と澪央からのメッセージをみせ、自暴自棄に笑います。身勝手な屁理屈をこねながら、借金に澪央との唯一の繋がりを炬太郎は感じていました。そんな炬太郎を見かねたてんは、澪央との関係にきちんとけじめをつけるように促し5万を渡します。

炬太郎はしぶしぶ澪央のもとに向かいますが、話しかける勇気が出ずに一歩を踏み出すことが出来ません。結局借金を返すことが出来ずに帰宅した炬太郎は、縁側でてんに澪央とのなれそめについて語りだします。
大学時代、人数合わせで呼ばれた飲み会で澪央と知り合った炬太郎はふとしたことで二人で飲み会を抜け出し、カラオケに行きます。そこで飲んで歌って、「付き合って!」と澪央から交際を申し込まれます。カラオケ嫌いだった炬太郎は「カラオケは何組のカップルを生み出してきたのかな」と酒とカラオケに感謝します。

しかし、その日が二人のピークで、デートしても何を話していいかわからない炬太郎は空回り。気まずい時間を埋めるためにいろんなところへ出かけましたが、澪央が喜んでいるのかわからず次第に一緒に過ごす時間を苦痛に感じてしまうようになり、ついに二人は別れてしまったのです。

「本気で好きで、幸せにしたかっただけなのに」どうしてこうなってしまったのか、てんに切ない胸の内を語る炬太郎を静かに見つめるてん。

その時再び澪央から電話があり、「もう連絡することも時間の無駄だから、振込先に借金を入金して」と言われますが、炬太郎は何も言えないままでした。そして澪央は「こた君は私のことを好きだったんじゃない、彼女の出来た自分のことを好きだっただけだ」と炬太郎をなじり電話を切りました。

意を決したように、家を飛び出した炬太郎は澪央を見つけ、お金を渡します。そして何かを伝えようと澪央を見つめますが、言葉が出てきません。なにか言いたげに炬太郎を見つめる澪央でしたが、やがて絶望したように、何も言わず去っていきました。

失意の中帰宅した炬太郎を玄関でてんが出迎え、あたたかく「おかえり」と言ってくれたので炬太郎は少しほっとしたように「ただいま」というのでした。

炬太郎を元気付けるように、てんは手作りのお寿司をふるまいます。子供の頃の炬太郎がおいしそうにお寿司を食べる姿を、ずっと羨ましく思っていたとてんは話します。誕生日でもない日にお寿司とケーキ?と疑問に思う炬太郎に、「記憶に残るね」とてんは微笑みます。

炬太郎はてんに「好きになった人って誰?」と聞きますが、てんは教えてくれませんでした。
たくさん笑いながらお寿司を食べ、二人の夜は更けていくのでした。

あかり

仲良くお寿司を食べる炬太郎と天が可愛かった♪

【すきすきワンワン!】3話「ネタバレ」「あらすじ」2月6日放送

第3話放送日
2023年2月6日(月)

【すきすきワンワン!】第3話のあらすじ

野球少年だった頃の炬太郎と同じ野球チームだった、光太郎(前原滉さん)。パッとしない少年炬太郎が唯一心を許していた友人でした。その光太郎から、ある文学賞を受賞したと突然の連絡が入りました。

▼第3話あらすじ詳細

あまり気乗りがしないながらも、受賞パーティーに出向いた炬太郎は、光太郎から自分が不器用ながらもひたむきな努力を続けて来られたのは、炬太郎のおかげだと感謝の気持ちを伝えられます。

光太郎はチームメイトからからかいを受けて泣いている、気の弱い少年でした。ですが、くじけずに夢に向かって努力を続け、ついには夢を叶えたのです。光太郎からの思いがけない言葉を受け、戸惑う炬太郎は「自分は20年何をやっていたんだろうな…」と苦い思いをかみしめます。

「自分はこのままでいい!」と開き直る炬太郎でしたが、次第にかつて努力家で一生懸命野球に取り組んでいた自分を思い出すのでした。

【すきすきワンワン!】3話のネタバレ!

天気の良い朝、天(浮所飛貴さん)は洗濯を済ませ上機嫌。こたつで寝ている炬太郎(岸優太さん)の寝顔を見ると、たまらない気持ちになり側に横になり、気持ちよさそうに眠る炬太郎にそっと近づく天。すると炬太郎はうなされ始め、ぺらぺらと寝言を喋り始めます。

▼第3話ネタバレ詳細

実は炬太郎はとっくに起きていましたが、目を閉じたまま、少年時代炬太郎が入団していた少年野球チームの唯一の友達である光太郎(前原滉さん)との思い出を語り始めます。すると光太郎が同級生にいじめられている光景が炬太郎の脳裏に浮かび、炬太郎はもだえ苦しみます。

炬太郎は起き上がり、天に文学新人賞を受賞した光太郎からの招待状を見せました。受賞パーティーに行くのをためらう炬太郎に、天ははっぱをかけ、炬太郎はしぶしぶスーツに身を包み出かけるのでした。

パーティー会場に到着すると、光太郎が記者からの取材を受けているところに出くわします。自分と同じ冴えない人間だと思っていた光太郎がキラキラ輝いている姿に炬太郎は少しショックを受けます。そんな炬太郎に気が付かず、光太郎は「子供のころ、ダメダメだった自分をこた君が助けてくれた。いつか小説家になったらお礼が言いたい」と、思い出を語ります。

