MENU
\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

【ラストマン】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末ラスト予想は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

この記事では、【ラストマン】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末ラスト予想は?(福山雅治主演)と題して、1話から最終回までのあらすじとネタバレをお届けさせて頂きます。

福山雅治さんと大泉洋さんが共演する話題のドラマ『ラストマン 全盲の捜査官』の最終回が6月25日放送されました。

あかり

泉君(永瀬廉さん)は死なないですよね・・!?

豆ねこ

皆実と心太朗はもしかしたら、兄弟・・?!

あかり

第2話で、皆実が作った母親の味がする肉じゃがを心太朗が「懐かしい味がする」と言ってましたね・・!?

脚本を担当するのは、『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』や『マイファミリー』の脚本も手掛けた黒岩勉さんです。

『ラストマン』は原作がないオリジナルストーリーなので、最終回を迎える結末のラスト予想をしました!

あかり

8話の最後にシンディの「アグリーです」もカッコよかったですね!

豆ねこ

ラストマンの最終回は6月25日(日)です♪

ドラマ『ラストマン 全盲の捜査官』関連記事

目次

【ラストマン】あらすじネタバレ

人たらしで全盲、最後には事件解決へ導くことから”ラストマン”と呼ばれるFBI捜査官・皆実広見(福山雅治さん)は、日本の警察庁とFBIの連携強化のため、交換留学生として来日することに。

そのアテンドを任されたのは、警察庁長官官房人事課人材交流企画室室長・護道心太朗。

心太朗は代々警察庁長官を務め上げてきた由緒正しい護道家の人間であるものの、現場主義を貫き、強い正義感を持ち犯人逮捕のためには手段を厭わない刑事。

この2人がバディを組み、難事件へ挑んでいきます。

そして、その先には誰も予想できなかった運命が待ち受けていました…。

あかり

刑事バディものでコメディ要素もあり、面白そうなストーリーです♪

【ラストマン】第1話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年4月23放送

第1話放送日
2023年4月23日(日)放送

【ラストマン】第1話のあらすじ

米連邦捜査局(FBI)の捜査官である皆実広見(福山雅治さん)は、全盲だが、どんな難事件も最後には解決させることから”ラストマン”と呼ばれていました。日本の警察庁とFBIの連携強化を目的として、期間限定で交換留学生として日本にやって来ました。その皆実のアテンドを命じられたのは、警察庁人材交流企画室の室長である護道心太朗(大泉洋さん)。悪に対し強い嫌悪感を持っており、犯人検挙のためにはどんな手段も使う刑事です。

▼1話あらすじ詳細

2人は最悪な出会いをすることに。警視庁次長で心太朗の兄・護道京吾(上川達也さん)が待つ歓迎式典会場まで、主役の皆実をアテンドするのが心太朗の最初の任務でした。しかし心太朗は、その主役が機内で暴行し、連行されていることを知ります。急いで迎えに行った先は蕎麦屋。焦る心太朗のそばで、心を見透かしているような余裕の態度を見せる皆実。挙句の果てには、式典で勝手に「世間を賑わせている無差別連続爆破事件の犯人を逮捕してみせる」と宣言します。心太朗は皆実の身勝手さに振り回されることに。

その無差別連続爆破事件というのは、捜査一課の佐久良円花(吉田羊さん)が率いる佐久良班も追っかけている事件で、心太朗は捜査一課からの批判の的になってしまいます。さらに皆実は捜査一課の見立てを一刀両断し、さらなる軋轢を生むことに。そんな中、新たな爆発事件が発生します。皆実は心太朗とともに捜査へ。そこで浮かび上がってきた事件の真相とは・・・?

【ラストマン】第1話ネタバレ

皆実広見がアメリカからやってきます。皆実は盲目でありながら、FBIで検挙率トップの敏腕捜査官です。アメリカのFBI最後の切り札、ラストマンと呼ばれている皆実は日米で交換研修を行うことを目的としてやってきました。護道心太朗は犯人を逮捕するためなら、違法捜査を厭わない刑事です。上層部に命じられて皆実のサポートをすることになりました。

▼1話ネタバレ詳細!

交換研修のお披露目の場で、皆実は日本の刑事と協力し事件解決に努めることを宣言します。そして、都内で起きている無差別連続爆破事件の事件解決を約束するのでした。この捜査をしている佐久良班のメンバーは、部外者の皆実が好き放題捜査しようとすることに眉をひそめます。

2か月前から起きている連続爆発事件の調書の写真を心太朗に撮ってもらいます。4つの事件で400ページもありますが、皆実は音声に変換するアプリを使い速聴で読み終えました。

佐久良に犯人像を聞かれると、皆実は「犯人は一人である」と答えます。そして、ネット上で爆弾についてやり取りしていないか調べてみてほしいと言いますが、佐久良班のメンバーは皆実の言うことを信じず、誰一人として取り合ってくれません。技術サポートをしている吾妻が、調査したいと名乗り出ますが、佐久良に止められてしまいました。

そうこうしているうちに、また爆発事件が起きました。現場に連れて行ってほしいと言う皆実を心太朗が連れて行きます。皆実は吾妻にもついてきてほしいと頼みました。

現場に向かう車内で、皆実が装着しているアイカメラと吾妻のPC、心太朗のスマホを同機させます。「足手まといの人間が捜査をしていることはわかっているけど、社会のために力を使いたい」と皆実は話します。そして、「テクノロジーの力で、昔と比べれば自由に動けるようになりました。あとは周りの人たちが一緒に働こうと思ってくれるかどうか。お願いします。助けてください。」と心太朗と吾妻に言いました。

現場についた皆実は火薬のにおいをかぎ分け、犯人を特定します。1人で犯人を追いますが、アイカメラを壊され、皆実は暴行を受けました。心太朗が皆実の元へ駆けつけた時にはもう犯人に逃げられた後でした。皆実は気を失い、病院に運ばれます。

様子を見に来た心太朗に、皆実は犯人のところへ行こうと話します。皆実は犯人ともみ合ったときにGPSをリュックに忍ばせていたのです。

心太朗と皆実は爆弾を作っていた犯人の自宅を突き止めます。母親に話を聞くと、中学の頃いじめにあい、引きこもってしまいました。息子が次のターゲットと共に死のうとしていることを知った母親は、交番に元いじめっ子がいると告げます。

交番に、爆弾犯の姿がありました。他のいじめっ子を呼び出すように指示した後、警官の拳銃を奪い手錠で拘束しました。そこに、皆実が現れます。白杖を持った皆実を制止させようと威嚇射撃をしますが、皆実は止まりません。皆実はギリギリまで近づき犯人を制しました。

爆弾を配った動機を聞かれ「感謝されたから。ありがとうって言われてうれしかった。」と言います。何もできない自分を嘆いていると心太朗は「てめえの都合だけ押し付けて、被害者ヅラしてんじゃねえ!」と声を荒げました。皆実は「助けてくれる人が必ずいます。私は多くの人に助けられた。世の中に不必要な人間なんていないんです。」と優しく声をかけました。

護道家に、心太朗の兄・京吾の姿がありました。京吾は父に皆実は41年前の事件を調べに来たのだろうと話し、心太朗が皆実との関係に気づくのは時間の問題だと示唆しました。

豆ねこ

流石、FBI捜査官!!!

