MENU
\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

【警部補ダイマジン】3話ネタバレ考察!感想や口コミは?元国会議員の秘書

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

生田斗真さんが主演するドラマ『警部補ダイマジン』の第3話が2023年7月28日(金)夜11時15分から放送されました。

このドラマは、週刊漫画ゴラクで連載中の同名漫画『警部補ダイマジン』(原作:リチャード・ウー、作画:コウノコウジ)が原作となっており、刑事であるダークヒーローが秘密結社に立ち向かっていく姿を描くピカレスク・サスペンスです。

この記事では、ドラマ『警部補ダイマジン』の第3話のあらすじやネタバレ考察と、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『警部補ダイマジン』
3話放送日時7月28日(金) 夜11時15分~
放送局テレビ朝日系列
原作漫画『警部補ダイマジン』
(原作:リチャード・ウー、作画:コウノコウジ)
脚本徳永友一
全放送回数全8話
主題歌『オオカミと彗星』関ジャニ∞
主演生田斗真
目次

【警部補ダイマジン】3話ネタバレあらすじ

第3話放送日
2023年7月28日(金)

警視庁特命捜査対策班を率いる平安才門(向井理さん)は、自分たちに命を狙う秘密結社「44」の刺客・市川孝蔵(矢柴俊博さん)が、過去に元国会議員・桜庭紘一の秘書だったこと、そして今も議員会館に出入りしていることを突き止めます。台場陣(生田斗真さん)たちは、「44」が政権の中心にまで浸透していることに驚愕します。 日本の政治・経済・警察を牛耳る暗黒組織「44」の狙いとは一体何なのか…。想像を超える巨大な悪に打ちのめされる特命班ですが…!?

そんな中、平安のもとに警視庁公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典さん)が現れます。百鬼は、平安が「44」の黒幕を追っていることを察知し、近づいてきた様子。公安が持つ「44」の情報を提供すると言う百鬼ですが、平安は機密事項を扱う公安部の理事官が、簡単に情報提供してくれることに不信感を抱きます。百鬼はそんな平安に、「44」の情報と引き換えに、天羽大(宅麻伸さん)を殺害した犯人が知りたいと、情報交換を持ちかけてきます。

彼は敵なのか味方なのか…。平安は、殺人犯は台場だと伝え、百鬼がどんな反応をするかを見極める危険なゲームに出ることに!

一方、自分が平安に裏切られたことなど気づかない台場は、「44」の刺客・市川の正体を探っていました。 その台場を天羽殺しの犯人だと疑っており、ひそかに捜査している刑事・七夕夕夏(土屋太鳳さん)。七夕は、証拠をつかむために、市川を追う台場を尾行しますが…!?

ドラマ公式サイトあらすじ参考

この記事は第3話のネタバレを含みます!

