MENU
\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

【ばらかもん】8話のネタバレ考察!なるの父親登場!?感想や口コミは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

杉野遥亮さんが主演するドラマ『ばらかもん』の8話が、フジテレビ系で2023年8月30日(水)夜10時から放送されました。

こちらのドラマは、書道を支えに生きてきた都会の青年が、五島列島での暮らしを通して人間として成長していく姿を描いたハートフル”島”コメディーです。

第8話は、なるの誕生日会の日に謎の男が清舟の家へとやって来ますが、実はその男はなるの父親だった…というストーリーです。

この記事では、『ばらかもん』の第8話のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『ばらかもん』
8話放送日8月30日(水) 夜10時~
放送局フジテレビ
脚本阿相クミコ、金沢達也
全放送回数全11話
主題歌Perfume『Moon』
出演杉野遥亮、宮崎莉里沙、田中みな実、綱啓永、中尾明慶、遠藤憲一ほか
ドラマ『ばらかもん』概要
あかり

今なら原作アニメが全話「U-NEXT」で31日間の無料お試し視聴ができます♪

公式「U-NEXT」引用
豆ねこ

「U-NEXT」は2023年6月30日に「Paravi」と統合したので、TBSやテレビ東京の人気ドラマや番組も見放題!なんと1万本追加になったよ!

\無料期間中の解約OK/

アニメ『ばらかもん』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約29万本あります。また、動画だけでなく190誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。
※2023年9月現在(詳しくは公式サイト確認してください)

『ばらかもん』関連記事

目次

【ばらかもん】8話ネタバレあらすじ

第8話放送日
2023年8月30日(水)

半田清舟(杉野遥亮)は、山村美和(豊嶋花)や新井珠子(近藤華)に誘われて、サプライズで琴石なる(宮崎莉里沙)の誕生日パーティーを開く計画を立てる。しかし、清舟はプレゼントを用意しておくようにと言われ、何を用意したらいいか困ってしまう。

清舟はケン太(謙太郎:加藤叶和)に何がいいか相談をしている最中、なるが陽菜(寺田藍月)から何が欲しいかと聞かれていたので、聞き耳を立てるが、「飛行機が欲しい」と答えたのを聞いて、ますます何がいいか分からず、困ってしまう。

そんな折、高校卒業後の進路について悩んでいた木戸浩志(綱啓永)は、清舟に相談を持ちかける。料理人になろうと決意したものの、周りからの反対もあり、踏み出せないという浩志。なぜ書道家になったのかと尋ねられた清舟は、一度だけケーキ屋になりたいと思ったことがあると打ち明ける。

偶然通りかかって清舟たちの会話を聞いていた美和と珠子は、清舟に一緒になるの誕生日ケーキを作ろうと言い出して…。そして迎えたなるの誕生日、清舟はなるの後ろをついてくる、見知らぬ男性(岡田義徳)がいるのを見つけてしまう。

ドラマ公式HPより引用

この記事は第8話のネタバレを含みます!

ネタバレ①なるの誕生日と浩志の相談

ある日、なるは飛行機を見ながら「飛行機に乗って誰か来るのかな?」とつぶやきます。その頃、謎の男が飛行機で島にやって来ました。 

清舟は美和や珠子から、翌日に控えたなるの誕生日に、サプライズパーティーを開く計画を聞きます。清舟はプレゼントに何を用意すれば良いか分かりません。

清舟は謙太郎にプレゼントの相談をしますが、謙太郎はすでに決めていました。なるが陽菜から何が良いか聞かれると、飛行機が欲しいと言い、清舟はますます分からなくなりました。

浩志は清舟にある相談をします。浩志は高校卒業後は料理人になりたいと考えていますが、親にも反対されて迷っていました。清舟は「必要なのは確信ではなく覚悟」だと話します。清舟は一度だけケーキ屋になろうと思ったことを明かしました。

そのタイミングで、美和と珠子が通りかかり、爆笑。2人は清舟の家に行き、一緒にケーキを作ろうと誘います。でも、清舟はケーキ屋になればケーキを食べられると考えただけで、作ったことはありませんでした。

料理本を基に清舟、美和、珠子、陽菜でケーキ作りを始めます。トースターで焼き、才能があるかもしれないと思った矢先、真っ黒焦げのケーキ。育江がスポンジを焼いてきてくれ、清舟がトッピングして何とか間に合いました。いよいよなるの誕生日会が始まります。