【ラストマン】第2話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年4月30日放送

第2話放送日
2023年4月30日(日)放送

【ラストマン】第2話のあらすじ

皆実(福山雅治さん)は人材交流企画室の新メンバーに吾妻(今田美桜さん)を勝手に迎えました。心太朗(大泉洋さん)は、勝手な行動をとる皆実の行動が面白くありません。河川敷で女性の絞殺死体が発見されます。先に駆け付けていた佐久良(吉田羊さん)たちに混じって、皆実は遺体を検視して死亡推定時刻や死因を推測します。すると心太朗は自分が担当していた12年前の殺人事件とよく似ていることに気が付きます。医師の青柳(浜田信也さん)が患者の女性を絞殺した事件です。

▼2話あらすじ詳細

当時の心太朗は強引な手段を使って青柳を逮捕し自供までもっていきました。青柳は現在すでに出所し、ジャーナリストの新城(アキラ100%さん)の元に身を寄せていると情報を手に入れます。
皆実と心太朗が新城の家を訪ねることになりました。青柳は12年前の事件は冤罪だと主張し、心太朗の衝撃の秘密を暴露します。その秘密が明かされ、心太朗は被疑者の可能性があると疑われることになり…。

【ラストマン】第2話ネタバレ

河川敷で女性の絞殺体が発見されます。皆実は遺体の見分を始めます。死亡推定時刻は昨夜0時から1時、殺害現場は別の場所、ローズの香りの付いた幅3センチほどのベルトが凶器だと言い当てました。心太朗は驚きます。12年前に起きた事件で心太朗が逮捕した犯人・青柳と同じ手口で、今回見つかった女性は12年前に殺された被害者とは友達だったのです。

▼2話ネタバレ詳細!

心太朗と皆実はジャーナリストの新城の家に行きました。そこに、青柳がいました。青柳につかみかかる心太朗に新城は「青柳は無実だ」と訴えます。青柳には犯行時刻にネットで生配信をしていてアリバイがありました。それでも、心太朗は青柳が犯人だと言い張ります。

そんな時、心太朗が青柳を脅している動画がネットにアップされました。そこで心太朗が養子であること、実父が強盗殺人犯だと暴露されたのです。心太朗は人殺しの息子だと認めました。

皆実は心太朗が12年前に違法捜査をしていたこと、証拠をでっちあげて誤認逮捕したのではないかと問い詰めます。

心太朗についての動画が警察内で問題となり、皆実は新城の家で話し合いをします。そこで皆実は心太朗が殺人犯である可能性があると話しました。そして、12年前と同様に青柳に犯人を押し付けているのではないかと推測し、事件解決を約束しました。

心太朗はスタンガンで気絶させられます。心太朗が目を覚ますと手足を拘束されており、目の前には青柳がいました。青柳は心太朗を逆恨みし、復讐しようとしていたのです。青柳は心太朗の悪事をあぶり出してから殺したかったと話します。一緒に住んでいた新城もグルでした。

心太朗はガソリンをかけられ、青柳が火をつけようとしたところに皆実が現れます。

皆実は最初からずっと青柳を疑っていました。皆実が最初に新城の家に行ったとき、靴を調べてローズの香りが残っていたこと、青柳の足のサイズを確かめて確信したと話します。

アリバイとなっていた生配信で聞こえた声は新城の部屋とは反響が違っていました。もっと広い空間で行われていたのではと指摘します。新城と青柳は部屋から配信しているように見せかけたのです。

皆実は盗聴器を仕掛けて、青柳が心太朗に復讐しようとしているのだと確認します。そこで、心太朗に罠をしかけようと持ち掛けます。まず皆実は心太朗のことを本気で犯人と考えているように話をして、青柳が心太朗を拉致してくれるのを待っていました。そして心太朗の靴に仕掛けていたGPSを見てここへ来たと説明します。

皆実は拳銃を向けます。青柳は心太朗を盾にして、打てるはずがないと言いました。皆実は信頼できる目がありますと返します。レーザーで青柳に焦点があった時、心太朗が合図を送り皆実は青柳を撃ちました。

【ラストマン】第3話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年5月7日放送

第3話放送日
2023年5月7日(日)放送

【ラストマン】第3話のあらすじ

世間を騒がせていた俳優の本条海斗が遺体となって発見されます。第一発見者は大物俳優の羽鳥潤(石黒賢さん)でした。皆実(福山雅治さん)は羽鳥が出演している刑事ドラマの大ファンです。早速、心太朗(大泉洋さん)と共に羽鳥の仕事場へ向かいます。室内を入念にチェックする皆実の様子に気づいた心太朗でしたが、皆実は何を見つけたかは教えません。

▼3話あらすじ詳細

皆実はバディである心太朗の捜査能力を試していたのです。皆実の態度に興奮した心太朗は捜査に本腰を入れることにしました。
泉(永瀬廉さん)は佐久良(吉田羊さん)とともに捜査していました。その中で、羽鳥とドラマで共演している女優の篠塚真菜(山下リオさん)と本条に関係があったことを突き止めて…。

【ラストマン】第3話ネタバレ

お騒がせな若手俳優・本条海斗が公園で遺体となって発見されます。第一発見者はベテラン俳優の羽鳥潤でした。
羽鳥のドラマの大ファンだという皆実は、すぐさま羽鳥の稽古場へ向かいます。稽古場は防音仕様で、高温から低温まで空調管理できる本格的な部屋でした。

▼3話ネタバレ詳細!

