MENU
\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

【警部補ダイマジン】ネタバレあらすじ全話!裏切り者や最終回の結末は漫画と違う?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

この記事では、ドラマ【警部補ダイマジン】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末は漫画と違う?と題して、1話から最終回までのあらすじとネタバレをお届けさせて頂きます。

生田斗真さんが主演し三池崇史さんが監督を務めるドラマ『警部補ダイマジン』は、テレビ朝日系列で2023年7月より金曜夜11時15分から放送中で、9月1日に最終回が放送されました。

豆ねこ

いよいよ最終回が放送されました・・!

ドラマ『警部補ダイマジン』は、漫画『警部補ダイマジン』(原作:リチャード・ウーさん、作画:コウノコウジさん)が原作となっています。

原作のある作品ですが、漫画は現在も連載中ですので、最後までネタバレせずに楽しめそうですね♪

あかり

リチャード・ウーさんとコウノコウジさんといえば『クロコーチ』が有名ですよね!

『警部補ダイマジン』関連記事

目次

【警部補ダイマジン】ネタバレあらすじ

ドラマ『警部補ダイマジン』の1話から最新話まで、詳しいネタバレあらすじは以下から読むことができます。

放送回放送日
第1話ネタバレ2023年7月7日(金)
第2話ネタバレ2023年7月14日(金)
第3話ネタバレ2023年7月28日(金)
第4話ネタバレ2023年8月4日(金)
第5話ネタバレ2023年8月11日(金)
第6話ネタバレ2023年8月18日(金)
第7話ネタバレ2023年8月25日(金)
最終回ネタバレ2023年9月1日(金)
あかり

ダークヒーローの暗躍を描くストーリー!金曜ナイトドラマといえば名作ぞろいですよね!

豆ねこ

生田斗真さんの演技もカッコよかったね!

【警部補ダイマジン】第1話のネタバレあらすじ(2023年7月7日放送)

第1話放送日
2023年7月7日(金)放送

第1話あらすじ

警視庁捜査一課のエース刑事・台場陣(生田斗真さん)は、未解決事件の真犯人に自ら罰を与える秘密を持つ。その秘密を知った特命捜査対策班の室長・平安才門(向井理さん)から特命班へ異動させられる。その頃、ある議員の銃撃事件が発生し、台場は特命班と共に現場へ。この事件には秘密結社が関係していること、特命班が追っていた未解決事件の真犯人が天羽大(宅麻伸さん)で、天羽もその結社の一員だったことを知る。
一方、連続幼女誘拐殺人事件の捜査中、刑事・七夕夕夏(土屋太鳳さん)は台場を疑い始める。

1話ネタバレポイント
  • 連続幼女誘拐殺人事件
  • 捜査一課から特命班へ
  • 秘密結社・四四

第1話のネタバレ詳細はこちらから>>

【警部補ダイマジン】第2話のネタバレあらすじ(2023年7月14日放送)

第2話放送日
2023年7月14日(金)放送

第2話あらすじ

特命捜査対策班に異動した警部補・台場陣(生田斗真さん)は、政界・財界・警察組織を牛耳る秘密結社「44」の存在を知らされます。この結社は政府や警察の汚れ仕事を請け負う組織で、台場が処刑した天羽大(宅麻伸さん)はその幹部だった可能性が高いとされます。また、大企業の経営者や外国人CEOが変死する事件も「44」の仕業とされ、台場は事件の真相を探り始めます。一方、台場が「44」の殺し屋・市川孝蔵(矢柴俊博さん)と一緒に暮らしている女性・須田晃子(クノ真季子さん)が経営者の変死事件に関与していると知り、市川のマンションに乗り込みます。また、台場の上司・平安才門(向井理さん)は、自身が「44」の闇を暴こうとしている理由が、実の父親が日本を滅ぼす悪魔であり、その父親を見つけて殺すよう母親から言われたからであることが明らかになります。

2話ネタバレポイント
  • 間一髪で救われる才門
  • 謎の経営者絡みの事件
  • 才門の父親

第2話のネタバレ詳細はこちらから>>

【警部補ダイマジン】第3話のネタバレあらすじ(2023年7月28日放送)

