MENU
\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

【CODE(コード)願いの代償】7話のネタバレ考察!復讐すべき相手が明らかに!感想や口コミは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

坂口健太郎さんが主演するドラマ『CODE(コード)-願いの代償-』第7話が2023年8月13日(日)夜10時30分から放送されました。

ドラマ『CEDE(コード)』は、台湾映画・台湾ドラマの2作品『CODE 悪魔の契約(原題:浮士德遊戲)』が原作となっており、恋人を失った刑事が事故の真相を追う作品です。

この記事では、ドラマ『CODE(コード)-願いの代償-』の第7話のあらすじ・ネタバレなど、視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『CODE-願いの代償-』
放送日時毎週日曜日 夜10時30分~
放送局日本テレビ
原作台湾映画・ドラマ『CODE 悪魔の契約』
脚本酒井雅秋、山田能龍
全放送回数全10話(予定)
主題歌『VICTOSPIN』UVERworld
主演坂口健太郎

>>『CODE(コード)』ネタバレ全話まとめはコチラから

あかり

ドラマ『CODE-願いの代償-』は人気の動画配信サービス「Hulu」で安全に視聴することができます。

豆ねこ

「Hulu」には100,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツがあります!

\人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見放題/

『CODE-願いの代償-』を視聴する >>

『Hulu』の動画配信サービスは見放題動画だけでも100,000万本以上あります。また、国内ドラマだけでなく、海外ドラマや邦画や洋画、バラエティや音楽・スポーツも見放題という大人気の動画配信サービスです。

目次

【CODE(コード)-願いの代償-】7話ネタバレあらすじ

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
7話放送日
2023年8月13日(日)

三輪円(松下奈緒)をかばい、撃たれてしまった二宮湊人(坂口健太郎)の意識が戻らない中、病室の前では警備のために、八重樫享(兵頭功海)が目を光らせていた。そんな様子を、遠巻きに見ていた救急隊員に扮した甲斐(青柳翔)の元に、CODEから「二宮湊人を殺してください」という任務が届く!
一方、椎名(染谷将太)たちは、悠香の友人で、CODEの開発に携わっていたという小島明日香(伊藤歩)から話を聞いていた。
「悠香は……CODEを調べたから殺されたんです」という明日香は、プログラマーとして【あるアプリ】の開発に関わっていた。ある日、記者の三宅直人(竹財輝之助)が突然訪ねてきたことや、心配事を悠香に相談したことを明かしていく。そして、悠香が巻き込まれた事故の背後に蠢く陰謀が明らかに!
ついにCODEに翻弄されてきた二宮、椎名たちの復讐すべき相手が明らかになる…!?

「CODE-願いの代償-」ドラマ公式サイトより

この記事は第7話のネタバレを含みます!

