MENU
\ ポイント最大9倍! / 詳細を見る

【この素晴らしき世界】5話のネタバレ考察!沖野島紀明からのセクハラ?感想や口コミは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

若村麻由美さんが主演する月9ドラマ『この素晴らしき世界』の第5話が、2023年8月17日(木)夜10時から放送されました。

ドラマ『この素晴らしき世界』は、どこにでもいるような平凡な主婦が、ある日突然、失踪した大女優になりすまして、違う世界へと飛び込んでいく…というストーリーです。

豆ねこ

キャストは大人の俳優さんぞろいです!

この記事では、ドラマ『この素晴らしき世界』の第5話のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『この素晴らしき世界』
5話放送日8月17日(木) 夜10時~
放送局フジテレビ
脚本烏丸マル太
全放送回数全9話
主題歌小田和正『what’s your message ?』
出演若村麻由美、木村佳乃、マキタスポーツ、沢村一樹ほか
ドラマ『この素晴らしき世界』概要

『この素晴らしき世界』関連記事

目次

【この素晴らしき世界】5話ネタバレあらすじ

第5話放送日
2023年8月17日(木)

浜岡妙子(若村麻由美)は比嘉莉湖(木村佳乃)の孫・信男(須山結斗)の世話を手伝っていると、仕事を終えた莉湖が帰宅する。妙子は疲れた様子の莉湖に何かあったのか尋ねるが、莉湖は何か隠しているよう。莉湖は『プロダクション曼珠沙華』を訴える櫻井佳音(葉月ひとみ)の事で頭を悩ましていた。

一方の妙子も脳梗塞から救ったアイドルの七瀬ほのか(足川結珠)を心配していた。妙子は七瀬から相談があると持ちかけられており、謎の支援者・Mr.Summer Timeに聞くと「自分の思う通りにやるのが一番」だとアドバイスされ、若菜絹代(若村・二役)に扮して入院中の七瀬を訪ねるのだった。すると七瀬は芸能界で活動する中で、自分は何がしたいのかわからなくなったと妙子に訴える。さらに「若菜はどうやって乗り越えてきたのか?」と聞かれるが、妙子はその場ではうまく答えることができないでいた。
莉湖は佳音の問題について社員に個別面談をしながらヒアリングを始めるが、重要な情報は得られない。しかし、室井セシル(円井わん)を介して佳音と同期の内藤祥子(周本絵梨香)に話を聞くと、内藤から佳音がテレビディレクター・沖野島紀明(吉田宗洋)からのセクハラに悩んでいたことを聞かされる。
そんな中、妙子のもとに西條隼人(時任勇気)から新たななりすましの依頼が。沖縄で行われる映画祭への出席で外泊が必要になり、陽一(マキタスポーツ)を誤魔化すために妙子はある作戦を決行する。

ドラマ公式HPより

この記事は第5話のネタバレを含みます!

