MENU

【GetReady(ゲットレディ)】原作は漫画ブラックジャック?脚本家や監督は誰?

妻夫木聡さんが主演を務めるTBS日曜劇場ドラマ『Get Ready!(ゲットレディ)』が、来年の2023年1月から放送開始となります。

物語は、超人的なオペ技術と法外な治療費でどんな手術も請け負うという、主人公の波佐間永介(通称:エース)が正体不明の闇医者チームを率いるといった、ダークな医療エンターテインメントです。

そのため、SNSやネット上では「原作は漫画のブラックジャック?」といった疑問の声がありました。

しかし、ドラマ『Get Ready!(ゲットレディ)』は、

完全オリジナルストーリー脚本

となっています♪

そこで今回は、「【GetReady(ゲットレディ)】原作は漫画ブラックジャック?脚本家や監督(演出)は誰?」と題して、調べた内容をお届けさせて頂きます!

目次

【GetReady(ゲットレディ)】原作は漫画ブラックジャック?

ドラマ『GetReady(ゲットレディ)』の原作はなく、完全オリジナル脚本となります。

主人公が超人的なオペ技術と法外な治療費でどんな手術も請け負うという展開を聞くと、手塚治虫さんの名作である『ブラックジャック』をイメージする人も多いと思います。

ブラック・ジャックは天才的な外科医で、死の危機にさらされた重症の患者を、いつも奇跡的に助けます。 

しかし、その代価として莫大な代金を請求をし、医学界ではその存在すらも否定されています。

ブラックジャックは、人里離れた荒野の診療所で自分が命を助けた助手のピノコとともに、ひっそりと暮らしています。

ドラマ『GetReady(ゲットレディ)』の主人公の波佐間永介(通称:エース)も、ブラックジャックと同様に超人的なオペ技術と法外な治療費でどんな手術も請け負うという点はとても似ています。

また、主演の妻夫木聡の髪型も一部白髪交じりといった点も、ブラックジャックとそっくりでですね!

【GetReady(ゲットレディ)】脚本家は誰?

ドラマ『GetReady(ゲットレディ)』の脚本家は、飯野陽子さんです。

飯野陽子さんは多くのドラマや映画の脚本を手がけていて、2009年には『ジャッジⅡ島の裁判官奮闘記』で、第46回ギャラクシー奨励賞を受賞しています!

飯野陽子さんの主な脚本ドラマ

  • 1999:救命病棟24時・第一シリーズ
  • 2000:QUIZ
  • 2003:ヤンキー母校に帰る
  • 2005:いま、会いにゆきます
  • 2008:三丁目の夕日(舞台)
  • 2008:ジャッジⅡ 島の裁判官 奮闘記
  • 2013:救命病棟24時・第五シリーズ
  • 2017:蛍の光 窓に雨
  • 2018:我が家の問題
  • 2020:書類を男にしただけで

【GetReady(ゲットレディ)】監督(演出)は誰?

ドラマ『GetReady(ゲットレディ)』の演出は、堤幸彦(つつみゆきひこ)さんです。

堤幸彦さんは、映画、ドラマ、舞台で幅広く才能を発揮する鬼才としても有名ですね♪

堤幸彦のプロフィール

  • 名前:堤幸彦
  • 読み方:つつみゆきひこ
  • 生年月日:1955年11月3日
  • 年齢:66歳(2022年11月現在)
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 事務所:オフィスクレッシェンド

堤幸彦さんの主なドラマ作品

  • 『金田一少年の事件簿』シリーズ
  • 『ケイゾク』
  • 『池袋ウエストゲートパーク』
  • 『TRICK』シリーズ
  • 『世界の中心で愛を叫ぶ』
  • 『SPEC』シリーズ

堤幸彦さんの主な映画作品

  • 『明日の記憶』
  • 『20世紀少年』3部作
  • 『BECK』
  • 『イニシエーション・ラブ』
  • 『天空の蜂』
  • 『人魚の眠る家』
  • 『十二人の死にたい子どもたち』
  • 『望み』
  • 『ファーストラヴ』