ネタバレ②飛行機と男の正体

誕生日会が始まると、謎の男が清舟の家の玄関に勝手に入って来て、プレゼントを置いて去ります。

料理を食べて、プレゼントを開ける時間になりました。男からのプレゼントは飛行機の模型。なるは「この飛行機沢山持ってる。毎年誕生日には飛行機が届く。飛行機が欲しいと願えば届く。」と話します。清舟のプレゼントは、『なんでもいうこときくけん』1枚でした。

なるが飛行機で遊んでいると、男がなるを見ていました。朋子や美和の父親は男を「ゆう」と呼び、知り合いのようです。

清舟と男は美和の実家の店先で、一緒に飲むことになります。清舟が「もしかして、なるのお父さんですか?」と聞くと、男ははっきり答えませんが、なるの父親でした。男は海で働き、単身赴任をしています。

清舟は正体を明かさない男に無責任だと言いますが、男はなるに会わなくて良い、「先生は他人じゃもんの。」と返します。そこになるが来て、なるは男をストーカーと呼びました。

清舟は何とかしたいと考えます。男も参加した缶蹴りで隠れている間、清舟はなるに父親のことを聞きました。なるは「お父さんは宇宙人なんだ!」と言います。耕作は父親が宇宙船の船長だと話していたのです。

ネタバレ③なるの本音

結局、男は正体を明かさないまま、翌朝には帰る予定になっていました。清舟はモヤモヤして眠れず、朝を迎えます。

清舟となるは男の見送りに来て、男はなるに『命名 優一郎』と書かれた紙をお守りとしてあげました。実は、清明が書いたものだったのです。

優一郎は清舟に、知らないおじさんがいなくなるのと、お父さんがいなくなるのは違うと言います。なるは小さい頃、優一郎がいなくなる度に熱を出していて、そんななるが可哀想だと感じていました。優一郎は始めからいない方がなるのためだと思っていたのです。

優一郎は清舟に、「誰かに分かっていて欲しかった。先生、本当によろしく頼む。」と伝えます。清舟はなるに手紙を出して欲しいと頼みました。

バスが来るタイミングで、なるが戻って来て、お守りのお礼に飛行機を優一郎に渡します。飛行機は優一郎が以前なるの誕生日に送ったものでした。

優一郎が去った後、なるは清舟に本音を明かします。なるは飛行機を誰がくれるのか分かっていました。なるは「喜ばないともう来てくれなくなる。飛行機なんて別に欲しくないけど…。また来年も飛行機持って来てくれるかな?」と涙を流します。

清舟は、「空港で飛行機を買ってくる。しつこく来るに決まってる。もっと欲しいものを口に出せ!お前には俺がついているから安心しろ。」と力強く伝えました。

なるは夏休み明けの学校で、筆で書いた『父』の一文字を発表しました。

豆ねこ

なるの本音を聞いて涙がでました…
そして先生優しい!!

【ばらかもん】8話の考察と感想

考察/感想①清舟がケーキ屋!?

なるの誕生日!おめでたいですね♪

清舟もなるにプレゼントを渡すことになりますが、確かに清舟は誰かにプレゼントなんて考えたことがなさそうなイメージがあります。清舟は謙太郎にもプレゼントの相談をしていて、謙太郎の方がだいぶ大人だったのが笑えました。

清舟はずっと書道家だけを目指してきたとばかり思っていましたが、まさかのケーキ屋発言にびっくりしました!美和たちの爆笑は、誰もが同じ反応をするだろうなと感じました。でも、清舟がケーキを作っている姿を想像したら、意外と似合う気がします。いざ焼いたケーキは残念過ぎるほどの真っ黒焦げでしたね。

今回は浩志の悩みも出てきましたが、浩志の話はまた次回のようで、無事に料理人になれるのか気になります。

考察/感想②親子の時間

なるが誕生日プレゼントの飛行機を見て、毎年もらうと言った時に、清舟と浩志はなるの父親からのプレゼントだとすぐに察していましたね。なるが、飛行機が欲しいと陽菜に言っていたのもつながりました。そもそも、男がプレゼントに船ではなくて飛行機を選んだのはなぜなのかは気になりました。

