MENU
\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

【ばらかもん】5話のネタバレ考察!感想や口コミは?帰京でスランプ!?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

杉野遥亮さんが主演するドラマ『ばらかもん』の5話が、フジテレビ系で2023年8月9日(水)夜10時から放送されました。

こちらのドラマは、書道を支えに生きてきた都会の青年が、五島列島での暮らしを通して人間として成長していく姿を描いたハートフル”島”コメディーです。

この記事では、『ばらかもん』の第5話のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『ばらかもん』
5話放送日8月9日(水) 夜10時~
放送局フジテレビ
脚本阿相クミコ、金沢達也
全放送回数全11話
主題歌Perfume『Moon』
出演杉野遥亮、宮崎莉里沙、田中みな実、綱啓永、中尾明慶、遠藤憲一ほか
ドラマ『ばらかもん』概要
あかり

今なら原作アニメが全話「U-NEXT」で31日間の無料お試し視聴ができます♪

公式「U-NEXT」引用
豆ねこ

「U-NEXT」は2023年6月30日に「Paravi」と統合したので、TBSやテレビ東京の人気ドラマや番組も見放題!なんと1万本追加になったよ!

\無料期間中の解約OK/

アニメ『ばらかもん』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。
※2023年9月現在(詳しくは公式サイト確認してください)

『ばらかもん』関連記事

目次

【ばらかもん】5話ネタバレあらすじ

第5話放送日
2023年8月9日(水)

半田清舟(杉野遥亮)が突然島から姿を消した。それを知って大きなショックを受け、道ばたに倒れ込んだまま動けなくなってしまう琴石なる(宮崎莉里沙)。久保田陽菜(寺田藍月)とケン太(大浜謙太郎:加藤叶和)は、そんななるを無理矢理起こすと、今後の対策を話し合うために木戸浩志(綱啓永)や山村美和(豊嶋花)、新井珠子(近藤華)と合流することに。

同じ頃、東京に戻った清舟は、マネージメントを手がけてくれている『川藤美術芸術舎』で川藤鷹生(中尾明慶)と会っていた。ここで清舟は、以前、自身の書を酷評されて頭に血が上り、掴みかかってしまった相手である美術館館長の八神龍之介(田中泯)と会う約束になっていた。八神にきちんと謝罪をして、島で書いた書を見てもらうためだった。だが、約束の時間が近づくにつれ、「酷評されたらどうする?」とどんどん自信がなくなっていく清舟。

ほどなく、八神がやってくる。腰が悪いこともあり、杖をつきながらゆっくりと歩いてくる八神に、島のヤスば(野村ヤス:鷲尾真知子)の姿が重なり、思わず手を差し伸べる清舟。八神は、そんな清舟の謝罪を受け入れると、さっそく新作の書『星』を見るが…。

一方、浩志や美和たちは、清舟との思い出話をしているうちにどんどん寂しくなってしまう。「たくさん遊んでもらったのに、ありがとうも言ってないよ」というなるの言葉に、美和は、みんなで東京へ行こうと言いだし…。

ドラマ公式HPより引用

この記事は第5話のネタバレを含みます!

ネタバレ①八神との和解

なるが清舟の家に行くと、清舟の姿がありません。なるはショックで、道路に倒れて動けなくなっていました。陽菜と謙太郎はなるを起こして浩志、美和、珠子と作戦会議をしようとします。

清舟は東京の川藤美術芸術舎にいました。清舟は八神と会う予定で、約束の時間が近づき、清舟は落ち着きません。酷評されたらどうしようと自信をなくしていました。

ついに八神が到着し、清舟は緊張の中で挨拶をします。八神は腰が悪くてやっと歩いていて、その姿がヤスに重なり、気付くと手を差し伸べていました。

清舟は改めて八神に謝罪します。八神は許すつもりはなく、長々と人の徳を話す気でした。でも、八神は清舟の謝罪を受け入れ、清舟が持って来た「星」を見ます。 

清舟は八神の反応が怖くなり、書展に出す作品は他にあると先に弁解。でも、八神は「見違えるほど面白い字を書けるようになったな。」と褒めてくれました。

実は、八神を連れて来たのは清明だったのです。

ネタバレ②清舟を取り戻せ!

島では浩志や美和、珠子がなるたちと合流し、清舟の家に集まります。一人一人が清舟との時間を思い出し、話せば話すほどどんどん寂しくなりました。

なるは清舟が書いて置いていった神社に飾る板に「はんだ先生」と勝手に書いてしまいます。美和は「東京に行こう!」と言い出し、みんなで盛り上がります。   

東京行きを決めた直後、浩志に川藤からメールが届きます。なんと、清舟は1週間後に島に戻ってくる予定でした。作品を持って行き、秋冬の洋服を取りに行っただけだったのです。