【GetReady(ゲットレディ)】作品に期待の声

主人公の妻夫木聡さんの、「天才的な腕を持ち、膨大な治療費と引き換えに患者を救う闇医者」という設定や、
少し長めの前髪で謎めいたムードのビジュアルは、まさに手塚治虫さんの漫画「ブラックジャック」を思い起させるなと感じました!チームメンバーの通称が「エース」「ジョーカー」「クイーン」と、トランプのようになっているのも、「ブラックジャック」との共通点を感じ、やはりあの名作漫画を意識しているのか非常に気になります♪(30代・女性)

演出が「TRICK」や「SPEC」で有名な堤幸彦さんということで、とても期待できるなと思いました。堤さんの演出した作品は眺めているだけでドキドキしたり、スタイリッシュさを感じさせてくれたりするので、
飽きずに面白く見ることができるのではないかと思います!(40代・女性)

『ゲットレディ』は、まるで現代のブラックジャックなのか?と思えるストーリーだと感じました。しかし本当に現代のブラックジャックそのものだったら、ドラマにならないと思います。パティシエをしている姿から、孤高の天才執刀医に変わる姿はギャップが大きいです。甘々なスイーツから、一気にシビアな情景になると思うので!エースとジョーカーとクイーンという、トランプゲームも彷彿とさせるトリオが、どう患者の人生を変えていくのか、そして彼らもどう変わっていくのか、期待しています!★第一人者であるエースババであるジョーカー女王であるクイーン★えっ!ジョーカーが結構重要なのでは?ますます想像が膨らみます!エースとジョーカーかストーリーの中で対立しそうな雰囲気が漂うのですが・・・。私の勘違いかそれとも図星か?(30代・女性)

今までの医療ドラマとは一味違うドラマで、医療面以外でも見ごたえがあり、ぜひ見てみたいと思う。また自分も医療従事者なので手術の場面はすごく見入ってしまうと思います。妻夫木聡さんの医療ドラマだと、かなり前になるがブラックジャックによろしくというのがあります。自分がこの道を志すきっかけになった漫画であり、ドラマも見ていました。その時は頼りないながらも患者や他の医者とのやり取りを成長していく研修医という役柄だったが、今回は全く違う内容のドラマであり、自分のなかのギャップも楽しみでです。今までの医療ドラマとは違っておりダークヒーローが主人公なので、涙を流したりとかはしないと思うが、それでも気づいたら見いっている自分を想像してします。(40代・男性)

医療ドラマが溢れる今、正直どんなストーリーも見飽きたものとなってきました。そんな中、ダークな医療エンターテイメントといいう今作をどのように斬新に見せてくれるかが期待されます。天才外科医・闇医者・バディものと、今まで見てきたドラマでも同じような設定のものがあったきがしますが、堤幸彦さんがややコミカルなタッチで日曜の夜にふさわしいドラマにしてくれるのでしょうか?パティスリーの地下に手術室があるという、なんとも子供じみた設定な気がしますが違和感を感じさせずに魅せてほしいです。また、当方医療従事者のためあまり現実とかけ離れすぎても見る気が失せてしまうので、できるだけリアリティを重視したストーリーにしていただきたいと思います。(30代・女性)

【GetReady(ゲットレディ)】原作は漫画ブラックジャック?脚本家は誰?まとめ

今回は、【GetReady(ゲットレディ)】原作は漫画ブラックジャック?脚本家や監督は誰?といった内容を紹介させて頂きました!

  • 原作は漫画ブラックジャック?→完全オリジナル
  • 脚本家は誰?→飯野陽子
  • 監督(演出)は誰→堤幸彦

ドラマ『GetReady(ゲットレディ)』は豪華キャストが多く出演し、妻夫木聡さん以外にも藤原竜也さん松下奈緒さんなどが出演します。

演出は映画、ドラマ、舞台で幅広く才能を発揮する鬼才の堤幸彦さんが担当とすることもあって、どんな医療エンタテインメントになるのか楽しみです。

あかり

ドラマ『GetReady(ゲットレディ)』が始まる2023年1月まで待ち遠しいですね♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次