MENU
\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

【この素晴らしき世界】1話のネタバレ考察!感想や口コミは?主婦×女優の二重生活

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

若村麻由美さんが主演する月9ドラマ『この素晴らしき世界』の第1話が、2023年7月20日(木)夜10時から放送されました。

ドラマ『この素晴らしき世界』は、どこにでもいるような平凡な主婦が、ある日突然、失踪した大女優になりすまして、違う世界へと飛び込んでいく…というストーリーです。

豆ねこ

キャストは大人の俳優さんぞろいです!

この記事では、ドラマ『この素晴らしき世界』の第1話のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『この素晴らしき世界』
1話放送日7月20日(木) 夜10時~
放送局フジテレビ
脚本烏丸マル太
全放送回数全9話
主題歌未定
出演若村麻由美、木村佳乃、マキタスポーツ、沢村一樹ほか
ドラマ『この素晴らしき世界』概要

『この素晴らしき世界』関連記事

目次

【この素晴らしき世界】1話ネタバレあらすじ

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
第1話放送日
2023年7月20日(木)

浜岡妙子(若村麻由美)は、印刷会社に勤務する夫の陽一(マキタスポーツ)、社会人一年目の息子あきら(中川大輔)と暮らす主婦。『ラビットマート』でパートとして働く妙子は、同じくパートの真由美(猫背椿)と夫や息子の愚痴を言い合いながら毎日を過ごしていた。新人パートの育田詩乃(平祐奈)に手を焼く妙子と真由美の話題は、夫との離婚について。離婚を真剣に考えている真由美はそのためには300万円は必要だと妙子に教えた。

そんな日々の中で妙子には最近、ちょっとした不安があった。外出すると必ず見かける男がいたのだ。妙子は自分がつけられているのではと陽一に相談するが「更年期ではないか?」といなされてしまう。そんなある日、妙子が1人で家事をしていると、インターフォンが鳴る。モニターに映ったのは、その不審な男。仕事の依頼だと言う男に不信感を募らせる妙子だったが、人目のあるところならと話を聞くことにする。

不審な男は、妙子に『プロダクション曼珠沙華』西條隼人(時任勇気)と書かれた名刺を渡した。そして、西條は妙子に頼みたい仕事を話し出す。同事務所の女優、若菜絹代(若村麻由美:二役)の5年前のあるスキャンダルが週刊誌で暴かれた。スキャンダルには反社会勢力幹部の男も関わっていたため、事務所では謝罪会見を開くことに。しかし、肝心の若菜が会見を目前に姿を消してしまった。そこで、西條は若菜と瓜二つの妙子に身代わりで会見に臨んで欲しいと言う。断ろうとする妙子だが、身代わりの報酬が300万と聞いて…。

ドラマ公式HPより

この記事は第1話のネタバレを含みます!

ネタバレ①もしかしてストーカー?

