MENU
\ ポイント最大10%アップ! / 詳細を見る

【罠の戦争】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末予想!ラストの復讐劇は?

  • URLをコピーしました!

この記事では、【罠の戦争】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末予想!ラストの復讐劇は?と題して、1話から最終回までの「あらすじ」と「ネタバレ」を毎週更新してお届けさせて頂きます。

草彅剛さん主演のドラマ『罠の戦争』の最終回が3月27日(月)に放送されました。

”権力”に捕らわれてしまった鷲津はどんな結末を迎えるのでしょうか・・!?

豆ねこ

『罠の戦争』を無料で一気見したい人はポイントを使って「U-NEXT」で視聴できます♪

\無料期間中の解約OK/

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく190誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

目次

【罠の戦争】あらすじネタバレ

衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎さん)の第一秘書を務める鷲津亨(草彅剛さん)。

ある日犬飼から、自分の息子が瀕死の重傷を負った事件の”もみ消し”を指示されます。

この事件を機に、これまで自分を犠牲にしてまでも献身し、我慢を重ねてきた亨の心境に変化が生まれます。

秘書生活で培った政治世界での知略・人脈・情報を駆使し、息子を重体にさせた人物の正体を追いながら、事件を隠蔽しようとした”先生”へ壮絶な復讐を仕掛けていきます。

【罠の戦争】第1話の「あらすじ」と「ネタバレ!」1月16日放送

放送日サブタイトル
1月16日(月)弱き者の復讐劇が幕を開ける! 愛する家族を守れ

【罠の戦争】第1話のあらすじ

鷲津亨(草彅剛さん)は、衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎さん)の第一秘書を務めています。路頭に迷っていた20年前に自分を拾ってくれた犬飼に恩義を感じ、これまで命がけで犬飼に尽くしてきました。

▼第1話のあらすじ詳細

犬飼は、亨の献身的なサポートと、自身の付き合いの良さと得意の土下座で、与党・民政党の議員として内閣府特命担当大臣にまで上り詰めました。しかし、女性を軽視した発言をしてしまい世論の猛反発を招き、幹事長の鶴巻憲一(岸部一徳さん)や厚生労働大臣の鴨井ゆう子(片平なぎささん)、内閣総理大臣の竜崎始(高橋克典さん)らから、どこか冷たい眼差しを向けられています。さらに、二世議員で亨の友人でもある鷹野聡史(小澤征悦さん)は、犬飼が大臣秘書官に任命した息子の犬飼俊介(玉城裕規さん)が「地元の建設会社から不正な金を受け取っているらしい」との情報を掴んでいました。

そんなある日、大臣就任後初の政治資金パーティーが開かれ、会場には鶴巻や竜崎もやってきます。さらには、招待客に紛れ込み不審な動きを見せる青年・蛯沢眞人(杉野遥亮)の姿もありました。

政策秘書の虻川勝次(田口浩正さん)や私設秘書の蛍原梨恵(小野花梨さん)らと招待客の対応に追われる亨。そこへ妻の可南子(井川遥さん)から連絡があり、中学生の息子・泰生(白鳥晴都さん)が何者かに歩道橋から突き落とされ怪我をし、意識不明の重体だと知らされます。パニックになっている可南子を安心させる亨でしたが、大臣の失言が炎上してしまい仕事を離れることができませんでした。

翌日、何か事件に巻き込まれたのではと心配をする亨に、捜査担当刑事から事故の可能性を告げられます。

さらには信頼していた犬飼からは思いもよらない要求があり・・・。

【罠の戦争】1話のネタバレ!

鷲津亨は衆議院議員の犬飼孝介の第一秘書を勤めています。かつて亨が途方に暮れていた時に、手を差し伸べてくれた犬飼とは20年以上の付き合いでした。亨はあらゆる対応に追われていますが、仕事のない日は妻の可南子や息子の泰生と穏やかな時間を過ごしていました。

▼1話ネタバレ詳細!

犬飼の大臣就任後、初のパーティーの日。犬飼は女性蔑視発言で、世間から批難の目を向けられている最中でした。蛯沢眞人という若者がパーティー会場に入り込み、犬飼を狙っていました。パーティーの途中、亨に可南子から「泰生が怪我をして意識がない」と連絡が入ります。手術をしても、泰生の意識は戻らないままでした。泰生は何者かに突き落とされた可能性がありました。

パーティー翌日。眞人が秘書として加わりました。その矢先、犬飼の息子である俊介に不正疑惑が浮上します。

犬飼が泰生のお見舞いにやって来ますが、犬飼は亨に「泰生くんは事故だった。」と突然言い出します。犬飼は俊介の件を亨に被せようとしたり、収入が途絶えると脅したりして、亨に「分かりました。」と言わせます。亨は犬飼、秘書の虻川勝次と貝沼永太たちにハメられたのです。犬飼と亨のやり取りを見ていた可南子は愕然とします。でも、亨は離婚を覚悟で犬飼や、泰生を突き落とした犯人と戦う決意をしていました。

秘書の蛍原梨恵は虻川のパワハラに悩んでいました。そんな梨恵や犬飼に恨みがあると思われる眞人と共に、亨の復讐は始まります。

あかり

絶対に許せませんね!!!

豆ねこ

泰生くん可哀想すぎる・・!!!

【罠の戦争】第2話の「あらすじ」と「ネタバレ!」1月23日放送

放送日サブタイトル
1月23日(月)逆襲の時! パワハラ秘書排除だ

【罠の戦争】第2話のあらすじ

亨(草彅剛さん)は泰生(白鳥晴都さん)の事件を事故だと主張した犬飼(本田博太郎さん)への復讐を決意し、犬飼失脚に動きます。梨恵(小野花梨さん)や眞人(杉野遥亮さん)の協力を得て、亨が最初のターゲットにしたのは虻川(田口浩正さん)でした。

▼第2話のあらすじ詳細

ただ、虻川は犬飼事務所の金の流れを全て把握していることから、犬飼はなかなか虻川をクビにはできずにいます。
亨は虻川の裏帳簿を何とか手に入れようと行動を起こしました。亨は眞人に虻川の動きを見張らせ、眞人は虻川と共に犬飼の地元に向かいます。しかし、虻川はすでに亨が自分を辞めさせようとしていることに気づいていたのです。虻川は亨が熊谷(宮澤エマさん)と協力して、俊介(玉城裕規さん)の不正を暴きたいのだと見抜いていました。

豆ねこ

どんな復讐劇になるのか!楽しみーー!

