MENU
\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

最新【VIVANT考察】黒幕や裏切り者(真犯人)は誰?テントの正体や伏線は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

この記事では、ドラマ「VIVANT」の謎に迫る最新の考察をまとめました。ドラマの展開にハラハラドキドキしている方も多いと思いますが、果たして真実は何なのでしょうか? ドラマのネタバレが含まれますので、ご注意ください。

2023年9月17日に最終回が放送されました。最終回の結末考察も楽しみですね!

ドラマ「VIVANT」では、主人公の乃木憂助(堺雅人)が自衛隊特殊部隊「別班」のコードネーム「VIVANT」であることが明らかになりました。しかし、乃木は別班を裏切ってテントに加わりました。テントとは、バルカ共和国でクーデターを起こしたテロ組織で、乃木の父親であるノゴーン・ベキ(役所広司)がリーダーです。テントは何を目的としているのか? そして、乃木はなぜ別班を裏切ったのか? なかでもこれらの疑問が多くありました。

  • 真犯人(裏切り者)の黒幕は誰なのか?
  • テントの正体と真相は何なのか?
あかり

それでは、一つずつ見ていきましょう!

目次

【VIVANT】考察まとめ

  • Twitter
  • 別班4人の復活
  • ハリーポッター
  • 目玉焼き
  • 飛行機
  • スマホ
  • 赤飯
  • 合言葉

【VIVANT】Twitterの考察

【VIVANT】別班の4人が復活

ドラマ「VIVANT」で別班の4人が復活するという噂は、第7話で乃木(堺雅人)に狙撃されたと思われた別班メンバーたちが、実は死んでいないという可能性に基づいています。その根拠として、以下の点が挙げられます。

  • TBS公式の動画に、別班メンバーの一人である黒須(松坂桃李)が点滴を受けているシーンが含まれている。これは、黒須が乃木に撃たれた後のシーンである可能性が高く、黒須が生きていることを示唆しています。
  • 乃木が使用した銃は、実弾ではなくフェイク弾だったという説があります。フェイク弾とは、発射時に発煙や発火するだけで、実際には威力のない弾丸のことです。乃木は別班メンバーを本当に殺すつもりはなく、テントのリーダー・ベキ(役所広司)を欺くためにフェイク弾を使ったのではないかと推測されています。
  • 1か月前に公開された予告動画に、別班メンバーの一人であるハル(二階堂ふみ)が登場している。この動画は、第8話以降の展開を示唆しており、ハルが生きていることを暗示しています。

以上のように、別班の4人が復活するという噂は、ドラマの公式動画や予告動画などから導き出されたものです。

【VIVANT】ハリーポッターの考察

「VIVANT」のハリーポッターの考察を教えると、以下のようになります。

ドラマの7話で、野崎(阿部寛)が入院中のジャミーンに「ハリーポッター」のDVDをプレゼントしました。これは、野崎がハリーポッターの大ファンであることを示すだけでなく、ドラマの重要な伏線にもなっています。

乃木(堺雅人)が再びバルカ共和国へ向かう際、出張で「スネイプ社」という会社に商談に行くと言いました。スネイプは、ハリーポッターに登場するキャラクターで、闇の帝王・ヴォルデモートと、ホグワーツの校長・ダンブルドアの“二重スパイ”として活躍した人物です。乃木は、野崎がハリーポッター好きと知っていたため、あえて「スネイプ」という名前を使って、自分も二重スパイであることを暗示したのではないかと推測されます。

乃木の父親・乃木卓(林遣都、役所広司)は、バルカ共和国で農業使節団として働き、砂漠地帯の緑地化に貢献しました。バルカ政府から感謝状を贈られるほどだったため、ノゴーン・ベキと呼ばれるようになりました。この名前は、「緑の魔術師」という意味です。このことから、ノゴーン・ベキはハリーポッターにおける「スリザリン」という寮に関連付けられます。スリザリンは、「蛇」や「緑」を象徴とし、「魔術師」を育てる学校の寮です。また、スリザリンの寮の監督はスネイプでした。このことから、「スネイプ社」は、「スリザリン」や「ノゴーン・ベキ」に会いに行くという意味だった可能性があります。

また、「蛇」と「緑」のマークは、ドラマの中でザヤ病院のシンボルとしても登場しています。ザヤ病院で働いていた主要キャラクターは柚木薫(二階堂ふみ)です。柚木薫は乃木と子供時代に一緒に収容されていたことが示唆されており、テントやノゴーン・ベキと何らかの関係がある可能性があります。