第3話放送日
2023年7月28日(金)放送

第3話あらすじ

警視庁特命捜査対策班の室長・平安才門(向井理さん)の捜査により、秘密結社「44」の殺し屋・市川孝蔵(矢柴俊博さん)が元国会議員の秘書であり、現在も議員会館に出入りしていることが判明。特命班は「44」が政権中枢にまで食い込んでいることに衝撃を受ける。一方、警視庁公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典さん)が現れ、「44」の情報と引き換えに天羽大(宅麻伸さん)を殺害した犯人が知りたいと情報交換を持ち掛ける。平安は、殺人犯は台場だと教え、百鬼の反応を見る。台場は市川の正体を探り、刑事・七夕夕夏(土屋太鳳さん)は台場を尾行する。

3話ネタバレポイント
  • 黒幕の名前
  • 桜庭紘一
  • 土日の老人

第3話のネタバレ詳細はこちらから>>

【警部補ダイマジン】第4話のネタバレあらすじ(2023年8月4日放送)

第4話放送日
2023年8月4日(金)放送

第4話あらすじ

特命捜査対策班の警部補・台場陣は、罠にはまり逮捕されますが、彼を救ったのは捜査一課の刑事・七夕夕夏でした。七夕は台場と特命班室長・平安才門の仲間になり、秘密結社「44」の存在を知ります。一方、台場は政権批判のフリージャーナリスト・磯野郷太が「44」に命を狙われているとの情報を得て、彼を救出します。しかし、「44」のトップは台場を排除しようと策略を巡らせ、その魔の手は七夕に迫ります。さらに、平安は公安部の理事官から「44」のトップが“教官”と呼ばれる人物であるとの情報を得ます。そして、「44」のトップの正体がついに判明します。

4話ネタバレポイント
  • 44の意味とは
  • 磯野郷太が消される!?
  • 占部貴教の正体

第4話のネタバレ詳細はこちらから>>

【警部補ダイマジン】第5話のネタバレあらすじ(2023年8月11日放送)

第5話放送日
2023年8月11日(金)放送

第5話あらすじ

元警察庁の重鎮・天羽大(宅麻伸)の変死事件の再捜査が始まり、警察は連続幼女誘拐事件の犯人と疑われていた河本住男を取り調べます。しかし、特命捜査対策班のメンバーは警察が強引に河本を犯人に仕立て上げるのではないかと疑います。警部補・台場陣(生田斗真)は無実の河本が逮捕されてしまうことに葛藤し、罪悪感に苛まれます。一方、台場の元妻で弁護士の高田美和子(成海璃子)は河本の弁護を担当し、事件を再調査します。そして、被害者一家が命を狙われる可能性が高いと焦る台場ですが、平安は逆にこれを利用して、「44」のトップで“教官”と呼ばれる人物をおびき出そうと考えます。

5話ネタバレポイント
  • 悩む陣
  • 少女の証言
  • 刺される才門

第5話のネタバレ詳細はこちらから>>

【警部補ダイマジン】第6話のネタバレあらすじ(2023年8月18日放送)

第6話放送日
2023年8月18日(金)放送

第6話あらすじ

秘密結社「44」の殺し屋・市川孝蔵(矢柴俊博)によって、特命捜査対策室の室長・平安才門(向井理)が刺され、入院することとなる。市川は逃走し、特命班のメンバーは失態を犯したことで捜査一課の監視下に置かれる。台場陣(生田斗真)は、捜査一課の刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)に市川の捜索を依頼。市川の居場所を知らされた台場は警視庁を出るも、市川を追い詰める際に「44」の殺し屋・杉山鉄次(Micro)に襲われる。しかし、台場の策略で捜査一課の刑事たちが現れ、杉山を拘束するも、市川は再び逃走。平安の病室に市川が現れ、再度の暗殺を試みるが、公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)に阻止される。市川は予期せぬ行動に出る。平安は「44」に関する新情報を百鬼から受け取り、台場が何らかの秘密を持っていることを感じる。

6話ネタバレポイント
  • 裏切者
  • 焼身自殺
  • 清家真吾

第6話のネタバレ詳細はこちらから>>

【警部補ダイマジン】第7話のネタバレあらすじ(2023年8月25日放送)

第7話放送日
2023年8月25日(金)放送

第7話あらすじ

秘密結社「44」は、国を揺るがす機密事項が記された“議定書”のデータを必死に探している。彼らは警視庁特命捜査対策班の警部補・台場陣がそのデータを盗んだと考えている。台場は、殺害されたフリージャーナリスト・磯野郷太がデータを隠していると推測し、捜査一課の刑事・七夕夕夏とともに磯野の実家を訪れるが、遺品は既に他の刑事によって捜索されていた。しかし、七夕の予想通り、フリーの記者・梶山正治がデータのコピーを持っていることが判明する。台場と七夕は梶山からUSBを入手しようとするが、梶山の自宅は既に荒らされていた。台場は特命班にスパイがいるのではないかと疑い、入院中の室長・平安才門に相談する。平安は「44」のトップ・占部貴教をターゲットにし、「44」を解体すると誓う。しかし、占部は警視庁を退職し、デジタル担当大臣・清家真吾の秘書となる。そして、台場は公安部の理事官・百鬼行人からの連絡で、平安が病室から消えたと知らされる。