【罠の戦争】2話のネタバレ!

犬飼は、虻川のパワハラ問題に対する謝罪会見を開きますが、すり替えられた原稿のせいで失敗に終わります。ただ、虻川は犬飼も知らない事務所の金の動きを全て把握していて、なかなかクビにはなりません。虻川は自分が亨にハメられたことに気づいていました。一方、亨も虻川は勘が良くて自分をつぶしにかかると分かっていました。

▼2話ネタバレ詳細!

眞人が犬飼に近づいたのは、兄の復讐のためでした。眞人の兄は、犬飼に陳情してもらえると信じて必死に働きました。でも、犬飼に陳情する気はなく、眞人の兄は過労で亡くなったのです。

亨は犬飼の地盤で開催されたBBQに参加し、犬飼の息子が金を受け取っている場に出くわします。亨は由貴と会う約束をしますが、虻川が全てを見ていました。貝沼が亨を見張り、亨と由貴が会っている場所へ虻川は犬飼を連れて乗り込みます。でも、これは亨の罠だったのです。

次に、亨は可南子や由貴と協力して、家に押し掛けてきた虻川をハメます。虻川は泰生の事故は事件だと口走り、事件を隠蔽したという記事が週刊誌に載りました。自暴自棄になった虻川は暴行事件を起こします。迎えに来た亨は虻川に泰生の事件の真相を迫りますが、虻川は答えませんでした。そして、犬飼が来たところで亨は犬飼に虻川の裏帳簿を渡しました。虻川はついにクビ。

鷹野が泰生の事件に関する情報を入手し、亨に伝えます。

【罠の戦争】第3話の「あらすじ」と「ネタバレ!」1月30日放送

放送日タイトル
1月30日(月)ついに激突! 憎き大臣の弱みを暴け

【罠の戦争】第3話のあらすじ

鷹野(小澤征悦さん)は亨(草彅剛さん)に、泰生(白鳥晴都さん)が突き落とされた件は、当初は事件として捜査されていたことを伝えます。しかも、泰生は突き落とされる前、バスで高齢の女性に座席を譲るように、フードを被った男性に注意をしていたこと、注意された男性が泰生を追って慌ててバスを降りたことが明らかになりました。

▼第3話のあらすじ詳細

虻川(田口浩正さん)は秘書をクビになり、代わりに亨が政策秘書に昇進します。永田町には次の総選挙が始まるかもしれないという情報が流れ、亨は犬飼をつぶすチャンスがやって来たのだと勢いづきます。
早速、亨は虻川の裏帳簿のコピーを見てネタを探します。そして、事務所の資金が俊介(玉城裕規さん)のために使われていたことが判明したのです。

【罠の戦争】3話のネタバレ!

虻川が事務所を去り、亨が政策秘書官に昇格しました。犬飼は亨に泰生を突き落とした犯人を探さないように、改めて釘を刺します。永田町では内閣の解散が早まり、年内に総選挙の可能性が出てきました。亨は犬飼を失脚させるチャンスだと考えます。亨は猿岡建設と俊介だけではなく、犬飼自身もつながっていると疑います。

▼3話ネタバレ詳細!

虻川の裏帳簿から、犬飼事務所の資金は、俊介がトラブルを起こした時の解決金として使われていることが判明。最近も、上野駅で女性に暴力を振るい、100万円を必要としていたのです。

ある日、牛尾が俊介に車を洗えと命令されている場に亨が来ます。亨は牛尾が泰生の事件の何かを知っていると勘づいていました。

ついに牛尾は、「犯人は俊介じゃない」と話し始めます。犬飼は、事件翌日の朝6時頃に誰かに呼び出されていたのです。犬飼は虻川に電話し、「面倒だけど大きな貸しを作れる」と話していました。

犬飼は亨と牛尾が話しているところに来てしまいます。亨が去った後、 牛尾は、亨が犯人探しをしていることを犬飼に明かしました。

犬飼は亨を幹事長たちの集まる会合に連れて行き、公開処刑。亨の頭からワインをかけて罵ります。亨は、鶴巻や鷹野の制止を無視し、犬飼に「思い上がるのもいい加減にしろ」と返します。

その時、犬飼の地元に警察の捜査が入り、俊介の元にも警察が来ていました。犬飼は事実上の失脚。

鷹野は亨を犬飼の後継者にさせようとします。

【罠の戦争】第4話の「あらすじ」と「ネタバレ!」2月6日放送

放送日タイトル
2月6日(月)新たな敵で深まる謎….永田町の闇に飛び込め

【罠の戦争】第4話のあらすじ

亨(草彅剛さん)は鷹野(小澤征悦さん)から犬飼(本田博太郎さん)の地盤を継いで選挙に出るように言われます。鷹野は亨が権力に立ち向かうためには力が必要だと考えたのです。鶴巻(岸部一徳さん)からも党のお墨付きを約束されますが、亨には資金が足りませんでした。

▼第4話のあらすじ詳細

犬飼を支持していて、亨が後継者になることに納得しません。亨自身は議員になるつもりはありませんが、出馬すれば泰生(白鳥春都さん)の事件の翌日に犬飼をホテルに呼び出した人物を知る手がかりになると考えていました。
亨が犬飼の地元に向かうと、鰐淵は全く相手にしません。なぜなら、俊介(玉城裕規)が亨を陥れるために悪い噂を流していたからです。

【罠の戦争】4話のネタバレ!

亨に犬飼の地盤を継ぐ話が浮上し、民政党の公認も得られました。亨は選挙資金がないと断ろうとしますが、鶴巻と鷹野は後援会の会長である鰐淵に頼むように助言します。一方で、犬飼は俊介を後継者にしたいと、鰐淵に話していました。可南子も亨の出馬には反対。でも、亨は鰐淵が泰生の事件に関わっていると疑い、鰐淵に近づくために選挙に出ようとします。

▼4話ネタバレ詳細!