佐久良班は、事件の夜に遺体が発見された公園で「あんたのことぶっ殺しに来たんだよ」という本条の声を聞いたという証言を得ます。そして、通話記録から女優の篠塚真菜とドラマスタッフの風間みどりが容疑者として浮上します。

皆実は篠塚と風間へのプレゼントにチューブタイプのハンドクリームを持っていきました。2人ともその場でクリームをつけ喜びます。

そこに、羽鳥が本条殺しを自供したとの連絡が入りました。羽鳥は「本条から金の無心をされていた。襲い掛かって来た時に落ちていた石で思わず殺してしまった。」と話します。しかし皆実は、羽鳥が脅されているか誰かをかばっていると話します。

皆実は心太朗を試していました。そのことに気づいた心太朗が自分の考えを述べると、皆実は「合格です」と称えます。

ドラマのセット内で羽鳥のドラマの関係者が集められ皆実が話し始めます。真犯人は他にいると断言する皆実。まず、殺害現場は羽鳥の稽古場の玄関だと言います。犯人は殺害後、車いすで遺体を稽古場へ運び、空調管理で室内を高温にして遺体を温め、死亡推定時刻をずらしたのです。次に、本条の声が聞こえてきたという証言についてのトリック。「あんたのことぶっ殺しに来たんだよ」というのは本条が過去に出演した作品の中のセリフでした。死亡推定時刻になった1時頃にタイマーをセットし音声を流します。その後、車いすで稽古場から公園へ遺体を運び羽鳥のスペアキーを落として現場を後にしたというのが皆実の推理です。

そして、本当は羽鳥にはアリバイがあったが、言えない状態だったのではないかと続けます。皆実は羽鳥と篠塚が不倫をしていたのではないかと言いました。チューブをつぶすのには個性があります。羽鳥の稽古場にあった歯磨き粉のチューブは、真ん中がつぶれていたのに羽鳥はおしりからつぶしていたことで他の人物が使ったことがわかったと話します。篠塚が真ん中をつぶしてハンドクリームを出していたことを指摘し、不倫相手だと推測したのです。

羽鳥は犯人から自首しなければ不倫をばらすと脅されていたのではないかと皆実は言いました。犯人を見つけるには、羽鳥の台本を見つけなければいけません。皆実は羽鳥の台本のにおいをかいでいました。万年筆でメモがされていると分析します。関係者の台本を確認すると、風間の台本にはメモがびっしり書かれていました。

風間が犯行を自供し逮捕されます。風間も羽鳥と不倫していたと言い残し佐久良に連行されました。

【ラストマン】第4話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年5月14日放送

第4話放送日
2023年5月14日(日)放送

【ラストマン】第4話のあらすじ

皆実(福山雅治さん)と吾妻(今田美桜さん)はジョギング中に男性が突然倒れ込んだ場面に遭遇します。その後、男性は病院で死亡が確認されました。

▼4話あらすじ詳細

外傷もなく事故死と思われましたが、皆実は違和感があったため病理検査を依頼します。すると、死因は毒物によるものと判明しました。さらに遺体の手に謎の印が刻まれていて…。

心太朗(大泉洋さん)の調べで同様の犠牲者が3人いることと、犠牲者はみんな国家規模の事件に関わる要人だったことがわかります。捜査一課は公安と捜査二課とも連携し大がかりな捜査になります。

そんな中、泉(永瀬廉さん)が吾妻を捜査から外すように皆実に願い出ます。吾妻が心に傷を抱えている過去の事件が関係しているようで…。

【ラストマン】第4話ネタバレ

皆実は吾妻とランニング中、通勤途中の男性・狩野が倒れる現場に出くわします。狩野は皆実に「刺された」と言って意識を失い救急搬送され、そのまま亡くなりました。
狩野の手の甲に蜂に刺されたような跡があり、ブラックライトをかざすとオオカミの紋章が浮かび上がりました。吾妻は痴漢撃退スタンプだということに気づきます。狩野は痴漢裁判の係争中でした。狩野の妻は、痴漢冤罪被害者の会に入っていたことを打ち明けます。

▼4話ネタバレ詳細!

痴漢冤罪被害者の会の代表・真鍋は痴漢撃退スタンプに毒針を仕込んだというメッセージを受け取っていました。他にも同様の被害者が見つかり、被害者たちは痴漢だったことがわかります。
そんな中、新たな被害者が出ます。今回の被害者は一命を取り留めました。松宮は盗撮をして体を触ったところで刺されていました。痴漢していた人物からでなく、第三者から刺されたと言います。松宮は仲間と集団で痴漢していたことを白状しました。被害者の写真を見せると、全員SNSで集まった痴漢グループの仲間でした。松宮のSNSを見てみると、残る一人も犯人に呼び出されていました。松宮に仲間の特徴を聞き、皆実たちは該当の列車に向かいます。
犯人は真鍋でした。痴漢を刺そうとしていた真鍋を見た吾妻は痴漢をかばって刺されてしまいます。痴漢はそのまま逃走しますが、泉たち佐久良班に取り押さえられました。
真鍋は婚約者が痴漢の冤罪をかぶって命を絶ったことが犯行の理由だと告白します。冤罪事件を起こした痴漢グループを自力で見つけ、全員殺してやろうと思ったと供述する真鍋に心太朗は真実を告げます。
真鍋の婚約者は冤罪ではなく本当の痴漢でした。SNSで痴漢グループとのやりとりが見つかり、痴漢グループの一員だった証拠が出てきたのです。そのことは、婚約者の両親には伝えていましたが、真鍋が傷つかないように言わなかったのではないかと心太朗は話します。
吾妻は意識を取り戻しました。吾妻が皆実に迷惑をかけたことを謝ると、皆実は10年前に吾妻からもらった手紙のことを話し始めます。吾妻は当時、陸上の選手で大会に出るたびに心無い盗撮をされてネットに晒されることに傷つきスランプになり、ストーカー被害にあっていました。その手紙には「新たな目標ができました。皆実さんと同じような仕事に就きたい」と書かれていました。「皆実さんに救われた」と言う吾妻に、「救われたのは私の方」と皆実は言います。皆実は吾妻からの手紙をもらってから表舞台に積極的に出ることにしました。知ってくれた誰かが勇気や元気をもらってくれるかもしれないと思ったからです。
日本に来て吾妻の名前を聞いた時、あの時手紙をくれた女子高生だと気づきました。同じ道を歩んでいたことに感動したことを思い返します。皆実は「人生と言うものは素晴らしいものですね。あなたに会えて本当に良かったです。ありがとうございます。」と感謝しました。

