MENU
\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

【トリリオンゲーム】8話のネタバレ考察!一発逆転のアニメ配信!?感想や口コミは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

目黒蓮さんが主演し今田美桜さんがヒロインとして出演するドラマ『トリリオンゲーム』の第8話が、2023年9月1日(金)夜10時から放送されました。

『トリリオンゲーム』は、”世界一のワガママ男”と”気弱なパソコンオタク”の2人の青年が、トリリオンダラーを稼いで全てを手に入れることを目指して成りあがっていくエンターテイメントストーリーです。

第8話は、桐姫がCEOであるD-REX社に対抗するため、ハルは人気アニメスタジオ・ポポラの新作を独占配信することを提案する…というストーリーです。

この記事では、ドラマ『トリリオンゲーム』の第8話のあらすじ・ネタバレ考察や視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『トリリオンゲーム』
8話放送日9月1日(金) 夜10時~
放送局TBS
脚本羽原大介
全放送回数全10話
主題歌『Dangerholic(デンジャーホリック)』SnowMan
出演目黒蓮、佐野勇斗、今田美桜、福本莉子、吉川晃司ほか
ドラマ『トリリオンゲーム』概要

ドラマ『トリリオンゲーム』は国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で安全に、31日間の無料お試し視聴ができます♪

\無料期間中の解約OK/

『トリリオンゲーム』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。
※2023年9月現在(詳しくは公式サイト確認してください)

『トリリオンゲーム』関連記事

目次

【トリリオンゲーム)】8話ネタバレあらすじ

第8話放送日
2023年9月1日(金)

トリリオンゲーム社はゲーム事業、テレビ事業で収益を大幅に伸ばしていった。

一方、桐姫(今田美桜)がCEOとなった動画配信サービスのD-REXはアジアの大手家電メーカーと業務提携し、テレビのリモコンに専用ボタンを設置、月額料金を1年完全無料にすると会見で発表。そして配信好調なトリリオンゲーム社のことを「ベンチャーに毛が生えたような競合他社」と揶揄する。出席していたアナウンサーのあかり(百田夏菜子)が「トリリオンゲーム社への宣戦布告だ」と意見し、場は騒然となる。

そんな中、ハル(目黒蓮)は話題となったD-REX社の戦略への一発逆転案として、人気アニメスタジオ・ポポラの新作の独占配信をぶち上げる。早速、ハルとガク(佐野勇斗)で交渉に訪れると、ポポラの監督・宇佐美マリは噂以上のワガママぶりで・・・。

ドラマ公式HPより引用

この記事は第8話のネタバレを含みます!

ネタバレ①ハルが次に狙うはアニメ配信!しかしすでに桐姫が手をつけていて・・・

『トリリオンゲーム』がゲーム事業部・ネットTV事業部でそれぞれ成功し役員会議が開かれる中、桐姫がCEOを務めるD-REXがアジアの大手家電メーカーと業務提携を結ぶという情報が入ってきます。そして新発売するネット対応TV全てのリモコンにD-REX専用ボタンを設置すること、月額料金を1年間無料にすることを発表する桐姫。その発表を受け、出席していたトリリオンTVのアナウンサー・あかりが手を挙げ『トリリオンゲーム』への宣戦布告だと発言すると、桐姫はそれを堂々と認めます。さらにあかりと桐姫が舌戦を繰り広げる中、桐姫の質問に答える形であかりがハルを好きだと宣言し、ネットではその発言が話題となるのでした。

D-REXにユーザーが流れてしまうと危惧する凛々。するとD-REXとトリリオンTVの対立構造が盛り上がったと喜ぶハルは、次に海外の映画祭・アニメ部門で何度も最優秀賞を受賞している制作会社『スタジオポポラ』のアニメを独占配信することを計画します。

さっそく『スタジオポポラ』を訪れ、監督・宇佐美マリ(麻生祐未さん)の我儘ぶりを目の当たりにしたハルとガク、凛々。さらにそこに桐姫が現れ、すでにD-REXがポポラの新作を独占配信する契約を結んでいたことがわかりました。

ハルが桐姫を呼び出しポポラの新作を譲ってほしいと交渉を持ちかけると、桐姫はポポラの内情を明かします。ポポラは監督のこだわりが強く制作費がかさむため、大ヒット作品もあるが赤字の作品も多く、スタジオは借金を抱えていました。そこにつけ込み新作の独占配信の権利を得ていた桐姫は、ハルとガクが自分のペットになるならポポラを譲ってもいいと言いますが、ハルはその要求には答えず桐姫と別れました。