亨は鰐淵の元を訪れますが、鰐淵は亨を認めません。俊介は鰐淵の会社に頻繁に出入りしたり、県連に亨の悪い評判を吹き込んだりしていました。可南子も亨に協力するために鰐淵宅へ。そこで、鰐淵の妻・美恵子が鰐淵の母親の介護に悩んでいることを知ります。

鷹野は亨に泰生の事件は、犯人らしき人物が防犯カメラに映っていて、事件当日にすでに特定されていたことを話します。ただ、永田町の人物が隠蔽し、翌日には事故扱いになってしまったのです。

梨恵は亨を貶める動画を流した俊介に直接話をつけに行きます。梨恵が危険な目に遭いそうなところを眞人が助けました。亨はもう一度、鰐淵の家に行きます。すると、鰐淵の母親がいなくなってしまいます。亨や可南子、梨恵、眞人も探し、無事に見つかりました。

亨は鰐淵に「大きな権力に抗えるだけの力が欲しい」と頼み、鰐淵が協力を約束してくれました。

ある日、梨恵は眞人と亨の間にある辛い真実を見つけてしまい…。

【罠の戦争】第5話の「あらすじ」と「ネタバレ!」2月13日放送

放送日タイトル
2月13日(月)総選挙が開幕! 下剋上で真相を暴く

【罠の戦争】第5話のあらすじ

亨(草彅剛さん)は泰生(白鳥晴都さん)を突き落とした犯人を見つけるために、選挙戦への出馬を決めました。ところが、亨の対抗馬としてフリージャーナリストの有馬保奈美の立候補が噂されます。有馬は、竜崎(高橋克典さん)内閣を陰ながら支えたこともあり、竜崎が支持している可能性がありました。

▼第5話のあらすじ詳細

鶴巻(岸部一徳さん)は、自分の派閥の人数を減らすために竜崎が仕掛けたと考えていましたが、亨は竜崎が亨を永田町から排除したいと考えていると感じました。いよいよ本格的に選挙戦が始まろうとしています。可南子(井川遥さん)も応援に駆けつけ、犬飼事務所のメンバーたちも準備に大忙し。ただ、選挙運動は竜崎や有馬の妨害を受けて悪戦苦闘し…。

【罠の戦争】5話のネタバレ!

亨は民政党の公認を受けて、いよいよ本格的に選挙戦へ突入します。ところが、亨の対抗馬として、フリージャーナリストの有馬保奈美が出馬したのです。実は、有馬は竜崎が首相になる時にかなり貢献した人物でした。亨は党の公認を受けていましたが、竜崎は有馬を推しているようでした。

▼5話ネタバレ詳細!

梨恵は眞人に、本当の敵は亨だと知っているのかを尋ねます。でも、眞人は相変わらず植物の話をしていました。

選挙戦が始まり、鰐淵や可南子も亨の応援に入ります。それでも、有馬陣営からの嫌がらせはエスカレートし、亨は苦戦。

さらに、亨の陣営にスパイがいる可能性まで出てきました。鶴巻が応援に駆けつけ、亨に500万円を渡します。亨は躊躇いながらも500万円を利用してスパイを暴きました。

スパイの候補には眞人や貝沼の名前も上がりますが、本当のスパイは女性スタッフでした。でも、黒幕には竜崎の秘書官である猫田がいました。

泰生はまだ目を覚ましませんが、亨と可南子の手を弱々しく握ることができるようになっていました。

選挙戦最終日。鴨井が応援に駆けつけます。事故渋滞に巻き込まれながらも、何とか演説に間に合った亨は、「力をください」と訴え続けました。

激戦であった選挙は亨の当選で終わりました。やっと力を手に入れた亨は、警察で泰生の事件を隠蔽したのが鶴巻だと知ります。

【罠の戦争】第6話の「あらすじ」と「ネタバレ!」2月20日放送

放送日タイトル
2月20日(月)政治家に転身! 敵は幹事長だ

【罠の戦争】第6話のあらすじ

初めての選挙に当選し、国会議員になった亨(草彅剛さん)は、泰生(白鳥晴都さん)の事件の黒幕を突き止めました。事件を隠蔽したのは鶴巻(岸部一徳さん)だったのです。亨は鶴巻本人から真実を聞き出すために、鶴巻の弱みを探ります。

▼第6話のあらすじ詳細

鶴巻には謎の習慣があって、毎月第2と第4の月曜日は絶対に予定を入れずに17時ちょうどに帰っていたのです。何としても鶴巻の行動を知りたい亨は、鷹野(小澤征悦さん)にも探りを入れました。ただ、鷹野は亨の行動を察して、鶴巻に近づき過ぎることに忠告します。
亨は犬飼(本田博太郎さん)が失脚したことで、眞人(杉野遥亮さん)の兄の復讐は終わったと考えていました。亨は眞人に事務所を辞めても良いと話しますが…。

【罠の戦争】6話のネタバレ!

選挙に当選した亨は議員として新たな日々をスタートさせます。泰生の事件を隠蔽した黒幕が鶴巻だと判明し、亨は鶴巻の弱みを握って真実を吐かせようとします。鶴巻には毎月第2・4月曜日は予定を入れず、18時には帰る習慣がありました。鷹野には鶴巻を敵に回すのを止められますが、亨は梨恵と眞人に鶴巻を尾行させます。でも、鶴巻は尾行に気づいていました。

▼6話ネタバレ詳細!

