MENU
\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

【ばらかもん】4話のネタバレ考察!感想や口コミは?清舟まさかの帰京!?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

杉野遥亮さんが主演するドラマ『ばらかもん』の第4話が、フジテレビ系で2023年8月2日(水)夜10時から放送されました。

こちらのドラマは、書道を支えに生きてきた都会の青年が、五島列島での暮らしを通して人間として成長していく姿を描いたハートフル”島”コメディーです。

あかり

今なら原作アニメが全話「U-NEXT」で31日間の無料トライアルができます♪

公式「U-NEXT」引用
豆ねこ

「U-NEXT」は2023年6月30日に「Paravi」と統合したので、TBSやテレビ東京の人気ドラマや番組も見放題!なんと1万本追加になったよ!

\無料期間中の解約OK/

アニメ『ばらかもん』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。
※2023年9月現在(詳しくは公式サイト確認してください)

この記事では、『ばらかもん』の第4話のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『ばらかもん』
4話放送日8月2日(水) 夜10時~
放送局フジテレビ
脚本阿相クミコ、金沢達也
全放送回数全11話
主題歌Perfume『Moon』
出演杉野遥亮、宮崎莉里沙、田中みな実、綱啓永、中尾明慶、遠藤憲一ほか
ドラマ『ばらかもん』概要
あかり

『ばらかもん』関連記事

目次

【ばらかもん】4話ネタバレあらすじ「清舟まさかの帰京!?」

第4話放送日
2023年8月2日(水)

ある日の朝、半田清舟(杉野遥亮)が目を覚ますと、両脇には何故か山村美和(豊嶋花)と新井珠子(近藤華)が添い寝していた。そして足下には琴石なる(宮崎莉里沙)が…。

驚いて飛び起きた清舟は、カギをかけても家の中に入ってくることが出来る理由を尋ねた。すると、悪びれた様子もなく、合鍵を取り出してみせる美和。実は、美和は勝手に5本も合鍵を作っており、木戸浩志(綱啓永)含めてみんなで共有していたのだ。しかも、そのうちの1本はどこかで落としてなくしてしまったのだと言う。あ然となる清舟。美和と珠子は、そんな清舟を気にも止めずに、夏休みの宿題で習字をやらないといけないから教えて欲しい、と頼み込む。

清舟は「オレが教えるからには、絶対入賞させてやる!」と宣言し、さっそく熱血指導を開始。するとそこに、清舟にマネージャーの川藤鷹生(中尾明慶)から電話が入る。聞き耳を立てていた美和たちは、清舟が「そのときは帰るよ、東京に」と話しているのを聞いてしまう。

そんな折、書展に向けた作品が書けず、スランプに陥った清舟は港で出会った美和の父・巌(宍戸開)から趣味で買った中古船の船体に船名を書いて欲しいと頼まれる。船の登録名は“唯我独尊丸”。清舟は、筆ではなく刷毛、墨ではなくペンキ、紙ではなく船体と、いつもとはまったく違う条件の下、失敗は許されないというプレッシャーに襲われ…。

ドラマ公式HPより引用

この記事は第4話のネタバレを含みます!

ネタバレ①合鍵騒動と清舟のスランプ

清舟が目を覚ますと、美和と珠子、なるが添い寝していました。清舟が鍵を閉めているのに入ってくる理由を聞くと、美和は合鍵を見せたのです。

美和が作った合鍵は5本で、珠子や浩志にも合鍵を渡していました。でも、1本は落として失くしていたことが判明。

美和と珠子は、合鍵にこだわる清舟をよそに、夏休みの宿題の習字を教えて欲しいと頼みました。清舟は断ろうとしますが、

絶対に入賞させようと、熱血指導を始めます。

その時、川藤から電話が来ます。美和たちは、「良い字が書けたらその時は帰るよ、東京に。」と話しているのを聞いてしまいました。

清舟はスランプに陥ったまま港をふらふら歩いていると、耕作に壊れた石垣の修理や、神社の寄付者名を書いた板の書き直しを頼まれます。

次に、清舟は美和の父・巌に会います。巌は中古で買った船に船名を書いて欲しいと依頼。船の名前は、“唯我独尊丸”。

でも、清舟は、刷毛やペンキ、船体といった普段の書道との違いに戸惑います。失敗できないプレッシャーに押しつぶされそうでした。

ネタバレ②物物交換のわらしべ清舟

清舟は船に書き始めようとしますが、普段の紙との違いに、なかなか書き出せずにいました。側で見守っていたなる、陽菜、謙太郎は清舟の姿に見かねて、ペンキを付けた手で船にペタペタと手形を付けてしまいました。

