MENU
\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

ドラマ【CODE(コード)】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末は?(願いの代償)

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

この記事では、ドラマ【CODE(コード)】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末ラストは?(坂口健太郎主演)と題して、1話から最終回までのあらすじとネタバレをお届けさせて頂きます。

坂口健太郎さん主演のドラマ『CODE-願いの代償-』は、日本テレビ系列で2023年7月2日より毎週日曜夜10時30分から放送開始となり、9月3日(日)に最終回が放送されました。

どんな願いも叶えるアプリ“CODE”に手を伸ばした刑事の二宮(坂口健太郎)と、彼の婚約者の死の真相を追う椎名(染谷将太)。最終回では、二宮と椎名が、CODEの裏に隠された陰謀と、社会にとって有害な対象を排除するシステム「プロフェット」の関係を暴くことになります。果たして、二人は無事に任務を完了できるのでしょうか? そして、咲(堀田真由)や円(松下奈緒)の運命はどうなるのでしょうか?

『CODE-願いの代償-』関連記事

あかり

『CODE-願いの代償-』はHuluで配信中です!

\人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティが見放題/

『CODE-願いの代償-』を視聴する >>

目次

【CODE(コード)】ネタバレあらすじ-願いの代償-

CODE(コード)-願いの代償-』の1話から最新話まで、詳しいネタバレあらすじは以下から読むことができます。

あかり

放送回をクリックすると各ページの詳細にジャンプできます♪

放送回放送日
第1話ネタバレ2023年7月2日(日)
第2話ネタバレ2023年7月9日(日)
第3話ネタバレ2023年7月16日(日)
第4話ネタバレ2023年7月23日(日)
第5話ネタバレ2023年7月30日(日)
第6話ネタバレ2023年8月6日(日)
第7話ネタバレ2023年8月13日(日)
第8話ネタバレ2023年8月20日(日)
第9話ネタバレ2023年8月27日(日)
最終回ネタバレ2023年9月3日(日)

【CODE(コード)】第1話のネタバレあらすじ(2023年7月2日放送)

第1話放送日
2023年7月2日(日)放送

第1話のあらすじ

神奈川県警暴力団対策課の刑事・二宮湊人(坂口健太郎さん)は、交際5年となる恋人の七海悠香(臼田あさ美さん)へプロポーズしようとしていた。悠香は同じく警察の鑑識課で働いており、妊娠中。
そんな中、二宮は岡山組が覚醒剤の取引をするという情報を入手し、捜査をはじめる。ボウリング場で岡山組を逮捕したが、その場にあったアタッシュケースは、大学生の仲川悟(宮世琉弥さん)によってすり替えられたものだった。その裏には、不思議なアプリCODEが関係していた。
CODEは、願いを叶える代わりに使用した者を犯罪に巻き込むアプリだった。悟を追う記者の椎名一樹(染谷将太さん)も事件に関わっていく。悠香も鑑識課でCODEに関わる何かに気づいていた。
何重にも重な事件と欲望が入り混じる、スリリングな物語が始まる。

1話ネタバレポイント
  • すべての始まり
  • 二宮と悠香は幸せになるはずだったのに
  • アプリCODEの存在

第1話のネタバレ詳細はこちらから>>

【CODE(コード)】第2話のネタバレあらすじ(2023年7月9日放送)

第2話放送日
2023年7月9日(日)放送

第2話のあらすじ

神奈川県警暴力団対策課の刑事・二宮湊人(坂口健太郎)は、婚約者・七海悠香(臼田あさ美)をエレベーターの落下事故で亡くします。不審な点が多く、二宮は単なる事故ではないと考えていました。そんな中、正体不明のアプリ「CODE」を手に入れ、「七海悠香の死の真相が知りたい」と願いを入力します。すると、「七海悠香を殺した犯人」というタイトルの動画ファイルが送られてきます。そこには、メンテナンス会社の男が、事故直後にエレベーターの扉を開け、階下を覗き込んでいる姿が映っていました。

その後、二宮は悠香の事件に関する重要な情報を持っているというフリーの記者・椎名一樹(染谷将太)から連絡を受けます。椎名は二宮に情報の交換を提案しますが、二宮は断ります。しかし、その裏では、椎名と行動をともにするハッカーの三宅咲(堀田真由)が二宮のスマホにハッキングを仕掛けていました。