亨は眞人に秘書を辞めても良いと話します。一方、梨恵は亨に、眞人の兄の陳情に対応したのが亨で、亨は犬飼に報告していなかったことを明かしました。

鶴巻が亨を呼び出し、尾行の件を忠告します。亨は泰生の事件の真相が知りたいと話しますが、何も明らかになりませんでした。

鴨井は可南子にNPOを紹介します。可南子は鶴巻の弱みを探すために鴨井に近づいていました。でも、鴨井が「女性が活躍できるようにしたい」と話したことで、可南子は心が救われた気がしました。

眞人は亨が陳情に来た男性に親切に対応していたのを見て、「兄貴も鷲津さんのような人に会えたら死なずに済んだのかな」と口にします。

また月曜日になり、梨恵と眞人はおとりになって鶴巻を尾行します。亨も尾行しますが、検問で引っかかってしまいます。でも、熊谷がバイクで鶴巻を追い、鶴巻の行き先がついに判明。熊谷は鶴巻を追いたいとずっと思っていて、亨に協力することにしたのです。

亨は、鶴巻が医者に会っていたことを追及しましたが、鶴巻には効果がありません。むしろ、鶴巻から脅されてしまいました。

ところが、竜崎から鶴巻が事件の日の夜から翌朝にかけて誰かと会っていたことを聞かされます。亨が監視カメラ映像を確認すると、鴨井が映っていて…。

あかり

誰が敵で誰が味方なのかわかりません!

【罠の戦争】第7話の「あらすじ」と「ネタバレ!」2月27日放送

放送日タイトル
2月27日(月)真犯人が判明! 政界が隠す事件の真実

【罠の戦争】第7話のあらすじ

竜崎(高橋克典さん)の協力もあって、亨(草彅剛さん)は幹事長室前の監視カメラに映る鴨井(片平なぎささん)の姿を見つけました。その映像は、泰生(白鳥晴都さん)が突き落とされた日の夜の映像だったのです。

▼第7話のあらすじ詳細

亨はすぐに鴨井に会いに行き、事件の真相を聞き出そうとします。いつもとは違う険しい表情の亨に鴨井は何かを察していました。その様子を見た亨は、ついに犯人が誰なのかを確信しました。ただ、可南子(井川遥さん)は鴨井を信頼しきっていて、鴨井の強さに憧れていたため、亨は可南子に真相を話すべきか迷っていました。
さらに、亨は眞人(杉野遥亮さん)に兄の陳情の件を打ち明けられないままでした。亨は国会議員としての力を活かして、弱い立場の人間を救おうと決心します。眞人も亨の姿を見て、秘書として必死に働きますが…。

【罠の戦争】7話のネタバレ!

亨は監視カメラの映像から、泰生の事件があった日に鴨井が鶴巻の部屋に行ったことをつかみました。亨は鴨井と直接話し、息子の存在を突きつけます。鴨井の息子の情報は少なく、亨は由貴に調べてもらい、名前が文哉だと知りました。一方、鴨井は鶴巻から「息子を取るか、女性総理を取るか決めなさい」と言われます。

▼7話ネタバレ詳細!

可南子は鴨井に紹介されたNPOで働き、鴨井を信頼しきっていました。そんな可南子を前にして亨は鴨井の息子が犯人だとは言えませんでした。

亨は眞人が頑張ると言ってくれたことで、眞人のためにも陳情は全て聞こうと考えます。亨は議員でいられる間にできることをやりきるつもりでした。

眞人と梨恵が文哉の居場所を突き止め、文哉のバイト先にも行きます。バイト仲間は文哉が「無口だけど、穏やかで優しい」人物だと話しました。でも、文哉は7年前に高校で暴力沙汰を起こしていたのです。しかも、キレて同級生を追いかけて危害を加えて…。

亨は文哉に会いに行きますが、文哉がもう少しで話そうとした時に、鴨井の秘書が連れて行ってしまいました。

熊谷が揺さぶり記事を書くと、記事を見た目撃者が亨を訪ねて来ます。目撃者は文哉の顔を覚えていましたが、謝礼を要求。亨は鴨井を誘きだすために目撃者を利用し、鴨井は罠にハマります。

いよいよ亨と鴨井の直接対決が始まります。鴨井は文哉が犯人であることを鶴巻から聞き、鶴巻が隠蔽していたのです。亨が鴨井を追い込むと、鴨井は開き直り、「私以外に総理になれる女性がいる?」と言い出します。

そして、文哉が犯人だと書いた熊谷の記事は鶴巻に潰されます。鶴巻は亨を呼び出して警告し、鷹野に「鷲津亨を潰せ」と言いました。

あかり

ついに犯人が判明しましたね!

【罠の戦争】第8話の「あらすじ」と「ネタバレ!」3月6日放送

放送日タイトル
3月6日(月)宿敵との攻防戦! 罪には罰を

【罠の戦争】第8話のあらすじ

由貴(宮澤エマさん)が泰生(白鳥晴都さん)を歩道橋から突き落とした犯人を名指しした記事を公表する直前で、鶴巻(岸部一徳さん)が手を回しました。しかも、鶴巻は亨(草彅剛さん)に警告し、鷹野(小澤征悦さん)に亨を潰すように命令したのです。

▼第8話のあらすじ詳細

亨は自分が潰されるまでには時間があまりないと考え、できるだけ鶴巻を追い込む情報を集めようとします。そして、鶴巻とIT企業との癒着疑惑に触れたメールが亨に届きます。でも、眞人(杉野遥亮さん)はメールの差出人を見て、暗い表情を浮かべました。

鶴巻は竜崎(高橋克典さん)を総理の座から下ろすためにも、鴨井を何とかして女性初の総理にしようと必死でした。竜崎は自分の身を守るために泰生の事件を表沙汰にして…。

【罠の戦争】8話のネタバレ!

鶴巻は鷹野に「鷲津をつぶせ」と指示。同じ頃、泰生は意識を取り戻しました。鴨井が総理になる日は近づいているという趣旨の記事が出回り、竜崎は危機を感じます。そして、囲み取材で泰生の事件に言及しました。熊谷は文哉が犯人であることを週刊誌に載せるチャンスと考え、可南子にインタビューを決行。眞人は鷹野が信じられません。亨が鷹野からの情報を基に動いていることに不安を感じていました。

▼8話ネタバレ詳細!