すると光太郎は炬太郎を見つけ、「こた君⁉」と嬉しそうに駆け寄ってきました。流れで炬太郎も記者から取材を受けるのですが、無職であることを告げると気まずい雰囲気に…さらにせっかくのスーツ姿もウエイターに間違われ、水を持ってくるように言われてしまう始末。

すっかり気持ちの折れた炬太郎は、光太郎に小説家として頑張ってほしいと激励すると家路につきました。

夜、天と二人で光太郎の執筆した作品リストをみた炬太郎は、その作品数の多さに驚きます。ダメでも、それでも諦めずに夢に向かって書き続けた光太郎の作品を見ながら「なんだよ、ダブルダメ太郎だったくせに…。ダサいだろ、こんな努力今時」「でも、すげえよ」とつぶやくのです。

パーティーで光太郎は小学校の時から、ものになるかわからなくてもずっと諦めずに小説を書き続けて来たと言っていました。そして光太郎は少年時代の炬太郎が言った「俺たちも奇跡を起こすんだ!」という言葉に背中を押され、ずっと書き続けてきたと言い「ありがとう」とお礼を言いました。

炬太郎はその言葉で、キラキラしていた少年時代の自分を思い出すのです。

次の日、不動産会社の柿田(おいでやす小田さん)が炬太郎宅を訪ねると、いつになくきちんと洗濯物をたたんでいる炬太郎をみて驚きます。そんな柿田に炬太郎は未払いだった家賃を払い、働くことにしたことを伝えると柿田はより一層驚くのでした。

あかり

炬太郎が前向きになれてよかったですね♪

【すきすきワンワン!】4話「ネタバレ」「あらすじ」2月13日放送

第4話放送日
2023年2月13日(月)

【すきすきワンワン!】第4話のあらすじ

小学生時代の親友、光太郎(前原滉さん)から刺激を受けた炬太郎(岸優太さん)は、今の生活から脱却する第一歩としてフードデリバリーのアルバイトを始めることになりました。

▼第4話あらすじ詳細

デリバリーなんて楽勝と軽く考えている炬太郎を、天(浮所飛貴さん)は心配そうに見つめます。

しかし現実はそんなに甘くはなく、いざ仕事を始めてみると配達ミスや、不本意なクレーム対応など、様々な試練にぶつかってしまい、炬太郎はすっかりくじけてしまいます。

炬太郎は「こんな仕事しか出来ないんだよ、俺は」と仕事の不満を天にぶつけますが、天から返ってきた言葉は思いがけず厳しいものでした。

果たして天の本心とは、そして炬太郎は気持ちを持ち直し、仕事を続けることが出来るのでしょうか?

【すきすきワンワン!】4話のネタバレ!

かつて、自分と同じダメダメだったはずの親友、光太郎(前田滉さん)の小説家デビューを目の当たりにし、炬太郎(岸優太さん)は、今の状況から脱却する第一歩として、フードデリバリーのアルバイトを始めることになりました。
てん(浮所飛貴さん)は心配顔ですが、炬太郎は「アルバイトなんて楽勝だ」と軽く考えている様子です。

▼第4話ネタバレ詳細

ある日、炬太郎はサラリーマンの二人組にデリバリーを渡しますが、先輩に叱責されている後輩社員を見て、苦い思い出が蘇ってきました。

夜、炬太郎は新入社員だった頃、とても仕事が出来て人間としても優れている上司が、理不尽な理由で急に左遷されてしまった、という苦い思い出をてんに語りました。その時炬太郎は「どんなに頑張っても意味がない」と人生を諦めてしまったのです。複雑な表情で炬太郎を見つめるてんに気が付かず、「デリバリーなんて楽勝でやれっから!」と余裕の表情の炬太郎でした。

しかし、翌日の配達はトラブル続きで、住所の登録間違えやご近所からのクレームなど散々なものでした。そんな時、次の配達先にむかう炬太郎の側で、初老の女性が自転車を倒してしまい立往生しており、炬太郎は戸惑います。

そして、配達先に行くとそこはユーチューバーの自宅で、炬太郎は勝手に動画撮影された挙句、配達が遅い、どうせこんな仕事しか出来ないんだろう、などと散々文句を言われます。

夜、てんに今日の愚痴を喋る炬太郎に、てんは「こた君だって、どうせこんな仕事っておもってたでしょ」「自分で選んだ仕事に誇りを持ってなかったでしょ!?」と珍しく険しい顔で言い、図星を刺された炬太郎はてんと言い合いになってしまいます。

険悪な雰囲気になってしまったところに、偶然柿田さん(おいでやす小田さん)が焼き芋を届けてくれました。炬太郎は幼い頃てんに焼き芋をあげて一緒に食べた記憶を思い出し、てんに声をかけ、二人で縁側で焼き芋を食べ、仲直りします。

てんの提案で、炬太郎のデリバリーサービス評価を見てみると、評価は星3つと決して悪いものではありませんでした。また、炬太郎に感謝の気持ちを伝えるメッセージが届いていました。実はユーチューバーに配達に行く前、自転車を倒したおばあさんを助けていた炬太郎は、そのせいで配達が遅くなってしまったのです。メッセージはそのおばあさんから届いたもので、炬太郎は胸が熱くなりました。