二宮は捜査を進め、CODEから送られてきた動画に映っていた男が、メンテナンス会社を3カ月ほど前に辞めた元職員の寺島(中島健)という男である事実を突き止め、居場所の情報も得ます。しかし、寺島の自宅に向かう途中で、二宮の元にCODEから一件の通知が届きます。通知に気が付かないまま、二宮は寺島の自宅へとたどり着きます。しかし、このアプリからの通知が二宮の身に起きるさらなる悲劇へとつながっていきます。

2話ネタバレポイント
  • 椎名との対面
  • 二宮の次なる任務と悲劇
  • 任務失敗と田波への疑い

第2話のネタバレ詳細はこちらから>>

【CODE(コード)】第3話のネタバレあらすじ(2023年7月16日放送)

第3話放送日
2023年7月16日(日)放送

第3話のあらすじ

刑事・二宮湊人(坂口健太郎さん)の婚約者、七海悠香(臼田あさ美さん)が亡くなった事故への関与が疑われていた寺島貴司の遺体が見つかった。警察は事故死と断定するが、寺島は口封じのために殺されたと考える二宮は、悠香の事件に寺島以外の人間が関わっていると確信する。
そんな中で、「どんな願いも叶える」というアプリCODEに、「悠香を殺した寺島貴司の共犯者を知りたい」と入力した二宮。しばらくすると、悠香が亡くなった日時の監視カメラ映像が送られて来る。なんとそこには、暴力団対策課課長で、二宮の恩人でもある田波秋生(鈴木浩介)の姿が映っていた……。
動揺を隠せない二宮のもとに、CODEから「任務」が送られてくるが、示されているのは位置情報のみ。指定の場所へ行くと、バンが停まっていて、助手席にはアタッシュケースがあった。中には、銃と目出し帽が入っていたが、CODEからは「アタッシュケースをここに運んで下さい」と次の指示が示される。そんな二宮を、同僚の百田優(三浦貴大さん)と八重樫享(兵頭功海さん)が張り込んでいて……!?
その頃、フリー記者・椎名一樹(染谷将太さん)は、ハッカーの三宅咲(堀田真由さん)から、二宮にCODEを紹介した佐々木慎介についての話を聞いていた。椎名は、佐々木が務めていた不動産会社に向かうが、すでに退職していることが判明。さらに、調べを進めると、驚きの事実が明らかになり……!?
一方、二宮は、悠香の事件についての疑問を田波にぶつけていた。そして、百田の協力を得て、田波についてのある事実が明らかになったとき、二宮が襲われる事件が発生する!
その裏では、謎の女性・三輪円(松下奈緒さん)が動いているようで……。

3話ネタバレポイント!
  • 田波が悠香の事件に関わった可能性
  • 田波との過去と田波の逮捕
  • CODEを教えた佐々木が怯える理由

第3話のネタバレ詳細はこちらから>>

【CODE(コード)】第4話のネタバレあらすじ(2023年7月23日放送)

第4話放送日
2023年7月23日(日)放送

第4話のあらすじ

「二度とCODEは使うな」と警告した佐々木慎介(渋谷謙人さん)が覚醒剤の過剰摂取で遺体となって発見されます。刑事の二宮湊人(坂口健太郎さん)は、佐々木の死が何者かによる殺害と疑います。
フリー記者の椎名一樹(染谷将太さん)は二宮を自身がCODEを調査するアジトへと連れて行き、ハッカーの三宅咲(堀田真由さん)も交えて作戦会議が進行します。佐々木が逃げる前に口にした「管理側」という言葉に引っかかり、ミサンガをしていた女(松下奈緒さん)が関係しているのではないかと調査が進められ、驚きの事実が明らかになります。

4話ネタバレポイント
  • 椎名と咲がCODEに関わる理由
  • CODEの使用者
  • 百田との悲しい別れ

第4話のネタバレ詳細はこちらから>>

【CODE(コード)】第5話のネタバレあらすじ(2023年7月30日放送)

第5話放送日
2023年7月30日(日)放送

第5話のあらすじ

二宮湊人(坂口健太郎さん)が百田優(三浦貴大さん)の自殺を目の当たりにし、その後、七海悠香(臼田あさ美さん)を殺したという謎の男から連絡が入ります。その男は、仲間が警察の中にいると告げ、悠香のことをこれ以上調べるなと警告します。
その後、容疑が晴れて釈放された田波秋生(鈴木浩介さん)の元を訪れた二宮は、一度でも疑ってしまったことを謝罪し、悠香が亡くなった日の夜のことを語り始めます。事件が起きる直前、悠香はあるデータをUSBにコピーしていた可能性が浮上します。一方、三輪円(松下奈緒さん)の元に、「二宮湊人を殺害して下さい」という任務の連絡が入ります。