7話ネタバレポイント
  • 秘書になる占部
  • 洗脳
  • 怪しい牡丹

第7話のネタバレ詳細はこちらから>>

豆ねこ

息を呑むような展開に目が離せないね!

【警部補ダイマジン】最終回のネタバレあらすじ(2023年9月1日放送)

最終回放送日
2023年9月1日(金)放送

最終回あらすじ

特命捜査対策班の警部補・台場陣(生田斗真)は、牡丹則行(浜野謙太)の死の原因を平安才門(向井理)に疑っています。しかし、公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)は平安を擁護します。台場は拉致された刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)を救出する決意をし、特命班の部屋を飛び出します。その後、賀来さくら(シシド・カフカ)は、牡丹が秘密結社「44」に情報を流していたことを知り、ショックを受けます。平安は更に衝撃の告白をします。一方、占部貴教(小澤征悦)はデジタル担当大臣・清家真吾(桐山漣)を「44」のメンバーに引き入れることに成功します。台場は百鬼の情報を元に七夕が拉致されている倉庫に到着しますが、そこで占部との最終決戦が始まります。その中で、百鬼と平安も登場し、物語はクライマックスを迎えます。「44」の真の目的や“先駆者”という黒幕の正体も明らかになります。

最終回ネタバレポイント
  • 才門の企み
  • 「44」の指導者
  • 先駆者

最終回のネタバレ詳細はこちらから>>

豆ねこ

続編がありそう♪

【警部補ダイマジン】最終回の結末はいつ?

ドラマ『警部補ダイマジン』の結末を迎える最終回の放送は2023年9月1日(金)で、全8話です。

視聴率が低い場合は「打ち切り」という可能性もありますが、ドラマ『警部補ダイマジン』に関しては、生田斗真さんと三池崇史監督の最強タッグという触れ込みもあり放送開始前から話題となっている作品ですので、打ち切りの心配はなさそうですよね♪

【警部補ダイマジン】キャスト紹介(ドラマ出演者)

https://twitter.com/DaimajinEx/status/1676878664854818816?s=20
  • 台場陣(だいばじん)役:生田斗真さん
  • 七夕夕夏(たなばたゆうか)役:土屋太鳳さん
  • 平安才門(ひらやすさいもん)役:向井理さん
  • 占部貴教(うらべたかのり)役:小澤征悦さん
  • 賀来さくら(かくさくら)役:シシド・カフカさん
  • 牡丹則行(ぼたんのりゆき)役:浜野謙太さん
  • 高田美和子(たかだみわこ)役:成海璃子さん
  • 清家真吾(せいけしんご)役:桐山漣さん
  • 浮田修治(うきたしゅうじ)役:馬場徹さん
  • 竹村光一(たけむらこういち)役:若松力さん
  • 市川孝蔵(いちかわこうぞう)役:矢柴俊博さん
  • 中野伸之(なかののぶゆき)役:出合正幸さん
  • 平安綾子(ひらやすあやこ)役:藤澤恵麻さん
  • 雲田泰造(くもたたいぞう)役:松平健さん
  • 天羽大(あもうだい)役:宅麻伸さん
  • 穴水政玄(あなみずせいげん)役:片岡鶴太郎さん
  • 百鬼行人(なぎりゆきと)役:高橋克典さん

台場陣(だいばじん)役:生田斗真さん

元捜査一課のエース、警部補。背が高くがっしりした体格から、名前をもじり「ダイマジン」と呼ばれている。髪の毛は常にボサボサで白いコートを着ている。剛腕で戦闘力も高く、強い正義感を持ち、自他ともに認める捜査一課のエースとして活躍していた。しかし、正当な手段で逮捕できなかった幼女連続誘拐殺人犯である元警察庁重鎮をどうしても見逃すことができず、自ら殺害してしまう。そのことを特命捜査対策班室長の平安才門に知られ、弱みを握られてしまい、半ば強制的に平安の奴隷となる。未解決事件を専門とする特命捜査対策班に異動し、平安の命令により動く暴力装置として、警察組織の闇の部分へと斬り込んでいくことに。