清舟は子どもの手形を隠すために、思い切って船に文字を書き始めます。清舟は満面の笑みで、筆の動きも驚くほどの軽やかさでした。巌は楽しそうに字を書く清舟を美和と見守っていました。

美和と巌がお礼に干物を持って、清舟の家に来ました。清舟は、よそ者の自分に書かせてくれたことを感謝しますが、美和は「

先生はよそ者ではない。」と伝えます。

清舟は、なるを連れて干物をおすそ分けに出かけます。干物のおすそ分けに村人たちは、物物交換。木戸にはピーマンをもらいますが、試しに借りた草刈り機でピーマンを根元から切ってしまいます。 

パンチにはかぼちゃ、耕作にはトマト、珠子には漬物をもらいました。育江とすれ違い、おすそ分けをすると、「先生もすっかりこの島に馴染んで来たわね。」と言われます。最後に美和の家に行き、巌にお酒を勧められました。 

清舟は帰り道に夕日を見つけて、やる気が出てきました。その直後、足を滑らせて木々の中に落ちて、足をくじいてしまいます。清舟は遭難したのではないかと焦ります。

ネタバレ③清舟は裏山にいた!

清舟は「孤独の極み」だと不安になっていました。途方に暮れていると、鍵らしきものを見つけます。自分の鍵と比べて、合鍵だと分かりました。

 

美和が「この家の近くで失くしたんだけどね。」と言ったのを思い出し、自分が居る場所が裏山だと気づき安心しました。ふと上を見ると、真っ暗な空には一面の星が輝いていました。

美和となるが清舟を見つけに来て、家まで連れて行ってくれました。清舟は字を書きたい衝動に駆られ、白黒反転の「星」を書き上げました。木戸が救急箱を持って行くと、清舟の笑い声が聞こえていました。

翌朝、清舟は耕作に頼まれた寄付者名の板を完成させて、島を去りました。なるが遊びに来て、異変に気づき…。

豆ねこ

子役の宮崎莉里沙ちゃんの演技も楽しみですね♪

【ばらかもん】4話の感想と考察

考察/感想①まさかの合鍵!

美和や珠子、なるが清舟の家に勝手に入って来られる理由がやっと分かりましたね!鍵が壊れていたり、隙間が至るところにあったりするために、誰でも自由に出入りできるのだとばかり思っていました。

出入りできる理由は、まさかの合鍵!しかも、5本も合鍵が存在しているとは、全く予想もしませんでした。合鍵に爆笑で、おまけに失くているなんて!美和は合鍵を謝るよりも、楽しそうに笑っていて、ますます面白いシーンでした。

清舟はスランプから抜け出せずにいましたが、川藤との電話からやはり東京に帰りたいという思いがまだ強いのだと感じました。

考察/感想②清舟は島に馴染んできた?

清舟はすっかり島の暮らしに慣れて、島のペースになってきたのではないかと思います。育江が話していたように、清舟は島に馴染んできたのかもしれません。しかも、東京にいた時よりも、ずっと活き活きとしているように見えました。

以前の清舟なら、手形を利用して文字を書こうなどと考えもしなかったと思います。村人たちにおすそ分けに行こうともしなかったはずです。物物交換を楽しそうにする清舟の明るい表情も輝いていて良かったです。もしかしたら、清舟は成長して大きく変わるのではないでしょうか。

ピーマンの枝を刈り取ってしまった噂が瞬く間に広がっていくのも、島の良さに思えました。

考察/感想③清舟はまだ帰るタイミングではない?