5話ネタバレポイント
  • 田波の釈放、悠香のUSB
  • プレーヤーとしての円と母親としての円
  • 甲斐の登場と新たな悲劇

第5話のネタバレ詳細はこちらから>>

【CODE(コード)】第6話のネタバレあらすじ(2023年8月6日放送)

第6話放送日
2023年8月6日(日)放送

第6話のあらすじ

指名手配中の甲斐篤志(青柳翔さん)によって田波秋生(鈴木浩介さん)が撃たれ、二宮湊人(坂口健太郎さん)は医者に助けを求める。一方、”制裁”から逃れる三輪円(松下奈緒さん)は”CODE”について椎名一樹(染谷将太さん)に話す。”CODE”では、二宮湊人と三輪円の殺害が任務として出される。二宮の運命は?さらに、復讐のためにCODEを調べる椎名と咲(堀田真由さん)の過去も明らかになる。

6話ネタバレポイント
  • 田波の死とCODEの役割
  • 椎名と咲がCODEを調べる理由
  • 小島明日香の存在

第6話のネタバレ詳細はこちらから>>

【CODE(コード)】第7話のネタバレあらすじ(2023年8月13日放送)

第7話放送日
2023年8月13日(日)放送

第7話のあらすじ

撃たれて意識を失った二宮湊人(坂口健太郎)の病室前で、八重樫享(兵頭功海)が警備を務めていました。その様子を見ていた甲斐(青柳翔)には、CODEから「二宮湊人を殺せ」という任務が届きます。一方、椎名(染谷将太)たちは、CODEの開発に関わっていた小島明日香(伊藤歩)から話を聞きます。彼女は「悠香はCODEを調べたから殺された」と語り、自身があるアプリの開発に関わっていたこと、記者の三宅直人(竹財輝之助)が訪ねてきたことなどを明かします。そして、ついに二宮と椎名たちが復讐すべき相手が明らかになるのです。

7話ネタバレポイント
  • 追い詰められていた悠香と明日香
  • 判明したCODEの開発企業・ランリーテクノロジー社
  • ピエロのおじさん

第7話のネタバレ詳細はこちらから>>

豆ねこ

怖いけど、、気になるー!!

【CODE(コード)】第8話のネタバレあらすじ(2023年8月20日放送)

第8話放送日
2023年8月20日(日)放送

第8話のあらすじ

三輪円の息子、芯が突如として姿を消す。病院を捜索する二宮湊人は彼を見つけることができない。一方、椎名と咲は「ランリーテクノロジー」を訪れ、「市川社長」の慈善活動についての取材を試みる。市川は不在だが、システム開発部の撮影許可を得る。咲は、セキュリティーが厳重なランリーのシステムをハッキングしようとする。その間、二宮は病院の屋上で芯と市川を発見。市川が「ランリー」の社長であり、婚約者・七海悠香の命を奪ったことを知る。市川は「CODE」の存在を認め、それを使う人間に問題があると指摘。さらに、弱い人間を排除することでより良い世界を作ると主張する。二宮たちは、咲のハッキングを通じて、システム開発部の後藤芳樹が市川に対して警告をしている場面を目撃。後藤に接触しようとするが、新たな事件が発生する。

8話ネタバレポイント
  • 市川の考えるCODE
  • CODEの拡散
  • 市川は全く動じない

第8話のネタバレ詳細はこちらから>>

【CODE(コード)】第9話のネタバレあらすじ(2023年8月27日放送)

第9話放送日
2023年8月27日(日)放送

第9話のあらすじ

神奈川県内で連鎖的な爆破事件が発生し、すべての現場から同型のアタッシュケースの破片が発見される。その中で、アタッシュケースを運んだ咲(堀田真由)が容疑者として特定される。一方、二宮(坂口健太郎)は市川(玉山鉄二)に銃を向け、真相を問い詰める。市川は「CODE」の開発に関与したことを認めるも、“制裁を下す”ルールは自分が作ったものではないと主張する。さらに、咲からの連絡を受けた椎名(染谷将太)は、円(松下奈緒)と共にカラオケボックスに向かう。しかし、ランリーテクノロジーには、神奈川県知事の青柳や滝田総務副大臣らが続々と訪れていた。市川の真の目的とは何か、という疑問が浮上する。

9話ネタバレポイント
  • 咲が容疑者になる
  • 市川の目的
  • 円の任務

第9話のネタバレ詳細はこちらから>>

【CODE(コード)】最終回のネタバレあらすじ(2023年9月3日放送)