でも、眞人の心配は外れます。鷹野は派閥をなくしたくて政治家になり、むしろ鶴巻をつぶしたいと考えていたのです。鷹野はわざと鶴巻に亨のネタを報告して時間を稼ぎ、その間に亨は鶴巻の力を奪うネタを集めます。

泰生は事件の全てを覚えていました。なぜか文哉が病院をうろついていて…。

鴨井が泰生の病室を訪ねてきて、鴨井は可南子と2人で話します。鴨井は文哉と縁を切っていました。鴨井は母親と総理の両立は無理だと考えていましたが、可南子に本音なのかを問われます。

そして、文哉が鴨井の前に現れます。文哉は前の日に泰生に会いにきて、謝罪したのです。文哉は夜勤のバイト明けで疲れきっていて、泰生に注意されたことを許せませんでした。

文哉は何度も出頭しようとしました。でも、「鴨井ゆう子を守りた」い一心で、警察に行けずにいました。

亨は、鶴巻とつながりのあるデジタルアンツという会社から鶴巻の息子へ多額の金が流れていることをつかみます。亨は鷹野と鶴巻の元へ行き、証拠を突きつけますが、デジタルアンツの件は鶴巻の罠でした。

さらに、亨は鶴巻の体調が良くないことを写した写真を見せます。でも、鶴巻は市議の馬場の弱みを握り、亨の不正献金を馬場に話させようとします。

そのタイミングで、鴨井の記者会見が始まります。鴨井は文哉の件を明かし、大臣と議員の辞職を発表しました。

【罠の戦争】第9話の「あらすじ」と「ネタバレ!」3月13日放送

放送日タイトル
3月13日(月)政界が激! 復讐果たす大逆転劇

【罠の戦争】第9話のあらすじ

鴨井(片平なぎささん)は突然記者会見を開き、息子の文哉(味方良介さん)が泰生(白鳥晴都さん)を歩道橋から突き落とした犯人であることを発表しました。鴨井はさらに、大臣だけではなく、議員も辞職すると言いました。鴨井は鶴巻派のホープだっただけに、鶴巻派は大混乱に陥ります。

▼第9話のあらすじ詳細

亨(草彅剛さん)は、鴨井が記者会見を開いたのを鶴巻を追い詰めるチャンスと考えます。そして、事件の捜査に関わり、すでに更迭された元警察官に接触しようとします。
一方で、竜崎(高橋克典さん)は鶴巻派が混乱している中、世論が注目しているのを良いことに安定した政権運営を目指し、取材で泰生の事件を追求すると言います。竜崎は事件を調査することを明言し、亨にも追い風が吹いてきて…。

【罠の戦争】9話のネタバレ!

鴨井は大臣と議員の両方を辞職しました。泰生の事件の隠蔽により警察署長は交代し、前署長の辰吉はクビ。鶴巻が指示していたのです。亨は鶴巻の周辺が混乱している今が、鶴巻をつぶすチャンスだと考えていました。竜崎はテレビを通して、「国民の疑念を払拭するために調査をする」とアピールします。

▼9話ネタバレ詳細!

亨は辰吉の居場所を突き止めて会いに行き、熊谷と協力して辰吉から鶴巻が黒幕である証言を取ります。そして、鶴巻の隠蔽が記事になりました。

眞人は亨に「これからどうする?」と尋ねます。亨はあらゆる取材を受け、すっかりヒーロー扱いになっていました。

一方で、鶴巻は会見を開き、すべてを秘書の責任にしました。竜崎は鶴巻に幹事長を辞めるように提案し、亨にはこれ以上誰かを追及するなと忠告。

鶴巻はマスコミに追われる中で、倒れてしまいます。鶴巻が倒れたニュースをテレビで見ていた亨は、不適な笑みを浮かべていました。結局、鶴巻は幹事長を辞任。

亨は竜崎から総理補佐官に任命されます。

鷹野は秘書から「色々手を貸したのに亨の一人勝ち」と言われました。

泰生はリハビリを終えて、ついに退院。鴨井が可南子に会いに来ました。可南子は鴨井に、「あんなに怖い顔の鷲津を見るのは初めて」だったと打ち明けます。

亨は支援者の一人である朱雀のパワハラをつぶしたいと熊谷に持ちかけます。亨は貫こうとする熊谷の記事を先手を打ってつぶしたのです。

熊谷はバーで会った鷹野に、亨は「必要なら鷹野さんも裏切るのでは?」と話します。鷹野は裏切られた時のことをすでに考えているようでした。

そして、亨の政治資金に関する疑惑が週刊誌に出ました。情報は鶴巻の私設秘書に返り咲いた虻川からのものでした。鶴巻は亨に「恨まれる側に回った気分は?」と問います。

【罠の戦争】第10話の「あらすじ」と「ネタバレ!」3月20日放送

放送日タイトル
3月20日(月)復讐される側へ…正体現す裏切り者

【罠の戦争】第10話のあらすじ

亨(草彅剛さん)は総理補佐官になり、竜崎(高橋克典さん)の信頼も得ていましたが、週刊誌に政治資金の問題が出たことで状況は悪くなっていきます。そんな中で、竜崎は亨にある言葉を伝えます。亨は竜崎の言葉をきっかけに、自分が政治家になった理由を思い出して、鶴巻を完全に排除すると躍起になりました。

▼第10話のあらすじ詳細

由貴(宮澤エマさん)は亨に記事をつぶされたことで、亨との関係は悪くなりつつありました。由貴は亨に頼まれたものを置いて行きますが、由貴はある人物とつながって亨に協力しているフリをしたのです。

亨は鶴巻をつぶすことばかりを考えて、政治家として本来やるべき仕事は二の次になっていました。亨の周りの人々は、亨が変わっていくのを見て…。

【罠の戦争】10話のネタバレ!

亨は総理補佐官になり竜崎との距離も近くなりますが、週刊誌に政治資金規正法違反の記事が載り、状況が悪くなっていきます。亨は怪文書は鶴巻の仕業だと竜崎に報告。竜崎は厚生労働副大臣のポストが空くことを示唆し、亨の野心には火がつきました。亨は竜崎のために、副大臣ポストのために鶴巻を排除しようと必死です。

▼10話ネタバレ詳細!