謎の男の正体は、やはりなるの父親でした。正体をあえて明かさないまま、なると缶蹴りをして遊ぶシーンに泣けました。親子だと言いたいのに、言わないで、そのままの状態で遊んでいて、でも、親子の時間に変わりはないのだと感じました。なるが缶蹴り中に父親に飛びついてきた時、嬉しそうな2人の顔が印象的でした。

そして、清舟の誕生日プレゼントが可愛いらしくて癒やされました。なるがあの券を使うのがいつなのか気になります。

考察/感想③なるは分かっていた

なるは、ちゃんと全部分かっていたのですね。父親が宇宙人ではないことも、飛行機をくれるストーカーが父親であることも、全部分かった上で、分からないフリをしていたのだと思うと、胸が締め付けられるほど切なくなりました。

7歳が抱えるには、あまりにも大きな思いでした。なるが流した涙も忘れられません。でも、清舟の真っ直ぐな強い言葉で、なるが少しだけでも楽になってくれたら良いですね。なるが『父』の一文字を筆で書いたことから、なるにとって、優一郎も清舟も大切な存在なのだと感じました。

優一郎が清舟に明かした本音も、また切なくて、優一郎がどれだけなるを大切に思って来たのかも伝わりました。考えて見れば、優一郎が「なる」と自然に言えるのは、父親だからだったのだと感じました。

まさか優一郎の文字が、清明の書いたものだったとは驚きです。以前、清明が話していた子供の名前を書いたというのは、優一郎が生まれた時だったのかもしれませんね。

あかり

自分の父親だと分かったうえで接していたなるの気持ちを考えると…涙が止まりませんでした!

【ばらかもん】8話の口コミを紹介

https://twitter.com/_pomuchu/status/1697028500803453191?s=20
https://twitter.com/Satoko86502186/status/1697023613768257711?s=20

なるちゃん本当はお父さんだってわかってたんだね。お父さんに会いたくて、欲しくもない飛行機が欲しいって願っているだなんて…なんて健気なんだろう。

今回はなるちゃんでだいぶ泣いてしまいました。本当はお父さんと一緒に暮らしたいだろうに、自分の気持ちをこらえるなるちゃんに涙がこらえきれなかったです。

清舟のなかでは、なる含め島民たちはもうすでに大切な存在になっているんだろうなぁ。「俺がついてるから安心しろ」かっこいい!

【ばらかもん】キャスト(出演者)は?

ドラマ『ばらかもん』のキャスト(出演者)を紹介します。

https://twitter.com/oricon/status/1679130238876352519?s=20
  • 半田清舟(はんだせいしゅう)役:杉野遥亮さん
  • 琴石なる(こといしなる)役:宮崎莉里沙さん
  • 久保田育江(くぼたいくえ)役:田中みな実さん
  • 木戸浩志(きどひろし)役:綱啓永
  • 山村美和(やまむらみわ)役:豊嶋花さん
  • 新井珠子(あらいたまこ)役:近藤華さん
  • 木戸朋子(きどともこ)役:山口香緖里さん
  • 木戸裕次郎(きどゆうじろう)役:飯尾和樹(ずん)
  • 八神龍之介(やがみりゅうのすけ)役:田中泯さん
  • 神崎康介(かんざきこうすけ)役:荒木飛羽さん
  • 川藤鷹生(かわふじたかお)役:中尾明慶さん
  • 半田清明(はんだせいめい)役:遠藤憲一さん
  • 琴石耕作(こといしこうさく)役:花王おさむさん
  • 野村ヤス(のむらやす)役:鷲尾真知子さん

半田清舟(はんだせいしゅう)役:杉野遥亮さん

清舟は雅号、本名は清。高名な書道家・半田清名の若き後継ぎとして名を馳せ、世間にもてはやされた青年。プライドが高いが、ある挫折をきっかけに長崎県の五島列島の福江島で一人暮らしをはじめる。書の修行をするため静かな時間を過ごそうとするが、近所の島民たちが勝手に家に上がり込んでくるため、毎日翻弄されている。島での生活や習慣に戸惑い、トラブルに巻き込まれることもたくさんあるが、その度に島の住人たちに助けれ、励まされ、少しずつ成長し、新たな書の道を切り拓いていく。

琴石なる(こといしなる)役:宮崎莉里沙さん

島に住む小学1年生。ザ・健康優良児で祖父と二人暮らし。明るく自由奔放でいたずら好き。清舟のことを「先生」と呼び、清舟の家に入り浸るほど慕っている。同じ村の中学生の美和や珠子からの影響で、良いことも悪いことも日々学習している。なるの物おじせず柔軟な姿勢は、清舟にとって生き方のヒントになることもある。

