MENU
\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

【転職の魔王様】4話のネタバレ考察や感想!莉子と周介の決断

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

成田凌さんが主演を務めるドラマ『転職の魔王様』の第4話が、2023年8月7日(月)夜10時から放送されました。

ドラマ『転職の魔王様』は、“転職の魔王様”の異名を持つ毒舌敏腕キャリアアドバイザーが、求職者たちの本音をあぶりだし、働く自信と希望を取り戻させるという”転職”爽快エンターテインメントです。

豆ねこ

毒舌キャラの成田凌さんも楽しみ!!

この記事では、ドラマ『転職の魔王様』の第4話のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『転職の魔王様』
4話放送日8月7日(月) 夜10時~
放送局フジテレビ系
脚本泉澤陽子、小峯裕之
全放送回数全11話
主題歌「Living My Life」milet
出演成田凌、小芝風花、山口紗弥加、おいでやす小田、前田公輝、石田ゆり子ほか
ドラマ『転職の魔王様』概要
あかり

『転職の魔王様』関連記事

目次

【転職の魔王様】4話ネタバレあらすじ

第4話放送日
2023年8月7日(月)

来栖(成田凌)の元恋人・剣崎莉子(岡崎紗絵)が、突然「シェパードキャリア」にやって来る。どうやら転職の相談ではなく、別れた後、どうしているか気になっていた来栖を偶然SNSで見つけて、会いにきたらしい。しかし、かつて恋人同士だった2人は久しぶりの再会を懐かしむどころか、互いにトゲのある言葉を連発し、一触即発のムードに。同席を余儀なくされた千晴(小芝風花)にも、緊張が走る。
ところが翌日、莉子から正式に面談の申し込みが入る。莉子が勤める会社は、オンラインの教育系コンテンツを制作・配信し、その分野ではパイオニアとして知られているが、この一年、業績が悪化していた。一方、プライベートでは漫画家の恋人・綾野周介(曽田陵介)と同居中の莉子。才能はあるが、なかなか芽の出ない周介が漫画に集中できるよう、自分が好条件の会社に転職して支えたいという。
だが、今の会社で誇りと愛情を持って仕事をしていた莉子を知る来栖は、その転職理由がどうもふに落ちない。そのうえ、「いつまでも夢ばかり追ってても仕方ない」と、まるで自分に言い聞かせるように投げやりな言葉を口にし始めた莉子に、静かな怒りを覚えた来栖は、キャリアアドバイザーとして痛烈な一言を浴びせる。すると、莉子は「昔とは別人みたい」と、来栖が席を立った後、千晴に事故に遭う前の来栖のことを話し始めて…。

ドラマ公式HPより

この記事は第4話のネタバレを含みます!

ネタバレ①来栖の元彼女がやって来る!

シェパードキャリアに、来栖の元彼女の剣崎莉子が突然やって来ます。SNSで来栖の動画を見つけて訪ねてきたのです。ただ、再会を懐かしむよりも、一触即発の状態。莉子は、愛想のない来栖に「昔の方が良かった。」と言い、帰って行きました。

翌日、莉子はシェパードキャリアに正式に面談を申し込みます。莉子は、オンライン教育系コンテンツの制作と配信をする会社で働いていました。

莉子は、売れない漫画家の綾野周介と同居していて、自分が条件の良い会社に転職をして、周介を支えたいと考えていたのです。

来栖は莉子が今の会社に誇りと愛情を持っていることを知っていて、転職理由に納得できずにいました。莉子はそんな来栖に腹が立ち、言い合いになりますが、来栖は莉子に自分で決断するべきだと言い放ちます。

来栖が部屋を出て行き、莉子は千晴に来栖の事故のことを話しました。来栖はアフリカのエネルギー開発の仕事が決まっていましたが、交通事故に遭い、仕事を外されていたのです。

ネタバレ②莉子と周介の決断

莉子は来栖が提案した同業のライバル会社への転職を決断します。家に帰り、莉子は、周介に転職すると伝えます。周介は莉子が大好きな会社を辞めることに納得できません。

そんな周介に莉子は、「好きとか楽しいだけじゃダメなこともあるでしょ。」と強く言います。

翌朝、周介は「別れよう」というメモを残して家を出て行きました。実は、周介は前日に来栖に会いに行っていたのです。

周介は莉子の転職理由が知りたくて、来栖から聞き出そうとします。来栖は、「彼女には幸せになってもらわないと困るんです。あなたに彼女を幸せにする覚悟はあるのですか。」と言い、周介は何も返せませんでした。

