MENU

【罠の戦争】ネタバレあらすじ全話!結末の最終回ラストの復讐劇は?

この記事では、【罠の戦争】ネタバレあらすじ全話!結末の最終回ラストの復讐劇は?と題して、1話から最終回までの「あらすじ」と「ネタバレ」を毎週更新してお届けさせて頂きます。

草彅剛さん主演のドラマ『罠の戦争』は、毎週月曜日22時から放送中で1月23日(月)に第2話が放送となりました。

いったい、事件の真犯人の黒幕は誰なのでしょうか!?

『罠の戦争』には原作はなく、『銭の戦争(2015年)』『嘘の戦争(2017年)』に続く”戦争シリーズ”第3作目となっています。

草彅剛さん主演の戦争シリーズ『噓の戦争』『銭の戦争』AmazonのPrime videoで無料視聴することができます。登録から30日の無料期間中での解約も一切料金は発生しません。

目次

【罠の戦争】あらすじネタバレ

衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎さん)の第一秘書を務める鷲津亨(草彅剛さん)。

ある日犬飼から、自分の息子が瀕死の重傷を負った事件の”もみ消し”を指示されます。

この事件を機に、これまで自分を犠牲にしてまでも献身し、我慢を重ねてきた亨の心境に変化が生まれます。

秘書生活で培った政治世界での知略・人脈・情報を駆使し、息子を重体にさせた人物の正体を追いながら、事件を隠蔽しようとした”先生”へ壮絶な復讐を仕掛けていきます。

【罠の戦争】第1話の「あらすじ」と「ネタバレ!」1月16日放送

放送日サブタイトル
1月16日(月)議員秘書の復讐エンターテインメントが開幕!

【罠の戦争】第1話のあらすじ

鷲津亨(草彅剛さん)は、衆議院議員・犬飼孝介(本田博太郎さん)の第一秘書を務めています。路頭に迷っていた20年前に自分を拾ってくれた犬飼に恩義を感じ、これまで命がけで犬飼に尽くしてきました。

▼第1話のあらすじ詳細

犬飼は、亨の献身的なサポートと、自身の付き合いの良さと得意の土下座で、与党・民政党の議員として内閣府特命担当大臣にまで上り詰めました。しかし、女性を軽視した発言をしてしまい世論の猛反発を招き、幹事長の鶴巻憲一(岸部一徳さん)や厚生労働大臣の鴨井ゆう子(片平なぎささん)、内閣総理大臣の竜崎始(高橋克典さん)らから、どこか冷たい眼差しを向けられています。さらに、二世議員で亨の友人でもある鷹野聡史(小澤征悦さん)は、犬飼が大臣秘書官に任命した息子の犬飼俊介(玉城裕規さん)が「地元の建設会社から不正な金を受け取っているらしい」との情報を掴んでいました。

そんなある日、大臣就任後初の政治資金パーティーが開かれ、会場には鶴巻や竜崎もやってきます。さらには、招待客に紛れ込み不審な動きを見せる青年・蛯沢眞人(杉野遥亮)の姿もありました。

政策秘書の虻川勝次(田口浩正さん)や私設秘書の蛍原梨恵(小野花梨さん)らと招待客の対応に追われる亨。そこへ妻の可南子(井川遥さん)から連絡があり、中学生の息子・泰生(白鳥晴都さん)が何者かに歩道橋から突き落とされ怪我をし、意識不明の重体だと知らされます。パニックになっている可南子を安心させる亨でしたが、大臣の失言が炎上してしまい仕事を離れることができませんでした。

翌日、何か事件に巻き込まれたのではと心配をする亨に、捜査担当刑事から事故の可能性を告げられます。

さらには信頼していた犬飼からは思いもよらない要求があり・・・。

【罠の戦争】1話のネタバレ!

鷲津亨は衆議院議員の犬飼孝介の第一秘書を勤めています。かつて亨が途方に暮れていた時に、手を差し伸べてくれた犬飼とは20年以上の付き合いでした。亨はあらゆる対応に追われていますが、仕事のない日は妻の可南子や息子の泰生と穏やかな時間を過ごしていました。

▼1話ネタバレ詳細!