七夕夕夏(たなばたゆうか)役:土屋太鳳さん

警視庁捜査一課強行犯第四係の刑事、巡査部長。元警察庁の重鎮が犯人だと目星をつけ、幼女連続誘拐殺人事件について捜査していたが、その人物が死亡し、自殺として処理されたことに疑問を持つ。誘拐の被害者で唯一救出された幼女が証言した犯人の特徴が、台場に当てはまることに気付く。彼を犯人だと確信し張り付くが、徐々に台場の人柄に惹かれ始める。

平安才門(ひらやすさいもん)役:向井理さん

警視庁捜査一課匿名捜査対策班の室長、警視正。頭の回転が速く、窮地に陥った時でも冷静に相手を観察できるほどの胆力も持ち合わせている。用心深い性格で常にポーカーフェイスのため、なかなか本心が読めない。台場の秘密を口外しない代わりに特命捜査対策班へと引き入れ、奴隷のようにこき使う。

占部貴教(うらべたかのり)役:小澤征悦さん

警視庁刑事部・犯罪捜査情報分析統括センターに所属する警部。最新システムを駆使し捜査を行う。特命捜査対策班が、本来の職務と関係のない現在進行中の事件に首を突っ込んでくることを良く思っていない。

賀来さくら(かくさくら)役:シシド・カフカさん

警視庁捜査一課特命捜査対策班のメンバー。警部補。情報収集のスペシャリストで、かつては大手企業でエンジニアをしていた。平安に見込まれ特命班の一員となる。年上の台場にひるむことなくズケズケと物言う。

牡丹則行(ぼたんのりゆき)役:浜野謙太さん

警視庁捜査一課特命捜査対策班のメンバー。台場より年下だが準キャリアなので階級は警部。行確のスペシャリスト。運動神経が鈍く、荒事が苦手。

高田美和子(たかだみわこ)役:成海璃子さん

台場の元妻で、弁護士。台場のことを支えようと努力していたが、いつまでも心を開いてもらえないことに虚しさを感じ、離婚。元警視庁の重鎮殺害の容疑をかけられた男の弁護を担当することになったが、事件のことを調べるうちに真犯人は台場なのではないかと疑いを持つ。

清家真吾(せいけしんご)役:桐山漣さん

元警察官。現在はデジタル担当大臣として、若手ながら注目を浴びている。新人警官時代の七夕の捜査に協力したことがある。

あかり

清家真吾は『クロコーチ』に黒河内の相棒として登場した人物です♪ドラマ版のクロコーチでは清家を剛力彩芽さんが演じたため女性という設定になっています。

浮田修治(うきたしゅうじ)役:馬場徹さん

警視庁捜査一課強行犯第二係の刑事、巡査部長。台場のかつての部下。

竹村光一(たけむらこういち)役:若松力さん

警視庁捜査一課強行犯第四係、主任警部補。七夕の上司。

市川孝蔵(いちかわこうぞう)役:矢柴俊博さん

秘密結社「44」の工作員。

中野伸之(なかののぶゆき)役:出合正幸さん

秘密結社「44」の工作員。

平安綾子(ひらやすあやこ)役:藤澤恵麻さん

平安才門の母親。若い頃ひき逃げに遭い、昏睡状態となる。現在も入院している。

雲田泰造(くもたたいぞう)役:松平健さん

警視庁刑事部科学捜査研究所の警視。平安才門を息子のように見守っており、だいぶ前からの知り合い。特命班の捜査をバックアップする。

天羽大(あもうだい)役:宅麻伸さん

AMOセキュリティーの社長。元警視監。特命捜査対策班の創設者だが、警察組織の体質を利用し自分が起こした事件を隠蔽した。台場陣により自殺に見せかけ処刑される。

穴水政玄(あなみずせいげん)役:片岡鶴太郎さん

元内閣特務室のトップで、引退した現在も絶大な権力を持っている。土日のどちらかで必ず総理大臣と面談していることから「土日の老人」と呼ばれている。現役時代に銃で撃たれたことがあり、その破片が今も頭の中に残っている。それ以来神のお告げが聞こえるようになったという。

百鬼行人(なぎりゆきと)役:高橋克典さん

警視庁公安部の理事官。天羽は他殺ではないかと疑っている。平安才門に、天羽殺しの真犯人の情報のかわりに公安部が入手している情報を流すという取引を持ちかける。しかし本心が読めず、敵か味方かはわからない。

ドラマ【警部補ダイマジン】主題歌やオープニングは誰?