ネタバレ②ポポラ監督・宇佐美にハルは得意のハッタリで新作の制作に同意させる

ハルとガクは再び『スタジオポポラ』を訪ね、ポポラのプロデューサーに未完成の映画「風の丘の少女」を自分たちと一緒に完成させることを提案します。「風の丘の少女」は宇佐美とスタジオを立ち上げた際に2人で作ろうとした、プロデューサーの実体験がストーリーのベースとなっている映画でしたが、資金を集められず未完成のままになっていたのです。

さらにハルは、D-REXで新作を制作する前に「風の丘の少女」を完成させてトリリオンTVで配信することを宇佐美に提案。ガクはプロデューサーのために「風の丘の少女」を作ってほしいと説得しますが、宇佐美は全く相手にせず、そもそも半年で作れるはずがないと突っぱねます。ところが世界最大手のアニメスタジオ『カリフォルニアランド』と業務提携を結んだとハルが話し、そのアートディレクター・ウォルトが自作の「風の丘の少女」のワンシーンを見せたことで宇佐美の態度が一変。ついに首を縦に振らせることに成功しました。

「風の丘の少女」の制作が進むことを素直に喜ぶガク。しかし会社に戻ると、なぜかそこにウォルトがいました。実はウォルトはハルが雇った偽物で、『カリフォルニアランド』との業務提携もハルお得意のハッタリだったのです。

ネタバレ③制作発表会見は結果的に成功。そして黒龍からのまさかの提案が・・・

「風の丘の少女」の制作発表会見当日、会場に桐姫がやって来て宇佐美にハルのハッタリを暴露。宇佐美は激怒し、会見でこのことをぶちまけます。ところがその後、「風の丘の少女」は自分ではなくプロデューサーが企画したもので、これまで支え続けてくれたプロデューサーへの信頼と恩返しの証として「風の丘の少女」を実現させると宣言。そして半年で映画を制作するのは不可能だとの声も上がる中、ガクが登壇し画像生成AIを活用したアニメーターの負担軽減とスピードアップを説明しました。

「風の丘の少女」の配信はD-REXとの契約違反となり、『スタジオポポラ』の抱えている負債についてはどうするのかと質問が上がると、なんとハルはその負債を『トリリオンゲーム』が払うと言い、さらに『スタジオポポラ』の過去作品を全てトリリオンTVで配信することを発表するのでした。

会見後、計画通りだと笑い合うハルと宇佐美。宇佐美はハルの目的が自分にAI技術をプレゼンすることだと気がついていたのです。そして会見ではハッタリだった過去作品の配信権についても、その場で無事に手に入れることができました。

一方、祁答院から手を組むことを断られた黒龍はD-REXの役員を全員解任し、今後は自ら指揮を執ることにします。『トリリオンゲーム』はポポラ作品の独占配信権を得たことで、国内大手電機メーカー4社のTVリモコンにトリリオンTVの専用ボタンを設置する契約を結んでいました。そしてハルとガク、祁答院を呼びつけた黒龍は、『トリリオンゲーム』を買収、さらにハルを桐姫と結婚させ黒龍の人間にしようとしてきて・・・。

豆ねこ

令嬢役の今田美桜さんも可愛いですね♪

【トリリオンゲーム】8話の考察と感想

考察/感想①『スタジオポポラ』のモデルは『スタジオジブリ』?!

スタジオ名といい、作品名といい、『スタジオジブリ』を彷彿させるネーミングで親しみやすくて良かったです。おかげでどれほど凄いアニメ制作会社なのかの想像がすぐにでき、ストーリーに集中できました。

考察/感想②監督・宇佐美は終わってみれば意外といい人という印象

最初出てきたときは我儘放題のパワハラ独裁監督かと思いましたが、意外と部外者の話でも聞く耳を持っていたり、実はプロデューサーやスタッフに感謝していて、それを堂々と行動で示せるカッコイイ女性だと感じました。会見後は笑顔も出て、ハルの目的にも気づいていたりとなかなか頭の良い人かつ、ノリも良さそうで素敵でした。

考察/感想③ハルは桐姫と結婚するのか?!

ここ何話か黒龍が水面下で動く様子はありましたが、今回ついにハルやガクと直接面会してまさかの買収と桐姫との結婚を言い出すまでになりました。ハルがこのまま結婚するのかどうか、次回がとても気になります!ただ、「風の丘の少女」の台本を手に取ったガクがハルに見せたかったと言う場面があったことから、ハルはこの作品を見ることができないということになるので、この後大事件が起こる予感がします。結婚しただけではそうはならないと思うので、ハルの身に危険が迫っているのかとハラハラ、ドキドキしながら次回以降見ていきたいと思います。

【トリリオンゲーム】8話の口コミを紹介

https://twitter.com/thry777/status/1697650122786800121?s=20

『風の丘の少女』
台本を見つけてから交渉まで
上手く相手の心の隙間に入り込む
心の扉をこじ開けるのではなくふんわり吹く柔らかい風で自然に開ける

桐姫との焼き鳥シーン、高級レストランじゃなくてガヤガヤした居酒屋だったのが良さを引き立たせたなぁ。素敵だった。それにしてもジョッキ持って焼き鳥食べる目黒蓮ぶっ刺さりすぎる…

すごかったなぁ。
先生について発音教えてもらったのかな?目黒くんの耳の良さはファンみんなが知ってるところでしてうまく言うだけじゃなくて、ちゃんとハルがハルとして喋ってて、たまらんです。

【トリリオンゲーム】キャスト(出演者)は?