犬飼の大臣就任後、初のパーティーの日。犬飼は女性蔑視発言で、世間から批難の目を向けられている最中でした。蛯沢眞人という若者がパーティー会場に入り込み、犬飼を狙っていました。パーティーの途中、亨に可南子から「泰生が怪我をして意識がない」と連絡が入ります。手術をしても、泰生の意識は戻らないままでした。泰生は何者かに突き落とされた可能性がありました。

パーティー翌日。眞人が秘書として加わりました。その矢先、犬飼の息子である俊介に不正疑惑が浮上します。

犬飼が泰生のお見舞いにやって来ますが、犬飼は亨に「泰生くんは事故だった。」と突然言い出します。犬飼は俊介の件を亨に被せようとしたり、収入が途絶えると脅したりして、亨に「分かりました。」と言わせます。亨は犬飼、秘書の虻川勝次と貝沼永太たちにハメられたのです。犬飼と亨のやり取りを見ていた可南子は愕然とします。でも、亨は離婚を覚悟で犬飼や、泰生を突き落とした犯人と戦う決意をしていました。

秘書の蛍原梨恵は虻川のパワハラに悩んでいました。そんな梨恵や犬飼に恨みがあると思われる眞人と共に、亨の復讐は始まります。

あかり

絶対に許せませんね!!!

豆ねこ

泰生くん可哀想すぎる・・!!!

【罠の戦争】第2話の「あらすじ」と「ネタバレ!」1月23日放送

放送日サブタイトル
1月23日(月)悪しき政治家を潰せ

【罠の戦争】第2話のあらすじ

亨(草彅剛さん)は泰生(白鳥晴都さん)の事件を事故だと主張した犬飼(本田博太郎さん)への復讐を決意し、犬飼失脚に動きます。梨恵(小野花梨さん)や眞人(杉野遥亮さん)の協力を得て、亨が最初のターゲットにしたのは虻川(田口浩正さん)でした。

▼第2話のあらすじ詳細

ただ、虻川は犬飼事務所の金の流れを全て把握していることから、犬飼はなかなか虻川をクビにはできずにいます。
亨は虻川の裏帳簿を何とか手に入れようと行動を起こしました。亨は眞人に虻川の動きを見張らせ、眞人は虻川と共に犬飼の地元に向かいます。しかし、虻川はすでに亨が自分を辞めさせようとしていることに気づいていたのです。虻川は亨が熊谷(宮澤エマさん)と協力して、俊介(玉城裕規さん)の不正を暴きたいのだと見抜いていました。

豆ねこ

どんな復讐劇になるのか!楽しみーー!

【罠の戦争】2話のネタバレ!

犬飼は、虻川のパワハラ問題に対する謝罪会見を開きますが、すり替えられた原稿のせいで失敗に終わります。ただ、虻川は犬飼も知らない事務所の金の動きを全て把握していて、なかなかクビにはなりません。虻川は自分が亨にハメられたことに気づいていました。一方、亨も虻川は勘が良くて自分をつぶしにかかると分かっていました。

▼2話ネタバレ詳細!

眞人が犬飼に近づいたのは、兄の復讐のためでした。眞人の兄は、犬飼に陳情してもらえると信じて必死に働きました。でも、犬飼に陳情する気はなく、眞人の兄は過労で亡くなったのです。

亨は犬飼の地盤で開催されたBBQに参加し、犬飼の息子が金を受け取っている場に出くわします。亨は由貴と会う約束をしますが、虻川が全てを見ていました。貝沼が亨を見張り、亨と由貴が会っている場所へ虻川は犬飼を連れて乗り込みます。でも、これは亨の罠だったのです。

次に、亨は可南子や由貴と協力して、家に押し掛けてきた虻川をハメます。虻川は泰生の事故は事件だと口走り、事件を隠蔽したという記事が週刊誌に載りました。自暴自棄になった虻川は暴行事件を起こします。迎えに来た亨は虻川に泰生の事件の真相を迫りますが、虻川は答えませんでした。そして、犬飼が来たところで亨は犬飼に虻川の裏帳簿を渡しました。虻川はついにクビ。

鷹野が泰生の事件に関する情報を入手し、亨に伝えます。

【罠の戦争】第3話の「あらすじ」と「ネタバレ!」1月30日放送

放送日タイトル
1月30日(月)権力者たちの謀略が・・・

【罠の戦争】第3話のあらすじ

鷹野(小澤征悦さん)は亨(草彅剛さん)に、泰生(白鳥晴都さん)が突き落とされた件は、当初は事件として捜査されていたことを伝えます。しかも、泰生は突き落とされる前、バスで高齢の女性に座席を譲るように、フードを被った男性に注意をしていたこと、注意された男性が泰生を追って慌ててバスを降りたことが明らかになりました。

▼第3話のあらすじ詳細

虻川(田口浩正さん)は秘書をクビになり、代わりに亨が政策秘書に昇進します。永田町には次の総選挙が始まるかもしれないという情報が流れ、亨は犬飼をつぶすチャンスがやって来たのだと勢いづきます。
早速、亨は虻川の裏帳簿のコピーを見てネタを探します。そして、事務所の資金が俊介(玉城裕規さん)のために使われていたことが判明したのです。

【罠の戦争】3話のネタバレ!

第3話の放送後に記事を更新させていただきます!楽しみにしていてくださいね♪

▼3話ネタバレ詳細!