ネタバレ①黒幕の名前

市川(矢柴俊博)の本名は塩沢慎吾で、元国会議員の桜庭紘一の秘書をしていました。

市川は現在も議員会館を利用しています。

これにより「44」と政界とのつながりが判明。

才門(向井理)に警視庁公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)が会いにやって来ます。

情報交換を持ちかけられる才門。

「44」の黒幕が誰か教える代わりに、天羽を殺した犯人を教えろと百鬼に言われ、才門はあっさりと天羽を殺したのは陣だと打ち明けます。

才門は、百鬼から受け取った「44」の黒幕についての情報に目を通します。

そこには、三田村一馬の経歴が書かれていました。

三田村の幼少期の頃の写真を見た才門は愕然とします。

才門の小さい頃にそっくりだったからです。

ネタバレ②桜庭紘一

市川が秘書をしていた桜庭は、セクハラが原因で議員を辞職。

しかし桜庭は、誰かにはめられたと証言しています。

桜庭が滞在しているホテルを訪れる陣(生田斗真)。

桜庭の部屋には、多数のカメラが設置されていました。

「カメラの映像は、リアルタイムで弁護士などに送られている」と桜庭が話します。

桜庭は、誰かから命を狙われている様子です。

陣は、単刀直入に市川について尋ねます。

議員時代、桜庭は「44」のことを世間に発表しようとしました。

すると身に覚えのない罪で訴えられ、議員辞職に追い込まれました。

市川が、週刊誌にありもしないネタを売り込んだのだと言う桜庭。

陣は、市川が今どこで暮らしているのか知っているか尋ねます。

すると「市川には近づかないほうがいい。殺されるぞ」と桜庭から警告されました。

才門は「44」から命を狙われていた中野をかくまうことにします。

そして「44」についての情報を聞き出そうとする才門。

保護中の中野が、月に一度の息子との面会に行きたいと言いだします。

才門は、中野の警護に警察官を一人つけることにします。

そして息子との面会場である自宅に向かわせました。

その頃、市川が桜庭のホテルに入って行ったことを知った陣は、急いで桜庭の部屋に向かいます。

そこには桜庭を殺そうとしていた市川がいました。

陣が市川を追い詰め捕まえます。

警察に捕まった市川ですが、凶器が見つからなかったため重い罪には問われませんでした。

中野を警護していた警察官が殺されます。

市川に気をとられている間に、中野が他の誰かを殺そうとしていることを勘づく陣。

才門から中野が百鬼の命を狙っているかもしれないと教えられた陣が、急いで百鬼の元に駆け付けます。

するとそこにあったのは中野の死体でした。

百鬼の警護者によって中野は射殺されたのです。

ネタバレ③土日の老人

亡くなる前、警察内部に仲間がいることを才門に話していた中野。

才門は百鬼が怪しいと思っていましたが、命を狙われた百鬼は白だったことがわかります。

才門は百鬼からある人物について教えられます。

元内閣特務室のトップ・穴水政玄(片岡鶴太郎)が、「44」と関係があると百鬼は睨んでいます。

穴水は「土日の老人」と呼ばれ、土・日に総理大臣と面談して助言を行っている、引退後も絶大な権力を握っている人物です。

現役時代に銃で撃たれ奇跡的に助かった穴水。

銃で頭を打たれて以来、神の声が聞こえるようになりました。

その穴水が陣を逮捕するよう助言します。

これによりありもしない事件で陣は逮捕されてしまうのでした。

豆ねこ

生田斗真さん、向井理さんの演技が楽しみです♪

【警部補ダイマジン】3話の考察と感想

考察/感想①勘の鋭い七夕

七夕は陣が天羽を殺害したと勘づいています。行動力があり、正義感も強い七夕ですが、このことがきっかけで事件に巻き込まれないか心配です。いずれ「44」の正体にも気付くでしょう。その時には「44」から命を狙われるかもしれません。陣のことをずっと追うのもいいですが、変なことに巻き込まれないよう気を付けてほしいです。

ずっと陣を尾行していた七夕は、陣がはめられた現場を目撃していました。そしてその様子をスマホのカメラで撮っていたのではないかと思われます。七夕のおかげで陣は釈放されるのか?次回が気になります。

考察/感想②逮捕された陣

はめられて逮捕されてしまった陣。穴水の助言は絶対守らなくてはいけないようです。今回は穴水や百鬼など新たな人物が登場した一方で、中野が亡くなり市川が捕まってしまいました。

これから「44」はどう動くのか?そして無罪の陣は釈放されるのか?今後の展開が気になってしょうがありません。

考察/感想③占部貴教の謎の行動

犯罪捜査情報分析統括センターの警部・占部貴教も、七夕同様に陣のことをずっと追っているようです。彼は市川が凶器を捨てた映像を確認していましたが、特にそのことについては深くは触れていない様子。ということは、彼は「44」の仲間なのでしょうか?

それとも「44」について何か知っていて、泳がせているだけなのか?謎が多いストーリーで、今後の展開を予想することも難しく、次回の放送を待つのみです!