頑張って意味のないことなんてない、頑張った先には何かがある、てんの言葉を優しく受け止める炬太郎。

こうして二人の夜は優しく更けていくのでした。

【すきすきワンワン!】5話「ネタバレ」「あらすじ」2月20日放送

第5話放送日
2023年2月20日(月)

【すきすきワンワン!】第5話のあらすじ

炬太郎(岸優太さん)とてん(浮所飛貴さん)の関係は少しずつ親密になってきていました。そんな二人をいぶかしげに見つめる不動産屋の柿田(おいでやす小田さん)ですが、炬太郎を飲み会に誘います。

▼第5話あらすじ詳細

仕方なく、しぶしぶ飲み会に参加することになった炬太郎ですが、なんと財布を家に忘れてしまったことに気が付きます。

財布はてんに届けてもらうことになり、事なきを得ます。しかし、財布を届けに来たてんを真冬の路上に待たせたまま、炬太郎は次の店に向かってしまうのです。慌てててんの待つところへ急ぐ炬太郎ですが、てんの思いもかけない行動に驚き、戸惑います。

そして自分の中に思いもよらぬ感情が湧き上がってくることに、炬太郎は葛藤するのです。

果たして、炬太郎の中に湧き上がる感情とは、いったい何なのでしょうか。

【すきすきワンワン!】5話のネタバレ!

晴れた日、庭で素振りをする炬太郎(岸優太さん)をまぶしく見つめるてん(浮所飛貴さん)。てんには炬太郎がキラキラと輝いて見えていました。ふたりで好きな人について話しますが、てんは炬太郎のことが好きなことを言えずもじもじ。そんなてんに、犬時代によくやった“まて”をやり、和気あいあいとする炬太郎とてん。
そんな二人の仲の良さをいぶかしげに見つめる、不動産屋の柿田(おいでやす小田さん)ですが、仲をあやしま れ、大家と借主の関係でそれ以上でもそれ以下でもないことを声高に炬太郎はアピールします。

▼第5話ネタバレ詳細

それならと、柿田は思いを寄せる女性との飲み会に一緒に行ってくれないかと炬太郎に頼み、しかたなく飲み会に参加することになりました。

しばらくして、てんは炬太郎が財布を自宅に忘れてしまったことに気が付き、後を追いかけます。

一方、女性に飲み会をすっぽかされた柿田はすっかり落ち込んでしまっています。そこに財布を届けにてんがやってきますが、柿田の気持ちを考えた炬太郎は「まて!」のポーズでてんを止め、次の飲み屋に移動します。

しばらくし、すっかり酔っぱらって帰宅した炬太郎はてんがいないことに気が付きます。「まて」のことを思い出し、急ぎカラオケ店に走る炬太郎の目に映ったのは、寒さの中健気に炬太郎を待ち続けるてんの姿でした。

そこに柿田から電話がかかってき、お詫びをされた炬太郎は「犬なら、ずっと待ってくれます」と柿田に伝えました。その瞬間、てんを愛おしく思う気持ちが溢れ、「好きだ、大好きだ、てん」と、涙が流れる炬太郎。そんな自分の気持ちに戸惑い、いくら愛犬とはいえ人間の男性に愛情を感じる自分に葛藤します。葛藤する炬太郎に気が付いたてんは、「こたくーん!」と屈託なく手を振り、炬太郎はてんを抱きしめます。

家に帰り、お風呂で体を温めたてんにドライヤーをかけてあげる炬太郎ですが、てんはドライヤーが苦手でした。

さっぱりとし、月を眺めるてんの後ろ姿がキラキラと輝いて見え、さらに戸惑う炬太郎の夜は更けていくのでした。

あかり

浮所くんが本物のわんちゃんにみえてきますよね♪

【すきすきワンワン!】6話「ネタバレ」「あらすじ」2月27日放送

第6話放送日
2023年2月27日(月)

【すきすきワンワン!】第6話のあらすじ

てん(浮所飛貴さん)に対し、元飼い主と飼い犬としてだけの想いにとどまらない“愛”を感じ始めた炬太郎(岸優太さん)は戸惑いながらもてんに優しく接します。てんも炬太郎からの“愛”を感じて、喜びを隠し切れずにいました。
そんなある日、炬太郎の元に突然一人の美しい女性が現れます。

▼第6話あらすじ詳細

それはなんと、炬太郎が高校生の時に知人から一時的に預かったセレブ猫・エリザベスの記憶を持つ女性・エリー(松本まりかさん)でした。

勝手に雪井家の中をうろつきまわり、上から目線でものを言うやりたい放題のエリーに、てんは敵対心と嫉妬心を抱きます。

元飼い犬と元ネコとの奇妙な三角関係にたじろぐ炬太郎に、エリーは「私の会社で一緒に働かない?」と誘いを持ち掛けるのです。

【すきすきワンワン!】6話のネタバレ!

