MENU
\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

【最高の教師】8話のネタバレ考察!『本当』を曝け出さぬ貴方へ!感想や口コミは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

松岡茉優さんが主演し、芦田愛菜さんが生徒役で出演するドラマ『最高の教師 』の第8話が、2023年9月9日(土)夜10時から放送されました。

『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』は、卒業式の日に「担任生徒の誰か」に突き落とされた主人公の教師が、1年前の始業式の日に遡り、1年後を変えるべく”覚悟”を決め生徒と向き合っていくストーリーです。

第8話では、「あいつは俺のせいで死んだ」と発言した相良の言葉の意味が明らかになります。

豆ねこ

芦田愛菜さんの演技力の高さも話題だね!

この記事では、ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』の第8話のあらすじ・ネタバレ考察や視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』
8話放送日9月9日(土) 夜10時~
放送局日本テレビ
全放送回数全10話
主題歌「ユアーズ」菅田将暉
出演松岡茉優、芦田愛菜、荒川良々、犬飼貴丈、松下洸平ほか
ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』概要

>>『最高の教師 』ネタバレ全話はコチラ

ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』は人気の動画配信サービス「Hulu」で安全に視聴することができます♪

豆ねこ

「Hulu」には100,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツがあります!

\人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見放題/

『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』を視聴する >>

『Hulu』の動画配信サービスは見放題動画だけでも100,000万本以上あります。また、国内ドラマだけでなく、海外ドラマや邦画や洋画、バラエティや音楽・スポーツも見放題という大人気の動画配信サービスです。

『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』関連記事

目次

【最高の教師】8話ネタバレあらすじ

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
第8話放送日
2023年9月9日(土)

「我々は、全力でその理由と向き合いたいと思っています」——— 。九条(松岡茉優)と3年D組の本気がもたらした学校の記者会見は、鵜久森(芦田愛菜)の母・美雪(吉田羊)の心にしっかりと届く。自分も今以上に向き合わなければ…と顔を上げる美雪。しかし、向き合うべきは娘を追い込んだ“何か”ではない。あの日、娘は何をするためにあの場所へ行ったのか、最後にどんな顔をしたのか、ただそれが知りたい。だからこの件で誰かが追い詰められるようなことは望まない…。そんな美雪の思いを九条も力強く受け止める。
——— だが、教室では一つの『事実』を獲得した生徒達がある人物を追いつめる。クラス全員から疑いの目を向けられたのは、——— 相楽(加藤清史郎)。浜岡(青木柚)が鵜久森の事件の日に学校に来ていたこと、そしてその浜岡と相楽が繋がっていたこと……、それが露見した教室内で、相楽はクラス全体を凍り付かせる衝撃の一言を口にする。「アイツは、俺のせいで死んだ」——— と。
彼のその一言の意味とは何か——— 。自分の『本当』を曝け出せない貴方へ。過去に、自分に、見て見ぬフリを続けた人物は、全てと向き合う一日を過ごす……。彼は本当に……犯人なのか!?

ドラマ公式HPより引用

この記事は第8話のネタバレを含みます!

ネタバレ①「アイツは俺のせいで死んだ」

九条は叶の家に行きました。学校の記者会見は美雪の心にも届き、娘は何をするためにあの場所に行ったのか、最後にどんな顔をしたのか、それだけが知りたいと考えます。

教室では、叶の事件の日に浜岡が学校に来ていた事実を全員が知り、相楽は疑いの目を向けられます。相楽が浜岡とつながっていたことも判明。

相楽は「アイツは俺のせいで死んだ。」と口にしますが、「説明はできない。」と言って教室を出て行きました。

迫田は相楽が心配でついて行き、なぜかケンカに発展。そこに九条が現れ、相楽に何でも聞くと言いますが、相楽は去ってしまいます。迫田は九条に、相楽が犯人だとは思えないと話し、助けを求めました。

5年前に相楽の母親が事故で亡くなり、迫田は相楽が葬儀の時に笑顔を見せたのを覚えていて、あの時と今が同じ笑顔だと気づいていました。それは、相楽が壊れそうな時に見せる笑顔でした。

九条は相楽に真相を聞くために家に行きます。相楽は自分が悪いと思っていながら、まあいいかと流し、叶が亡くなった時、ヤツらに心底嫌われていたと感じたと話します。

九条は、相楽が目先のプライドを大切にして、弱さや本音を隠したままであることを指摘しました。九条は、「あなたが変わる最後のチャンス」だから明日学校に来なさいと言って帰りました。