由貴は鷹野の差し金で、亨の留守中に亨が頼んだ鶴巻のネタを持って来ます。一方、亨は代議士の仕事を疎かにするようになり、貝沼は愚痴をこぼします。

可南子には友人を救えなかった過去があり、NPOに相談しに来た女子大生に親身になります。可南子が亨に話そうとすると、亨は陳情は受けられないと言い、可南子の話をただ聞くことすらしなくなりました。

亨は鶴巻をつぶすネタをつかみ、竜崎にポストと引き換えに情報を渡す提案をします。ところが、鶴巻のネタが出る前に鶴巻が突然、政治家引退を発表。

竜崎は鶴巻に亨から得た情報を事前に報告していたのです。竜崎は、「最近鷲津くんは調子に乗りすぎている」と考えていていました。鶴巻は亨に「権力という魔物に囚われている」と指摘。

そして、副大臣のポストを得たのは鷹野でした。竜崎は亨に「鷹野は策士、気を付けた方が良い」と忠告。

亨が怪文書の犯人を梨恵や鷹野ではないかと疑い始めた時、亨に新たな怪文書が届きます。眞人は他の人が疑われるのが嫌になり、亨に自分が怪文書を出したと明かしました。

眞人は兄の陳情を聞かなかったのが亨であることに気づいていて、兄のためにも亨を許さないと決心します。

豆ねこ

最後はどうなっちゃうのー!!

【罠の戦争】最終回(第11話)の「あらすじ」と「ネタバレ!」3月27日放送

放送日タイトル
3月27日(月)力を手にした弱き者

【罠の戦争】最終回のあらすじ

亨(草彅剛さん)に怪文書を送りつけていたのは眞人(杉野遥亮さん)だったのです。梨恵(小野花梨さん)は、眞人の兄の件で眞人が怪文書を送っていたのだと察しました。梨恵は眞人に、亨が犬飼(本田博太郎さん)に陳情を報告しなかった理由を説明しますが、眞人は余計にショックを受けます。眞人は梨恵が亨をかばっているように感じて、誰も信じられなくなりました。

▼最終回のあらすじ詳細

竜崎(高橋克典さん)は亨に、鷹野(小澤征悦さん)が副大臣を越えるポストを得るために権力を欲し、竜崎の身辺をかぎまわっているとこぼします。竜崎は亨に鷹野を黙らせるネタを 集めるように指示し、亨は梨恵に鷹野の身辺を探るように指示します。でも、梨恵が見せたのはやりきれない表情で…。

【罠の戦争】最終回のネタバレ!

怪文書をばらまいた犯人は眞人でした。亨と眞人が言い争っているところに梨恵が来ますが、眞人はクビに。梨恵は眞人が兄のために亨に復讐したと察し、眞人に亨が犬飼に報告できなかった状況を説明。亨が謝るつもりであったことも伝えますが、眞人は梨恵が亨をかばったことにショックを受け、誰も信じられなくなります。眞人は千葉県警へ行き、亨の選挙違反を説明しました。

▼最終回ネタバレ詳細!

竜崎は亨を呼び出し、鷹野が副大臣だけで満足せず、さらなる権力を求めて竜崎を探っていると話します。竜崎は亨に、鷹野を黙らせるスキャンダルをつかむように指示。亨は梨恵に鷹野を探ることを他の仕事よりも優先させました。

梨恵はやりきれない思いで、可南子に相談をします。可南子は「あの人変わったよね」と返しました。その後、梨恵は亨に鷹野を探ることを断ると、亨は梨恵に退職を勧めます。

眞人は由貴にも亨の選挙違反を話し、由貴が記事にしました。竜崎は亨に補佐官の辞任を示唆。

可南子は亨との離婚を決意し、泰生も可南子についていくと決めていました。泰生は亨が「変わったのは自分のせい」だと考えていたのです。可南子には自分が国会議員になり、女性を救いたい思いが芽生えつつありました。

鷹野は竜崎が反社会的勢力とつながっているネタをつかみましたが、亨は「総理には手を出すな」と言い、鷹野のスキャンダルをちらつかせます。その様子を猫田が見ていました。

亨は竜崎に釈明会見の中継を依頼します。ただ、竜崎は猫田に「これで鷲津くんも用済みだね」とこぼします。

釈明会見が始まり、亨は猫田が渡した原稿を途中で止めて破り捨て、突然「私は罪を犯した」と言い出します。中継は切られてしまいますが、亨は梨恵を連れて事務所へ走ります。

由貴が釈明会見本編の準備をしていました。前日に、亨は鷹野や由貴に謝罪し、協力を求めていたのです。亨は中継で、鶴巻や竜崎の闇を全部ぶちまけ、古い秩序を壊すと宣言しました。亨は権力ばかりを求めて、権力に負けたと自分の非を認めました。

中継後、眞人が事務所に来て、亨は眞人に、眞人は亨に謝ります。亨は警察に出頭しました。

鴨井は可南子に千葉15区から出馬することを提案し、見事に当選。竜崎は総理を辞任し、蛭谷が次の総裁になりました。ただ、鶴巻は未だに力を握っていました。

貝沼は鷹野の秘書になり、可南子の秘書は梨恵だけになりました。そこに、眞人が秘書としてやり直すために来ます。可南子が周りの議員からの嫌がらせに呆れていると、亨が政策秘書になると申し出ます。

可南子議員と亨秘書の挑戦が始まりました。

あかり

亨が鷹野を裏切らず最後に竜崎を敵に回す罠を仕掛けていたのは痛快でしたね!

【罠の戦争】結末予想!

亨は犬飼、鴨井、鶴巻から力を奪い、泰生の復讐を果たしました。

ただ、復讐の後に亨も罠を仕掛けられる立場になっていたのかもしれませんね。

いよいよクライマックス目前の『罠の戦争』。次の2つのポイントから結末を予想してみましょう!