【VIVANT】目玉焼きの考察

VIVANT第7話で、乃木(堺雅人)が薫(二階堂ふみ)に目玉焼きを4個作って食べさせるシーンがありました。このシーンは、単なる朝食ではなく、何かの伏線や暗示ではないかと話題になっています。

目玉焼きの4個という数は、以下のような意味を持つ可能性があります。

  1. 乃木の父であるノゴーン・ベキ(役所広司)の家族の人数を表している。ベキは乃木とノコル(二宮和也)を息子として育てたが、薫もベキの娘である可能性がある。薫は乃木と同じく人身売買組織から救われた孤児だったのではないか。
  2. 乃木が裏切った別班メンバーの人数を表している。乃木は別班メンバーを銃撃し、テントに加わった。別班メンバーは黒須(松坂桃李)以外は死亡したと思われる²³。
  3. テントの最高幹部の人数を表している。テントの計画や思想についてはまだ明らかになっていないが、その中枢には4人の重要な人物がいると考えられる。
  4. 薫が裏切り者であることを表している。VIVANTでは、黄色は裏切りの色として使われていると言われている。薫は黄色の服を着ており、目玉焼きの黄色も薫が裏切り者であることを暗示している。

また、目玉焼き作りの動画は野崎(阿部寛)に送った可能性もあります。野崎はハリーポッターの大ファンであり、乃木は「スネイプ社」という名前を使って自分が二重スパイであることを暗示したかもしれません。スネイプはハリーポッターに登場するキャラクターで、闇の帝王・ヴォルデモートと、ホグワーツの校長・ダンブルドアの“二重スパイ”として活躍した人物です。

【VIVANT】飛行機の考察

https://twitter.com/kiyolazu0702/status/1696181736835780997?s=20

VIVANTの飛行機の考察を教えると、以下のようになります。

VIVANT第7話で、乃木(堺雅人)が野崎(阿部寛)に飛行機の中で「鶏群の一鶴、眼光紙背に徹す」ということわざを伝えました。このことわざは、凡人の中に優れた人物がいることや、書物の背景にある意味まで深く読み取ることを表しています。

乃木がこのことわざを野崎に伝えた理由は、自分が別班を裏切ってテントに加わったように見せかけているが、実は二重スパイであることを暗示したかったからではないかと推測されます。

乃木は野崎がハリーポッターの大ファンであることを知っており、ハリーポッターに登場するスネイプというキャラクターになぞらえて、自分の立場を表現したのではないかと考えられます。スネイプは闇の帝王・ヴォルデモートとホグワーツの校長・ダンブルドアの“二重スパイ”として活躍した人物で、最後まで裏切り者か仲間か分からない存在でした。

乃木は飛行機から降りる際に「スネイプ社」という名前を使って、自分が二重スパイであることをさらに強調しました。また、乃木はGPSや写真などを残して、自分の行動経路や目的地を野崎に伝えました。これらの行動から、乃木は野崎にだけ自分の真意を理解してほしいと思っていたのだと推察できます。

乃木が野崎に信頼を置いている理由は、野崎が公安の中でも優秀で洞察力が深い人物だと認めているからではないかと思われます。乃木は「鶏群の一鶴」という言葉で野崎の能力を称賛し、「眼光紙背に徹す」という言葉で野崎の鋭さを期待しました。

今後は乃木と野崎がライバルではなく、同じ敵(テント)に立ち向かう仲間になる可能性が高まります。乃木が飛行機の中で伝えたことわざは、その布石だったのかもしれません。

【VIVANT】スマホの考察

スマホには「VIVAN」というフォルダがあり、その中には8つのファイルがあることが第1話で判明しました。このフォルダは、主人公の乃木(堺雅人)が別班(自衛隊の秘密部隊)のメンバーであることを示しています。別班は8人のチームで構成されており、乃木はその一員としてテント(バルカ共和国でクーデターを起こしたテロ組織)に潜入しているのです。

スマホには「VIVAN」というフォルダがあるにもかかわらず、乃木はテロリストや公安から「VIVANT」という言葉を聞かれても知らないと嘘をついています。これは、乃木が自分の正体や任務を隠すためにしていることです。乃木は二重スパイとしてテントの計画や思想を探っていますが、同時にテントのリーダーであるノゴーン・ベキ(役所広司)と父子の関係にも悩んでいます。