ネタバレ②相楽の謝罪

翌日、相楽は遅れて学校に来ました。相楽は叶に空気を変えたいと思わせ、叶は何かを変えたいからあの危険な場所に行くことになり、だから自分のせいだと考えていました。

文化祭の襲撃事件にも相楽が関わっていました。相楽は自分と関係ないところで笑っているクラスが許せず、壊してやりたいと考え、隣にいた浜岡にやらせたのです。でも、襲撃後に相楽は「自分は特別ではなかった。最低の人間なんだ。」と気づきました。

浜岡から叶に何かしてやろうと言われた時、相楽は断りました。誰かに忘れられない傷をつけることの方が怖くなったのです。全てを話し、相楽は泣きながら、「すまなかった。」と頭を下げました。今の相楽には、隠さずに話して謝ること以外何もできませんでした。

見かねた迫田は自分はもっと悪いと土下座し、向坂と瓜生も続きます。東風谷や阿久津は勝手に想像して疑ったのを謝りました。

九条は、「どう受け止めるかはそれぞれで、大事なのは考え続けること」だと話します。

ネタバレ③謝りたい時にはもういない

「あなたにはもう一人謝りたい人がいますよね?」と言った九条は、相楽を叶の家に連れて行きます。

相楽は美雪に「娘さんにひどいことをしてました。」と言います。かつて叶は美雪に相楽の話をしたことがありました。叶は相楽と「同じクラスになったら友達になれるかな。相楽はすごい人」だと笑顔で伝えていたのです。

美雪は、「もしかしたら、2人が友達になることもあったのかな?」と相楽に言いました。相楽はいてもたってもいられず、叶の祭壇へ。でも、そこに叶の写真はありません。美雪は写真を置くと叶の色んな表情が思い出せなくなると思ったのです。

九条は「想像してください。彼女の顔を。それが向き合うということ」だと話しました。相楽は叶の悲しい顔しか出て来ず、本気で謝りたい時に叶はもういません。

相楽は祭壇の前で「ごめんなさい」と繰り返します。号泣しながら、ただひたすら「ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。………。」 

その頃、迫田は浜岡のところに乗り込み…。

【最高の教師 】8話の考察と感想

https://twitter.com/L66ng6WOUnn91vV/status/1697972907182620952?s=20

鵜久森を落とした犯人考察だけど、最初は星崎だと思ってたけど今は西野だと思う
東風谷とのことを知ってるならカメラ持ってる星崎と最初は安直に考えたけど、だったら鵜久森は「あなたがこんなこと」とは言わない気がする
それに、あんなに一緒に過ごして、鵜久森に恨みはないと思う

星崎くんだいぶ怪しまれてるけど犯人やとわかりやすすぎじゃない?
相楽くんたちがこのまま何ももないまま終わるとは思えんな

姿が見えなくても
九条先生と東風谷さんの中で
鵜久森さんは生きている
「犯人を探す」ことではなくて
「本気で向き合う」ことがどれだけ大切かを教えてくれた
でも、
哀しみは癒えない

考察/感想①相楽は犯人なのか?

いよいよ相楽が追い込まれてきました。相楽だけはクラスの敵に回ることはないと思っていて、相楽を責める人はいないままなのかと考えていました。でも、星崎が見つけた事実で一気に相楽の立場が変わりましたね。

相楽が説明できないと言ったのは、相楽が犯人であると言いたいのかと思いましたが、迫田の話を聞いて、相楽は叶の事件の犯人ではないと分かりました。確かに、叶よりもだいぶ背の高い人物が犯人のように見えていたので、相楽ではないですね。

迫田だけが相楽の味方のままで、迫田が九条を頼るとは意外でした。九条の対応が気になりましたが、九条にとって相楽は生徒の一人であっても、救うべき対象にはまだなっていませんでした。

そして、なぜあんなにタイミング良く、蓮が九条の迎えに来られたのか、疑問です。

考察/感想②相楽のこんな姿は想像していなかった!