ドラマ『警部補ダイマジン』の主題歌や、オープニングテーマを紹介します。

主題歌は関ジャニ∞が担当

ドラマ『警部補ダイマジン』の主題歌は、関ジャニ∞が歌う『オオカミと彗星』という曲です。

『オオカミと彗星』はドラマのために書き下ろされた楽曲で、ALIのボーカル・LEOさんが作詞作曲を担当しています。

ドラマの雰囲気に合ったラテン&ファンクトラックとなっており、色気を感じさせるような楽曲ですよね。

『オオカミと彗星』は2023年8月9日にシングルが発売されます。

オープニングテーマは新しい学校のリーダーズ

さらにドラマ『警部補ダイマジン』のオープニングテーマとなるのは、今話題沸騰中のアーティスト・新しい学校のリーダーズが歌う『#マ人間』です。

こちらは、『じゃないんだよ』でもタッグを組んだボカロPのjon-YAKITORY(ジョンヤキトリ)さんのプロデュースによる楽曲です。

jon-YAKITORY(ジョンヤキトリ)さんといえば、Adoさんの楽曲を手掛けていることでも有名ですよね!

『#マ人間』は8月9日にデジタル配信がスタートし、さらに8月16日にEP『マ人間』がCDとしてリリースされる予定です。

本当に僕ずっと彼女達の音楽とかパフォーマンスを見て陰ながら応援していた身なので、こうやって一緒にひとつの作品を共にできるっていう事をすごく嬉しく思っています。彼女達の魅力のひとつとしてパフォーマンスの高さとか奇想天外なアイディアに溢れたダンスだと思うんですけど、どういったパフォーマンスが見られるかすごく楽しみですね。オープニングからいきなりSUZUKAさんの伸びやかなボーカルから入りますけど、やっぱ気持ちいいですね。あの感じでガンと来られるとこの『ダイマジン』っていうドラマがよりうねってうねって、とんでもないドラマが始まったぞという気持ちにさせてくれるような素晴らしい楽曲だと思います。

生田斗真さんコメント

ドラマ【警部補ダイマジン】みんなのみどころは?

生田斗真さんと三池崇史監督のタッグということで、期待値の高いドラマ『警部補ダイマジン』ですが、みんなが思うみどころを集めました!

https://twitter.com/AMNFKNOS/status/1669446353272049668?s=20

はぐちゃんと竹本くんが元夫婦ってエモい。はちクロファンにはたまらない・・・ww

警部補ダイマジン、予告みただけで面白そうなのがわかる!土竜の唄めっちゃ面白かったからダイマジンもテンポよくすすむかんじかな~

この豪華キャストがGP帯じゃないのがすごい。この時間ならではのドラマになりそうで期待大!「44」という組織にダイマジンがどう挑んでいくのかハラハラする展開になりそう

原作リチャード・ウーのけいじものっていうのがポイント高いし、さらに監督が三池崇史さんで脚本が『翔んで埼玉』の徳永友一さんときたらもう見るでしょ。楽しみすぎる!!

みどころポイント
  • 豪華キャスト陣
  • 生田斗真×三池崇史×関ジャニ∞のコラボレーション
  • 原作のリチャード・ウーさんの世界観に徳永友一さんの脚本
  • ダイマジンが「秘密結社44」に挑むストーリー展開

ストーリーの面白さがみどころなのはもちろんのこと、生田斗真さんがダークヒーローをどう演じるのかという点もみどころの1つですね!

【警部補ダイマジン】原作漫画ネタバレ

ドラマ『警部補ダイマジン』の原作となった、漫画『警部補ダイマジン』のネタバレを紹介します。

こちらは原作のネタバレを含みますのでご注意ください!