最終回放送日
2023年9月3日(日)放送

最終回のあらすじ

「CODE」からの連絡により、円(松下奈緒)は息子・芯(木村優来)を救うため、そして【死の制裁】を無効にするための任務を受ける。その任務は、制限時間内に爆弾が入ったアタッシュケースを咲(堀田真由)に“プレゼント”すること。咲は自身よりも芯の命を優先して欲しいと叫ぶが、円は彼女を救うために紐を解く。しかし、爆発の時間が迫る中、二宮(坂口健太郎)と椎名(染谷将太)はスマホの映像でその様子を確認していたが、突如中継が途切れる。一方、市川(玉山鉄二)と神奈川県知事の青柳(新納慎也)は「プロフェット」という新システムの実用化を発表。このシステムは社会の有害な要素を速やかに排除するもの。そして、市川の策略により、二宮は青柳襲撃の容疑をかけられる。

最終回ネタバレポイント
  • それぞれの思い
  • すべての犯人はAI
  • 市川の逮捕と、CODEの復活

最終回のネタバレ詳細はこちらから>>

【CODE(コード)】キャスト紹介(ドラマ出演者)

  • 二宮湊人役:坂口健太郎さん
  • 椎名一樹役:染谷将太さん
  • 三輪円役:松下奈緒さん
  • 三宅咲役:堀田真由さん
  • 百田優役:三浦貴大さん
  • 八重樫享役:兵頭功海さん
  • 甲斐篤志役:青柳翔さん
  • 柏木淳二役:黒羽麻璃央さん
  • 七海悠香役:臼田あさ美さん
  • 田波秋生役:鈴木浩介さん
  • 市川省吾役:玉山鉄二さん

二宮湊人役:坂口健太郎さん

神奈川県警暴力団対策課に所属する刑事。幼い頃に両親を亡くし滅茶苦茶な人生を歩んできたが、悠香と出会ったことで人を信頼できるように。付き合って5年を迎えた頃に悠香の妊娠が発覚し、結婚を決意。悠香とお腹の子を幸せにしようと誓った矢先、不審な事故により悠香を失ってしまう。悠香の死の真相を探る中、不審なアプリ「CODE」を使用することになる。

椎名一樹役:染谷将太さん

フリーで活動する雑誌記者。不思議なアプリ【CODE】の事件を追っている。 気まぐれで、考えていることがわからない。しかし、記者として真実を知りたいという気持ちが強い。真実を知るためには、どんなことでもすると決めている。 【CODE】の事件を追うのには、ある理由がある。

三輪円役:松下奈緒さん

謎の女性。二宮の恋人・悠香の事故に関係していると思われる。「CODE」を使用する二宮のことも監視している様子。

三宅咲役:堀田真由さん

椎名と共に「CODE」の事件を追っているハッカー。椎名と同じく、「CODE」の事件を追う理由がある。

百田優役:三浦貴大さん

神奈川県警暴力団対策課の刑事で、二宮の同僚。二宮の親友でもあり、何でも相談できる相手。

八重樫享役:兵頭功海さん

神奈川県警暴力団対策課の刑事で、二宮の後輩。真面目な性格で、仕事にも実直に取り組む。

甲斐篤志役:青柳翔さん

半グレ集団の下位グループの代表。クラブなどを経営している。CODEのプレイヤーでもある。

柏木淳二役:黒羽麻璃央さん

甲斐グループが経営するクラブの店員。情報屋としての顔も持っている。

七海悠香役:臼田あさ美さん

神奈川県警鑑識課に所属する二宮の恋人。二宮とは結婚間近という幸せの中、不審なエレベーター事故で命を落とす。

田波秋生役:鈴木浩介さん

神奈川県警暴力団対策課課長。二宮の上司で、良き理解者。

市川省吾役:玉山鉄二さん

ピエロの格好をして病院を訪問し、子ども達の心のケアをしているホスピタル・クラウン。その素性は謎。

ドラマ【CODE-願いの代償-】主題歌は誰?