  • 亨の運命
  • 眞人の復讐

結末予想①亨の運命

亨は虻川や、泰生の事件の隠蔽に関わった犬飼や鴨井、鶴巻に次々に罠を仕掛けて排除してきました。

亨はずっと弱い立場の人間のために、弱い立場の人間を踏みつぶしてきた人物に徹底的に復讐をしましたね。

そして、代議士になった当初も弱い立場の人々を第一に考えて行動していました。

でも、第9話で鶴巻が倒れたニュースの時に不適な笑みを浮かべた辺りから、亨の雰囲気も一変した気がします。

亨は自分でも気づかないうちに、権力を利用して弱い立場の人間を踏みつける側に回りつつあったのかもしれません。

第9話のラストで朱雀のパワハラをもみ消したのもその一つだと思います。

しかも、これまで鷹野や由貴にあんなに助けてもらってきたのに、鷹野や由貴に感謝するどころか、必要でなくなったら連絡もしない、協力もしないようになっていました。

さらに、政治資金規正法に違反するトラブルが表に出た時には、貝沼に全部被せるつもりでした。

もはや亨は、泰生や弱い立場の人々のために一生懸命戦った頃の亨ではありません。

亨の周りは敵だらけになっているのです。

最終回に向けて亨は鶴巻を完全につぶしにかかると思いますが、亨に全面的に協力する人物はもはやいないかもしれません。

亨は鶴巻に罠を仕掛けているつもりでも、鶴巻や鷹野、由貴を中心に罠を仕掛けられていくのではないでしょうか?

まさに、「罠の戦争」ですね。

そして、亨は代議士を辞めざるを得なくなると予想します。

亨は戦うとは思いますが、鷹野や由貴など仲間が敵になっているのを知り、自ら身を引くと思います。

全てを失った亨は、自分自身も弱い立場の人間だったことを思い出すはずです。

真っ直ぐな優しい亨に戻った時、可南子と泰生との幸せな時間がまた戻ってくるような気がします。

結末予想②眞人の復讐

眞人は兄を苦しめた張本人が犬飼ではなく、信頼してきた亨であることにまだ気づいていないようでした。

ただ、第9話で眞人が亨に鶴巻をつぶした後はどうするのかを聞いた時、眞人は何か言いたそうな顔をしているように見えました。

もしかしたら、眞人は亨が本当の復讐相手であることにすでに気づいているのかもしれません。

眞人は亨が自ら打ち明けてくれる日をずっと待っているのだと思います。

でも、亨は眞人の兄のことも、眞人に真実を打ち明けることも、もう忘れているようにも見えます。

眞人は結局、自分で亨に問いただすのではないでしょうか?

「①亨の運命」で、亨は代議士を辞めると予想しましたが、亨を辞職に追い込む最後の人物が眞人だと思います。

亨は眞人に兄への謝罪を求め、亨は泣きながら土下座をして謝ると予想します。

眞人も泣きながら、亨を許し、やっと眞人の復讐は完結するのではないでしょうか。

そして、眞人は秘書を辞めて、研究者に戻る気がします。

【罠の戦争】キャスト紹介(出演者)

鷲津亨(わしづ とおる):草彅剛さん

衆議院議員・犬飼孝介の第一秘書。冷静沈着で感情を表に出さない。

犬飼に拾われて以降、20年間犬飼に尽くしてきた。

鷲津可南子(わしづ かなこ):井川遥さん

鷲津亨の妻。仕事で家にほとんどいないいない亨にかわり、育児や家事を担ってきた。

鷲津泰生(わしづ たいき):白鳥晴都さん

亨と可南子の一人息子。ある日何者かにより歩道橋に突き落とされ、意識不明の重体となる。

蛯沢眞人(えびさわ まさと):杉野遥亮さん

家庭の事情で大学院を退学。予想外の出会いにより、犬飼事務所の秘書見習いとなる。

蛍原梨恵(ほとはら りえ):小野花梨さん

犬飼の私設秘書。高圧的な先輩秘書によるセクハラ・パワハラに悩んでいる。

貝沼永太(かいぬま えいた):坂口涼太郎さん

犬飼の第二秘書を務める。ノリの良さから犬飼や犬飼の息子・俊介、虻川からも気に入られている。

虻川勝次(あぶかわ かつじ):田口浩正さん

犬飼の政策秘書。犬飼には従順な一方で、後輩秘書の蛍原にはパワハラ・セクハラをしている。

犬飼俊介(いぬかい しゅんすけ):玉城裕規さん

犬飼の息子で、政務秘書官として籍を置いているがほとんど仕事をしない。

犬飼孝介(いぬかい こうすけ):本田博太郎さん

鶴巻派の内閣府特命担当大臣。亨が20年間仕えている議員。

鷹野聡史(たかの さとし):小澤征悦さん

鶴巻と盟友の父から地盤を引き継いだ、鶴巻派の二世議員。亨の友人でもある。

熊谷由貴(くまがい ゆき):宮澤エマさん

「週刊新時代」の記者。強い姿勢で政治家たちの記事を書く。

竜崎始(りゅうざき はじめ):高橋克典さん

内閣総理大臣。その座に就けたのは鶴巻のおかげだと自覚があり、鶴巻には強く出られない。

猫田正和(ねこた まさかず):飯田基祐さん

内閣総理大臣・竜崎の政務秘書官であり、竜崎と常に行動を共にしている。

鴨井ゆう子(かもい ゆうこ):片平なぎささん

鶴巻派の厚生労働大臣。初の女性総理大臣になることを狙っている。

鶴巻憲一(つるまき けんいち):岸部一徳さん

民政党幹事長で鶴巻派のトップ。議員たちは自分のコマだと思っている。

【罠の戦争】主題歌:香取慎吾×SEVENTEENのコラボ『BETTING

ドラマ『罠の戦争』の主題歌は、香取慎吾さんとSEVENTEENがコラボする『BTTING』です。

『BETTING』は、ドラマの内容を連想させる歌詞と、ジャズの世界観にSEVENTEENならではのダンサブルなトラックが融合した曲となっています。

BETTING=「賭け」という意味なので、ドラマの内容ともリンクしていますよね!

罠と対峙する主演 草彅剛さんの復讐の炎が、主題歌でより熱く燃えてもらえるように、
SEVENTEENとチカラを合わせ作りました。
ドラマ楽しみにしています!