清舟は、八神に作品展に出品するのは別に用意していると言ってしまい、慌てて作品を仕上げようとします。でも、思うように書けず、川藤を呼び出しました。

島での感覚を取り戻すために、清舟はなるのヘアスタイルを真似て、川藤に謙太郎、康介に陽菜の格好をさせます。

ネタバレ③タイトルは石垣

清舟のコスプレ作戦は失敗に終わります。ちょうど島から電話があり、テレビ電話でなるたちと会話をして、清舟はやる気を取り戻します。 

なるは清舟が戻ってくるのが楽しみになりました。清舟は、島でなると夕日を見たことや、沢山笑ったことを思い出していました。

清舟は徹夜でやっと書展の作品を仕上げます。島の人々の名前を書き、タイトルは「石垣」にしました。

作品を書き上げて、清舟はすぐにでも島に戻るつもりでいました。川藤は東京にいた方が良いと思いながらも、島に行くことを認めてくれました。

ただ、えみが「島に行くのは許しませんよ!」と言い…。

【ばらかもん】5話の考察と感想

https://twitter.com/piyorika1974/status/1689285999816323072?s=20

考察/感想①八神は清舟を認めてくれた?

清舟と八神が会うのは、清舟がものすごい剣幕で八神に向かって行ったあの日以来で、どうなるのか見ている側も緊張する瞬間でした。

以前の清舟なら、腰の悪い八神に手を差し伸べることはなく、ただ見ているだけだったと思います。でも、八神がヤスと重なり自然と手を差し伸べられるようになったのは、清舟の成長の証ですね。あの行動があったから、八神は許す気になったのかもしれません。

八神が清舟をはっきり認めたとは言えませんが、八神は清舟を認めつつあるように見えました。清舟はあまり感じていませんが、清明も八神も清舟の成長を楽しみにしているのですね。

考察/感想②清舟は戻って来る!

島のみんなの清舟との思い出話がとても笑えました。特に、陽菜が清舟の反応が見たくてわざと泣いていたという話が、最高に面白かったです。それだけ清舟は、いつの間にか島になくてはならない存在になっていたのだと感じました。

なるが清舟の仕上げた板に落書きしてしまったのも、笑えました。意外となじんでいて、逆に良かったのかもしれませんね。

そして、清舟はずっと島には戻らずに、東京に拠点を移したとばかり思っていましたが、1週間後にまた戻ってくるようで、戻って来るのかい!とツッコんでしまいました。3人のコスプレは衝撃でした。。。

考察/感想③清舟は島が合っている?

清舟の作品がやっと出来上がりましたね!作品のタイトルは、石垣で、耕作と石垣の補修をしていたからこそ生まれた作品だと思います。島の人々の名前を書いたのは、斬新で清舟の作風がどんどん変わっているのを感じました。やっぱり島に行ったお陰なのかもしれませんね。

清舟はわざわざコスプレまでして、島の雰囲気を再現しようとしていました。それだけ清舟にとっても、島が大きな存在になっているのだと思います。清舟自身も、東京よりも島にいた方が良いと気づき始めている気がします。

えみの動向も気になりますが、新章は島に戻った清舟から動き出すと予想しています。

豆ねこ

6話が楽しみだね!!!

【ばらかもん】5話の口コミを紹介

https://twitter.com/junjunyukiyuki/status/1689285647700283397?s=20

半田清舟って謝れない人だったのに島の生活で大きく変わったね〜
子供達の記憶の先生は全部楽しそうだったし、エピソードもっといっぱい聞きたかったなぁ

原作知らないから、テレビで見てることしか分からない。でもこのハートフル「島」コメディに恋愛要素はいらない。過去ドラマを引きずる個人的希望は、えのけんさんが、痛みを感じるお父さんであって欲しい。怖いのもいらん。

テレビ電話してるの見るだけでジーンとくるとは思わんかった…みんなずっと一緒には居られないだろうけど、望む間は一緒に楽しく過ごせたらいいね…

【ばらかもん】キャスト(出演者)は?

ドラマ『ばらかもん』のキャスト(出演者)を紹介します。

https://twitter.com/oricon/status/1679130238876352519?s=20
  • 半田清舟(はんだせいしゅう)役:杉野遥亮さん
  • 琴石なる(こといしなる)役:宮崎莉里沙さん
  • 久保田育江(くぼたいくえ)役:田中みな実さん
  • 木戸浩志(きどひろし)役:綱啓永
  • 山村美和(やまむらみわ)役:豊嶋花さん
  • 新井珠子(あらいたまこ)役:近藤華さん
  • 木戸朋子(きどともこ)役:山口香緖里さん
  • 木戸裕次郎(きどゆうじろう)役:飯尾和樹(ずん)
  • 八神龍之介(やがみりゅうのすけ)役:田中泯さん
  • 神崎康介(かんざきこうすけ)役:荒木飛羽さん
  • 川藤鷹生(かわふじたかお)役:中尾明慶さん
  • 半田清明(はんだせいめい)役:遠藤憲一さん
  • 琴石耕作(こといしこうさく)役:花王おさむさん
  • 野村ヤス(のむらやす)役:鷲尾真知子さん