【警部補ダイマジン】3話口コミを紹介

すでに先の展開が読めなくなってきた!警部補ダイマジン面白すぎる!

なんかよくわからん展開なんだけど、むかいりがかっここわすぎて震える〜

殺人鬼と言われた時に笑いながら目が潤んでいたのは、冷静ドSなだけでなく複雑な感情もあった??奥深いリー様の表情、、、ほんとに目が離せない

【警部補ダイマジン】キャスト(出演者)は?

ドラマ『警部補ダイマジン』のキャスト(出演者)を紹介します。

  • 台場陣(だいばじん)役:生田斗真さん
  • 七夕夕夏(たなばたゆうか)役:土屋太鳳さん
  • 平安才門(ひらやすさいもん)役:向井理さん
  • 占部貴教(うらべたかのり)役:小澤征悦さん
  • 賀来さくら(かくさくら)役:シシド・カフカさん
  • 牡丹則行(ぼたんのりゆき)役:浜野謙太さん
  • 高田美和子(たかだみわこ)役:成海璃子さん
  • 清家真吾(せいけしんご)役:桐山漣さん
  • 浮田修治(うきたしゅうじ)役:馬場徹さん
  • 竹村光一(たけむらこういち)役:若松力さん
  • 市川孝蔵(いちかわこうぞう)役:矢柴俊博さん
  • 中野伸之(なかののぶゆき)役:出合正幸さん
  • 平安綾子(ひらやすあやこ)役:藤澤恵麻さん
  • 雲田泰造(くもたたいぞう)役:松平健さん
  • 天羽大(あもうだい)役:宅麻伸さん
  • 穴水政玄(あなみずせいげん)役:片岡鶴太郎さん
  • 百鬼行人(なぎりゆきと)役:高橋克典さん

台場陣(だいばじん)役:生田斗真さん

元捜査一課のエース、警部補。背が高くがっしりした体格から、名前をもじり「ダイマジン」と呼ばれている。髪の毛は常にボサボサで白いコートを着ている。剛腕で戦闘力も高く、強い正義感を持ち、自他ともに認める捜査一課のエースとして活躍していた。しかし、正当な手段で逮捕できなかった幼女連続誘拐殺人犯である元警察庁重鎮をどうしても見逃すことができず、自ら殺害してしまう。そのことを特命捜査対策班室長の平安才門に知られ、弱みを握られてしまい、半ば強制的に平安の奴隷となる。未解決事件を専門とする特命捜査対策班に異動し、平安の命令により動く暴力装置として、警察組織の闇の部分へと斬り込んでいくことに。

七夕夕夏(たなばたゆうか)役:土屋太鳳さん

警視庁捜査一課強行犯第四係の刑事、巡査部長。元警察庁の重鎮が犯人だと目星をつけ、幼女連続誘拐殺人事件について捜査していたが、その人物が死亡し、自殺として処理されたことに疑問を持つ。誘拐の被害者で唯一救出された幼女が証言した犯人の特徴が、台場に当てはまることに気付く。彼を犯人だと確信し張り付くが、徐々に台場の人柄に惹かれ始める。

平安才門(ひらやすさいもん)役:向井理さん

警視庁捜査一課匿名捜査対策班の室長、警視正。頭の回転が速く、窮地に陥った時でも冷静に相手を観察できるほどの胆力も持ち合わせている。用心深い性格で常にポーカーフェイスのため、なかなか本心が読めない。台場の秘密を口外しない代わりに特命捜査対策班へと引き入れ、奴隷のようにこき使う。

占部貴教(うらべたかのり)役:小澤征悦さん

警視庁刑事部・犯罪捜査情報分析統括センターに所属する警部。最新システムを駆使し捜査を行う。特命捜査対策班が、本来の職務と関係のない現在進行中の事件に首を突っ込んでくることを良く思っていない。