久保田育江(くぼたいくえ)役:田中みな実さん

七ツ岳病院に勤める看護師。陽菜の母親でシングルマザー。七ツ岳郷の出身で、看護師になって東京へ上京し、その後結婚したものの、5年前に離婚し、陽菜が2歳のときに地元に戻ってきた。東京でも暮らした経験がある育江は、五島列島での暮らしに戸惑う清舟のよき理解者になる。

木戸浩志(きどひろし)役:綱啓永

島に暮らす高校3年生。郷長である裕次郎と朋子の息子。料理も子どもの世話も何でもこなせるが、運動も勉強も全て平均レベルのため両親からも凡人と言われている。島に来た清舟のお世話をすることになる。長所は正しい行いを普通にできるところ。ハイレベルな普通っぷりを発揮し清舟を驚かせる。

山村美和(やまむらみわ)役:豊嶋花さん

島に暮らす中学2年生。運動神経も行動力も抜群。強引な性格で清舟を振り回すこともあるが、上手く転がし都合よく使うこともあるちゃっかりした一面もある。なるにとっては姉のような存在。ガキ大将的存在で子どもたちのリーダー格であり、良くも悪くも手本となる。

新井珠子(あらいたまこ)役:近藤華さん

島に暮らす中学2年生。美和の親友でいつも行動を共にしている。漫画家を志しており、趣味に生きるインドアなタイプ。親戚にもらったBL本がきっかけでBLの世界にハマっているが、本人は腐女子と認めずにあくまでも文学少女だと言い張る。周りからは”タマ”と呼ばれている。

木戸朋子(きどともこ)役:山口香緖里さん

郷長である裕次郎の妻、浩志の母。明るくておしゃべり好きでおおらかな性格。昼ドラ好きの影響か、清舟から「奥さん」と呼ばれるとウキウキし、清舟の食事の世話に喜びを感じている。

木戸裕次郎(きどゆうじろう)役:飯尾和樹(ずん)

七ツ岳郷の郷長。浩志の父で、朋子の夫。清舟が住む一軒家の管理人でもあり、島での父親代わりとなる。いつも笑顔で親切で、個性豊かな島の住人たちの面倒をよく見ている

八神龍之介(やがみりゅうのすけ)役:田中泯さん

厳しい書道界の実力者。美術館の館長でもあり、書展の審査員を務める。清舟の父・清明とも親交があり、書道界に大きな影響力を持つ人物。

神崎康介(かんざきこうすけ)役:荒木飛羽さん

書道界の新星。清舟が書く美しい字に感銘を受けたことがきっかけで、書の道へ入った。自分本位なところがあるが、悪気がないためどこか憎めない性格。

川藤鷹生(かわふじたかお)役:中尾明慶さん

父が社長の「川藤美術芸術舎」でマネージャー業務をおこなっている画商。清舟とは中学時代からの付き合いで、清舟の才能を信じ支えとなっている。

半田清明(はんだせいめい)役:遠藤憲一さん

清舟の父。高名な書道家であり、清舟が書の道へすすむきっかけとなった人物。清舟によく似ており、不器用で無口で無愛想。人を圧倒するオーラを持っており、清舟からは完璧人間と思われている。感情は表に出さずに署で表現する。

琴石耕作(こといしこうさく)役:花王おさむさん

なるの祖父。七ツ岳郷で農業をしており、島に来たばかりの清舟を郷へと案内してくれた人物。

野村ヤス(のむらやす)役:鷲尾真知子さん

七ツ岳郷に住む住人。通称「ヤスば」。郷内で行われるもち拾いの名人。

まとめ【ばらかもん】8話のネタバレ考察!なるの父親登場!?感想や口コミは?

この記事では、『ばらかもん』第8話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も要チェックだね!

今なら杉野遥亮さん出演ドラマ『罠の戦争』や映画『キセキ-あの日のソビト-』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料お試し視聴ができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

あかり

今なら原作アニメも全話「U-NEXT」で31日間の無料お試し視聴ができます♪

公式「U-NEXT」引用

\無料期間中の解約OK/

アニメ『ばらかもん』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約29万本あります。また、動画だけでなく190誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。
※2023年9月現在(詳しくは公式サイト確認してください)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次