相楽の口から「すまなかった」という一言と、頭を下げるという態度が出る日が来るとは思いませんでした。相楽は叶をいじめながらも、心の中では悪いことをしているという自覚はあったのですね。相楽は善悪がつかないまでにはなっていなかったのが救いでした。

正直、相楽の口から文化祭の事実、叶の事実を聞いても、全てが本当のことなのかどうか疑ってしまいました。クラス全員を騙して、また裏で何かを始めるのだろうかとさえ考えていました。

でも、相楽が頭を下げて「すまなかった」と言ったのを見て、相楽は本心から謝ろうとしているのだと感じました。相楽のそんな姿を見て、一緒に土下座してくれた迫田や向坂、瓜生は良い仲間だなと思います。相楽にはもっと頼るべき仲間がいて、仲間に本心を話していれば、考え方や日々の過ごし方は変わっていたかもしれませんね。

考察/感想③辛すぎるラスト、浜岡は犯人なのか?

叶をいじめていたリーダー格の相楽が目の前に現れた時の美雪には、相楽の顔なんか見たくもないし、今すぐ追い出したいほど憎い相手だと思う気持ちもあったはずです。ストレートに追い払われるよりも、叶がかつて美雪に相楽のことを楽しそうに話したのを本人に伝える方が、よっぽど相楽には苦しかったと思います。美雪にできる精一杯の対応で、美雪の相楽への復讐でもあった気がしました。 

叶は相楽をすごい人だと思っていて、相楽と同じクラスになるのを楽しみにしていたのですね。その相楽にいじめられた時の叶の気持ちを思うと泣けてきます。憧れの存在が憎い存在に変わってしまう怖さを感じました。相楽が叶の悲しい顔しか浮かばないのは、叶は相楽を許していない証拠なのかなと思います。

迫田は浜岡を問い詰めていましたが、浜岡の余裕な態度を見たら、浜岡の背後には別の存在がある気がします。浜岡が叶が亡くなる前に会ったとすれば、叶が命がけで守ろうとしたものを浜岡に渡した人物がいると予想しています。相楽は叶から手を引いていたのが判明し、相楽以外の誰かが黒幕の可能性が高いのではないでしょうか。

【最高の教師】8話の口コミを紹介

覚醒した教頭先生、カッコ良かった!
実際の学校でも、いや学校に限らず、不祥事があった時のトップの会見はこれを見習おう

荒川良々さん、最高に良かった!前作のたけるくんのドラマで犯人やったから怪しさ満載だったけど笑、昨今の色んな問題とリンクしてて、セリフがグッときます。
にしても、荒川良々さんは背がとってもスタイル良々!以前に舞台挨拶でお会いした時、高身長にビックリした!

【最高の教師】生徒役キャスト(出演者)は?

ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』のキャスト(出演者)を紹介します。

  • 九条里奈(くじょうりな)役:松岡茉優さん
  • 鵜久森叶(うぐもりかなう)役:芦田愛菜さん
  • 阿久津由利(あくつゆり)役:藤﨑ゆみあさん
  • 生田やよい(いくたやよい):莉子さん
  • 瓜生陽介(うりゅうようすけ):山時聡真さん
  • 江波美里(えなみみさと):本田仁美さん(AKB48)
  • 神楽誠(かぐらまこと):丈太郎さん
  • 金澤優芽(かなざわゆめ):田鍋梨々花さん
  • 貴島千里子(きじまちりこ):藤嶋花音さん
  • 倉知夕夏(くらちゆうか):岡井みおんさん
  • 向坂俊二(こうさかしゅんじ):浅野竣哉さん
  • 東風谷葵(こちやあおい):當真あみさん
  • 相楽琉偉(さがらるい):加藤清史郎さん
  • 迫田竜輝(さこたりゅうき):橘優輝さん
  • 栖原竜太郎(すはらりゅうたろう):窪塚愛流さん
  • 月野春香(つきのはるか):柿原りんかさん
  • 遠山泰次郎(とうやまたいじろう): 岩瀬洋志さん
  • 中園胡桃(なかぞのくるみ):寺本莉緒さん
  • 西野美月(にしのみつき):茅島みずきさん
  • 野辺桐子(のべきりこ):田牧そらさん
  • 日暮有河(ひぐらしあるが):萩原護さん
  • 藤原大志(ふじわらたいし):山下幸輝さん
  • 不破大成(ふわたいせい):のせりんさん
  • 星崎透(ほしざきとおる):奥平大兼さん
  • 穂積渚(ほづみなぎさ):白倉碧空さん
  • 眉村紘一(まゆむらこういち):福崎那由他さん
  • 瑞奈ニカ(みずなにか):詩羽さん
  • 目白直紀(めじろなおき):川本光貴さん
  • 森海悠仁(もりうみゆうと):阪本颯希さん
  • 蓬田健斗(よもぎだけんと):夏生大湖さん
  • 渡会華(わたらいはな):田中美久さん(HKT48)
  • 我修院学(がしゅういんまなぶ):荒川良々さん
  • 花村千代子(はなむらちよこ): 長井短さん
  • 森育男(もりいくお):細田善彦さん
  • 林結起哉(はやしゆきや):犬飼貴丈さん
  • 巡渉(めぐりわたる):粟大和さん
  • 宮崎彰(みやざきあきら):黄地裕樹さん
  • 九条蓮(くじょうれん):松下洸平さん
  • 勝見夏穂(かつみかほ):サーヤさん(ラランド)