炬太郎(岸優太さん)とてん(浮所飛貴さん)は、温かい鍋の用意をし夕食にしようとしています。ですが、ビールが1本しかないことに二人はがっかり。お互い譲り合いますが、結局半分こにしようということになります。まず、炬太郎がビールを一口のみ、てんに渡すと何のためらいもなくビールを飲むてん。その姿に「間接キスだ…」と動揺する炬太郎は、残りのビールもてんにあげます。炬太郎のてんへの想いは元飼い主としてだけではないものに変わってきており、てんは「最近こた君が優しい」と嬉しそう。

▼第6話ネタバレ詳細

二人は夕食を食べながら、昔近所にいたネコの「ブーコ」の話題で盛り上がります。

すると、二人しかいないはずの家でカサカサ音がします。恐る恐る音のする方へ行ってみると、ドアが少し空いており、なぜか炬太郎の卒論が段ボールからはみ出ており、炬太郎は不思議に思います。二人はネコのブーコが来たのではないかと疑いますが、ブーコはずっと前に亡くなっていたのでした。

そんなある日のこと、炬太郎とてんの前に突然一人の美女が現れます。ズカズカと家に乗り込んで、好き勝手にふるまう女性に敵対心と嫉妬心を抱くてんは、女性をネコのブーコの生まれ変わりではないかと疑います。対抗心むき出しのてんに、「キャンキャンうるさい!番犬か!」と一括する女性。

戸惑う炬太郎とてんに、女性は自分はブーコではなく前世がネコのエリザベスで、その記憶を持ったエリー(松本まりかさん)であることを打ち明けます。エリザベスは炬太郎の母親が知り合い頼まれてから3か月だけ預かったネコで、気位が高くまったく炬太郎に懐くことはありませんでした。

エリーが飼い主のもとに帰る日、炬太郎はエリザベスに「バカバカ!くそネコ!」となじりながら「でも、大好きだったよ」と打ち明け、エリザベスも答えるように「ニャー」と初めて鳴き声をあげました。

エリーは実は炬太郎のことを気に入っていたため、会いに来たのでした。エリーは炬太郎の卒論をたまたま読み、炬太郎の才能に目を付け「私の会社で働かない?」とスカウトします。実はエリーの会社はスタートアップ企業であり、年収など炬太郎にはもったいないほどの好条件でした。

しかし、自分に自信のない炬太郎は、エリーの誘いを信じることが出来ず、辞退するためにエリーの会社に向かいます。ですが、エリーのビジネスパートナー・月野(増田昇太)に卒論の素晴らしさを褒められ、スカウトを受けることにします。

てんは、スカウトを受けた炬太郎に「エリザベスのこと信じるのかよ!しっかりしてよ!」となじります。

そんなてんを見て、炬太郎は「お前、好きな人いるんだよな。まるで嫉妬されてるみたいだ」と笑いながら、エリーのことは自分で考えて決めたことだと言います。

するとてんは「僕の好きな人はこた君だよ!バカー!」と言い出て行ってしまい、思いがけない告白に炬太郎はただ、あっけにとられてしまうのでした。

豆ねこ

6話では新キャラ・エリーが登場♪

【すきすきワンワン!】7話「ネタバレ」「あらすじ」3月6日放送

第7話放送日
2023年3月6日(月)

【すきすきワンワン!】第7話のあらすじ

スカウトを受け、エリーの会社でお試しインターンとして働くことになった炬太郎。
エリーに背中を押され、炬太郎は期待に応えようと、連日夜遅くまで働き詰め、てんとはまともに会話も出来ない状態になっていました。

▼第7話あらすじ詳細

そんなある日、てんが熱を出して寝込んでしまいます。かつて、幼いころにてんを失った日の悲しみを思い出した炬太郎は「ほっとけない」と仕事を休んでてんの看病をすることにします。

すると、炬太郎の欠勤を知ったエリーが「たかが同居人の看病のために仕事を休むなんて!」と憤って家に乗り込んできます。炬太郎は「同居人としてだけではなく、てんのことを大事に思っている」とてんをかばいます。

てんは自分のせいで炬太郎が責められている姿を見て、ある決断をします。

エリーの登場で、新たな局面を迎えた炬太郎とてんの関係はどうなってしまうのでしょうか?

【すきすきワンワン!】7話のネタバレ!

炬太郎(岸優太さん)は、エリー(松本まりかさん))のコンサルティング会社でインターンを始めることになりました。すねるてん(浮所飛貴さん)に、「今回のことは自分で決断したことで、エリーのいうことを聞いたわけじゃない」と説明します。てんも仕方なく納得し、晴れて炬太郎は出社することに。

▼第7話ネタバレ詳細

玄関で見送るてんに炬太郎は「忘れ物。俺はしなくてもいいんだけどさ」と言い、てんは嬉しそうに炬太郎をハグし「応援してるよ」と激励するのです。

出社した炬太郎は「ロマネコンティ」についてのレポートを月野(増田昇太さんさん)とエリーに見てもらいますが、ロマネコンティを知らない炬太郎は、内容の薄いものを提出、月野に「うちで働くならワインの味を知ってほしい」と言われます。

エリーにも「炬太郎のレポートは内容が貧相だ」と言われ、残業して書き直すことに。

懸命にレポートに励む炬太郎のもとにエリーが現れ「高校の時、炬太郎君が頑張っている夜とか、本当はこうしたかった」と言い、炬太郎の背中に抱きつき「炬太郎君、頑張れ」と励まします。

エリーに「やればできる子」と激励され、毎日懸命に仕事に取り組む炬太郎を、てんは心配そうに見つめます。

努力の甲斐あって、月野にも認められ上機嫌の炬太郎は、久しぶりにてんとタコ焼きをすることにします。

そこにエリーが現れ、てんは明らかに不機嫌な顔になりました。

ワインや焼酎で、、すっかり酔っぱらってきたエリーはクイズを出し始めますが、炬太郎とてんの答えはことごとく一致せず、エリーは「私の優勝!」と炬太郎に抱きつき、てんを不愉快にさせました。