ネタバレ①追い詰められていた悠香と明日香

二宮(坂口健太郎)が背後から撃たれ、意識が戻りません。

病院はプレイヤーたちに襲撃され、二宮の病室には甲斐(青柳翔)が迫ります。

しかし、そこはダミーで、ベッドの上にはスマホが一つ。

甲斐は二宮の実体ではなく、彼のスマホにおびき寄せられたのです。

そして八重樫(兵頭功海)らが甲斐を取り囲み、制圧しました。

二宮と同室のベッドには三輪円(松下奈緒)の息子・芯(木村優来)が泣いています。

「だいじょうぶ、おれがいるから…あんしんして…」

意識を取り戻した二宮が芯にそっと手を差し伸べました。

甲斐が確保されたことが椎名(染谷将太)らに伝わり、円にも二宮が意識を取り戻したことが知らされました。

その 頃、ケアリング・クラウンの市川(玉山鉄二)は小島明日香(伊藤歩)が二宮(警察)側に通じたであろうことを推察していましたが、静観すると決めていたのです。

甲斐は収監され、椎名と咲(堀田真由)は二宮の元を訪れました。

ほどなくして、警察署の拘置施設にいた甲斐の元へ、プレイヤーの警察官が訪れ…彼らによって甲斐は粛清されてしまいました。

甲斐はCODEのモニターだったのです。

椎名は甲斐から情報が取れるかと目論んでいましたが、そのころ既に殺されていました。

小島明日香(伊藤歩)はCODEの開発プログラマーで、悠香の友人です。

CODEはある会社で、ごく普通のマッチングアプリとして開発されていたはずでしたが。

通常と違い、開発費は高額で、癖のあるコーディングにプログラマーたちは苦労していました。

その頃、明日香は優香と食事を共にして、お互いの近況を話し合っていたのです。

明日香は悠香に『マッチングアプリの開発をしている』と喋っていました。

その直後に、彼女は発注元から秘密保持契約を結ぶことを義務付けられました。

そこに咲の兄の三宅直人(竹財輝之助)が取材を持ちかけたのです。

彼は、矢継ぎ早にCODEのアプリの危険性を説き、死者が出ていることを伝えました。

『ボーグシステム』という会社が不穏なアプリを作っているという噂が流れ、明日香自身も身の危険を感じるようになったのです。

彼女はオフレコで悠香に相談を持ちかけました。

そこから、悠香のもとに直人の名刺がわたったのです。

CODEの本質は『誰かの願いを、誰かが叶えるアプリ』だと、明日香は語りました。

悠香はその頃に覚醒剤事件で亡くなったアイドルの事案を調べ始めていたのです。

時を同じくして、明日香の同僚が姿を消すなど、不穏な事態が頻発し始めました。

ようやくたどり着いたCODEの開発業務の発注元はSRSPカンパニーという名前でしたが、それは登記だけのペーパーカンパニーです。

明日香は納品済みのプログラムをチェックすると、後から手が加えられた形跡を見つけました。

そして『相当やばいプログラム』であることが判明したのです。

それが今のCODEのシステムに限りなく近いものでした。

誰かの願いが叶っていくと、最後に、ユーザー(プレイヤー)が犯罪を犯すように仕組まれていることを明日香と悠香は知り、青ざめました。

椎名たちがそこまで語った時、身を隠していたはずの明日香が二宮のもとにやってきて、直接話したいと申し出ます。

「初めまして…悠香とは、仲良くさせてもらっていました…」

二宮は、そんな明日香に、悠香がなぜ死ななければならなかったのかを問うのです。

ネタバレ②判明したCODEの開発企業・ランリーテクノロジー社

悠香はCODEのことを二宮に相談するか悩んでいました。

アイドルの死亡事案を調べていると、いくつかの矛盾点がみつかり、悠香は同じファイルの中に直人の死亡事案の資料を見つけたのです。

そこには『SRSP』のメモが残されていました。

件のペーパーカンパニーの名前です。

そこから、ランリーテクノロジーという会社、そしてその企業がケアリング・クラウンの慈善事業を行っているなどの事実が浮かび上がってきたのです。

ランリ―テクノロジー社は総務省など国家規模のプロジェクトに関わるような一流企業です。

明日香がさらにCODEのプログラムを解析していくと、そこには恐ろしい秘密が隠されていることに気づいてしまったのです。

それを悠香に相談しようとして、呼び出したのですが…。

CODEの開発者、そしてランリーテクノロジーについて「調べたら、殺される」というプログラムが書き加えられていました。

だから、悠香は二宮にこのことをすぐに相談できずにいたのです。

この事実を知ったら、二宮が危険な渦に自ら飛び込むことが容易に予想できたからです。

明日香は「解決策が見つかった」と嘘をつき、悠香が危険なことをしないようにと仕向けましたが。

直人と悠香はマッチングで殺されたのではなく、ランリーに意図的に殺されたのだと椎名は考えました。

明日香は上司(本多力)を説得してランリ―にプログラムの改修を持ちかけましたが、それは明日香を陥れるための罠でした。

その日の帰路。

上司は明日香を連れてランリ―との交渉に向かうと言って彼女を車に乗せようとしましたが、数人の男に拉致されそうになり、明日香は必死で逃げたのです。

その夜から、明日香の逃避行が始まりました。

悠香もまた、妊娠に気づき、CODEから離れようとしたのです。

しかし、悠香は事件捜査のなかで、ドラレコの映像の中にCODEが発動したところを見てしまい、その実態に気付いてしまいました。

「悠香は全部、ひとりで抱えてた…ずっと、ひとりで…」

悠香の死は自分のせいだと泣いて詫びる明日香に、二宮はやりきれなさを抱えていましたが…むしろ悠香の決断や明日香を思っていた優しさにも気づいてやれなかったことのふがいなさを噛みしめていました。