清舟が落ちた場所は家の近くの山でした!思わず、裏山かい!とツッコんでしまいました。第4話の冒頭で合鍵騒動が起きたのも、美和が1本失くしていたのも、全ては清舟が裏山に落ちた時への伏線だったのだと分かりました。

清舟は家で「星」を書き上げました。その日の清舟にとって一番印象的だったのは、裏山で見つけた満天の星だったのですね。毎回ドラマのラストで書く大きな一文字が、その回のポイントになっているのだと分かりました。

清舟は新しい作品を書き上げて、東京に帰って行きました。村人たちにお礼を言わずに去って行く清舟ではないような気がします。しかも、清舟はまだちゃんと自分の新しい作品を完成させてはいないと思います。笑って働ける今の島の方が合っているのではないでしょうか。清舟は、きっと島に戻ってくると予想しています。

【ばらかもん】4話の口コミを紹介

https://twitter.com/Luw_03/status/1686776536052195328?s=20

ばらかもん 4話
五島での経験が清舟の書に影響を与えているの良い!おすそ分けしてる先生の笑顔が本当に島に馴染んできてて素敵!
習字の2度書きNGなのに書は何度も書くというより塗り直して出来上がるの斬新で面白い!

少しずつ島に馴染んできたと思ったら・・・まさか島を去ってしまう!?
4話ドキドキワクワクしました。

ばらかもん毎週欠かさず見ている。も~ほっこり。実際は大変なことだらけなんだろうけど、島に移住したいくらいはまっている。主演が杉野遥亮さんで良かった!

【ばらかもん】キャスト(出演者)は?

ドラマ『ばらかもん』のキャスト(出演者)を紹介します。

https://twitter.com/sgrcn_/status/1673220909937860608?s=20
  • 半田清舟(はんだせいしゅう)役:杉野遥亮さん
  • 琴石なる(こといしなる)役:宮崎莉里沙さん
  • 久保田育江(くぼたいくえ)役:田中みな実さん
  • 木戸浩志(きどひろし)役:綱啓永
  • 山村美和(やまむらみわ)役:豊嶋花さん
  • 新井珠子(あらいたまこ)役:近藤華さん
  • 木戸朋子(きどともこ)役:山口香緖里さん
  • 木戸裕次郎(きどゆうじろう)役:飯尾和樹(ずん)
  • 八神龍之介(やがみりゅうのすけ)役:田中泯さん
  • 神崎康介(かんざきこうすけ)役:荒木飛羽さん
  • 川藤鷹生(かわふじたかお)役:中尾明慶さん
  • 半田清明(はんだせいめい)役:遠藤憲一さん
  • 琴石耕作(こといしこうさく)役:花王おさむさん
  • 野村ヤス(のむらやす)役:鷲尾真知子さん

半田清舟(はんだせいしゅう)役:杉野遥亮さん

清舟は雅号、本名は清。高名な書道家・半田清名の若き後継ぎとして名を馳せ、世間にもてはやされた青年。プライドが高いが、ある挫折をきっかけに長崎県の五島列島の福江島で一人暮らしをはじめる。書の修行をするため静かな時間を過ごそうとするが、近所の島民たちが勝手に家に上がり込んでくるため、毎日翻弄されている。島での生活や習慣に戸惑い、トラブルに巻き込まれることもたくさんあるが、その度に島の住人たちに助けれ、励まされ、少しずつ成長し、新たな書の道を切り拓いていく。

琴石なる(こといしなる)役:宮崎莉里沙さん

島に住む小学1年生。ザ・健康優良児で祖父と二人暮らし。明るく自由奔放でいたずら好き。清舟のことを「先生」と呼び、清舟の家に入り浸るほど慕っている。同じ村の中学生の美和や珠子からの影響で、良いことも悪いことも日々学習している。なるの物おじせず柔軟な姿勢は、清舟にとって生き方のヒントになることもある。