九条里奈(くじょうりな)役:松岡茉優さん

鳳来高校3年D組の担任。化学教師。時代の流れ通り、生徒に寄り添うことを諦めた。卒業式の日、旅立っていく生徒たちを見ながら安堵していたところ、「担任生徒の誰か」に突き落とされ、気づくと1年前の始業式の日に遡っていた。目の前にいるのは自分を1年後に殺害する「30人の容疑者」。覚悟を決め、全てを覆す教育を始める。

鵜久森叶(うぐもりかなう)役:芦田愛菜さん

3年D組の生徒。1人で自分の世界にこもっている真面目で優等生。しかし、九条が遡る前の1度目ではクラスメイト全員から標的にされ1学期の途中から不登校になった。

阿久津由利(あくつゆり)役:藤﨑ゆみあさん

3年D組の生徒。テストではいつも学年上位5位に入るほどの優等生にもかかわらず、アニメ愛が強すぎて寝坊と遅刻の常習犯。

生田やよい(いくたやよい):莉子さん

3年D組の生徒。プライドが高くおしゃべり。ダンス部に所属している。映画「となりのトトロ」が好き。

瓜生陽介(うりゅうようすけ):山時聡真さん

3年D組の生徒。ノリが良く、問題児の中でいじられキャラとして存在している。バイト三昧の日々を送っている。

江波美里(えなみみさと):本田仁美さん(AKB48)