最後の別れ際に、何かを言おうとしていた悠香の笑顔を思い出し、二宮は目に涙をためて「何をやってんだ…俺は…」と絞り出すように言うのです。

ネタバレ③ピエロのおじさん

明日香は警察の保護施設に匿われることになりました。

二宮は「勇気を出してくれてありがとう。悠香と仲良くしてくれて、ありがとう」と言って、明日香を送り出したのです。

芯には咲がスマホで円のビデオメッセージを見せていました。

「もうすこし、我慢しててね、お母さん、どこにいても芯のことずっと考えてるから。きっとすぐに会えるから…!」

その言葉に、芯は泣きそうでしたが、口元は安心したように笑っていました。

「CODEのせいで、どれほどの人間が苦しむのか…」

その根源がランリ―であることが判明した今、椎名と二宮はさらなる調査を始めました。

ランリ―テクノロジーの社長はケアリング・クラウンの市川(玉山鉄二)だったのです。

椎名は雑誌記者として市川に直接突撃しようと申し出ました。

円は市川が病院でケアリング・クラウンをしているところに遭遇していたので「慈善活動の取材でアポを取れば」と提案します。

その頃、市川は神奈川県知事(新納慎也)と面会していました。

県民の安全をタテにして、知事はアプリの導入を拒んでいましたが…市川は強硬に導入を申し立てていたのです。

椎名と咲はランリ―テクノロジー本社に向かいましたが、面会は断られてしまいます。

その頃、病院の一角で…二宮が芯の傍を離れた瞬間に、市川がすっと寄ってきました。

「あ、ピエロのおじさん!」

警戒心をといた芯は…市川とともに姿を消してしまったのです。

【CODE(コード)-願いの代償-7話の考察と感想

https://twitter.com/MrX06769F912/status/1690765940240334848?s=20

考察/感想①詳らかになったCODEの正体

開発者の一人である明日香によって語られたCODEの本質がヤバすぎました。

法外な報酬と、守秘義務の契約がその証拠でもありますが…仕様書をもとに組んでいるプログラムの意図がそんなにヤバいモノだったのかと気づいた時には戦慄したのではないでしょうか。

それでも、良心に従ってなんとかしようと試みた明日香と、それに協力した悠香の行いは無駄ではなかったと信じたいですね。

結果は哀しいものでしたが、悠香の思いは二宮に引き継がれ、謎は解明されていくものと信じたいです。

それから…姿を消してしまった明日香の同僚男性の行方が気になりました。

多分、消されてしまったんだろうけど…。

考察/感想②本多力さんの怪演がイイ!

登場した瞬間から「絶対怪しい!」と思ったのが明日香の上司役の本多力さんです。

とびっきりのクセ強バイプレーヤーの本多さん…舞台を中心に活動しつつ、多数のドラマ・映画に出演している彼は期待を裏切らない暗躍ぶりでした。

明日香の拉致シーンでは「やっぱりそうきたか!」とにやにやが止まりません。

それにしても…どこにでもCODEプレイヤーが出没していてめちゃめちゃ怖いです…。

二宮がプレイヤーということは、きっと警察内部にもいっぱいいるんだろうなとは予想できましたが。

留置場にまでさらっと現れて甲斐を始末していくという流れを見て、どこにいても何をしていても、一度CODEに関わったら死ぬまで逃れられないのでは…?というホラーみが増したように感じました。

考察/感想③市川の暗躍っぷりが怖い…

実はランリーテクノロジー社の社長だった市川。

ランリーテクノロジー社は政府の事業にも参画するような一流企業であり、政財界にコネをもつ市川は積極的にアプリの導入を持ちかけていたのです。

そんな彼が、実は度々登場しているケアリング・クラウンでした。

病院内を自由に歩けるだけの信用を得ていた市川は芯をやすやすと連れ出しました。

病院を離れることは、芯の生命の危機に直結してしまうのです。

市川がなぜCODEを開発しようと試みたのか、まだまだ見えていない部分の闇が深そうです。

【CODE(コード)-願いの代償-7話口コミを紹介

【CODE(コード)-願いの代償-】キャスト(出演者)は?