賀来さくら(かくさくら)役:シシド・カフカさん

警視庁捜査一課特命捜査対策班のメンバー。警部補。情報収集のスペシャリストで、かつては大手企業でエンジニアをしていた。平安に見込まれ特命班の一員となる。年上の台場にひるむことなくズケズケと物言う。

牡丹則行(ぼたんのりゆき)役:浜野謙太さん

警視庁捜査一課特命捜査対策班のメンバー。台場より年下だが準キャリアなので階級は警部。行確のスペシャリスト。運動神経が鈍く、荒事が苦手。

高田美和子(たかだみわこ)役:成海璃子さん

台場の元妻で、弁護士。台場のことを支えようと努力していたが、いつまでも心を開いてもらえないことに虚しさを感じ、離婚。元警視庁の重鎮殺害の容疑をかけられた男の弁護を担当することになったが、事件のことを調べるうちに真犯人は台場なのではないかと疑いを持つ。

清家真吾(せいけしんご)役:桐山漣さん

元警察官。現在はデジタル担当大臣として、若手ながら注目を浴びている。新人警官時代の七夕の捜査に協力したことがある。

清家真吾は『クロコーチ』に黒河内の相棒として登場した人物です♪ドラマ版のクロコーチでは清家を剛力彩芽さんが演じたため女性という設定になっています。

豆ねこ

清家真吾は漫画『クロコーチ』では黒河内の相棒だった人物です♪

浮田修治(うきたしゅうじ)役:馬場徹さん

警視庁捜査一課強行犯第二係の刑事、巡査部長。台場のかつての部下。

竹村光一(たけむらこういち)役:若松力さん

警視庁捜査一課強行犯第四係、主任警部補。七夕の上司。

市川孝蔵(いちかわこうぞう)役:矢柴俊博さん

秘密結社「44」の工作員。

中野伸之(なかののぶゆき)役:出合正幸さん

秘密結社「44」の工作員。

平安綾子(ひらやすあやこ)役:藤澤恵麻さん

平安才門の母親。若い頃ひき逃げに遭い、昏睡状態となる。現在も入院している。

雲田泰造(くもたたいぞう)役:松平健さん

警視庁刑事部科学捜査研究所の警視。平安才門を息子のように見守っており、だいぶ前からの知り合い。特命班の捜査をバックアップする。

天羽大(あもうだい)役:宅麻伸さん

AMOセキュリティーの社長。元警視監。特命捜査対策班の創設者だが、警察組織の体質を利用し自分が起こした事件を隠蔽した。台場陣により自殺に見せかけ処刑される。

穴水政玄(あなみずせいげん)役:片岡鶴太郎さん

元内閣特務室のトップで、引退した現在も絶大な権力を持っている。土日のどちらかで必ず総理大臣と面談していることから「土日の老人」と呼ばれている。現役時代に銃で撃たれたことがあり、その破片が今も頭の中に残っている。それ以来神のお告げが聞こえるようになったという。

百鬼行人(なぎりゆきと)役:高橋克典さん

警視庁公安部の理事官。天羽は他殺ではないかと疑っている。平安才門に、天羽殺しの真犯人の情報のかわりに公安部が入手している情報を流すという取引を持ちかける。しかし本心が読めず、敵か味方かはわからない。

まとめ【警部補ダイマジン】3話ネタバレ考察!感想や口コミは?

この記事では、『警部補ダイマジン』第3話のあらすじやネタバレ、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

映画『土竜の唄』に続く【生田斗真主演×三池崇史監督】という最強タッグで、期待度も高いドラマ『警部補ダイマジン』。

第4話も要チェックですね!

今なら、生田斗真さん主演×三池崇史さん監督作の映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』や、『土竜の唄 香港狂騒曲』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料トライアルができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

豆ねこ

ドラマや映画好きな人がみんな入っているのも納得だね!

あかり

さらには無料お試し登録でもらえるポイントを利用して漫画『警部補ダイマジン』を読むこともできますよ♪

\無料期間の解約もOK/

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次