浜岡妙子(若村麻由美)は52歳の平凡な主婦です。

印刷会社勤務で5歳年上の夫・陽一(マキタスポーツ)は妙子と家のことには無関心で頼りなく…社会人なりたての息子・あきら(中川大輔)との三人暮らしでした。

妙子はラビットマートでパート勤務というありふれ過ぎた日々を過ごしていました。

しかし、最近どこかに違和感を感じるようになっていました。

妙子が”ノッポマン”と名付ける不審な男に後をつけられているような気がして、不気味でした。

ストーカーとして通報しようかと言うと、陽一はまともに相手にせず「更年期じゃない?」とバカにしたように笑います。

そんな中で、妙子がまたいつものようにパートに出ると、背後にスーツの若い男がいたのです。

今日は小松菜の品出しをしていると、仲間の真由美(猫背椿)と夫の愚痴が続きました。

新人の詩乃(平祐奈)の雑な仕事ぶりに愕然としたり…屁理屈に呆然としたり…。

そんな一日を無難にこなして、その帰り道…妙子は真由美に具体的に離婚に及ぶ話をしていました。

夫に絶望してものを言わなくなる、という妙子に「離婚するには最低でも300万円くらいは必要らしいよ」という真由美。

せめて陽一が、話くらい聞いてくれれば…と思う妙子でしたが、そういうサインを出していても全く気づかない陽一に絶望しているともいえます。

そんなとき”ノッポマン”は一人の女性に電話していました。

美しいその女性、比嘉莉湖(木村佳乃)はその電話を受けて「予定通り、会見を行いましょう」と言ったのです。

それからほどなくして”ノッポマン”が妙子の自宅のインターフォンを押しました。

モニターを見て固まる妙子。

にこやかな”ノッポマン”は「お仕事の依頼です!」と必死に懇願してきたのです。

彼は、交番が見える場所で自己紹介しました。

芸能プロダクション『曼殊沙華』の名刺を出した彼は、西條(時任勇気)と名乗りました。

女優の”若菜絹代”のスキャンダルについて、彼はタブレットで記事を見せました。

それは週刊誌に掲載された若菜絹代の反社の幹部との5年前の不倫の記事でした。

謝罪会見をしてこれ以上の炎上を食い止めなければならないのですが、本人がアメリカに逃げてしまったので困っていたのでした。

その若菜絹代に瓜二つの人がいる、という情報で西條が調べに来たら、妙子は顔だけでなく声までもがそっくりだ、というのです。

「絹代の代わりに謝罪会見をお願い出来ないでしょうか…?」と西條は言いました。

しかも会見のための半日で300万円という高額のギャラを提示されたのです。

そして携帯電話の番号までも知られているという事実に妙子は愕然としていました。

しかし、悩む妙子を見て、事情を知らない陽一は暗に『世間知らず』と笑うのです。

ネタバレ②札束に魅入られて…

その頃、『曼殊沙華』の社長の莉湖は追い詰められていました。

先代からずっと世話になっているスポンサーに、絹代の新しいCMの撮影を予定通り行うことを迫られたのです。

ラビットマートでは妙子がとうとう新人の詩乃の無責任さにブチ切れて怒鳴ってしまいましたが、そんな時、エプロンのポケットのスマホが鳴りました。

それから間もなく、西條が妙子のもとに一人の初老の男・副社長の安原(西村まさ彦)を連れてきました。彼は契約書を提示して、妙子に300万円の報酬を約束しました。

彼女は記者会見を開く2週間後のリミットまでにダイエットをし、若菜絹代になりきることを求められたのです。

根拠もなく「大丈夫です‼」という西條の上ずった声のすぐ後に、安原がテーブルに300万円の札束を放るように出しました。

成功報酬の先払いだというのです。

それで、妙子の心は決まりました。

そんな妙子が連れてこられたのは『曼殊沙華』のオフィスです。

莉湖やマネージャーのセシル(円井わん)らに引き合わされ、絹代になるためのトレーニングが始まりました。

エステやヘアメイク、ボイストレーニング…初めてのことばかりでくじけそうになるときにも、妙子の心を支えたのは大切にしまい込んだ300万円の札束です。

次第に磨かれていった妙子はプロの手にかかって”若菜絹代”になったのです。

ネタバレ③記者会見だけで終わるはずが?!

記者会見場のホテルに現れたとき、妙子はセミロングのウィッグに絹代愛用の黒い帽子、そしてサングラスでミステリアスな空気をまとっていました。

震える声で「よろしくお願いします…」と言った妙子に、莉湖は真摯に頭を下げたのです。

妙子はセシルに絹代の夫の夏雄(沢村一樹)のことや、絹代本人のことを尋ねました。

セシルは、絹代のことを「大っ嫌い」と言いました。

そして「悪魔」とも。

黒いロングドレスをまとい、美しいネイルとジュエリーに彩られ、完璧にメイクを施した妙子は誰もが認める『若菜絹代』ぶりです。

深呼吸した妙子は夏雄に伴われて、記者会見の壇上に上がりました。

ライトを浴びた妙子はカメラの放列の前に身を晒したのです。

仕込まれた台詞を…棒読みとはいえ、懸命に口にした彼女でしたが、想定していなかった代表質問以外の記者を指名した夏雄のせいで、場がひっくり返りそうになりました。

しかし「不倫をした絹代を庇う夫」を演じる夏雄の言葉に、場がしんと静まりました。

誰もが聞き入っている夏雄の言葉と重ねられた手のひらに、妙子から「ごめんなさい」と言う言葉が自然にこぼれ、その眦からボロボロと涙が溢れました。

その結果『神対応』という記事やSNSがあがり、記者会見は大成功。

しかし、その直後に思わぬ報せが舞い込みました。

アメリカで絹代本人が倒れ、緊急搬送されてしまい、意識不明の重篤な状態だというのです。

一度の身代わりだったはずが___妙子は絹代が復活するまでの間の代役を務めることになったのです…。

豆ねこ

「ザ・ドラマ」という感じの展開が面白いね♪

【この素晴らしき世界】1話の考察と感想

考察/感想①実は一人三役の若村麻由美さん

当初は鈴木京香さんがキャスティングされていたという妙子でしたが、若村麻由美さんがキャラクターにぴったりです!