3話放送後に更新予定です♪

【罠の戦争】キャスト紹介(出演者)

鷲津亨(わしづ とおる):草彅剛さん

衆議院議員・犬飼孝介の第一秘書。冷静沈着で感情を表に出さない。

犬飼に拾われて以降、20年間犬飼に尽くしてきた。

鷲津可南子(わしづ かなこ):井川遥さん

鷲津亨の妻。仕事で家にほとんどいないいない亨にかわり、育児や家事を担ってきた。

鷲津泰生(わしづ たいき):白鳥晴都さん

亨と可南子の一人息子。ある日何者かにより歩道橋に突き落とされ、意識不明の重体となる。

蛯沢眞人(えびさわ まさと):杉野遥亮さん

家庭の事情で大学院を退学。予想外の出会いにより、犬飼事務所の秘書見習いとなる。

蛍原梨恵(ほとはら りえ):小野花梨さん

犬飼の私設秘書。高圧的な先輩秘書によるセクハラ・パワハラに悩んでいる。

貝沼永太(かいぬま えいた):坂口涼太郎さん

犬飼の第二秘書を務める。ノリの良さから犬飼や犬飼の息子・俊介、虻川からも気に入られている。

虻川勝次(あぶかわ かつじ):田口浩正さん

犬飼の政策秘書。犬飼には従順な一方で、後輩秘書の蛍原にはパワハラ・セクハラをしている。

犬飼俊介(いぬかい しゅんすけ):玉城裕規さん

犬飼の息子で、政務秘書官として籍を置いているがほとんど仕事をしない。

犬飼孝介(いぬかい こうすけ):本田博太郎さん

鶴巻派の内閣府特命担当大臣。亨が20年間仕えている議員。

鷹野聡史(たかの さとし):小澤征悦さん

鶴巻と盟友の父から地盤を引き継いだ、鶴巻派の二世議員。亨の友人でもある。

熊谷由貴(くまがい ゆき):宮澤エマさん

「週刊新時代」の記者。強い姿勢で政治家たちの記事を書く。

竜崎始(りゅうざき はじめ):高橋克典さん

内閣総理大臣。その座に就けたのは鶴巻のおかげだと自覚があり、鶴巻には強く出られない。

猫田正和(ねこた まさかず):飯田基祐さん

内閣総理大臣・竜崎の政務秘書官であり、竜崎と常に行動を共にしている。

鴨井ゆう子(かもい ゆうこ):片平なぎささん

鶴巻派の厚生労働大臣。初の女性総理大臣になることを狙っている。

鶴巻憲一(つるまき けんいち):岸部一徳さん

民政党幹事長で鶴巻派のトップ。議員たちは自分のコマだと思っている。

【罠の戦争】主題歌:香取慎吾×SEVENTEENのコラボ『BETTING

ドラマ『罠の戦争』の主題歌は、香取慎吾さんとSEVENTEENがコラボする『BTTING』です。

『BETTING』は、ドラマの内容を連想させる歌詞と、ジャズの世界観にSEVENTEENならではのダンサブルなトラックが融合した曲となっています。

BETTING=「賭け」という意味なので、ドラマの内容ともリンクしていますよね!

気になる音源については1月16日(月)のドラマ初回放送で初解禁となるようなので、ドラマ本編と合わせて楽しみに待ちましょう♪

罠と対峙する主演 草彅剛さんの復讐の炎が、主題歌でより熱く燃えてもらえるように、
SEVENTEENとチカラを合わせ作りました。
ドラマ楽しみにしています!

香取慎吾さんコメント

慎吾さんと一緒に歌うことが出来てとても嬉しく光栄でした。ドラマを楽しみにしていただき、主題歌「BETTING」をたくさん聴いていただければ幸いです。

SEVENTEEN・JEONGHANさんコメント
あかり

主題歌が香取慎吾さん×セブチ!
何て豪華なコラボレーション♪

【罠の戦争】みどころは?

草彅剛さんの演技に期待

草彅剛さんの主演作品を今か今かと楽しみにしてきたので嬉しくて仕方ありません。しかも優しくほんわかしたイメージの草彅さんの渋くかっこいい一面が見られそうな作品なので更に嬉しいです。草彅さんの演技はどの作品でも強く心に残り、どんな脇役でもその存在感の大きさで作品をより素晴らしいものにしていました。6年ぶりのシリーズ作品ということですが、きっとまた心に大きな爪痕を残してくれると思います。またストーリーも不条理な政治家に対する復讐劇ということで、きっとスカッとできる気持ちのいい作品になっているのではないでしょうか。また脇を固める俳優陣も個性豊かな面々が揃っているので、草彅さんとどんな掛け合いを見せてくれるのか非常に楽しみです。(30代・女性)