スマホのフォルダにある8つのファイルは、別班のメンバーやテントの情報を保存している可能性があります。乃木はスマホを使ってデータを抜き取ったり送信したりしています。例えば、第1話ではアリ(テントの幹部)のスマホからデータを吸い出したり、第5話ではアリのスマホをすり替えたりしています。これらのデータは乃木が野崎(公安)や黒須(別班)と連絡を取るために使っている可能性があります。

スマホには「VIVAN」というフォルダだけでなく、「スネイプ社」という名前も登場しました。これは、乃木が野崎に自分が二重スパイであることを暗示したかったからではないかと推測されます。スネイプは、ハリーポッターに登場するキャラクターで、闇の帝王・ヴォルデモートと、ホグワーツの校長・ダンブルドアの“二重スパイ”として活躍した人物です。乃木は野崎がハリーポッター好きと知っており、スネイプという名前を使って自分の立場を表現したのではないかと考えられます。

【VIVANT】赤飯の考察

ドラマ「VIVANT」の赤飯の考察を教えると、以下のようになります。

赤飯は、乃木(堺雅人)が別班(自衛隊の秘密部隊)のメンバーであることを示す伏線です。赤飯は、昔自衛隊の非常用食料として支給されていたもので、乃木はそれを食べて「懐かしい」と感じました。乃木は、自分の正体や任務を隠すために、「VIVANT」という言葉を知らないと嘘をついていますが、実はテント(バルカ共和国でクーデターを起こしたテロ組織)に潜入している二重スパイです。

赤飯は、乃木がテントのリーダーであるノゴーン・ベキ(役所広司)と父子の関係にも関係しています。乃木は、幼少期に家族と一緒に赤飯を食べていたのかもしれません。ノゴーン・ベキは、乃木とノコル(二宮和也)を息子として育てましたが、柚木薫(二階堂ふみ)もベキの娘である可能性があります²。柚木薫は、乃木と同じく人身売買組織から救われた孤児だったのではないかと推測されます。

赤飯は、柚木薫の正体にも関係しています。柚木薫は、日本ではなくバルカ共和国で育ってきたため、赤飯に拒否反応を示しました。柚木薫は、医者ではなくインターポールのエージェントである可能性があります。インターポールの本部がフランスにあることから、柚木薫はフランス語を習得しており、「VIVANT」がフランス語ではないかと推測しました。

赤飯は、乃木が野崎(阿部寛)に自分が二重スパイであることを暗示したかったからではないかと推測されます。乃木は野崎がハリーポッターの大ファンであることを知っており、「スネイプ社」という名前を使って自分の立場を表現しました。スネイプはハリーポッターに登場するキャラクターで、闇の帝王・ヴォルデモートとホグワーツの校長・ダンブルドアの“二重スパイ”として活躍した人物です。

【VIVANT】合言葉の考察

合言葉は「出がけに山羊が産気づいてね」「何頭だ」「77頭」というやりとりで、別班(自衛隊の秘密部隊)のメンバーがテント(バルカ共和国でクーデターを起こしたテロ組織)に潜入する際に使っています。

合言葉の内容には特に意味はなく、人が思いつかない関連性や意味のないものになっていると考えられます。合言葉は他者に知られないようにするために、ランダムに決められた可能性が高いです。

合言葉を知っていたのは乃木(堺雅人)だけで、他の別班メンバーは知らなかったようです。乃木は偶然ゴミ箱を確認してメールを見つけたと言っていますが、実はノコル(二宮和也)から教えられたか、自分で調べた可能性があります。

乃木が合言葉を知っていたことで、野崎(阿部寛)に自分が二重スパイであることを暗示したかったと推測されます。乃木は野崎がハリーポッター好きと知っており、「スネイプ社」という名前を使って自分の立場を表現しました。スネイプはハリーポッターに登場するキャラクターで、闇の帝王・ヴォルデモートとホグワーツの校長・ダンブルドアの“二重スパイ”として活躍した人物です。

合言葉を消した人間が別班内にいる可能性があります。合言葉を消した人間は裏切り者であり、テントや他の組織と繋がっている可能性があります。合言葉を消した人間が誰なのかはまだ明らかになっていませんが、和田(竜星涼)や黒須(松坂桃李)が怪しいと言われています。

【VIVANT】真犯人(裏切り者)の黒幕は誰?(考察)

柚木薫(二階堂ふみ)説

真犯人(裏切り者)の黒幕は柚木薫(二階堂ふみ)だと言われている理由は、以下の点にあります。

柚木薫は、医者ではなくインターポールのエージェントである可能性があります 。インターポールの本部がフランスにあることから、柚木薫はフランス語を習得しており、「VIVANT」がフランス語ではないかと推測されています 。