エリーの帰宅後、てんの様子がおかしいことに気が付いた炬太郎は、てんの額に手をあてると発熱しており、寝込んでしまいます。

翌朝もてんの熱は下がらず、心配しながらも炬太郎は出社しますが、ふと幼いころに犬のてんが死んでしまった時のことを思い出し、急遽会社を休んでてんを看病することにします。

てんを看病しながら炬太郎は、「犬とか人とか、そんなの関係なく家族でも恋人でも友達でもなく、てんを大切に思ってる」と伝え、てんは歓喜します。

そこにエリーが現れ、「同居人が熱を出しただけで会社を休むなんてどうかしている!」と炬太郎を責めます。

そして「彼は新しい世界に進もうとする炬太郎君の足を引っ張っている」と告げ、帰っていきます。

二人のやり取りを聞いていたてんは、こたつで寝ている炬太郎に毛布を掛け「こた君、ごめんね。さよなら」と告げ、雪井家を出ていくのでした。

あかり

てんはどこへ行ったのでしょうか?!

【すきすきワンワン!】8話「ネタバレ」「あらすじ」3月13日放送

第8話放送日
2023年3月13日(月)

【すきすきワンワン!】第8話のあらすじ

炬太郎(岸優太さん)は、突然いなくなってしまったてん(浮所飛貴さん)の行方を気にしながらも仕事に向かいます。仕事とてんの間で揺れ動く炬太郎に対し、仕事第一主義のエリー(松本まりかさん)には、炬太郎のそんな事情などお構いなしでした。どうしても、てんに戻ってきてほしい炬太郎は一生懸命言葉を尽くします。

▼第8話あらすじ詳細

そんな中、エリーの意外な私生活の秘密を知ってしまった炬太郎。

「おかえりなさいの言葉で疲れが吹っ飛ぶって言ってる炬太郎君には、私の気持ちはわからない」と言い放つエリーに対し、炬太郎は驚きの行動に出るのです。

果たして、てんは炬太郎の元に戻ってきてくれるのでしょうか?

そして、気になるエリーの意外な私生活とはいったい何なのでしょうか?

【すきすきワンワン!】8話のネタバレ!

コタツで寝てしまっていた炬太郎(岸優太さん)が寝覚めると、目の前に柿田(おいでやす小田さん)がいました。驚く炬太郎は、てん(浮所飛貴さん)が居ないことに気が付きます。てんを探す炬太郎に柿田は、昨夜てんをネットカフェで見かけたことを伝えます。

▼第8話ネタバレ詳細

てんのことが気になりながらも仕事に向かった炬太郎に、エリー(松本まりかさん))は居なくなった犬のことがそんなに気になるのかと詰め寄ります。その時炬太郎にてんから着信があり、「シリコンバレーから友人が遊びに来ているので案内したい。炬太郎のインターンシップが終わるまで帰らない」と言い電話を切ります。

てんの嘘に気が付きながら、なぜそんなことを言いだしたのかわからない炬太郎は戸惑います。見かねたエリーは炬太郎のスマホでてんに電話をし、てんの今の行動こそ炬太郎の足を引っ張っていることに気が付かないのか、と叱責します。

てんは「自分の存在がこた君にとって邪魔なんじゃないか」と告げると、炬太郎は「邪魔だけど、家に帰ったときに明かりがついていて、一人じゃないことにホッとする」と帰ってきてほしい気持ちを伝え、その気持ちを汲み取ったてんは雪井家に帰ることにします。エリーは二人の会話を切ない表情で聞いていました。

そんな中、月野(増田昇太さん)に5歳の娘がいることが判明し、エリーはショックを受けます。実はエリーは結婚していた過去があり、5年前は起業したばかりで仕事が忙しいために子供を諦め、さんざんもめた挙句に昨年離婚が成立したのです。今でも時折、別れたパートナーから電話が来ることにウンザリしていたエリーのために、炬太郎が恋人のふりをして対応することにしました。

実は、別れたパートナーは再婚することになったため、エリーに直接言いたくて何度も電話をかけていたのです。そのことをエリーに伝えると、「あっそ」と、一見何ともない顔をしていましたが、炬太郎はエリーの変化を見逃しませんでした。

3人でお酒を飲みながら、エリーは炬太郎とてんに過去の結婚生活を語り始めます。タワーマンションで幸せな結婚生活を送っていたエリーは、いつの間にか結婚相手と食べる食事がおいしく感じなくなっていったのです。仕事を頑張っている君が好き、と言われ家庭生活も手を抜かずに頑張らなくてはいけないと、全てを完璧にこなそうとして、エリーは自分を追い込んでいたのでした。

酔いつぶれたエリーの背中にそっと寄り添い、「頑張れ、エリーさん。頑張れ!」とエールを送る炬太郎。エリーは涙をこらえながら、気づかれまいと「キモっ!」と言って帰ってしまいますが、炬太郎に感謝の気持ちを送るのでした。

エリーを見送った炬太郎は、縁側で月を見つめるてんに声をかけますが、その背中はいつもとは様子が違い、なんとなく戸惑う炬太郎なのでした。

あかり

エリーの素直じゃないところ、とっても可愛かったです!