半田清舟(はんだせいしゅう)役:杉野遥亮さん

清舟は雅号、本名は清。高名な書道家・半田清名の若き後継ぎとして名を馳せ、世間にもてはやされた青年。プライドが高いが、ある挫折をきっかけに長崎県の五島列島の福江島で一人暮らしをはじめる。書の修行をするため静かな時間を過ごそうとするが、近所の島民たちが勝手に家に上がり込んでくるため、毎日翻弄されている。島での生活や習慣に戸惑い、トラブルに巻き込まれることもたくさんあるが、その度に島の住人たちに助けれ、励まされ、少しずつ成長し、新たな書の道を切り拓いていく。

琴石なる(こといしなる)役:宮崎莉里沙さん

島に住む小学1年生。ザ・健康優良児で祖父と二人暮らし。明るく自由奔放でいたずら好き。清舟のことを「先生」と呼び、清舟の家に入り浸るほど慕っている。同じ村の中学生の美和や珠子からの影響で、良いことも悪いことも日々学習している。なるの物おじせず柔軟な姿勢は、清舟にとって生き方のヒントになることもある。

久保田育江(くぼたいくえ)役:田中みな実さん

七ツ岳病院に勤める看護師。陽菜の母親でシングルマザー。七ツ岳郷の出身で、看護師になって東京へ上京し、その後結婚したものの、5年前に離婚し、陽菜が2歳のときに地元に戻ってきた。東京でも暮らした経験がある育江は、五島列島での暮らしに戸惑う清舟のよき理解者になる。

木戸浩志(きどひろし)役:綱啓永

島に暮らす高校3年生。郷長である裕次郎と朋子の息子。料理も子どもの世話も何でもこなせるが、運動も勉強も全て平均レベルのため両親からも凡人と言われている。島に来た清舟のお世話をすることになる。長所は正しい行いを普通にできるところ。ハイレベルな普通っぷりを発揮し清舟を驚かせる。

山村美和(やまむらみわ)役:豊嶋花さん

島に暮らす中学2年生。運動神経も行動力も抜群。強引な性格で清舟を振り回すこともあるが、上手く転がし都合よく使うこともあるちゃっかりした一面もある。なるにとっては姉のような存在。ガキ大将的存在で子どもたちのリーダー格であり、良くも悪くも手本となる。

新井珠子(あらいたまこ)役:近藤華さん

島に暮らす中学2年生。美和の親友でいつも行動を共にしている。漫画家を志しており、趣味に生きるインドアなタイプ。親戚にもらったBL本がきっかけでBLの世界にハマっているが、本人は腐女子と認めずにあくまでも文学少女だと言い張る。周りからは”タマ”と呼ばれている。

木戸朋子(きどともこ)役:山口香緖里さん

郷長である裕次郎の妻、浩志の母。明るくておしゃべり好きでおおらかな性格。昼ドラ好きの影響か、清舟から「奥さん」と呼ばれるとウキウキし、清舟の食事の世話に喜びを感じている。

木戸裕次郎(きどゆうじろう)役:飯尾和樹(ずん)

七ツ岳郷の郷長。浩志の父で、朋子の夫。清舟が住む一軒家の管理人でもあり、島での父親代わりとなる。いつも笑顔で親切で、個性豊かな島の住人たちの面倒をよく見ている

八神龍之介(やがみりゅうのすけ)役:田中泯さん

厳しい書道界の実力者。美術館の館長でもあり、書展の審査員を務める。清舟の父・清明とも親交があり、書道界に大きな影響力を持つ人物。

神崎康介(かんざきこうすけ)役:荒木飛羽さん

書道界の新星。清舟が書く美しい字に感銘を受けたことがきっかけで、書の道へ入った。自分本位なところがあるが、悪気がないためどこか憎めない性格。

川藤鷹生(かわふじたかお)役:中尾明慶さん

父が社長の「川藤美術芸術舎」でマネージャー業務をおこなっている画商。清舟とは中学時代からの付き合いで、清舟の才能を信じ支えとなっている。

半田清明(はんだせいめい)役:遠藤憲一さん

清舟の父。高名な書道家であり、清舟が書の道へすすむきっかけとなった人物。清舟によく似ており、不器用で無口で無愛想。人を圧倒するオーラを持っており、清舟からは完璧人間と思われている。感情は表に出さずに署で表現する。

琴石耕作(こといしこうさく)役:花王おさむさん

なるの祖父。七ツ岳郷で農業をしており、島に来たばかりの清舟を郷へと案内してくれた人物。

野村ヤス(のむらやす)役:鷲尾真知子さん

七ツ岳郷に住む住人。通称「ヤスば」。郷内で行われるもち拾いの名人。

まとめ【ばらかもん】5話のネタバレ考察!感想や口コミは?帰京でスランプ!?

この記事では、『ばらかもん』第5話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も要チェックだね!

今なら杉野遥亮さん出演ドラマ『罠の戦争』や映画『キセキ-あの日のソビト-』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料お試し視聴ができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

あかり

今なら原作アニメも全話「U-NEXT」で31日間の無料お試し視聴ができます♪

公式「U-NEXT」引用

\無料期間中の解約OK/

アニメ『ばらかもん』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。
※2023年9月現在(詳しくは公式サイト確認してください)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次