莉子に千晴から連絡が入り、莉子は周介のいるカフェに向かいます。周介は莉子と来栖が付き合っていたことに気付いていて、自分には莉子を幸せにできないと改めて言いました。 

来栖は周介に任せられないと考えて、莉子を探しに行きます。来栖はケガをした時に莉子のために別れたことを明かし、莉子は来栖から逃げたことを打ち明けました。

来栖は莉子に、千晴は周介に、相手と本音で話した方が良いとアドバイスします。莉子は「嵐、ありがとう!」と言い、周介の元へ走り出します。

ネタバレ③幸せになれた莉子と周介

周介は莉子に、「別れたくない。」と言い、莉子は「今の仕事を続けたい。」とはっきり打ち明けます。莉子は周介とやっていけるか不安でしたが、周介は何とかなると前向きで、莉子の手を握りました。

千晴は来栖に、スッキリした顔をしていると言います。千晴は転職アドバイザーが人の人生を変えると感じていましたが、来栖は千晴の言葉を否定。あくまでも転職アドバイザーは、サポートに過ぎず、決断するのは転職者自身で、人生を変えたのも本人だと考えるべきだと話します。

後日、莉子がシェパードキャリアにやって来て、周介の連載が決まったこと、結婚を控えていることを報告。

帰り際、来栖と莉子は2人で最後の会話をします。莉子は、「シェパードキャリアに来て良かった。」、来栖と別れて良かったと笑っていました。

莉子は、来栖に「なぜあの人の葬式に行ったの?」と聞きます。来栖は何も答えませんでした。

【転職の魔王様】4話の考察と感想

考察/感想①来栖の過去が少しずつ明らかに!

来栖に彼女がいたのは、誰もが意外に思っていましたが、来栖が莉子と付き合っていた頃は今と全く違っていて、同じ来栖なのかとびっくりしました。莉子が知っている昔の来栖に比べれば、今の来栖は全く別人に感じてしまうのも無理はありません。

莉子によって、来栖の過去が徐々に明らかになってきました。以前の来栖は明るくて社交的で、よく笑っていましたね。来栖は足をケガしたことで、仕事も大切な人も、全部なくしていて、来栖の過去を見ると辛くなってしまいました。

来栖には過去に受けた屈辱があったからこそ、転職者の決断を尊重する今のやり方を貫いているのかもしれません。

考察/感想②莉子を幸せにできる?

莉子をめぐる来栖と周介のやり取りから目が離せませんでした。来栖は周介が訪ねて来た時に、きっと複雑な気持ちがあった気がします。

正直、来栖はまだ莉子を思っているのではないかと感じていました。来栖が、周介に莉子を幸せにしてくれないと困ると言った時、来栖の本心を見られた気がしました。来栖はずっと莉子の幸せを願っていたのかもしれません。

来栖と莉子の回想シーンで、最初は幸せの絶頂だったのに、来栖のケガをきっかけに別れを選んでしまう過程を見ていて本当に寂しくなりました。もっと本音で話すべきなのは、来栖と莉子だったのかなと感じました。

莉子が、来栖にありがとう言い、周介の元へ走るシーンが最高に切なかったです。

考察/感想③来栖の事故とのつながりは?

莉子が来栖との別れ際に言った、「なぜあの人の葬式に行ったの?」がすごく気になりました。あの人とは、事故の加害者のようで、いよいよ来栖がシェパードキャリアに来るまでの詳細が分かる回が近づいているのかもしれません。

莉子が周介と本音で語り合った先にあったのは、順調な日々で、結婚も決まったようで、莉子の顔もますますキラキラと輝いていました。

もし、来栖がまだ莉子を好きだったとすれば、莉子の結婚話はどこか寂しいものだったかもしれません。でも、来栖が莉子の幸せを願っていたのを思うと、誰よりも祝福している気もします。

莉子が幸せになり、次は来栖が幸せになる番ですね。来栖が過去と向き合い、前に進むのを見守りたいです。

【転職の魔王様】4話の口コミを紹介

過去に転職を繰り返したけど全て自分自身の選択だったなぁ
結果的に今は落ち着いたけど、あの頃はあんまり考えてなかったから何回も転職を繰り返しちゃったのかも・・
魔王様のような転職エージェントがいたら1回の転職で本当に自分のやりたい職に就けてたかな⁇

本音を言うって大事っすね。
何も考えてないので、普段から本音で言ってますがw
(駆け引きなんてほぼできないw)
何を仕事にするかっていうのは分からないが少なくとも嫌な仕事を後何十年か続けると思うとしんどいならば早めに転職したほうがいい

別れた後に別れた時の本音聞けること、言えること、って現実だとなかなかなかったりするから、
すっきりと前に進めるそんな機会があってよかった!
過去も今も魔王様はかっこかった!

