MENU
\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

【ラストマン】感想や評判など口コミ全話まとめ!みんなの声は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

福山雅治さんが主演を務める、2023年4月から放送開始した日曜劇場ドラマ『ラストマン』の感想や口コミの評判など、最終回までのみんなの声をまとめて紹介します。

ドラマ『ラストマン』は福山雅治さん以外にも大泉洋さんや、永瀬廉さん、今田美桜さんなどの豪華なキャストも話題です♪

ドラマ『ラストマン』関連記事

目次

第1話【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年4月23日(月)

皆実広見は新しいヒーローだと感じました。盲目という点で、先入観を持ってはいけないとヒシヒシと痛感します。出来ないこともある、助けて欲しいと隠さずに言える強さがあって、そこに新しさを感じました。吾妻がアイカメラを駆使して犯人を探そうとしていた時、上手くサポート出来ずに謝ると「吾妻さんと繋がっていることで安心する」と言った皆実。この時にキュンとした私は『本当に人たらしだなこの人は』と思いました。(30代・女性)

皆実と心太朗のバディが最高でした!皆実が最後に言ってた「2人でM-1にでも出ますか?」はアドリブかな(笑)「あんた日本に何しに来たんだ」と突っ込む心太朗も良かったです。ちょいちょいこういうクスッと笑えるシーンがあると嬉しいなと思いました。来週も楽しみです!(20代・女性)

豆ねこ

早くも次回の放送が気になるね!

第2話【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年4月30日(日)

新城役の人どこかで見たことあるな…役者さんかな?と思っていたのですが、芸人さんだと気づいたときにビックリしました。そして、新城の部屋でアキラ100%さんのトレードマークである銀色のおぼんが出てきた時は思わず笑ってしまいました。そういうところもこだわってドラマを作っているのでしょうか。遊び心があって面白いですね。(30代・女性)

皆実と心太朗はどこかに共通点があるように感じました。心太朗の実父の事件が繋がっているのだろうけど、どのような展開になっていくのか楽しみです!(20代・女性)

第3話【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年5月7日(日)

羽鳥が不倫と殺人の罪を比べた時、殺人を取るなんて驚きでした。どう考えても殺人より不倫の方がいいのでは?だけど、最近の世間の反応は不倫の方がもしかしたら重いように感じるのかもしれませんね。それにしても、羽鳥は女性関係がだらしなさすぎて引いちゃいました。(20代・女性)

心太朗を試すような行動を取っていた皆実が少し可愛く思えました。なぜ皆実はこんな行動をしてるんだ?という心太朗の顔も面白かったですし、バディらしくなってきたなぁと嬉しくなりました。(40代・女性)

今回は三時のヒロインの福田さんが犯人役として登場しました。毎回芸人さんが出てくるスタイルなのでしょうか?今回は重要な役どころでのキャスティングだったので驚きました!(20代・女性)

第4話【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年5月14日(日)

皆実と吾妻の関係性に感動しました。吾妻が抱えていた問題は深刻なものだっただろうと思います。だけど、皆実という存在が吾妻に勇気や元気を与えて、吾妻の手紙で背中を押された皆実がいる…。お互いが救われたと言っていて、こんな関係性はとても素敵だと感じました。(30代・女性)

救いのない事件は後味が悪いですね。婚約者は痴漢の冤罪だったと信じて復讐したつもりが、まさか本当に痴漢だったなんて!婚約者の両親は「こんなことなら、あの時本当のことを教えていれば…」とまた傷つくのかもしれないと思いました。伝えなくてもいいことを言う心太朗の殺人犯には厳しくあるべきだという姿がよく出ていたシーンでした。(30代・女性)

第5話【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年5月21日(日)

インフルエンサーがフォロワー数やいいねの数を増やすためにこんなにも必死になるのかと驚きました。きっと、ドラマの世界だけでなく現実もそうなんだろうなと思いました。その中で、料理系インフルエンサーとして出てきたのがロバートの馬場さん!上手くリンクされていましたね(笑)今回の芸人枠は、カナカナの弁護士役でハリセンボンの春菜さんだけだと思っていたら、馬場さんも出てきて笑ってしまいました。めちゃくちゃピッタリなキャスティングだったと思います。(40代・女性)

