MENU
\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

【VIVANT】饅頭の意味が深い!(考察)最後の別班饅頭はどこで売ってる?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

VIVANTの最終回のラストに登場した饅頭の意味は、別班という特殊部隊の緊急招集の連絡方法です。赤い饅頭を指定の神社に置くことで、次の任務があることを知らせます。

VIVANTの最終回では、乃木憂助(堺雅人)が神田明神で柚木薫(二階堂ふみ)とジャミーン(ナンディン-エルデネ・ホンゴルズラ)と再会した後、赤い饅頭を見つけます。これは、乃木への次の任務が来ていることを意味し、続編への布石と考えられます。

饅頭は、別班のメンバーによって作られたもので、短歌風のメッセージが書かれています。³ 例えば、「松の葉‥待つ 深大寺 未の刻」という饅頭は、「松の葉」‥待つ、集合場所は「深大寺」、集合時間は「未の刻(午後2時)」の意味だと考えられます。

目次

【VIVANT】別班饅頭はどこで売ってる?

VIVANTの饅頭は、以下の場所で購入できます。

  • TBSストア(東京駅)
  • ツリービレッジ(東京、大阪、福岡)
  • VIVANTコラボカフェ
  • TBSショッピング(オンラインショップ)

TBSストアとツリービレッジでは、店舗で直接買うことができますが、在庫がなくなる可能性があります。TBSショッピングでは、予約や送料が必要ですが、確実に手に入れることができます。

VIVANTコラボカフェでは、別班饅頭を注文すると、ドラマのキャラクターのメッセージカードがもらえます。このカフェは、9月30日までの期間限定です。

別班饅頭は、ドラマの重要なアイテムです。別班のメンバーによって作られた饅頭には、短歌風のメッセージが書かれています。 これは、次の任務や集合場所などを伝える方法です。

あかり

VIVANTの饅頭を実際に食べてみましたが、ドラマの世界を感じられるおいしい商品でした♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次