むしろ若村さんを当て書きしたのかと思うほど、妙子として、絹代として素晴らしい存在感でした。

そんな若村麻由美さんが演じるのは実は三役。

妙子と、絹代と、妙子が演じている”絹代”です。

番宣で「難しいけれど楽しい」とおっしゃっており、莉湖役の木村佳乃さんとは初共演とは思えない仲良しっぷりでした。

初対面で『マユミちゃんと呼んで』と宣言したという若村さん。

そんな素のお茶目さが妙子の主婦キャラにも現れていて、作中の真由美(猫背椿)とのやり取りもナチュラルです。

そんな妙子が一度の記者会見にも恐れおののいていたというのに、なし崩し的に絹代の身代わりを続けなければならなくなっていく展開ですが。

短期間に美しくなり、さらにプロのメイクやドレスといった非日常のキラキラを味わったことで、彼女の中で何かが変わったのかもしれません…。

責任は重大ですが、絹代として過ごしていくうちに磨かれ、妙子自身も変容していくのではないでしょうか。

考察/感想②変わっていく家族の関係

50代に差し掛かった妙子の家族は57歳の陽一と24歳のあきらです。

妻に無関心の陽一と、就職はしたものの会社に行かず公園で時間を潰しているというあきら。

一見穏やかに暮らしているように見える浜岡家ですが、実は問題アリアリです。

離婚が頭をよぎる妙子に同僚の真由美が囁いたのは『離婚するためには300万円必要』だという具体的な数字でした。

その直後に”ノッポマン”西條に提示された身代わりのギャラがまさに300万円___これは、もう『運命』だったとしか言いようがありません。

そうして妙子は大女優の身代わりという非日常の世界に足を踏み入れて行くのです。

離婚するかしないかは別として、それまでのパート主婦から変化していく妙子自身が浜岡家を根底からひっくり返していくのではないでしょうか。

そして、そのとき陽一とあきらは、そんな妻であり母である妙子をどう見ていくのか…?

いろんな予感を引き寄せる初回、導入部の展開は巧かったなぁと思いました。

考察/感想③実は全員が己の欲望のために動いている

プロダクション曼殊沙華は先代の娘の莉湖が社長を継いでいましたが、看板女優だった絹代のスキャンダルで倒産寸前に追い込まれていました。

とにかく絹代を復活させなければ!という思いに駆られて莉湖や安原は妙子に300万円で身代わりを依頼します。

そのために動いた西條も、絹代のチーフマネージャーとして妙子の身辺調査から交渉までを綿密に行い、さらに記者会見までの二週間、トレーニングに励む妙子を献身的に支えました。

そして何を考えているかもわからない胡散臭さでいっぱいの絹代の夫・夏雄も、絹代の記者会見の流れを牽引し、『神対応』と言われるまでになったのです。

しかし、彼らはプロダクション曼殊沙華と自分の立場を守るために絹代を穏便に復活させることを至上の命題にしており、そこに妙子の存在は不可欠になったのです。

そして妙子自身もまた、悩みはしたものの、300万円の札束に心を鷲掴みにされてその身代わりを引き受けました。

そうしてみると、意外と生々しくてエグい展開になるかと思われますが、妙子のキャラクターのせいか、コメディテイストの演出が巧いのか、嫌な感じがありません。

そして、おそらく妙子自身は身代わりすることで女優の世界を知って、人生そのものが大変革してしまうのではないでしょうか。

主演女優の交代で話数が削減されたという情報もありますが、その中でも妙子が絹代としてふるまうことを経て、全く違う人生を歩くことになったら面白いだろうなぁ、と感じました。

二か月後の結末が楽しみです。

【この素晴らしき世界】1話の口コミを紹介

夫役のマキタスポーツさん、ホントにいるいるこういう旦那!って感じでナイスキャスティングです。

若村麻由美さんの演技に惹き込まれてしまった!1話何気なくみていたんだけど、次回から毎週リアタイ確定。

「この素晴らしき世界」コテコテのドラマ展開が逆に面白かった!フジテレビは月9といい木10といい今季は平成初期のようなドラマ意識してるのかな?