ドラマ『CODE-願いの代償-』の主題歌は、UVERworldの『VICTOSPIN(ヴィクトスピン)』という楽曲です。

こちらの楽曲はドラマのために制作された楽曲で、TAKUYA∞さんが作詞、克哉さんとTAKUYA∞さんが作曲を担当しています。

https://twitter.com/ytvdrama/status/1668891027242119168?s=20

夜は明けるけどまた必ず夜はやってくる。

雨は止むけれど、また必ず雨も降る。

次の夜や次の雨が降る。

その時のために今何をするべきか、それをしっかりと理解し習得すれば次の夜、次の雨を恐れることはなくなる。

そんな意味と主人公二宮が真実と現実に向き合っていく様子を照らし合わせながら書いた楽曲です。

ドラマの世界観と一緒に楽しんでいただけたらと思います。

TAKUYA∞さんコメント

【CODE(コード)】原作ネタバレ-願いの代償-

ドラマ『CODE-願いの代償-』の原作となった、台湾映画『CODE悪魔の契約(原題:浮士德遊戲)』と、台湾ドラマ『CODE悪魔の契約2(原題:浮士德遊戲2)』のネタバレを紹介します。

原作『CODE悪魔の契約(原題:浮士德遊戲)』のネタバレ

  • 主人公は冴えない銀行マン、アレックス。
  • 恋人コニーとの結婚前に購入した株で大損してしまい、友人のフランクにお金の無心をしたところ、どんな願いもかなえてくれるという「CODE」というアプリを紹介される。
  • 半信半疑でアプリをつかってみたところ、本当に願いが叶う。
  • 「CODE」は願いを叶えるかわりに、指定された任務をこなさなければならない。
  • 願いを叶えたアレックスは「空のアタッシュケースを移動させる」という任務をこなす。
  • 回を重ねるごとに、任務は犯罪めいたことになっていく。
  • フランクも以前は「CODE」のプレイヤーだったが、殺人の任務を指定され怖くなり逃げた。1年前から携帯は使用しておらず、アプリを紹介したのは自分ではないという。
  • 「CODE」に入力した願い事は、他のプレイヤーによって実行されていることが判明する。
  • アレックスは悪事を重ねてしまい、結局は恨みを買った人物の願い事により事故死する。

原作『CODE悪魔の契約2(原題:浮士德遊戲2)』のネタバレ

リャン・レンジエ刑事は、ある日エレベーター事故で恋人のルオユンを亡くします。ルオユンとは交際10年で、彼女は妊娠していました。ルオユンの事故死に納得できないレンジエのもとに、謎の人物から「事件の真相を知りたければCODEというアプリをダウンロードしろ」と連絡が入ります。

レンジエは、ルオユンがエレベーター事故で亡くなる直前にビルに配達しに来た宅配人の住所を突き止めます。しかし、逮捕まであと一歩のところで、CODEからレンジエのために働いていた情報提供者を救うよう任務が与えられます。

真相を探る中、警察内部に内通者がいるのではないかと疑いを持ったレンジエは、同僚のシャオオウと内部調査を進めていました。謎の男から提供された情報と、シャオオウが集めた証拠から、レンジエは上司のボー係長が汚職に手を染めていると確信します。

レンジエはルオユンの事故の真相を知るという女性記者・ズーシンに会いに行きます。そのズーシンもまた、エレベーター事故の直前にいとこのフランクを不審な事故死で失っていました。レンジエから天才ハッカー・ハンクを紹介され、3人はゲームの開発者をみつけることにします。

CODEがからんでいると思われる事故が発生する一方、「空のブリーフケース」を複数の人間が運搬するという謎の事件も起こっていることが判明します。

CODEのしわざで強制的に休職させられたレンジエは、恋人の死の真相を突き止めるためにCODEを使用したことをズーシンとハンクに打ち明けます。ハンクはCODEを解析したい思いがあるものの、追跡されることを考えレンジエの助けになることをためらいます。

レンジエとズーシンは空ブリーフケース事件から浮かび上がった最先端ソフトウェア開発会社・ランリーテクノロジーを訪れます。最新のプロジェクトが何なのかを探ろうとしますが、担当者にはぐらかされてしまいます。

事件を追う中で、CODEには「監視人」なる人物がいることが判明します。かつてそのCODEの監視人だったたユエンは、心臓移植が必要な息子を救うべく、レンジエたちとCODEの正体を追います。レンジエとユエンは監視人の携帯を奪うために、CODEから与えられた次の任務の現場へ。携帯は手に入れられたものの、ハンクでは解読に時間がかかりユエンの息子の命が間に合いません。一番怪しいランリーテクノロジーのCEO・ファンを拉致しますが、ランリーは無関係だと言うファン。ランリーの技術チームの力を借り解析をします。そして司令塔がフー・フイミンという元プログラマーということを突き止めます。