久保田育江(くぼたいくえ)役:田中みな実さん

七ツ岳病院に勤める看護師。陽菜の母親でシングルマザー。七ツ岳郷の出身で、看護師になって東京へ上京し、その後結婚したものの、5年前に離婚し、陽菜が2歳のときに地元に戻ってきた。東京でも暮らした経験がある育江は、五島列島での暮らしに戸惑う清舟のよき理解者になる。

木戸浩志(きどひろし)役:綱啓永

島に暮らす高校3年生。郷長である裕次郎と朋子の息子。料理も子どもの世話も何でもこなせるが、運動も勉強も全て平均レベルのため両親からも凡人と言われている。島に来た清舟のお世話をすることになる。長所は正しい行いを普通にできるところ。ハイレベルな普通っぷりを発揮し清舟を驚かせる。

山村美和(やまむらみわ)役:豊嶋花さん

島に暮らす中学2年生。運動神経も行動力も抜群。強引な性格で清舟を振り回すこともあるが、上手く転がし都合よく使うこともあるちゃっかりした一面もある。なるにとっては姉のような存在。ガキ大将的存在で子どもたちのリーダー格であり、良くも悪くも手本となる。

新井珠子(あらいたまこ)役:近藤華さん

島に暮らす中学2年生。美和の親友でいつも行動を共にしている。漫画家を志しており、趣味に生きるインドアなタイプ。親戚にもらったBL本がきっかけでBLの世界にハマっているが、本人は腐女子と認めずにあくまでも文学少女だと言い張る。周りからは”タマ”と呼ばれている。

木戸朋子(きどともこ)役:山口香緖里さん

郷長である裕次郎の妻、浩志の母。明るくておしゃべり好きでおおらかな性格。昼ドラ好きの影響か、清舟から「奥さん」と呼ばれるとウキウキし、清舟の食事の世話に喜びを感じている。

木戸裕次郎(きどゆうじろう)役:飯尾和樹(ずん)

七ツ岳郷の郷長。浩志の父で、朋子の夫。清舟が住む一軒家の管理人でもあり、島での父親代わりとなる。いつも笑顔で親切で、個性豊かな島の住人たちの面倒をよく見ている

八神龍之介(やがみりゅうのすけ)役:田中泯さん

厳しい書道界の実力者。美術館の館長でもあり、書展の審査員を務める。清舟の父・清明とも親交があり、書道界に大きな影響力を持つ人物。

神崎康介(かんざきこうすけ)役:荒木飛羽さん

書道界の新星。清舟が書く美しい字に感銘を受けたことがきっかけで、書の道へ入った。自分本位なところがあるが、悪気がないためどこか憎めない性格。

川藤鷹生(かわふじたかお)役:中尾明慶さん

父が社長の「川藤美術芸術舎」でマネージャー業務をおこなっている画商。清舟とは中学時代からの付き合いで、清舟の才能を信じ支えとなっている。

半田清明(はんだせいめい)役:遠藤憲一さん

清舟の父。高名な書道家であり、清舟が書の道へすすむきっかけとなった人物。清舟によく似ており、不器用で無口で無愛想。人を圧倒するオーラを持っており、清舟からは完璧人間と思われている。感情は表に出さずに署で表現する。

琴石耕作(こといしこうさく)役:花王おさむさん

なるの祖父。七ツ岳郷で農業をしており、島に来たばかりの清舟を郷へと案内してくれた人物。

野村ヤス(のむらやす)役:鷲尾真知子さん

七ツ岳郷に住む住人。通称「ヤスば」。郷内で行われるもち拾いの名人。

まとめ【ばらかもん】4話のネタバレ考察!感想や口コミは?清舟まさかの帰京!?

この記事では、『ばらかもん』第4話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も要チェックだね!

今なら杉野遥亮さん出演ドラマ『罠の戦争』や映画『キセキ-あの日のソビト-』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料トライアルができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

あかり

今なら原作アニメも全話「U-NEXT」で31日間の無料トライアルができます♪

公式「U-NEXT」引用

\無料期間中の解約OK/

アニメ『ばらかもん』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。
※2023年9月現在(詳しくは公式サイト確認してください)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次