【ラストマン】第5話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年5月21日放送

第5話放送日
2023年5月21日(日)放送

【ラストマン】第5話のあらすじ

インフルエンサーを狙った空き巣や強盗の被害が相次いで発生します。そこで皆実(福山雅治さん)は管轄をまたいだ捜査ができるようにしてほしいと京吾(上川隆也さん)に依頼します。

▼5話あらすじ詳細

その矢先、人気料理系インフルエンサーのナオン(わたなべ麻衣さん)が自宅で殺害されました。皆実と心太朗(大泉洋さん)が現場に到着すると、遺体はすでに運び出された後でした。皆実はテーブルに並ぶ料理に違和感を覚えます。

ナオンが所属する事務所を訪れた皆実と心太朗は、ほかの料理系インフルエンサーにも話を聞くことにします。しかし、皆実は料理を楽しむだけ…。そんな姿を見た心太朗は捜査の進展が見えず焦り始めます。

そんな中、インフルエンサーの青嶌(高梨臨さん)が暴行を受ける事件が発生して…。

【ラストマン】第5話ネタバレ

料理系インフルエンサーのナオンが遺体で発見されました。心太朗と皆実は現場に到着すると、テーブルの上に置かれた料理に気づきます。健康志向の高いインフルエンサーだったナオンにしては、野菜の料理がないのはおかしいと皆実が言い出しました。

▼5話ネタバレ詳細!

ナオンの所属していた事務所に向かった皆実と心太朗は、同じく料理系インフルエンサーの青嶌に会いました。殺されたナオンはNo.2のインフルエンサーでした。青嶌はNo.3だったため、順位争いが動機ということも考えられました。

そこで皆実と心太朗はNo.1インフルエンサーのカナカナに会いに行くことにします。カナカナに会いに行くと、弁護士とカナカナの娘・雲母が対応します。肝心のカナカナには会えませんでしたが、カナカナが作ったお弁当を手に入れ皆実は喜びました。

料理系インフルエンサーにつきまとっていたとして、古郡が容疑者として浮上します。古郡はカナカナの元夫でした。

青嶌が約束の時間に来ないことを不審に思い皆実と心太朗は自宅へ向かいます。チャイムを押しても応答がなく、部屋に入ると青嶌がリビングで頭から血を流して倒れていました。。古郡が高飛びしようとしていたのを阻止するため、カナカナに「誰かに見張られている」とインスタにアップしてもらいます。その罠にかかった古郡はカナカナの自宅マンション付近で逮捕されました。

ナオンを殺害したのは青嶌でした。古郡は青嶌に脅されて強盗をやらされていたのです。そしてナオンが亡くなった後にフォロワー数が伸びたことを知り、自分も強盗に襲われればフォロワーが増えると考えて古郡に自分の頭を殴らせたのです。すべて、いいねやフォロワーを増やすためのものでした。「私たちのことなんか、あなたたちにわかるわけがない」と青嶌が言いました。心太朗は「殺人犯の気持ちなんてわかりたくもない」と言い、青嶌を逮捕しました。

京吾の元へ皆実がお願いにやってきます。41年前の強盗殺人事件について資料を見たいので口利きしてほしいというお願いです。その事件の被害者は皆実の両親でした。皆実も被害者で、事件に巻き込まれて失明したのです。犯人として逮捕されたのは、心太朗の実の父親でした。

【ラストマン】第6話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年5月28日放送

第6話放送日
2023年5月28日(日)放送

【ラストマン】第6話のあらすじ

護道清二(寺尾聰さん)の誕生日パーティーが護道家の別荘で開かれました。皆実(福山雅治さん)も招かれます。護道家の一員である心太朗(大泉洋さん)は護道家の輪に入ろうとはしません。

▼6話あらすじ詳細

そんな中、東京郊外にある別荘で立てこもり事件が発生します。犯人は警備会社社長の菊知(高嶋政宏さん)でした。別荘の所有者である菊知は、妻と娘を人質にします。要求は現金10億円でした。皆実が交渉役に名乗りをあげます。心太朗は10億円を調達することになった秘書を追うことにしました。交渉中、犯人の妻が怪我をしていることを知った皆実は自分が代わりに人質になると言い出し、単身で別荘に乗り込みます。

一方、清二と京吾(上川隆也さん)はあることを計画していて…。

【ラストマン】第6話ネタバレ

立てこもり事件が発生します。立てこもり犯は菊知という警備会社の社長でした。菊知は自分の別荘に立てこもり、妻と娘を人質にします。菊知と連絡を取ったSITに皆実が話に割って入りました。菊知の声を聞いた皆実は不審に思います。菊知の声は怯えていたのです。菊知は10億円を要求しました。

▼6話ネタバレ詳細!

皆実は一人で別荘に向かいます。負傷した妻の代わりに人質になると言うのです。菊知は了承し妻を外に運び出し皆実は人質になりました。誰かの指示に従っていると気づいた皆実はアイカメラを使い「これは立てこもりではない。菊知は娘を誘拐されている」とモールス信号を送りました。

10億円のタイムリミットである15時になったら自動発火装置が作動し、爆発するように仕組まれていました。菊知と皆実はSITの助けを借り、間一髪で逃げることに成功します。

誘拐犯の宇佐美が逮捕されますが、肝心の娘の恵茉の居場所がわかりません。宇佐美は「娘が死ねば半分計画は成功だ」と言います。菊知は宇佐美の血のつながった父親でした。「同じ親なのになんでこんなにも違うのか。幸せそうな家族をぶっ壊そうと思った」と供述し、発火装置が16時に作動すると笑いました。心太朗は強制的に居場所を吐かせようと、宇佐美に銃を突きつけます。

宇佐美が目を覚ますと病室にいました。病室の時計は21時を指しており、恵茉が死んだと思った宇佐美は得意げに居場所を話します。すると藤巻がカーテンを開け、まだ15時40分だと種明かししました。心太朗は撃つ直前にスタンガンを使って宇佐美を気絶させていたのです。居場所が捜査員に共有され、恵茉は救出されました。

皆実は親にこだわる宇佐美に、恵茉が養子であることを伝えます。血がつながっていないのにどうして言いなりになったのかと不思議に思う宇佐美に、皆実は「人が人を思う気持ちに理由なんてない」と言いました。