3年D組の生徒。寂しがり屋のため、常に友人や仲間と行動している。女子の中では1番感情的で、思ったことがすぐ口に出てしまう。

神楽誠(かぐらまこと):丈太郎さん

3年D組の生徒。クラス内で一番のイジられキャラ。動物が好きで、家で飼っている猫と接するのが癒し。

金澤優芽(かなざわゆめ):田鍋梨々花さん

3年D組の生徒。恋愛至上主義者。携帯を良くいじっているのは、学外にいる彼氏から連絡がきたら即反応するため。

貴島千里子(きじまちりこ):藤嶋花音さん

3年D組の生徒。メイクが大好きで、いつも夜遅くまでプロのメイク動画で研究している。将来の夢はヘアメイクになる事。可愛いものを集めている。

倉知夕夏(くらちゆうか):岡井みおんさん

3年D組の生徒。アイドルを夢見て何度もオーディションに応募しているが、寝坊とズボラさが原因で落ちている。老舗のメイド喫茶でアルバイトをしている。

向坂俊二(こうさかしゅんじ):浅野竣哉さん

3年D組の生徒。常に冷静沈着。一歩引いたところから落ち着いて見ているため、おっさんだとイジられるが、嫌がっている。

東風谷葵(こちやあおい):當真あみさん

3年D組の生徒。阿久津と成績トップを争っている優等生。誰にも言えない悩みを抱えている。

相楽琉偉(さがらるい):加藤清史郎さん

3年D組の生徒。全てにおいて楽しいことを優先する。常に笑顔だが、逆に恐がられている。

迫田竜輝(さこたりゅうき):橘優輝さん

3年D組の生徒。問題児の中でも一番もめ事を好む。成績ビリであることを勲章のように感じている。野球部を17時間で退部したという伝説を持っている。

栖原竜太郎(すはらりゅうたろう):窪塚愛流さん

3年D組の生徒。楽観的な性格でバンドをやっている。人付き合いが得意で、学内外で様々な人と交流している。

月野春香(つきのはるか):柿原りんかさん

3年D組の生徒。控えめなタイプだが、正義感が強く義に忠実。戦国ものの漫画からその精神を仕入れており、武将のように生きたいと思っている。

遠山泰次郎(とうやまたいじろう): 岩瀬洋志さん

3年D組の生徒。剣道部に所属しており、真っすぐで古きを重んじる。しかし自分のキャラが気になるあまり、周りの視線を気にしている。

中園胡桃(なかぞのくるみ):寺本莉緒さん

3年D組の生徒。バレー部に所属している。プライドが高く、負けん気の強い性格。余計な争いは避けようとするが、たまに毒を吐き周りをドキッとさせる。

西野美月(にしのみつき):茅島みずきさん

3年D組の生徒。スタイルの良さとセンスの良さで、何度も雑誌のスナップを撮られている。父親はファッション業界の大物で、社会的にも上位。

野辺桐子(のべきりこ):田牧そらさん

3年D組の生徒。問題児集団の裏の軍師。クラスの空気を一言で左右させる。ノリが良く、可愛いものが好き。

日暮有河(ひぐらしあるが):萩原護さん

3年D組の生徒。工学研究会と天文部の2つに所属している。宇宙科学に関わる仕事をしたいと夢みている。たびたび毒づく発言をする。

藤原大志(ふじわらたいし):山下幸輝さん

3年D組の生徒。正義感がひと際強い日本男児のような性格だったが、ある問題を起こし話題になる。

不破大成(ふわたいせい):のせりんさん

3年D組の生徒。華道家の母と実業家の父を持つセレブ界のサラブレット。人と違うことを強く意識しているため、自分の風格にもその傾向がでている。

星崎透(ほしざきとおる):奥平大兼さん

3年D組の生徒。何を考えているのかわからず謎が多い。思考は哲学的で、漫画もリアリスティックなものが好き。

穂積渚(ほづみなぎさ):白倉碧空さん

3年D組の生徒。食べることが大好きで、異常な栄養マニア。クラスの中ではお母さんのように扱われており、本人も割と気に入っている様子。

眉村紘一(まゆむらこういち):福崎那由他さん

3年D組の生徒。工学研究会に所属している機械オタク。コミュニケーションが苦手。好きなものに対しては天才的なほど没頭する。

瑞奈ニカ(みずなにか):詩羽さん

3年D組の生徒。中学生の頃から楽曲を制作しており、音楽活動をしている。自分が歌手として成功を収める未来を信じて疑わない。

目白直紀(めじろなおき):川本光貴さん

3年D組の生徒。帰宅部。ゲーマーで、ゲームセンターで様々な記録を打ち立てている。趣味の麻雀も相当な腕前。

森海悠仁(もりうみゆうと):阪本颯希さん

3年D組の生徒。超真面目な野球部員で、野球が大好き。誰よりも遅くまでバッドを振って練習しているが、実力が伴わず、最後の夏もベンチ外。

蓬田健斗(よもぎだけんと):夏生大湖さん

3年D組の生徒。大学からの推薦の声もかけられる鳳来野球部の星。すごくモテるが、性格は気さくで笑いもとれる人気者。

渡会華(わたらいはな):田中美久さん(HKT48)

3年D組の生徒。愛溢れる自称天然系ハッピー女子だが、家に帰るととてつもなく暗い。

我修院学(がしゅういんまなぶ):荒川良々さん

鳳来高校の教頭。

花村千代子(はなむらちよこ): 長井短さん

九条の同僚で、鳳来高校の3年A組の担任。担当教科は公民。

森育男(もりいくお):細田善彦さん

九条の同僚で、鳳来高校の3年B組の担任。担当教科は国語。

林結起哉(はやしゆきや):犬飼貴丈さん

九条の同僚で、鳳来高校の3年C組の担任。担当教科は地理歴史。

巡渉(めぐりわたる):粟大和さん

九条の同僚。担当教科は英語。

宮崎彰(みやざきあきら):黄地裕樹さん

九条の同僚。担当教科は数学。

九条蓮(くじょうれん):松下洸平さん

九条の夫。

勝見夏穂(かつみかほ):サーヤさん(ラランド)

九条の同級生。言葉遣いは雑だが、的を得た発言をする。

まとめ【最高の教師】8話のネタバレ考察!向き合うことを恐れる貴方へ!感想や口コミは?

この記事では、『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』第8話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

あかり

次回の放送も見逃せませんね!

ドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』は人気の動画配信サービス「Hulu」で安全に視聴することができます♪

豆ねこ

「Hulu」には100,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツがあります!

\人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見放題/

『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』を視聴する >>

『Hulu』の動画配信サービスは見放題動画だけでも100,000万本以上あります。また、国内ドラマだけでなく、海外ドラマや邦画や洋画、バラエティや音楽・スポーツも見放題という大人気の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次