フーはAIが社会に貢献する理想を実現するべく、ホワイションという夫とソフトウェア会社を立ち上げました。しかし、7年前のある日実験室で爆発事故が起き、ホワイションは命を落としてしまいます。フーは事故ではなく、真犯人がいると考えていました。

何かを隠していると疑われたファンは、3年前に計画された「プロフェット計画=預言者」について話します。ビッグデータに基づき予測分析することが目的で、あらゆることを予測できるものでした。市政府と共同で始めた機密計画のため、情報を漏らすことは許されないというファン。10年前に不慮の事故で妻を亡くしたファンは、これがあればすべての問題を解決することができると開発を思い立ったのでした。預言者とCODEは無関係だと主張します。

ファンはフーを警戒し、当時現場にいたチーフプログラマーのユードーを海外に逃がします。ファンがまだ何かを隠していると確信したレンジエたちは、送迎運転手を装ってユードーを連れ去ろうとします。しかしユードーがファンに電話し気付き、逃げ出します。そしてファンの指示で他の車に乗りますが、その車は爆発。ファンが指示したのか、それともCODEによるものなのか…。

ユードーが運ばれた病院にいたファンは、ユードーがかつてホワイションの助手だったことを明かします。よく衝突していた2人。爆発が起きた日も、直前まで口論をしていました。実験室にいたのが2人だけだったと知っているのは自分だけだというファン。ユードーを信じたファンは、警察の取り調べの際にユードーは現場にいなかったと嘘をついたのでした。そして事故として処理されることに。ユードーがいなくなり、次にCODEが狙っているのは自分だというファン。

その後フーの家に乗り込んだズーシンとハンクでしたが、フ―は立ち去った後でした。その後、ユエンの息子が病院から連れ去られたことを聞きます。ユエンがスパイなのでは?と疑うハンク。そこへファンからレンジエに電話は入ります。海外からタイマーが送られてきたことと、市バスに爆発物が放置されているというニュースを伝えます。爆発物のタイマーとファンに送られてきたタイマーは2つとも残り25分。いそいで現場に駆け付けるレンジエ、ズーシン、ハンク。爆弾は解除されますが、ファンの持っているタイマーは0にはなっていません。そしてファンのタイマーが0になると、バスが爆発し大炎上します。その様子をみていたユエンに気付くレンジエ。

負傷し病院にいたレンジエのもとをファンが訪れます。もう1つ隠していたことを明かすために。ファンは、ユードーの殺害と市バスの爆破は単なる警告にすぎず、フーの本当の狙いは預言者を滅ぼすことだと伝えます。そしてランリー社で開かれる会議にレンジエたちも参加させます。市の幹部たちが参加する会議で、バス事故はランリー社に対する脅迫行為だと説明するファン。預言者を稼働させてCODEを消滅させるべきだと言います。その後市長に承認され、預言者を稼働させることになります。

フ―を追っていたレンジエたちは、フーのアジトをみつけ突入します。しかし、フーは捕まる直前にCODEをネット上に転送し、ハードディスクを破壊しました。フーを連行するレンジエに、ファンからタイマーが起動したと連絡が入ります。ソースコードが必要なのでハードディスクをもってくるよう伝えるファン。途中、車の前に爆弾を身にまとったユエンが立ちはだかります。拳銃を持ちながら、息子を拉致されたから任務を受けるしかなかったというユエン。一緒に死のうとするユエンを「爆弾の解除ができるのはフーだけだ」となだめ、レンジエはユエンを保護します。

ハンクがファンにハードディスクを届け、預言者が解析を始めます。その後ユエンの息子は無事に保護され、爆発物の発生装置も止まります。ユエンの爆弾装置は止まらなかったものの、結局爆発はせず、ユエンは息子と再会。

事件の後。刑務所にいるフーを訪ねるズーシン。フーは、なぜユエンを助けたとズーシンを責めます。そして次の計画について尋ねるのでした。

あかり

日本版だと染谷将太さんがズーシンということかな?

まとめ【CODE(コード)】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末ラストは?(願いの代償)

今回は、【CODE(コード)】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末ラストは?といった内容を紹介させて頂きました。

坂口健太郎さんが演じる二宮は、果たして事件の真相を明かすことができるのでしょうか!?最終回のラストはどのような結末を迎えるのか、最後まで目が離せない展開となりました。

今なら、坂口健太郎さん出演のドラマ『シグナル』や、『コウノドリ』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料トライアルができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

豆ねこ

ドラマや映画好きな人がみんな入っているのも納得だね!

\無料期間の解約もOK/

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次