【ラストマン】第7話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年6月4日放送

第7話放送日
2023年6月4日(日)放送

【ラストマン】第7話のあらすじ

皆実(福山雅治さん)は心太朗(大泉洋さん)と共に、皆実の両親の墓参りをしていました。
そのころ、埠頭で白骨化した老人の遺体が発見され、佐久良(吉田羊さん)班が臨場します。遺体となって発見されたのは3年前に行方不明になっていた資産家の老人でした。

▼7話あらすじ詳細

容疑者として浮上したのは40歳年下の妻・葛西亜理紗です。彼女は以前も年の差のある男性と結婚し、離婚後に相手の男性が失踪しています。その上、アメリカ大使館からスパイの可能性があると疑われていて…。

皆実たちは早速、亜理紗に事情を聞きに行きます。そこで皆実は亜理紗に好意を持ってしまいます。そして「彼女は犯人ではない」と断言しました。果たして、事件を解決できるのでしょうか?!

【ラストマン】第7話ネタバレ

ある日、白骨化した遺体が見つかります。遺体の身元は4年前に失踪した葛西征四郎でした。アメリカ大使館が見つかった白骨死体を調べたいと現場にやってきます。
一方、皆実は自分の両親の墓参りに心太朗と行っていました。そこで、2人はデボラに会います。デボラはアメリカ大使館の人間で、皆実の元妻でした。皆実が滞在するホテルに戻って3人で話がてら食事をすることにします。

▼7話ネタバレ詳細!

被害者の妻・亜理紗は第三国のスパイの容疑がかけられていました。葛西と亜理紗は40歳差の年の差婚だったため、後妻業の可能性もあります。そこで、デボラは亜理紗がスパイか後妻業の殺人犯か調べてほしいと心太朗に依頼しました。

皆実と慎太郎が早速亜理紗に会いに行きます。皆実は「彼女は犯人ではない、根拠は亜理紗のことを好きになったから」と言いました。

亜理紗は暴力団組員にさらわれそうになり、行動を監視していた心太朗と皆実が助けに入ります。そこで秘書の日高が暴行を受け、怪我を負いました。

亜理紗は自宅から姿を消し、逃亡しようとしていたところ佐久良に捕まります。取り調べを受けた亜理紗は、葛西と元夫の亀島を殺したと自供しました。

そこに皆実がやってきて、秘書の日高が被害者の葛西征四郎だと言いました。元夫の亀島からの暴力に耐えかねて離婚した亜理紗が、介護をしていたのが葛西でした。葛西が亀島ともみ合いになって突き飛ばしたところ頭を強く打ち付け亀島を殺してしまいました。自首をしようとした葛西を亜理紗は引き止め、2人は海に死体を遺棄します。その遺体が白骨化して見つかった遺体だったのです。葛西は日高と名前を変え、美容整形で姿も変えて亜理紗のすぐそばにいたのです。

皆実は亜理紗が自分を利用していたと思っていた葛西に「遺産目当ての殺人ではなく、1人の男性を一途に思って起こした行動だった。亜理紗さんが本当に愛したのはあなただけだったと信じています。」と伝えました。

後日、葛西の元に亜理紗が面会にやってきます。優しく話しかける亜理紗に葛西が「なんでだ?お前からしたらおじいちゃんだろ?」と聞きました。亜理紗は「関係ないよ年なんて」と笑い、その姿を見て葛西は泣きました。

【ラストマン】第8話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年6月11日放送

第8話放送日
2023年6月11日(日)放送

【ラストマン】第8話のあらすじ

皆実(福山雅治さん)が心太朗(大泉洋さん)をアテンド役として指名したのは、心太朗の実父・鎌田(津田健次郎さん)に会うためでした。心太朗は兄の京吾(上川隆也さん)を問い詰めます。自分だけ知らなかったことに傷ついた心太朗は、人材交流企画室長を辞め皆実とのバディを解消します。

▼8話あらすじ詳細

心太朗の代わりに佐久良(吉田羊さん)が皆実のアテンドを担当します。しかし、心太朗とのことを聞き佐久良班は皆実と距離を置くようになり…。

そんな中、吾妻(今田美桜さん)が協力を申し出ます。2人は41年前の事件で第一発見者だった人物に会いに行くことにしました。ところが道中でバスジャックに遭遇します。犯人は突然発砲し、とっさに吾妻をかばった皆実が撃たれてしまいます。

犯人は清水拓海(京本大我さん)と名乗り、なぜか乗客にSNSで事件を拡散させます。吾妻は心太朗に助けを求めますが…。

【ラストマン】第8話ネタバレ

皆実は41年前の事件を調べるために、事件の第一発見者の家に向かおうとバスターミナルにいました。そこで皆実は男とぶつかります。皆実は男とぶつかった時の感触で銃を所持していると気づきます。吾妻と共にその男が乗ったバスに乗り込みました。バスに乗り込むと、子供が皆実にサインをねだりました。その様子を見ていた先ほどの男が銃をとりだして、発射します。吾妻をかばった皆実は左肩を撃たれてしまいました。男は自分を清水拓海と名乗ります。そしてバスジャックが起きたことや自身の顔写真を撮らせてSNSに上げるよう乗客たちに指示しました。

▼8話ネタバレ詳細!

バスジャック犯はライブ配信を行い、幼稚園バス閉じ込め事件の真犯人を当ててほしいと言い出します。当てられなかったら乗客を殺すと言うのです。清水拓海は幼稚園バスの閉じ込め事故の犯人として逮捕されていました。しかし、顔写真がまるで違います。バスジャックの清水拓海は幼稚園バスの事件の犯人と同姓同名で勘違いされネットリンチにあったのです。

吾妻がバスジャック犯の目を盗み、バスからハンカチを落とし泉にメッセージを送ります。そのハンカチには手製銃の装填弾数を調べてくれシンディーと書かれていました。

佐久良と心太朗が清水の家に行くと、そこは印刷所でした。2人は聞き込みで清水は仕事が無くなり工場をたたみ、先月母親が亡くなったことを知ります。心太朗は印刷所に入り手製拳銃の装填弾数が4つという情報を入手しました。

清水がバスをパーキングエリアに駐車させ、犯人を殺すと言い出しました。清水は全く関係ないのに特定班を気取ったネット民に人生をめちゃくちゃにされたと怒りをあらわにします。