【すきすきワンワン!】9話「ネタバレ」「あらすじ」3月20日放送

第9話放送日
2023年3月20日(月)

【すきすきワンワン!】第9話のあらすじ

エリー(松本まりかさん)の会社でのインターンシップを無事終了し、人間として一回り成長した炬太郎(岸優太さん)は「フツーの小さな幸せと、たった一人、自分のことをわかってくれる人がいればいい」と、自分の身の丈にあった今の生活と、てん(浮所飛貴さん)と共に暮らす穏やかで楽しい日々の大切さを改めてかみしめます。

▼第9話あらすじ詳細

二人の絆は、より深まってきたように思えたそんなある日、てんの様子がどこかおかしいことに炬太郎は気が付きます。

雪井家の飼い犬、てんだった頃の記憶が薄れてきていると感じるてん。

てんから犬の記憶が消えてしまったら、大事だった二人の思い出が無くなってしまうかもしれない。

「忘れたくない!」と戸惑うてんに対して、炬太郎がとった行動とは一体…?

【すきすきワンワン!】9話のネタバレ!

エリー(松本まりかさん)の会社でのインターンシップを終えた炬太郎(岸優太さん)は、雪井家に帰り、てん(浮所飛貴さん)に入社は不合格になったことを伝えます。
炬太郎は同僚たちと自分の金銭感覚や価値観の違いを実感し、むしろ不合格になったことに安堵感さえ覚えたことを語ります。

▼第9話ネタバレ詳細

インターンシップを終え社会人として一回り成長した炬太郎は「フツーの小さな幸せと、たったひとり、自分のことを分かってくれる人がいればいい」と、自分の身の丈に合った今の生活、てんと共に暮らす穏やかで楽しい毎日の大切さを改めて噛みしめるのでした。

そんなある日、てんと炬太郎は雪井家の柱についていた傷を見て、幼いころの炬太郎がてんと背くらべをしてつけたことを思い出します。てんは「よかった、思い出せて」とどこか安心した様子で、炬太郎はなんとなく違和感を覚えます。

次の日、てんと炬太郎は人気のコロッケを買いに行き、ひとつを半分こにして分け合います。てんはそんな些細な日常を幸せだと実感していました。炬太郎も自分に向いている仕事を探そうとしていました。

その時、てんが炬太郎に柱についた傷のことを聞いてきたため、炬太郎は「説明しただろ!」と背くらべのことを言いますが、てんはまったく思い出せない様子でした。炬太郎の戸惑った様子にてんは「ごめん」と言い、部屋にこもります。そして、なにやらノートにしたためていましたが、炬太郎が声をかけてきたため見られないように隠しました。

二人はきちんと話し合うことになり、てんは炬太郎に前世犬だった頃の記憶が薄れてきたことを打ち明けます。

炬太郎は「記憶が薄れてきたってことは、忘れるってことだ。俺のことを好きじゃなくなる、今の関係じゃなくなるんだ」と伝え、てんは「ぼく、忘れない!忘れたくない!」と涙ぐみながら言いました。

二人は河原に行き、よくこの場所で遊んだことを思い出しました。そして「忘れないよ、忘れるもんか」と、幼いころの記憶を思い出しながらキャッチボールをするのでした。

次の日の朝、てんはまた柱の傷について炬太郎に尋ね、その様子はすっかり忘れているようでした。

「てん…」と戸惑う炬太郎に「あと、これ何かな?大事にしまってあったんだけど」と、てんの尻尾の代わりに幼い炬太郎が庭に埋めたおもちゃを取り出しました。

てんの記憶は完全に無くなってしまったのか…炬太郎はてんを見つめるのでした。

あかり

別れの予感…

【すきすきワンワン!】最終回「ネタバレ」「あらすじ」3月27日放送

最終回放送日
2023年3月27日(月)

【すきすきワンワン!】最終回のあらすじ

柱の傷を思い出せなくなったことをきっかけに、てん(浮所飛貴さん)の犬だったころの記憶は日に日に薄れていきます。このままてんの記憶がなくなってしまうのを待つのではなく、それならいっそ残りの日々は二人でたくさん笑って過ごしたい、と炬太郎(岸優太さん)は「やりたいことリスト」を作って、てんと昔を懐かしみながら今まで通りに過ごすことにしました。

▼最終回あらすじ詳細

いつまでもこんな日常が続くと思っていたそんなある日、ついにふたりが恐れていた「その日」がやってきてしまいました。

てんを失ってしまったショックは大きく、すっかり以前のようにダメ人間に戻ってしまった炬太郎。

しかし、てんは思いがけないプレゼントを炬太郎に残していったのでした。

果たして、てんが残したプレゼントとは?そして炬太郎は立ち直ることが出来るのでしょうか…?

【すきすきワンワン!】最終回のネタバレ!