【この素晴らしき世界】キャスト(出演者)は?

『この素晴らしき世界』のキャスト(出演者)を紹介します。

  • 浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん
  • 若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)
  • 水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん
  • 比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん
  • 室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん
  • 西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん
  • 安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん
  • 浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん
  • 浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん
  • 育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん
  • 真由美(まゆみ)役:猫背椿さん
  • 蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん
  • 大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)
  • 浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん

夫と息子と暮らすどこにでもいるような主婦で、スーパー『ラビットマート』でパート従業員として働いている。これまで子育てとパートに追われ、趣味も何もなくただ生きてきた。ある日突然、容姿だけでなく声も似ているということで失踪した大女優・若菜絹代の替え玉としてスカウトされ、人生が一変する。

若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)

『プロダクション曼珠沙華』に所属する大女優で、夫は水田夏雄。数々の映画やドラマに出演し人気があるが、裏では”悪魔”と恐れられるほどワガママ放題。数年前のスキャンダルが表に出て謝罪会見に追い込まれるが、会見に出るのが嫌で失踪する。

水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん

若菜の夫で、元は売れない俳優。結婚してからはヒモ夫となる。雰囲気はどこかチャラい。若菜になりすますことになった妙子に、女優の振舞い方などを優しくレクチャーする。

比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん

芸能事務所『プロダクション曼珠沙華』の社長。創業者である父が倒れ、急きょ社長に就任した。事務所存続のため、若菜からひどい言葉を浴びせられ続けても耐えてきた。若菜が失踪したことで対応に追われる。

室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜の付き人。仕事のできる優秀な人物だが、3年もの間、若菜に虐げられ続けてきたため、若菜のことを”悪魔”と言う。妙子が若菜になりすます際には、若菜のプロフィール情報をまとめるなどしてフォローする。

西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜のチーフマネージャー。若菜にそっくりな妙子を見つけ、なりすましを依頼する。妙子の女優生活をセシルと共にフォローする。

安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん

『プロダクション曼珠沙華』の副社長。突然社長になった莉湖をフォローしている。なりすましを迷う妙子に対し、金をちらつかせて決断させる。

浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん

妙子の夫で、印刷会社に勤務している。妻である妙子に全くの無関心。家事を全くせず、一人では何もできない。会社では若手社員の扱いに苦戦している。

浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん

妙子と陽一の息子。社会人1年目にもかかわらず、出社せずに公園で時間をつぶすサボリーマン。妙子に対して冷たい態度をとるが、見た目や雰囲気の変化を敏感に感じ取る。

育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん

『ラビットマート』で働く新米パートで、妙子のパート仲間。手際が悪い上に、仕事を教えてもらってもメモも取らず覚える気もない様子。誰にも言えない秘密を抱えている。

真由美(まゆみ)役:猫背椿さん

『ラビットマート』で働く妙子のパート仲間。妙子とは気が合い、家族の愚痴などをよく話している。夫と離婚することを考えている。

蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん

学生起業家で、数社の代表取締役を務めている。ITの天才で、抜群のプログラミングスキルを持つ。あきらと出会い仲良くなり、仕事仲間に誘おうとする。

大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)

ヘアメイクアップアーティスト。若菜になりすます妙子のヘアメイクを担当する。

浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

敏腕弁護士。ある人の依頼で『プロダクション曼珠沙華』を訴えようとする。

まとめ【この素晴らしき世界】1話のネタバレ考察!感想や口コミは?

この記事では、『この素晴らしき世界』第1話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も要チェックだね!

今なら沢村一樹さん出演ドラマ『ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者』や、木村佳乃さん出演ドラマ『僕のヤバい妻』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料トライアルができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

\無料期間中の解約OK/

『U-NEXT』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次