佐久良が車のクラクションを鳴らしモールス信号で4発装填されていることを皆実に教えました。心太朗は幼稚園バス事件の真相をバスジャック犯に話します。当時幼稚園バスの運転手をしていた清水拓海は不起訴になっていました。それは不運な事故だったことがわかったからです。亡くなった瑠璃ちゃんには心臓に疾患があり、かくれんぼをしていた最中、バスの中で倒れ息を引き取りました。幼稚園は家族のプライバシーを守るために病死を公開しませんでした。このことを自分で確かめることもなくバスジャックするなんて、バカなネット民と同じじゃないかと心太朗はバスジャック犯の清水をあおります。3発撃って装填数がなくなったことを確認した皆実は清水を制圧し、吾妻は非常ドアから泉をバスに入れて清水を逮捕しました。

皆実はこの事件のため予定より早く帰国することになりました。デボラが心太朗の元にやってきます。皆実と心太朗の関係性について知っていたのか尋ねると、内定調査していたのは自分だったとデボラは言いました。心太朗が警察官として働いていると言ったとき、皆実は本当にうれしそうだったと話します。

捜査一課のみんなが点字を覚えてメッセージを書いたようだと心太朗は点字の紙を持って皆実に会いにいきました。そして41年前の事件について2人は話します。

皆実は「鎌田の動機には謎があります。今よりももっとつらい現実を突きつけられるかもしれません。私には助けが必要です。」と心太朗に協力を求めました。

知らなければよかった現実を突きつけられるだけかもしれないと言う心太朗に、皆実は「我々はそんなにやわじゃありませんよね。」と返しました。この返しに皆実は「41年前の事件に向き合います。過去に決着をつけましょう。」と言い2人は手を組むことにしました。

【ラストマン】第9話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年6月18日放送

第9話放送日
2023年6月18日(日)放送

【ラストマン】第9話のあらすじ

皆実(福山雅治さん)と心太朗(大泉洋さん)が心太朗の実父である鎌田(津田健次郎さん)に41年ぶりに刑務所へ会いに行きました。鎌田は重篤で面会することは叶いませんでした。鎌田は余命僅かで41年前の事件の真相を知るにはタイムリミットが近づいていました。泉(永瀬廉さん)と吾妻(今田美桜さん)も捜査の協力をしたいと名乗り出ます。

▼9話あらすじ詳細

41年前の事件の第一発見者で、元捜査一課長の山藤(金田明夫さん)が御殿場から上京することになります。山藤が事件について語る様子に皆実たちは違和感を覚えました。
弓塚(石橋蓮司さん)は41年前の事件が掘り起こされることを婿の京吾(上川隆也さん)から聞き…。
皆実と心太朗の執念の捜査が始まります。そこに捜査を阻止しようとする魔の手が襲い掛かり…。

【ラストマン】第9話ネタバレ

41年前の事件の第一発見者であった山藤に会いに行こうとすると、ちょうど上京すると佐久良に連絡が入ります。タイミングが良すぎると皆実は怪しみます。佐久良と心太朗、皆実は山藤と食事をすることになり、皆実は41年前の事件は調書の通りか山藤に聞きます。山藤の返答を聞いた心太朗は不審に思い、もう一度山藤に「41年前の事件はホントに調書の通りですか?」と聞きました。本当だと答える山藤ですが「過去のことはもう忘れた方がいい」と言いました。皆実と心太朗は山藤が何かを隠していると感じていました。

▼9話ネタバレ詳細!

皆実の父・誠は地上げ屋でした。誠は池上を使って鎌田の店に嫌がらせをしていたのです。そして誠は政治家の弓塚と関わりがありました。鎌田と皆実の母・勢津子は昔同じ料亭で働いていましたが、なぜか鎌田は勢津子のことは知らないと言っていたのです。

池上に話を聞きに行ったその日、池上は何者かに殺害されました。あくる日、清二は弓塚からの指示だと言って、京吾に池上の事件を事故にするよう指示しました。

皆実と心太朗は41年前の事件の黒幕は弓塚だったという仮説を本人にぶつけに行きます。誠が持つ土地権利の不正書類を消すために殺され、鎌田は借金のかたに濡れ衣を着せられたのではないかと言うのです。弓塚は二人に「後悔するぞ」と脅しました。そして「ケンカを売っているのか」という弓塚に、皆実は「41年前に売られたケンカを買っているんです」と言いました。

泉が池上の事件の捜査で防犯カメラの映像を手に入れました。しかし、何者かに追われていることに気づき、皆実と心太朗、吾妻と通話を繋げました。泉は三人の制止を振り切り、不審者に向かっていきます。刃物を持ちだした不審者ともみ合いになり、泉は腹を刺されました。吾妻は泉を見つけ、腹部をおさえて必死で呼びかけます。皆実が駆けつけ、泉が心停止していることに気づきます。「どなたか救急車とAEDをお願いします」と通行人に向かって叫びました。

心太朗が立体駐車場に逃げ込んだ不審者を追いつめると、不審者は山藤でした。山藤は「俺は悪い人間だ。心太朗すまない」と言い、立体駐車場から飛び降り自殺をしました。

豆ねこ

泉君!死なないで―!!

【ラストマン】最終回 第10話の「ネタバレ」「あらすじ」2023年6月25日放送

最終回 放送日
2023年6月25日(日)放送

【ラストマン】最終回のあらすじ

泉(永瀬廉さん)が山藤(金田明夫さん)に刺されて予断を許さない状況が続いていました。皆実(福山雅治さん)たちは真相を明らかにしようと捜査します。すると警察上層部から事件のストップがかかりました。しかし佐久良(吉田羊さん)たちは納得できず捜査を続けます。弓塚(石橋蓮司さん)を黒幕と考え捜査を続けていると、暴力団の関与があったことが明らかになります。

▼最終回のあらすじ詳細

皆実と心太朗(大泉洋さん)は心太朗の実の父親である鎌田(津田健次郎さん)を調べていく中で、衝撃的な事実に直面します。それこそ、事件の真相を明るみにするカギになります。
清二(寺尾聰さん)と京吾(上川隆也さん)は皆実たちの捜査に不穏な動きを見せました。
そんな時、鎌田が重体で病院に運ばれて…。

【ラストマン】最終回ネタバレ

清二は鎌田のいる病室へ行き薬剤を投与し殺そうとします。皆実と心太朗が声を掛けました。池上が殺された日、清二が橋の近くにいたことがスマートウォッチのGPSでわかったのです。清二は池上殺害を指示したことを自供します。それは41年前の事件の真相を隠すためでした。清二がひた隠しにしていた秘密は皆実と心太朗は正真正銘の兄弟だったことです。清二は真相を知れば心太朗が傷つくと思ったのです。

▼最終回ネタバレ詳細!