炬太郎(岸優太さん)は日に日に薄れていく、てんの犬としての記憶に複雑な思いを抱えていました。そこにてん(浮所飛貴さん)が帰宅、いもようかんを買ってきてくれました。二人でいもようかんを食べながら、アヒルのおもちゃについての記憶が戻らないかと炬太郎はてんに訪ねます。てんは「あー思い出した!よかった!」と言いますが、その言葉が嘘であることを炬太郎はすぐに見抜きました。てんは大事だったおもちゃのことすら思い出せなくなってきていました。

▼最終回ネタバレ詳細

このままてんの記憶は無くなってしまうかもしれない、炬太郎とてんはどうにもならない想いを抱えます。

しかし、記憶が無くなることに怯えて過ごすのではなく、それならいっそ残りの日々はたくさん笑って楽しく二人で過ごしたい、そう考えた炬太郎は「やりたいことリスト」を作りました。

リストに沿って、トランプや映画鑑賞、料理を楽しむ二人。

次の日、二人は人気のコロッケが1個づつ買えたことに喜びながら散歩します。てんは炬太郎に「こた君は犬の気持ちを分かってくれる人だ」「犬を相手にした仕事が向いているんじゃないか」と伝えます。炬太郎は「トリマーとか?俺、器用じゃないからな」と返事をしますが、てんの姿はいつのまにか消えていました。

そのまま、二人の別れはあっけなくやってきてしまいました。

犬の記憶をなくしたてんは、別のアパートを借りて出て行ってしまったのです。

ペットロスのような状態に陥った炬太郎は、すっかり前のような自堕落な生活を送るようになりました。そこに柿田(おいでやす小田さん)が現れ、炬太郎に苦言を呈します。炬太郎は渋々てんの部屋のごみを片付けようとし、一冊のノートに気が付きます。

そのノートには、てんがいつか記憶をなくした時のために、炬太郎との思い出と感謝がしたためられていました。ありがとうがたくさん書かれたノートを読みながら、炬太郎は涙し「ありがとう」とつぶやきました。

炬太郎はてんと過ごした日々の思い出を胸に、犬の訓練士としての勉強を始めました。

そして迎えた実習の日、担当する犬はてんにそっくりで「てん!?」と驚きを隠せない炬太郎。

教官に叱咤されながら、炬太郎は実習を開始しますが、その姿はまるでてんとの散歩のようなのでした。

あかり

別れはさみしいですが、ほっこりするラストでしたね♪

【すきすきワンワン!】キャスト紹介(出演者)

岸優太:雪井炬太郎(ゆきいこたろう)役

「俺の人生のピークは小5!」人生諦めモード、かつネガティブ思考の“クズ男”。てんは小学校時代に(8才~12才)飼っていた犬。幼少期は野球を頑張ったものの、そこそこの大学を出て、そこそこの会社に就職、すべてイマイチなスペック。そのせいか「1日3,000円もあれば食っていける」という居直りに近い考えで会社も辞め、現在は無職。親の残した一軒家に住み、空き部屋を貸すことでなんとか生活を維持している。夢もない、欲もない、自信もない、かといって焦ってもいない。「俺のことはほっておいてくれ」と言うものの、実は誰よりも愛を求めている…?ある日突然押しかけてきた「元飼い犬」と言い張るてんとの同居生活で、何かが変わっていく…。

浮所飛貴:木ノ宮天(きのみやてん)役

「僕は昔、コタくんの犬だった!」それまでは普通の人生。20歳の誕生日に「自分は昔、てんという犬だった」という記憶が突然蘇る。保護犬だった自分を救ってくれた人、ぬくもりを教えてくれた人、たくさんの愛をもらって過ごした日々が忘れられず、日本中探し回り、元飼い主である炬太郎を見つけ出す。頭が良く自立心も持ち合わせており、食べていけるだけの収入(フリーのプログラマー)は確保しているしっかり者。炬太郎に恋焦がれていたので「全てはご主人様のために!」と、お節介をやきつつも、炬太郎と一緒にいられるだけで幸せを感じている。てんの目に映る炬太郎は、いつだってかっこいいスーパーヒーローなのだった。たまに犬時代の癖が出てしまう。

伊藤篤志:雪井炬太郎(幼少期)(ゆきいこたろう)役

小学校時代、雪井炬太郎は愛犬・てんを可愛がっていた。

桜田ひより:森川澪央(もりかわみお)役

雪井炬太郎の元カノ。ピザ屋でバイトしている。

おいでやす小田:柿田(かきた)役

雪井炬太郎の家の管理不動産屋。お節介。

松本まりか:湊エリー(みなとえりー)役

炬太郎が高校生の時に知人から一時預かったセレブ猫・エリザベスの生まれ変わり。

【すきすきワンワン!】主題歌はKing & Princeの新曲「We are young」

ドラマ『すきすきワンワン!』の主題歌は、King & Princeの新曲「We are young」です!

こちらの楽曲は、玉置浩二さんが作曲を手掛けたことでも話題となっています。

「We are young」は、これまでのKing & Princeとは一味違った、懐かしさと温かさに満ちた楽曲に仕上がり、ドラマにより一層深さを与えてくれます♪

「すきすきワンワン!」の主題歌をやらさせていただけることになりました。この曲は何と言っても温かみのあるところがポイントです。これまでKing & Princeでは、歌ったことのない種類の楽曲ですので、披露するときの皆さんがどんな反応されるのか楽しみです。夕暮れ時に聴きたくなるような背中を押してくれる楽曲になってます。是非聞いてください。