【転職の魔王様】キャスト(出演者)は?

『転職の魔王様』のキャスト(出演者)を紹介します。

  • 来栖嵐(くるすあらし)役:成田凌さん
  • 未谷千晴(ひつじたにちはる)役:小芝風花さん
  • 広沢絵里香(ひろさわえりか)役:山口紗弥加さん
  • 犬飼翔(いぬかいしょう)役:藤原大祐さん
  • 山口守男(やまぐちもりお)役:おいでやす小田さん
  • 横山潤也(よこやまじゅんや)役:前田公輝さん
  • 清川北斗(きよかわほくと)役:井上翔太さん
  • 清川ミナミ(きよかわみなみ)役:井本彩花さん
  • 落合洋子(おちあいようこ)役:石田ゆり子さん

来栖嵐(くるすあらし)役:成田凌さん

転職エージェント「シェパードキャリア」に所属する敏腕キャリアアドバイザー。30歳。丁寧な言葉遣いに反して、初対面の求職者に対して心にグサッとくるような毒舌ぶりを発揮するため、「魔王様」の異名をつけられた。左足が不自由で、その過去については謎めいている。

未谷千晴(ひつじたにちはる)役:小芝風花さん

25歳。大学卒業後に大手広告代理店に入社したものの、3年で退社。ハードな労働環境で社畜になり、すっかり働く自信と希望を失ってしまい休職していた求職者。

広沢絵里香(ひろさわえりか)役:山口紗弥加さん

「シェパードキャリア」のキャリアアドバイザー。38歳、既婚、共働き。保育園児の子どもがいる。”姉御”と呼ばれ周囲に頼りにされている。以前働いていた利益優先の大手企業の体質が合わず、求職者に寄り添ってくれると評判だった「シェパードキャリア」に転職した。

犬飼翔(いぬかいしょう)役:藤原大祐さん

「シェパードキャリア」のアルバイト。今どきの大学生で21歳。SNSに詳しく、明るい性格でノリも要領も良い。会社ではみんなにいじられる愛されキャラ。来栖のことは呼ばれるとビビるほど怖がっている。

山口守男(やまぐちもりお)役:おいでやす小田さん

「シェパードキャリア」のキャリアアドバイザー。ベテランで44歳。「仏の山さん」と呼ばれるほど仏のような笑みを絶やさず、温和で優しい。結婚願望が強く、積極的に合コンに参加しお嫁さん探しを頑張っている。

横山潤也(よこやまじゅんや)役:前田公輝さん

「シェパードキャリア」の営業のエース。31歳。転職エージェント業界に将来性を感じ、「シェパードキャリア」に新卒で入社した。仕事ができ、プライドが高く自信家。来栖のことは一方的にライバル視している。

清川北斗(きよかわほくと)役:井上翔太さん

「シェパードキャリア」社員の行きつけであるキッチンカー型カフェバーのオーナー。24歳。仲が良くラブラブな妻のミナミとは料理専門学校に通っていた時に出会い、駆け落ち同然で結婚した。将来の夢は、自分たちのお店を持つこと。

清川ミナミ(きよかわみなみ)役:井本彩花さん

北斗の妻、21歳。るキッチンカー型カフェバーの料理担当。今どきの若い女の子で、結婚や店のことを反対され家出した。

落合洋子(おちあいようこ)役:石田ゆり子さん

「シェパードキャリア」の社長。48歳。千晴にとっては叔母にあたる。明るく友好的な性格で、姪の千春のことを可愛がっており、良き理解者。来栖をキャリアアドバイザーにスカウトした。来栖の過去を知っており、来栖が本音で話せる相手でもある。

まとめ【転職の魔王様】4話のネタバレ考察!感想や口コミは?

この記事では、『転職の魔王様』第4話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も要チェックだね!

今なら成田凌さん出演映画『人間失格』や小芝風花さん出演ドラマ『彼女はキレイだった』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料お試し視聴ができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

\無料期間中の解約OK/

『人間失格』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次