主人公は警視庁捜査一課に所属する台場陣(だいばじん)。

その体格から「ダイマジン」と呼ばれる彼は、強い正義感を持っており、捜査一課のエースとして活躍していました。

ある日、大田区で小学校1年生の女児が連れ去られるという事件が発生しますが、無事に保護されます。

犯人は30年以上捕まっていない幼女連続誘拐殺人事件の犯人と同一人物なのではという噂が流れます。

保護された女児の証言では、犯人は「無精ひげを生やしており、ボサボサの頭で白いコートを着た大柄の男」だと言います。

台場陣は天羽を処理し、そのことを平安才門に知られてしまう

30年未解決となっていた幼女連続殺人事件の犯人が元警視監の天羽であることを知った台場陣。

警察の一部の人間は、犯人が天羽であることを知っていました。

身内を守るという警察組織の闇を利用し犯罪を犯した天羽に強い憤りを感じた彼は、天羽を自殺にみせかけて処理します。

しかし、そのことを特命捜査対策班の室長である平安才門に知られてしまい、口外しないかわりに特命捜査対策班へと異動させられます。

そして、台場陣は平安に奴隷のようにこき使われることになります。

秘密結社「44」の存在

さまざまな事件が起きる中、台場陣は、そのほとんどの事件が警察や国家の内部で活動している秘密結社の仕業であることに気付きます。

平安も秘密結社が関わっていると気付いており、台場陣を自分の下で働かせることにしたのでした。

秘密結社は旧帝国陸軍が秘密裏に創設した「西部44特殊部隊」がルーツとなっており、敗戦を認めなかった者たちが「44」をつくり、政府や警察などの裏の仕事を担うように。

この秘密結社の裏の仕事は、台場陣たちが追う事件に大きく関わっていきます。

「土日の老人」の存在

平安には寝たきり状態の母親がいました。母は以前「あなたの父親は日本を滅ぼす悪魔だから、見つけたら殺すように」と平安に伝えていました。

平安は父親の情報を得るため、公安部の百鬼と情報交換を行い、父親の情報を手に入れます。

そして、内閣特務室のトップである「土日の老人」という人物が政府に反対的な姿勢の人物を次々と狙っているという情報を得ます。

内閣特務室は、独裁に有利な憲法に改正するため、マスコミやネット民をあやつり反対的な人物を嵌めていました。

「44」から狙われる台場陣

「44」について嗅ぎまわっていることに気付かれた台場陣は、抹殺される危機にさらされます。

44から最強最悪の策士である占部を差し向けられることに。

占部は警察内部の人間を動かし、台場が手を下した警察庁OB殺害事件の再捜査を始めます。

「44」の目的

秘密結社「44」にはある目的があることが判明します。

それは、第2次世界大戦の戦勝国へ復讐すること、日本を世界最強の軍事国家にし、それを妨げるものを排除することでした。

特命班に「44」のスパイがいる?

占部について調べるうち、現衆議院議員の清家と接触していることがわかります。

実は占部は清家の秘書をしていました。

清廉潔白といわれる男は44と係わりがあるのか?台場陣たちは真相を探ろうと清家に接近します。

一方で、自分たちの行動の常に先を読まれていることに疑問を持ち、特命班の中にスパイがいるのではないかと疑います。

仲間を失う

特命捜査対策班の牡丹は、秘密結社「44」へ特命捜査対策班の情報を流していました。

それを知った平安は、牡丹を二重スパイに仕立てていたのでした。

しかし牡丹は公安部の理事官・百鬼により口封じのため殺されます。牡丹の死は、台場陣に大きな衝撃を与えます。

44の目的は現総理の暗殺?

台場陣は、44の新たな陰謀を聞きます。

それは、現総理大臣を暗殺すること。総理が死亡すると次の選挙では与党は圧勝するという考えのもと行われようとしていました。

その目的を阻止するべく、台場陣たちは動きます。

44のリーダーは3人いる?

数々の命の危機を回避する中、台場と平安は44のリーダー”先駆者”が3人いるという情報を掴みます。

実権を握る現在の”先駆者”、思想を構築した先代の”先駆者”、立案し作戦を担当する”先駆者”。

その先代の先駆者が、平安の父親である可能性が浮上します。

あかり

とにかく面白いストーリーなので、気になる方は原作漫画もチェックしてみて下さいね♪

まとめ【警部補ダイマジン】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末ラストは?

今回は、【警部補ダイマジン】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末ラストは?といった内容を紹介させて頂きました。

  • 『警部補ダイマジン』は、ダークヒーローが暗躍するピカレスク・サスペンス
  • 『警部補ダイマジン』最終回は2023年9月1日(金)23時15分~放送!

生田斗真さんが演じる台場陣は、警察組織の闇を一掃することはできるのでしょうか!?最終回のラストはどのような結末を迎えるのか、最後まで目が離せませんね!

この記事では、ドラマ『警部補ダイマジン』の第1話から最終回までの最新話を毎週更新していきますで、お楽しみにしていて下さいね♪

今なら、生田斗真さん主演×三池崇史さん監督作の映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』や、『土竜の唄 香港狂騒曲』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料トライアルができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

豆ねこ

ドラマや映画好きな人がみんな入っているのも納得だね!

\無料期間の解約もOK/

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次