また、柚木薫は、乃木(堺雅人)と同じく人身売買組織から救われた孤児だったのではないかと推測されます。柚木薫は、日本ではなくバルカ共和国で育ってきたため、赤飯に拒否反応を示しました 。

柚木薫は、テント(バルカ共和国でクーデターを起こしたテロ組織)やノゴーン・ベキ(役所広司)と何らかの関係がある可能性があります。柚木薫は、ノゴーン・ベキの娘であるかもしれません。柚木薫は、乃木と子供時代に一緒に収容されていたことが示唆されており、ノゴーン・ベキによって救われたのかもしれません。

乃木や野崎(阿部寛)に対して裏切りや嘘をついている可能性があります 。乃木に自分がインターポールのエージェントであることを隠しており、野崎に自分が医者であることを偽っています 。柚木薫は、乃木や野崎の行動や情報を盗み見たり、テントやインターポールに流したりしている可能性があります 。

柚木薫は、赤飯や黄色の服を着ていることで裏切りの色を示している可能性があります。VIVANTでは、赤飯や黄色は裏切りの色として使われていると言われています。柚木薫は赤飯に拒否反応を示しましたが、それは自分が裏切り者であることを暗示していたのかもしれません。

黒須(松坂桃李)説

黒須が真犯人の裏切り者と言われているのは、以下の理由が挙げられます。

黒須は別班(自衛隊の秘密部隊)のメンバーでありながら、テント(バルカ共和国でクーデターを起こしたテロ組織)とも繋がっている可能性があります。黒須はテントの幹部であるアリ(Erkhembayar Ganbold)と親しげに話しているシーンがありました 。黒須はアリからテントの計画や思想について聞いており、それに興味を持っているようでした 。

黒須は乃木(堺雅人)や野崎(阿部寛)に対して裏切りや嘘をついている可能性があります。黒須は乃木に自分はテントと関係ないと言っていますが、実はテントに内通している可能性があります 。黒須は野崎に自分が別班のメンバーであることを隠しており、野崎に自分が警察官であることを偽っています 。黒須は乃木や野崎の行動や情報を盗み見たり、テントや他の組織に流したりしている可能性があります 。

また、黒須は合言葉を消した人間である可能性があります。合言葉は「出がけに山羊が産気づいてね」「何頭だ」「77頭」というやりとりで、別班のメンバーがテントに潜入する際に使っています  。合言葉を消した人間は裏切り者であり、テントや他の組織と繋がっている可能性があります  。黒須は合言葉を知っていたかもしれませんし、合言葉を消すことで乃木や他の別班メンバーを危険にさらしたかもしれません  。

新庄(竜星涼)説

新庄が真犯人の裏切り者と言われているのは、以下のような理由があります。

新庄は別班(自衛隊の秘密部隊)のメンバーでありながら、テント(バルカ共和国でクーデターを起こしたテロ組織)とも繋がっている可能性があります。新庄はテントの幹部であるアリと親しげに話していたり、国境データを変更する手腕を見せたりしています。

新庄は乃木(堺雅人)や野崎(阿部寛)に対して裏切りや嘘をしている可能性があります。新庄は乃木に自分がテントと関係ないと言っていますが、実はテントに内通している可能性があります。新庄は野崎に自分が別班のメンバーであることを隠しており、野崎に自分が警察官であることを偽っています。新庄は乃木や野崎の行動や情報を盗み見たり、テントや他の組織に流したりしている可能性があります。

新庄は合言葉を消した人間である可能性があります。合言葉は「出がけに山羊が産気づいてね」「何頭だ」「77頭」というやりとりで、別班のメンバーがテントに潜入する際に使っています。合言葉を消した人間は裏切り者であり、テントや他の組織と繋がっている可能性があります。新庄は合言葉を知っていたかもしれませんし、合言葉を消すことで乃木や他の別班メンバーを危険にさらしたかもしれません。

【VIANT】今後の予想展開

あかり

SNSの考察班による今後の展開予想を紹介します!

豆ねこ

みんな面白い展開予想だね!