誠は勢津子を見初めて結婚を申し込みます。当時、勢津子は鎌田と付き合っていました。勢津子は誠と一緒になった方が幸せになれると思った鎌田は身を引き、勢津子は誠の元へ行くことになります。勢津子は誠の愛人として迎えられていました。そこに本妻が乗り込んできて勢津子と広見を追い出しました。

追い出された勢津子は鎌田を頼り、鎌田の店までやって来ます。鎌田は快く迎え入れ、一緒に暮らすことになりました。そして、心太朗が生まれ幸せにしていたある日、勢津子に病気が発覚します。高額な治療費がかかるため、金策に走る鎌田でしたが治療費を工面できません。

そんな時、本妻との離婚が成立したと誠が勢津子を迎えにやってきました。鎌田は拒否しますが、誠は鎌田の店に嫌がらせをして困らせます。結局、勢津子と広見は誠の家へ行くことになりました。

誠は成長した広見を見て自分の息子ではないのではと疑問を抱きます。鎌田の子だと確信した誠は勢津子と広見を殺して鎌田にその罪を着せようと計画しました。誠は鎌田を家に呼び出し、勢津子に広見の父親は誰か聞き出します。鎌田が父親だと聞いた誠は、勢津子をナイフで刺し殺しました。そして、起きてきた広見を殺そうと階段を上ろうとした誠を鎌田が阻止しようとしてもみ合いになります。広見が勢津子に駆け寄ろうと階段を降りた時、鎌田と誠、広見はぶつかり一緒に落ちました。鎌田と広見は気を失いましたが、誠は起き上がります。

その時、誠が呼び出していた清二が家にやって来ます。殺人の隠ぺいを依頼された清二は断りますが、これまで事件を隠ぺいしてきた事をバラすと脅されました。誠が広見をナイフで刺そうとしたとき、清二は咄嗟に灰皿で殴り殺してしまいました。鎌田を犯人に仕立て上げ、これまでの悪事の証拠を消し去るため家に火をつけたのです。

誠が犯人だと言えば広見が傷つくし、このまま黙っていれば犯人になり心太朗が1人になってしまうと思い悩む鎌田の元に、清二がやってきます。広見のことは誠の両親が面倒を見ることになったと報告します。しかし、広見の本当の父親が鎌田だと知ったら、そうはいかないだろうと話します。そして犯行を認めれば、心太朗を養子として迎え入れ立派に育てると約束します。「残された2人の子供が一番幸せな道を選ぶというのが親というものではないですか」と交換条件を出し、鎌田はそれを受け入れました。

真相を知った心太朗は、清二を殺人教唆と殺人未遂の現行犯で逮捕しました。

鎌田が意識を取り戻し、広見と心太朗は声を掛けます。「ごめんね、お父さん」とむせび泣く心太朗と、「あなたのおかげで私たちは幸せでした」と感謝する広見でした。その声を聞いた鎌田は息を引き取りました。

あかり

最終回の終わり方は、続編が期待できそうな結末でしたね!

豆ねこ

福山雅治さんロス―!!

【ラストマン】最終回の結末予想!黒幕は誰?

結末予想は、最終回が放送される前に執筆した内容になります!

ラストマンもいよいよクライマックスが近づいて来ましたね。

心太朗の父の鎌田はなぜ皆実の両親を襲ったのか?、皆実と心太朗の関係は?気になるところです。

結末を3つのポイントから予想してみました!

~ラストマン結末予想の3つのポイント~

  • 犯人は別にいる?
  • 皆実と心太朗の関係は?
  • 恋の行方は?

結末予想①犯人は別にいる?

41年前に皆実の両親を殺害し、皆実が失明するきっかけを作った犯人は、残念ながら心太朗の父である鎌田國士だと予想します。

ただ、鎌田に犯罪をさせた黒幕がいると考えています。

鎌田の動機は強盗で、鎌田以外に関係者はいないとされてきましたが、鎌田は何者かに弱みを握られて犯行に至るしかなかったのではないでしょうか。

その弱みとは、心太朗で、心太朗の将来を保証する代わりに犯罪を犯したのだと思います。

鎌田に指示したのは元警察庁長官で心太朗の父になってくれた清二で、清二は自分の出世を約束されたのだと思います。

清二の背後にいて、すべての黒幕になっているのが汐里の父で、政界のドンである弓塚敏也と予想します。

元警視庁捜査一課長の山藤憲治は、心太朗が信頼する相手で、心太朗を可愛がっていたようですが、山藤も清二同様に真実を隠す側だったと思います。

皆実の父の誠は池上隼人と黒いつながりがあり、弓塚の何らかの秘密を握っていたのかもしれません。

弓塚は自分が政治家としての力を手に入れて、ドンに上り詰めるには皆実家を消すしかなかったのではないでしょうか。

結末予想②皆実と心太朗は兄弟?

皆実と心太朗の関係は、今のところ殺人事件の被害者家族と加害者家族でしかありません。

でも、本当の2人の関係は兄弟だと予想します!

以前、皆実が母の肉じゃがを作り、心太朗にごちそうした時に、心太朗が「懐かしい味がする」と言いました。

皆実の母の肉じゃがを食べたことがなければ、懐かしいとは言えないはずです。

皆実の母親は心太朗の母親でもあり、肉じゃがは鎌田が教えたものなのではないでしょうか。だとすれば、鎌田が料理人だったのも納得できます。

皆実は事件の真相を知るためだけではなく、兄弟だから心太朗をバディにした気がします。 

結末予想③恋の行方は?

皆実とデボラ、心太朗と佐久良、泉と吾妻の3組の恋の行方も気になるところですね!