岸優太さん本人コメント

【すきすきワンワン!】みどころ

同じジャニーズ事務所の先輩後輩という関係

勤めた会社も、なんとなく辞めてしまい、夢も欲もない人生諦めモードの岸優太さんが演じる雪井炬太郎と、20歳の誕生日までは普通の人生を送っていたのに、20歳の誕生日に突然、雪井炬太郎の犬だったという記憶が蘇った浮所飛貴さんが演じる木ノ宮天に期待しています。まずお二人は、同じジャニーズ事務所の先輩後輩という関係ですし、アイドル同士の共演が楽しみです。木ノ宮天にとっては、保護犬だった自分を救ってくれた、かっこいいスーパーヒーローな雪井炬太郎だけれど、実際は、木ノ宮天の方が食べていけるだけの収入を確保しているしっかりもの。それでも、ご主人様の為にと慕っていて、この二人の関係が、どのようになっていくのか注目しています!(30代・女性)

テンの可愛さと、浮所さんのキュートさ

スピリチュアルにはあまり関心はありませんが、動物が大好きな私にとってはとても心惹かれるストーリーです。26歳の若さで何となく会社を辞めてすでに諦めの人生を送っている主人公の雪井炬太郎が、愛犬テンの生まれ変わりだと名乗る謎の男の木ノ宮と出会って、どんなふうに変わっていくのかが楽しみです!岸優太さんと浮所飛貴さんのジャニーズ共演も大きなみどころになると思います。今、注目度の高い女優さんの1人である桜田ひよりさんが炬太郎の元カノの森川澪央としてゲスト出演してくれるのも楽しみですね!真っ白でモフモフなテンの可愛さにキュンとしちゃいます。そんなテンの可愛さと、浮所さんのキュートさがシンクロして心温まるドラマになると思います!(40代・女性)

浮所くんと岸優太さんの凸凹コンビ

King&Princeのリーダー・岸優太さん待望の単独初主演ドラマ。元来の動物好きの岸さんがどんなふうにワンちゃんと絡んでくれるのかにも注目です。また、無気力ダメ男を演じるとのこと。岸さんは何事にも一生懸命で非常に努力家なんですよね。きっとダメ人間を完璧に演じてくれると思います。(おかしな表現になってしまいました)また、共演は今をときめく美 少年:浮所飛貴くん。主人公の昔飼っていた犬の生まれ変わりという難しい役を演じてくれます。現役法学生の秀才、浮所くんと岸優太さんの凸凹コンビも見ものですね。果たしてハートウォーミングなドラマなのか、BL風味なのか、今からドキドキが止まりません。ジャニーズでの最後のドラマ出演となりそうな岸優太さんの「すきすきワンワン」絶対に見逃せません!(30代・女性)

結末はどうなってしまうのか・・

岸優太さんと浮所飛貴さんのお二人を画面でずっと観られるなんて、それだけでもとても満足できるなあと思っています。これまで、お二人のバラエティー番組での出演は観ていますが、二人揃ってドラマというのは初めてなので、楽しみで仕方がありません。岸さん演じるダメ男ぶりも、見どころのひとつだとは思いますが、不思議な出会いをきっかけに、どう物語が変化していくのか楽しみです。設定が少しファンタジーなところも、面白いところなのかなと思っています。浮所さん演じる役どころは、難しい感じがあると思うのですが、どんな風にチャーミングに演じてくれるのか楽しみです。お二人の魅力がますます広がることを願っています。結末はどうなってしまうのか今からとても気になります。(30代・女性)

木ノ宮の存在によって再び人生が輝き始める炉太郎の姿

人生諦めモードで自堕落な生活を送っていた主人公・炉太郎の前に突如現れた、元飼い犬・てんだったという男性・木ノ宮という、絶対に受け入れられない状況からどう受け入れていくのか。怖さを打ち消すくらいの強烈な出会いをどうコミカルさに演出するのか期待が高まります。木ノ宮自身も20歳のころに突如てんだったころの記憶がよみがえり、どこにいるか分からないなかで探し続けていたという経緯に炉太郎に対する思いの強さを感じます。また、最初は信じられないも、誰にも話していないてんとの思い出を話す木ノ宮に信じざるを得なくなる炉太郎の気持ちの変化もまた間が離せません。木ノ宮の存在によって再び人生が輝き始める炉太郎の姿と共にずっとはいられないという不安も感じさせ、二人が迎える結末がどうなってしまうのか最後まで目が離せません。(20代・女性)

【すきすきワンワン!】結末の最終回はいつ?

2023年1月23日(月)よりスタートした『すきすきワンワン!』ですが、結末を迎える最終回の放送日は2022年3月27日(月)で、全10話となります。

最終回は一体どのような結末になるのか、炬太郎と天がどうなるのかも気になるところですね!

あかり

最終回では立派になった炬太郎を見届けた後、
天から”てん”の記憶がなくなるという展開だったりして?!

豆ねこ

どんなストーリーになるのか楽しみですね!

まとめ【すきすきワンワン!】あらすじネタバレ!最終回の結末ラストはどうなる?

今回は、【すきすきワンワン!】あらすじネタバレ!最終回の結末ラストはどうなる?といった内容を紹介させて頂きました!

『すきすきワンワン!』は、いまどきの26才クズ男が昔飼っていた最愛の犬と再会し、愛し愛され成長していく感動の物語です。

主人公を演じる岸優太さんと同じジャニーズの後輩である浮所飛貴さんの2人が見せてくれた結末に心が温まりましたね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次