香取慎吾さんコメント

慎吾さんと一緒に歌うことが出来てとても嬉しく光栄でした。ドラマを楽しみにしていただき、主題歌「BETTING」をたくさん聴いていただければ幸いです。

SEVENTEEN・JEONGHANさんコメント
あかり

主題歌が香取慎吾さん×セブチ!
何て豪華なコラボレーション♪

【罠の戦争】みどころは?

草彅剛さんの演技に期待

草彅剛さんの主演作品を今か今かと楽しみにしてきたので嬉しくて仕方ありません。しかも優しくほんわかしたイメージの草彅さんの渋くかっこいい一面が見られそうな作品なので更に嬉しいです。草彅さんの演技はどの作品でも強く心に残り、どんな脇役でもその存在感の大きさで作品をより素晴らしいものにしていました。6年ぶりのシリーズ作品ということですが、きっとまた心に大きな爪痕を残してくれると思います。またストーリーも不条理な政治家に対する復讐劇ということで、きっとスカッとできる気持ちのいい作品になっているのではないでしょうか。また脇を固める俳優陣も個性豊かな面々が揃っているので、草彅さんとどんな掛け合いを見せてくれるのか非常に楽しみです。(30代・女性)

どういった復讐劇になるのか

政治家に裏切られた議員秘書が政治家たちへ復讐を果たしていくストーリーであり、議員秘書という一番近くにいたからこそ知る政治家たちの弱みをどう復讐に利用していくのか、ハラハラすると共にスカッとできるストーリーであると今から視聴が楽しみです。また、味方だった思っていた存在が敵となりうる、気を抜けない世界でこれまでどう生き抜いてきたのか、それによって犠牲にしてきたものの大きさを裏切られたことでより強く思い知らされると感じ、復讐を果たしていくごとに見られる主人公の葛藤をどう表現するのか。主人公を演じる草彅剛さんの鬼気迫る演技に期待が高まります。何をもって復讐を果たすこととなるのか、復讐を果たしたことで自身の立ち位置がどうなってしまうのか。復讐する相手の大きさから主人公の覚悟を感じられると、初回から目が離せないと感じる作品です。(30代・女性)

ハラハラドキドキさせられそう

「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く第3作目となる「罠の戦争」。この時を待ち望んでいた人はきっと多いはずです。主演の草彅剛さんの熱演がまた見れるのかと思うと楽しみでたまりません。今回は弱い人間が強い人間たちに復讐を挑む物語になっているようですね。今の世知辛い世の中にぴったりとハマりそうな復讐劇には、思う存分感情移入が出来そうです。罠を仕掛ける主人公の鷲津が、罠を仕掛けられる展開にはハラハラドキドキさせられそうですが、そのスリリングさがこのドラマの魅力だと思います。今回の出演陣もそうそうたる顔ぶれですね。そんな俳優さんたちの中に衆議院会館事務員役として飛び込む、空気階段の水川かたまりさんの演技に注目したいと思います!(50代・女性)

待っていた「戦争シリーズ」!

久しぶりに草彅くんが民放で主演する「戦争シリーズ」!待ってました!!という感じです。草彅くんてだけでもワクワクするのにまさか「戦争シリーズ」が見れるとは…!待ってて良かったといううれしさがこみ上げます。脚本は「戦争シリーズ」ではおなじみの後藤法子さんというのは安心しました。彼女の作品はすべて見ていますね!言葉にひねりがあって見る物を引きつける魅力があり大好きです。音楽はジョジョや沈黙のパレードを手がけた菅野祐悟さんというこれまた素敵な作品を残す方ですね。少し半沢直樹臭がするようなジャケットと内容ですが、今から本当に楽しみです。
草彅くんの演技は昔から大好きで彼が出ている作品も片っ端から見ています!ミッドナイトスワンでの彼の演技は完璧でした…。。予告だけで泣いていた記憶があります笑。とにかく月曜日10時からは目が離せなくなりそうです!あれ?スマスマ枠…。これはファンが熱狂しそう!(40代・女性)

高橋克典さんの総理大臣役が楽しみ

まず、草彅剛が主演と聞いて期待が大きいです。私は草彅剛が主演だったスペシャリストの演技が好きだったので期待は大きいです。話自体も政治家をミステリーというなかなか面白くなりそうになりつつも下手すると体制批判で終始してしまいそうなテーマをどのように描いていくかということに興味があります。また、内閣総理大臣竜崎始が高橋克典ということでどのような演技をするか気になります。個人的に高橋克典というと爽やかなイメージが強いです。しかし、前情報によればどうやらあまり切れ者の総理大臣というわけではなくむしろ神輿で担がれた人ということになりそうなので、あのイケメンの高橋克典がどんな頼りない演技をするのだろうかと思うとそれだけで視聴してみたい気がします。(20代・男性)

【罠の戦争】結末の最終回はいつ?

『罠の戦争』の結末を迎える最終回の放送は2023年3月27日(月)で、全11話です。

前クールに放送された長澤まさみさん主演のドラマ『エルピス-希望、あるいは災い-』は全10話でしたので、『罠の戦争』が11話まで楽しめるのは視聴者としては嬉しい限りですね!

これまでは、敵が判明したと思ったらその先にまた新たな敵がいるという展開となっています。

最終回までに果たして鷲津は真犯人を捉えることはできるのでしょうか?

あかり

憎き敵をやっつけてほしい!

まとめ【罠の戦争】ネタバレあらすじ全話!最終回結末予想!ラストの復讐劇は?

今回は、【罠の戦争】ネタバレあらすじ全話!結末予想!最終回ラストの復讐劇は?といった内容を紹介させて頂きました!

『罠の戦争』は後藤法子さん脚本による完全オリジナルストーリーで、最終回は2022年3月27日(月)放送となりました。

あかり

最終回の最後まで目が離せない展開でしたね!

豆ねこ

『罠の戦争』を無料で一気見したい人は「U-NEXT」で視聴できます♪

\無料期間中の解約OK/

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく190誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次