高梨臨さんの登場が嬉しかったです。相変わらずお美しい!今回犯人の役でしたが、こんなに演技うまかったっけ?と思うくらい、鬼気迫る感じが出ていて素晴らしかったです。(30代・女性)

第6話【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年5月28日(日)

心太朗が宇佐美のことを本当に撃ちそうでハラハラしてしまいました。撃ったら居場所もわからないままになってしまう!と思っていたら、ちゃんと冷静だったのでホッとしました。怒ったら何をするかわからない危険な刑事のイメージがあったので、まんまと制作側の思惑にハマってしまいました(笑)(30代・女性)

菊知が妻や娘を想い涙するシーンはとても素晴らしかったです。菊知を演じた高嶋政宏さんはバラエティのイメージが強かったのですが、素敵な俳優さんだなと思いました。(40代・女性)

ラストで心太朗が清二へプレゼントを渡すシーンにグッときました。今回の事件で心太朗も何か思うところがあったのでしょう。そして出てきた古い肩たたき券。いつか使おうと大事にとっていた清二。実の親子でなくても、確かにそこに愛情があるのだと感じさせられました。そして最後の、福山さんの「大泉さんのモノマネ」のモノマネに笑わせてもらいました。(40代・女性)

第7話【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年6月4日(日)

後妻業の女かと思いきや、愛する夫を助けるためだったとは…。愛について考えさせられました。妻役の女優さんがどなたか存じ上げませんが、綺麗でしたね!それにしても整形したとはいえ、おじいちゃんがおじさんになるのにはいろいろと無理があるのでは?と思ってしまいました…。(30代・女性)

葛西に亜理紗が面会に行っていたのはいつのことなんだろう?という点が気になりました。亜理紗は罪に問われなかったのでしょうか?犯人隠避になるし、死体遺棄にも関わっていたのに…。「征ちゃんも、模範囚でいれば」というセリフはありましたが、時系列がよくわからないままドラマが終わってしまった印象でした。(30代・女性)

日高が葛西というのは無理があるように見えました。フィクションだとはわかっているけれど、話しのつじつまが合わないように感じてしまいます。亜理紗がさらわれそうになった時、日高はかなり暴行を受けていました。介護を受けていた人間があんなに暴力を振るわれて、少し手当しただけでいられたのだろうか…?と矛盾点があるように感じ、気になってしまいました。(40代・女性)

第8話【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年6月11日(日)

皆実さんを怪我させるなんて!言語道断!と思いながらも、皆実さんのだんだん具合が悪くなっていく表情がセクシーに感じてしまいました。具合悪そうなのにカッコいいってなんなんだ!福山雅治さんすごいな!と関心しました。(30代・女性)

ネットの情報に翻弄されてしまった清水には同情してしまいます。軽い気持ちで拡散したり、匿名だからといって無責任な発言をしないようにしないといけないと思いました。ドラマのように、同姓同名で年齢もほぼ近いなんてこともあるのではないかと思うとゾッとしてしまいます。だからといって、バスジャックをしていい理由にはならないですがね…。(20代・女性)

あかり

想像力って大事ですよね!

第9話【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年6月18日(日)

泉は三人に止められたのになぜ不審者に向かっていったのでしょうか。若さと言って片付けてしまえばそうなのですが、もう少し大人になれよと色んな人に言われている理由がわかりました。泉にはどうにかして生きて欲しいです。(30代・女性)

41年前の事件の第一発見者だった山藤がなぜ防犯カメラの映像を盗もうとしたり自殺してしまったのか謎が残ります。防犯カメラの映像を盗もうとしていたのが山藤だと知った時の心太朗の驚いて裏切られたような、悲しみも含めた表情が何とも言えず惹き込まれました。(40代・女性)

あかり

泉…どうか生きていて欲しい!