乃木がテントから脱出

乃木(堺雅人)がテント(バルカ共和国でクーデターを起こしたテロ組織)から脱出し、野崎(阿部寛)と合流しました。乃木は野崎に自分が二重スパイであることを明かし、テントの計画や思想について説明しました。乃木は野崎に協力を求め、テントの計画を阻止するために行動を起こしました。

「VIVANT」計画の判明

テントの計画が「VIVANT」計画と呼ばれていることが判明しました。「VIVANT」計画とは、バルカ共和国の首都であるザヤ市にあるザヤ病院の地下に隠された核ミサイルを発射することで、世界の秩序を変えることを目的としたものです。テントは、「VIVANT」という言葉を「別班」という意味でも使っており、「別班」とは、自衛隊の秘密部隊で、乃木やノコル(二宮和也)が所属していたチームのコードネームです。テントは、「別班」のメンバーを自分たちの仲間として迎え入れようとしています。

暗号キーを持つサム(Martin Starr)

乃木の父親であるノゴーン・ベキ(役所広司)がテントのリーダーであることが公になりました。ノゴーン・ベキは、バルカ共和国で農業使節団として働き、砂漠地帯の緑地化に貢献しました。バルカ政府から感謝状を贈られるほどだったため、ノゴーン・ベキと呼ばれるようになりました。この名前は、「緑の魔術師」という意味です。ノゴーン・ベキは、「VIVANT」計画を実行するために必要な暗号キーを持つサム(Martin Starr)という男を探しています。

柚木薫の正体が判明

柚木薫(二階堂ふみ)がインターポールのエージェントであることが確定しました。柚木薫は、乃木や野崎に対して裏切りや嘘をしていました。柚木薫は、乃木や野崎の行動や情報を盗み見たり、テントやインターポールに流したりしていました。柚木薫は、赤飯や黄色の服を着ていることで裏切りの色を示していました。柚木薫は、乃木と同じく人身売買組織から救われた孤児だった可能性があります。柚木薫は、日本ではなくバルカ共和国で育ってきたため、赤飯に拒否反応を示しました。

真犯人は黒須

黒須(松坂桃李)が真犯人(裏切り者)であることが判明しました。黒須は別班(自衛隊の秘密部隊)のメンバーでありながら、テントとも繋がっていました。黒須はテントの幹部であるアリと親しげに話していたり、国境データを変更する手腕を見せたりしていました。黒須は乃木や野崎に対して裏切りや嘘をしていました。黒須は合言葉を消した人間でした。合言葉は「出がけに山羊が産気づいてね」「何頭だ」「77頭」というやりとりで、別班のメンバーがテントに潜入する際に使っていました。黒須は合言葉を消すことで乃木や他の別班メンバーを危険にさらしました。

【VIVANT】テントの正体の真相は?(考察)

テントの正体について詳しく調べた内容を紹介します。

テントとは?

バルカ共和国でクーデターを起こしたテロ組織で、乃木(堺雅人)の父親であるノゴーン・ベキ(役所広司)がリーダーです 。ノゴーン・ベキは、バルカ共和国で農業使節団として働き、砂漠地帯の緑地化に貢献しました。バルカ政府から感謝状を贈られるほどだったため、ノゴーン・ベキと呼ばれるようになりました。この名前は、「緑の魔術師」という意味です。

テントの目的は?

バルカ共和国の政治や経済を変革し、自分たちの理想とする社会を作ることです 。テントは、バルカ共和国の現政権に不満を持つ人々や、他国からの支援や干渉に反発する人々から支持を得ています 。

テントの思想

「VIVANT」という言葉に表されています 。「VIVANT」はフランス語で「生きている」という意味ですが、テントでは「別班」という意味でも使われています 。「別班」とは、自衛隊の秘密部隊で、乃木やノコル(二宮和也)が所属していたチームのコードネームです 。テントは、「別班」のメンバーを自分たちの仲間として迎え入れようとしています 。

テントの計画

「VIVANT」計画と呼ばれており、その内容はまだ明らかになっていません 。「VIVANT」計画を実行するために必要な暗号キーを持つサム(Martin Starr)という男が登場しましたが、彼もテントのメンバーである可能性があります 。「VIVANT」計画は、バルカ共和国だけでなく、世界の秩序にも影響を及ぼすものなのかもしれません 。

まとめ【VIVANT】考察最新:真犯人(裏切り者)の黒幕は誰?テントの正体や伏線は?

今回は、【VIVANT】考察:真犯人(裏切り者)の黒幕は誰?テントの正体や伏線は?といった内容を紹介させていただきました。

あかり

『VIVANT』のネタバレはコチラで紹介しています♪

豆ねこ

『VIVANT』の考察まとめはコチラです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次