どういった復讐劇になるのか

政治家に裏切られた議員秘書が政治家たちへ復讐を果たしていくストーリーであり、議員秘書という一番近くにいたからこそ知る政治家たちの弱みをどう復讐に利用していくのか、ハラハラすると共にスカッとできるストーリーであると今から視聴が楽しみです。また、味方だった思っていた存在が敵となりうる、気を抜けない世界でこれまでどう生き抜いてきたのか、それによって犠牲にしてきたものの大きさを裏切られたことでより強く思い知らされると感じ、復讐を果たしていくごとに見られる主人公の葛藤をどう表現するのか。主人公を演じる草彅剛さんの鬼気迫る演技に期待が高まります。何をもって復讐を果たすこととなるのか、復讐を果たしたことで自身の立ち位置がどうなってしまうのか。復讐する相手の大きさから主人公の覚悟を感じられると、初回から目が離せないと感じる作品です。(30代・女性)

ハラハラドキドキさせられそう

「銭の戦争」「嘘の戦争」に続く第3作目となる「罠の戦争」。この時を待ち望んでいた人はきっと多いはずです。主演の草彅剛さんの熱演がまた見れるのかと思うと楽しみでたまりません。今回は弱い人間が強い人間たちに復讐を挑む物語になっているようですね。今の世知辛い世の中にぴったりとハマりそうな復讐劇には、思う存分感情移入が出来そうです。罠を仕掛ける主人公の鷲津が、罠を仕掛けられる展開にはハラハラドキドキさせられそうですが、そのスリリングさがこのドラマの魅力だと思います。今回の出演陣もそうそうたる顔ぶれですね。そんな俳優さんたちの中に衆議院会館事務員役として飛び込む、空気階段の水川かたまりさんの演技に注目したいと思います!(50代・女性)

待っていた「戦争シリーズ」!

久しぶりに草彅くんが民放で主演する「戦争シリーズ」!待ってました!!という感じです。草彅くんてだけでもワクワクするのにまさか「戦争シリーズ」が見れるとは…!待ってて良かったといううれしさがこみ上げます。脚本は「戦争シリーズ」ではおなじみの後藤法子さんというのは安心しました。彼女の作品はすべて見ていますね!言葉にひねりがあって見る物を引きつける魅力があり大好きです。音楽はジョジョや沈黙のパレードを手がけた菅野祐悟さんというこれまた素敵な作品を残す方ですね。少し半沢直樹臭がするようなジャケットと内容ですが、今から本当に楽しみです。
草彅くんの演技は昔から大好きで彼が出ている作品も片っ端から見ています!ミッドナイトスワンでの彼の演技は完璧でした…。。予告だけで泣いていた記憶があります笑。とにかく月曜日10時からは目が離せなくなりそうです!あれ?スマスマ枠…。これはファンが熱狂しそう!(40代・女性)

高橋克典さんの総理大臣役が楽しみ

まず、草彅剛が主演と聞いて期待が大きいです。私は草彅剛が主演だったスペシャリストの演技が好きだったので期待は大きいです。話自体も政治家をミステリーというなかなか面白くなりそうになりつつも下手すると体制批判で終始してしまいそうなテーマをどのように描いていくかということに興味があります。また、内閣総理大臣竜崎始が高橋克典ということでどのような演技をするか気になります。個人的に高橋克典というと爽やかなイメージが強いです。しかし、前情報によればどうやらあまり切れ者の総理大臣というわけではなくむしろ神輿で担がれた人ということになりそうなので、あのイケメンの高橋克典がどんな頼りない演技をするのだろうかと思うとそれだけで視聴してみたい気がします。(20代・男性)

【罠の戦争】結末の最終回はいつ?

『罠の戦争』の結末を迎える最終回の放送は明らかにされていません

しかし、『罠の戦争』が全10話だとすると1月16日(月)放送開始のため、放送が順調に進み1週も飛ばすことなく放送されるとすると、最終回は3月20日(月)となります。

視聴率が低い場合は「打ち切り」という可能性もありますが、『罠の戦争』に関しては、人気の”戦争シリーズ”3作目であり、演技派としても名を馳せる草彅剛さん主演となっていますので、打ち切りの心配はなさそうですよね♪

まとめ【罠の戦争】ネタバレあらすじ全話!結末の最終回ラストの復讐劇は?

今回は、【罠の戦争】ネタバレあらすじ全話!結末の最終回ラストの復讐劇は?といった内容を紹介させて頂きました!

『罠の戦争』は、後藤法子さん脚本による完全オリジナルストーリーです。

この記事では『罠の戦争』の初回から最新話のネタバレ・あらすじを毎週更新していきますので、ぜひ参考にして下さいね♪

草彅剛さん主演の戦争シリーズ『噓の戦争』『銭の戦争』AmazonのPrime videoで無料視聴することができます。登録から30日の無料期間中での解約も一切料金は発生しません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次