最終回【ラストマン】感想や評判・口コミ

放送日
2023年6月25日(日)

最終回の放送終了後、感想や評判などの口コミを更新させて頂きます♪楽しみにしていてくださいね♪

あかり

放送終了後、記事を更新させて頂きます♪

【ラストマン】「良い感想」と「悪い感想」

「良い感想や評判」面白い!という口コミ

面白かった!飄々としながら有能で人たらしな皆実さんに福山氏がハマり役。自分の力を生かすために周囲に助けてくださいと頼み、ありがとうと感謝でき、でも聖人君子ではないと言う人物像がバランス良い。振り回されツッコミまくる大泉氏もリアルのまんまな感じで面白い。

普段からドラマは全く観ないのに福山雅治&大泉洋の番宣が面白かったからラストマンを観てしまった… 番宣なのに面白いってずるい。

物語として面白いし、あと廉と美桜ちゃんの同期コンビもよかった どうなっていくのか行末が気になるね とても

盲目の捜査官でもアイカメラとか使って最新の技術でありがちなエピソードにしてないのが面白いな。もっと皆実さんの目になって動きまわる護道さんとか想像してたけど、予想以上に皆実さんが動き回ってた(笑)

ラストマン面白いしめっちゃ曲好き………………曲制作関わってる方双方大好きだしこの世界観に合いすぎ……

「悪い感想や評判」面白くない・つまらないという口コミ

ラストマン 脚本がつまらない………
日本の刑事ドラマのベタな
いじめ ひきこもり脚本…
そして、爆弾。。
正直、がっかり………

観たけど、ジャニタレが出てるから観ない。自分の今までの見解だと、
ジャニタレが出てるドラマは、やっぱりつまらない。。。

ラストマン
話がベタ過ぎて つまらない
話がベタ過ぎて無理

期待はずれのつまらない内容でした。
福山雅治の役所にかなり無理があるし、大泉洋のキャラクターも死んでる。もう少しおもしろい掛け合いがあると期待してました。

【ラストマン】物語の内容(ストーリー)

全盲の人たらしFBI捜査官と、犯人逮捕のためには手段を選ばない孤高の刑事が、凸凹バディを組んで難事件に挑んでいく!

そして、その先には誰も予想できない運命が待ち受けていた・・

ミステリアスなストーリーが交錯する!

主人公・皆実広見(福山雅治さん)は、アメリカから期間限定で交換留学生として来日したFBI(アメリカ連邦捜査局)特別捜査官。人たらしな性格で愛嬌や社交性があり、いつも人の輪の中心にいるような人物です。

過去のある事故がきっかけで両目の視力を失っているが、鋭い分析力、嗅覚、触覚で事件をかならず終わらせる最後の切り札という意味で、FBIでは“ラストマン”と呼ばれていました。

皆実のアテンドを命じられた、警察庁人材交流企画室の室長・護道心太朗(大泉洋さん)。

代々、警察庁長官を務めあげてきた由緒正しい“護道家”の人間である心太朗は、自ら志願し、警察の中でキャリアではなく現場を選択し、捜査一課で圧倒的な検挙数をあげていました。

ある理由から悪を絶対に許さないという“並々ならぬ正義感”があり、犯人を捕らえるためにはどんな手段もいとわない、いきすぎた一面もあり、その姿勢から警察内部にも敵は多い・・。

しかし、そんな心太朗ですが、“次期警察庁長官”と目されている兄から命じられて皆実のアテンドをすることになりますが・・

【ラストマン】出演者(キャスト)

  • 福山雅治:皆実広見(みなみひろみ)役
  • 大泉洋:護道心太朗(ごどうしんたろう)役
  • 永瀬廉:護道泉(ごどういずみ)役
  • 今田美桜:吾妻ゆうき(あがつまゆうき)役
  • 松尾諭:馬目吉春(まのめよしはる)役
  • 今井朋彦:今藤完治(いまふじかんじ)役
  • 奥智哉:長谷川壮太(はせがわそうた)役
  • 王林:難波望海(なんばのぞみ)役
  • 寺尾聰:護道清二(ごどうせいじ)役
  • 吉田羊:佐久良円花(さくらまどか)役
  • 上川隆也:護道京吾(ごどうきょうご)役

まとめ【ラストマン】感想や評判など口コミ全話まとめ!みんなの声は?

今回は、【ラストマン】感想や評判など口コミ全話まとめ!みんなの声は?といった内容を紹介させて頂きました!

福山雅治さんが主演のミステリアスなストーリーが交錯する、痛快バラエティドラマ『ラストマン』。

福山雅治さんだけでなく、大泉洋さんとの共演も話題ですね♪

「良い評判」も「悪い評判」もありましたが、『ラストマン』ではミステリアスの中にも笑いありな展開が最後まで楽しめましたね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次