『CODE-願いの代償-』のキャスト(出演者)を紹介します。

  • 坂口健太郎さん:二宮湊人役
  • 染谷将太さん:椎名一樹役
  • 松下奈緒さん:三輪円役
  • 堀田真由:三宅咲役
  • 三浦貴大さん:百田優役
  • 兵頭功海さん:八重樫享役
  • 青柳翔さん:甲斐篤志役
  • 黒羽麻璃央さん:柏木淳二役
  • 臼田あさ美さん:七海悠香役
  • 鈴木浩介さん:田波秋生役
  • 玉山鉄二さん:市川省吾役

坂口健太郎さん:二宮湊人役

刑事。神奈川県警暴力団対策課に所属。幼い頃に両親を亡くし不幸な人生を送ってきたが、恋人の悠香と出会い、再び人を信じることができるようになった。交際5年となるときに悠香の妊娠が発覚し、2人を幸せにしようと誓った矢先、悠香が不審なエレベーター事故で帰らぬ人に。悠香の死の真相を探るため動く中、どんな願いも叶える「CODE」というアプリを手にする。

染谷将太さん:椎名一樹役

フリーの雑誌記者。スクープのために「CODE」が関係する事件を追っている。普段は何を考えているかわからないタイプだが、記者としての使命感を強く持っており、その為には何でもやるという覚悟と行動力を持っている。「CODE」の事件を追っているのにはある理由がある。

松下奈緒さん:三輪円役

悠香が亡くなったエレベーター事故に関係していると思われる謎の人物。「CODE」のプレイヤーとなった二宮のことも監視している・・・?

堀田真由:三宅咲役

椎名とともに「CODE」の事件を追っているハッカー。椎名と同じようにある理由から「CODE」の真相を探っている。

三浦貴大さん:百田優役

刑事。二宮と同じ神奈川県警暴力団対策課に所属しており、親友でもある。二宮が心を許し、何でも相談できる数少ない人物。

兵頭功海さん:八重樫享役

刑事。二宮の後輩で、同じ神奈川遠泳暴力団対策課に所属。真面目に仕事に取り組む。

青柳翔さん:甲斐篤志役

半グレ集団・甲斐グループの代表。クラブなどを経営している。「CODE」のプレイヤー。

黒羽麻璃央さん:柏木淳二役

甲斐グループが経営するクラブで働いている。一方では情報屋として、二宮に様々な情報を渡している。

臼田あさ美さん:七海悠香役

神奈川県警鑑識課に所属。二宮の恋人。心から二宮のことを愛しており、二宮の子を妊娠している。しかし、不審なエレベーター事故により命を落としてしまう。

鈴木浩介さん:田波秋生役

刑事。神奈川県警暴力団対策課の課長。二宮の上司であり、二宮のことを昔から知っている良き理解者でもある。

玉山鉄二さん:市川省吾役

ホスピタルクラウンとして、ピエロに扮し病院訪問をしている。その素性は謎。

まとめ【CODE(コード)願いの代償7話のネタバレ考察!感想や口コミは?真犯人からの警告

この記事では、『CODE-願いの代償-』第7話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

あかり

次回の放送も要チェック!

ドラマ『CODE-願いの代償-』は人気の動画配信サービス「Hulu」で安全に視聴することができます。

豆ねこ

「Hulu」には100,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツがあります!

\人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見放題/

『CODE-願いの代償-』を視聴する >>

『Hulu』の動画配信サービスは見放題動画だけでも100,000万本以上あります。また、国内ドラマだけでなく、海外ドラマや邦画や洋画、バラエティや音楽・スポーツも見放題という大人気の動画配信サービスです。

豆ねこ

U-NEXTでは『CODE-願いの代償-』の原作も視聴できます♪

あかり

無料お試し登録するとポイントがもらえるので、ポイントを使って視聴することができますよ♪

\無料期間中の解約OK/

まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。※このサイトからなら初回ポイントも600ポイントもらえます♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次