泉と吾妻は上手くいくと予想します。

吾妻は泉が自分に気があることに気づいていて、泉がアプローチするのを待っていると思います。

泉のアプローチ次第で、吾妻も自分の気持ちに素直になれる予感がします。 

皆実とデボラ、心太朗と佐久良はそれぞれ一度は結婚したり、付き合ったりしていて、別れた後も支え合っています。

もう一度恋愛に発展するようにも思えますが、改めて結婚したり、付き合ったりはしないと考えます。

今までと同じように近すぎない距離で支え合えるのが、皆実とデボラ、心太朗と佐久良がずっと続いている理由なのだと思います。

【ラストマン】キャスト紹介(出演者)

  • 皆実広見(みなみひろみ)役:福山雅治さん
  • 護道心太朗(ごどうしんたろう)役:大泉洋さん
  • 護道泉(ごどういずみ)役:永瀬廉さん(King & Prince)
  • 吾妻ゆうき(あがつまゆうき)役:今田美桜さん
  • 馬目吉春(まのめよしはる)役:松尾諭さん
  • 今藤完治(いまふじかんじ)役:今井朋彦さん
  • 長谷川壮太(はせがわそうた)役:奥智哉さん
  • 難波望海(なんばのぞみ)役:王林さん
  • 佐久良円花(さくらまどか)役:吉田羊さん
  • 護道京吾(ごどうきょうご)役:上川達也さん
  • 護道清二(ごどうせいじ)役:寺尾聰さん

皆実広見(みなみひろみ)役:福山雅治さん

米連邦捜査局(FBI)の特別捜査官。過去にある事故がきっかけで両目の視力を失っていまった。期間限定でアメリカから交換留学生として来日する。愛嬌や社交性があり、いつも人の輪の中心にいるような人たらしな性格。全盲だが、嗅覚、触覚、そして鋭い分析力で必ず事件を追わらせることから、FBIでは”ラストマン”というあだ名がついた。

護道心太朗(ごどうしんたろう)役:大泉洋さん

警部補。警察庁長官官房人事課人材交流企画室室長。護道家は代々、警察庁長官を務め上げてきた由緒正しい家だが、心太朗は自ら志願して、キャリアではなく現場を選択した。悪に対し強い嫌悪感を持っており、どんな手段を使ってでも犯人を捕まえる。“次期警察庁長官”と言われている兄・京吾からの命により、皆実をアテンドすることに。

護道泉(ごどういずみ)役:永瀬廉さん(King & Prince)

警視庁捜査一課・佐久良班の刑事。由緒正しい護道家の人間で、心太朗は叔父にあたる。階級は心太朗よりも上の警部。護道家の次期当主となる人物だが、家柄を鼻にかけることなく、強い正義感と、曲がったことが大嫌いな真っ直ぐな性格をしている。

吾妻ゆうき(あがつまゆうき)役:今田美桜さん

警視庁刑事部に新設された捜査支援分析センター(SSBC)の技術支援捜査官。PCを駆使し捜査を全面的にバックアップする役割を担う。以前から皆実のことを知っており、自らサポートを申し出る。

馬目吉春(まのめよしはる)役:松尾諭さん

警視庁捜査一課・佐久良班の刑事。佐久良のことを密かにしたっており、犬猿の仲でもただならぬ雰囲気をみせる佐久良と心太朗の関係性に嫉妬している。心太朗のことは一方的に敵視している。捜査を乱してくる皆実の存在についても疎ましく思う。

今藤完治(いまふじかんじ)役:今井朋彦さん

警視庁捜査一課の係長。皆実のことを捜査をかき乱す皆実のことを厄介者だと思っているが、上層部からの指示もあり許している。

長谷川壮太(はせがわそうた)役:奥智哉さん

警視庁捜査一課・佐久良班の刑事。個性の豊かな先輩たちに食らいつくよう、一生懸命捜査を行う。皆実のことは他の佐久良班のメンバーと同じく、信頼していない。

難波望海(なんばのぞみ)役:王林さん

皆実が滞在しているホテルのバトラー。天真爛漫な性格で、心を閉ざしている心太朗にも物おじせず立ち向かう。

佐久良円花(さくらまどか)役:吉田羊さん

警視庁捜査一課・佐久良班の主任。階級は警部補。捜査一課で検挙数トップのチーム頭。凛々しさに加え優しさも持っているリーダーだが、心太朗とはワケがあって犬猿の仲。

護道京吾(ごどうきょうご)役:上川達也さん

警察庁次長。階級は警視監。由緒正しい護道家のサラブレッド。泉の父親で、心太朗の兄。実績も人望もあり、警察内だけではなく政界にも人脈を持ち、次の警視庁長官は確実だとみられている。

護道清二(ごどうせいじ)役:寺尾聰さん

京吾と心太朗の父親で、元警視庁長官。引退した今は海の見える別荘で人生を謳歌中。なぜか皆実の動向について気にかけている。

【ラストマン】主題歌は誰?

ドラマ『ラストマン 全盲の捜査官』の主題歌は、明らかになっていません。

TBSの日曜劇場は主題歌のないドラマも多いですが、正式な発表があるまで楽しみにしていましょう♪

ちなみに挿入歌は、【神はサイコロを振らない】の「修羅の巷」です。

【神はサイコロを振らない】は2015年に福岡で結成された4人組ロックバンドで、2020年7月に「泡沫花火」でメジャーデビューしています。

項目曲名(アーティスト)
主題歌不明
挿入歌「修羅の巷」(神はサイコロを振らない)

【ラストマン】最終回の結末はいつ?

『ラストマン』の結末を迎える最終回の放送は6月25日(日)です。

もし、視聴率が低い場合は「打ち切り」という可能性もありますが、『ラストマン』に関しては、主演を福山雅治さんが務め、他にも大泉洋さんやKing&Princeの永瀬廉さんなどが出演しますので、打ち切りの心配はなさそうですよね♪

まとめ【ラストマン】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末ラストは?(福山雅治主演)

今回は、【ラストマン】ネタバレあらすじ全話!最終回の結末ラストは?といった内容を紹介させて頂きました。

福山雅治さんが全盲の捜査官を演じ、大泉洋さん演じる刑事とバディを組むドラマ『ラストマン 全盲の捜査官』。

最終回のラストにはどんな結末を迎えるのか、最後まで目が離せない展開でした!

この記事では、第1話から最終回までの最新話を毎週更新していきますで、お楽しみにしていて下さいね♪

今なら、福山雅治さんが主演した映画『そして父になる』や日曜劇場『集団左遷!!』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料トライアルができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料トライアルしてみてくださいね♪

豆ねこ

ドラマや映画好きな人がみんな入っているのも納得だね!

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次