ドラマ『トリリオンゲーム』のキャスト(出演者)を紹介します。

https://twitter.com/trillion_tbs/status/1674615570258595840?s=20
  • ハル/天王寺陽(てんのうじはる)役:目黒蓮さん
  • ガク/平学(たいらまなぶ)役:佐野勇斗さん
  • 黒龍キリカ(こくりゅうきりか)役:今田美桜さん
  • 高橋凛々(たかはしりんりん)役:福本莉子さん
  • 長瀬忠則(ながせただのり)役:竹財輝之助さん
  • 祁答院一輝(けどういんかずき)役:吉川晃司さん
  • 黒龍一真(こくりゅうかずま)役:國村隼さん

ハル/天王寺陽(てんのうじはる)役:目黒蓮さん

通称ハル。世界一ワガママな男。誰とでも打ち解ける天才的なコミュニケーション能力で、年齢問わずあらゆる人からモテる天性の人たらし。ハッタリばかりかと思いきや計算高く、悪事にもブレーキをかけない危険人物。何もないところからガク(平学)と一緒に会社を立ち上げ、1兆ドル(トリリオンダラー)を稼ぎだして、世界中のものを手に入れることを企んで……

ガク/平学(たいらまなぶ)役:佐野勇斗さん

通称ガク。内気なコンピュータオタク。ハル(天王寺陽)とは対照的に人付き合いが苦手だが、ITの天才で優しい心の持ち主。子どものころからひたすらプログラミングコードに没頭してきた。同級生・ハルと再び出会い、何もないところから会社を興して、1兆ドルを稼ぐ夢に挑む。

黒龍キリカ(こくりゅうきりか)役:今田美桜さん

通称、桐姫。父の会社「ドラゴンバンク」の取締役で、多言語を話せる冷静で貪欲な才色兼備の女性。父・一真の血を濃く引き継ぎ、どんな相手にも巧みな交渉術で、欲望のままに欲しいものすべてを手に入れてきた。利益にならない者は容赦しない。「ドラゴンバンク」の採用面接でハルとガクの才能に目をつけ、自分の支配下に入れようとする。

高橋凛々(たかはしりんりん)役:福本莉子さん

通称リンリン。超真面目な就活中の大学生。極端にカタブツな性格が災いして就活は失敗続きだったが、細かい調査能力や誠実さがハルとガクに評価され「トリリオンゲーム」社に採用される。さらにハルの策略で、入社初日で代表取締役社長に抜擢される。

長瀬忠則(ながせただのり)役:竹財輝之助さん

「ドラゴンバンク」の社長令嬢・桐姫の秘書兼ボディーガードをしている。桐姫への忠誠心にあふれ、ハルとガクの存在を邪魔に思っている。

祁答院一輝(けどういんかずき)役:吉川晃司さん

「祁答院ベンチャーキャピタル」の社長。人間や物事の真価を見極める力は一流の強者。 ハルとガクの才能を見込み出資するやり手投資家。恐れを知らないハルの作戦を楽しみ、時には二人に刺激を与え、二人にとって大きなビジネスチャンスを生む。

黒龍一真(こくりゅうかずま)役:國村隼さん

日本最大のIT企業「ドラゴンバンク」を一代で作り上げた凄腕経営者。周りの成長している会社は潰すか、全部自分のものにしており、その無慈悲な経営手腕で「ドラゴンバンク」をIT業界の頂点に君臨させ続けている冷酷な人物。ハルとガクが興した「トリリオンゲーム」社も危険な敵と見なし、徹底的に潰しに来る。

まとめ【トリリオンゲーム】8話のネタバレ考察!一発逆転のアニメ配信!?感想や口コミは?

この記事では、『トリリオンゲーム』第8話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も見逃せませんね!

ドラマ『トリリオンゲーム』は国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で安全に、31日間の無料お試し視聴ができます♪

さらに今なら、目黒蓮さん出演バラエティ『それSnowManにやらせて下さい』や今田美桜さん出演ドラマ『ラストマン-全盲の捜査官-』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料お試し視聴ができます。

\無料期間中の解約OK/

『トリリオンゲーム』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約29万本あります。また、動画だけでなく190誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。
※2023年9月現在(詳しくは公式サイト確認してください)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次