ネタバレ①たった17歳のアイドル・ほのか

妙子(若村麻由美)は女優・若菜絹代としてアイドルの七瀬ほのか(足川結珠)に相談されて悩んでいました。

テレビ局でほのかを助けたことで因縁が出来てしまい、簡単に見捨てることができなかったのです。

ネットを介して妙子にエールを送ってくれた正体不明の”ミスター・サマータイム”は「やりたいようにやればいい、自分を信じて」と妙子の背中を押してくれました。

その頃、莉湖(木村佳乃)はスタッフの過重労働の問題で、会社の中で微妙な立場になっていました。

莉湖の孫・信男の世話を頼まれた妙子はシッターをしながら晩御飯の支度をして、莉湖の帰りを待っています。

疲れた様子の莉湖を気遣い、労う妙子。

莉湖の家のリビングのテーブルに置かれた雑誌の表紙のほのかの写真を見て、妙子は決意したのです。

その夜、妙子は若菜絹代としてほのかの病室を訪れました。

でも結局、ほのかが仕事で悩んでいることに対して、きちんと答えてあげられませんでした。

仕事のやり方も、会社の方針も妙子が置かれた環境とは全く違います。

自分がやりたいこと、やりたくないことも、何も分からず…ほのかは自分が辛い状況に置かれていることだけは自覚していて…「自分が誰だか解らない」と言うのです。

小さい頃は獣医になりたかったのに、その夢が消えてしまったのだと。

親も頼れず、社長の言いなりにされてしまい、結果的に脳梗塞で倒れてしまいました。

社会人とはいえ、まだたった17歳の女の子…。

「もっと、自分のことだけ考えてて良いのよ?」

若菜絹代を演じて、ほのかを慰める妙子。

「若菜さんは、どうやって乗り越えてきたんですか?」と問われ、妙子は「まず自分の体を治して、自分のペースでやってみたら?」としか言えませんでした。

妙子には、ほのかの周囲の大人たちや、全く頼ることができないほのかの両親がおかしいと感じました。

夏雄(沢村一樹)は妙子からその話を聞いて「僕らがそこに首を突っ込むべきではない」と諭します。

事務所によってやり方も違うし、越権行為は行うべきではないと妙子に言うのです。

しかし、妙子にとって、17歳はまだまだほんの子供にしか見えず…。

社会にひとりで放り出すにはあまりにも幼いのでは、と心配していたのです。

夏雄は、ほのかが脳梗塞になったのが、必ずしも働きすぎだったからだとは思えない、というのです。

彼は妙子に若菜絹代の若い頃の話をして、なぜほのかが若菜絹代に相談したかったのかを推察していました。

「妙子さんには、若菜絹代という人生がどう見えているの?」と問います。

妙子は、絹代が自分とは真逆の人だと答えました。

若菜絹代は一挙手一投足が周囲に与える影響が大きくて、大変だなあ…と。

夏雄はそんな妙子を逞しいと評価しましたが、絹代がいた世界では「華やかさと自由が両立しているとは限らない」と言います。

妙子は「どこに向かっているか解らなくなっても、自分が向いている方向が前なんだ」と言う言葉を思い出しました。

自分が誰なのか忘れてしまったら意味がない。

ほのかも、目標をもって自分の人生をきちんと生きなければダメだと思う…と妙子は思ったのです。

ネタバレ②スタッフの過重労働事件の真相

プロダクション曼殊沙華が抱える櫻井佳音(葉月ひとみ)の過重労働の訴訟問題で、莉湖たちは、櫻井が実はテレビのディレクター、沖野島紀明(吉田宗洋)のセクハラに悩んでいたという話を突きとめました。

仕事関係の付き合いからなし崩し的に沖野島に酒の席に付き合わされて、部屋に連れ込まれるようになり、二人はプライベートの交際に発展しましたが、同時期に沖野島が他の女性スタッフに対しても同様のことをしていたことに気づき、櫻井は怒りをあらわにしたのです。

しかし、男女として一時的とはいえ交際してしまったとして、それはセクハラではなく、櫻井の自己責任だと事務所側は認定しました。

櫻井は、実は莉湖にもそのセクハラについて相談していた、と主張していました。

莉湖はそのことを朧げに覚えていましたが、そのときには適切な対応ができなかったのだと思い出しました。

スタッフのセシル(円井わん)は「沖野島は最低だが、櫻井にも非がある」と言いました。

厳しい言葉ですが、それは芸能界で生き抜く女性スタッフの処世術だったのでしょう。

あきらと蛍はデートしながらマッチングアプリのアルゴリズムについて話し合いました。

蛍は自立心の強い女の子で、小学生の頃から発明コンテストで優勝したり、自身の直感を頼りに生きてきたことが伝わってきます。

そんな様子が、あきらには眩しくてキラキラしていました。

ネタバレ③沖縄を目指せ!

妙子は、沖縄に一泊二日で出張は可能だろうかという打診を受けました。

国際映画祭のゲストとして若菜絹代が選ばれたのです。

しかも出発は明後日…いくらなんでも唐突に家を空けるのはちょっと難しい、と悩みながらも、沖縄に行ってみたい、と思ってしまった妙子。

夫の陽一(マキタスポーツ)に罠をしかけ、挑発してケンカを装い、全てを陽一のせいにして一日家出をする、という演技を伝授され___『女優になれ』とセシルに背中を押されました。

出勤した会社でも、陽一は傍若無人な若手社員の園田(犬飼貴丈)にも振り回されて散々です。

その夜、妙子はセシルの指導でガンガン陽一を挑発する方向で作戦を遂行していきます。

いらだちが最高潮に達した陽一でしたが、たまたまその日、会社でアンガーマネジメントとパワハラの講習を受けてしまった彼は、反撃をぐっと堪えて踏みとどまってしまいました。

6秒こらえて怒りを発散させる『6秒ルール』で苦虫をかみつぶしたような顔をしている陽一に攻撃の手を緩めない妙子でしたが、いつもとは違ってケンカになりえず、作戦は失敗してしまったかに見えました。

妙子は陽一が気分転換に再び風呂に入っている間に、セシルに助けを求めて電話したのです。

そして発動した作戦B。

動員されたのは詩乃(平祐奈)です。

セシルはアルバイト代を払ってエキストラとして参戦を依頼していました。

陽一が風呂から上がると、詩乃は妙子の家のリビングで泣いていたのです。

妙子はそっと詩乃を抱きしめて慰める演技をしていました。

「あの子ね、お腹に赤ちゃんがいて、それを田舎のご両親に説明に行く予定だったんだけど、怖くなっちゃったんだって…子供の父親と別れちゃって、それで、私に一緒にきてもらえないか、って…沖縄へ。ダメ…だよねぇ、断るか…」

がっくりと項垂れてため息をつく妙子に「そういうことに関わって、責任取れるのかっていうこともあるよ?」という陽一でしたが…しかし、詩乃はその日の朝に事前に陽一の前に現れて、絶妙な仕込みをしていたのです。

鍼灸院の名刺を渡して陽一の下心をちくちくとくすぐっていた詩乃。

「こうみえて、私、結構巨乳です♡」と言ってそそのかし、ちょっとヤバいLINEのやり取りをゲットしていたのでした。

結果的に、陽一が妙子と詩乃に篭絡されて沖縄行きの許可が出ました。

妙子は無事に国際映画祭の壇上でプレゼンターを務めることになったのです。

海の向こうのどこかのリゾートに滞在していた本物の若菜絹代は…垂れ流していたテレビの画面で高名なアントニオ・ガルシア監督とともに映画祭で微笑んでいる妙子を見て「こいつ、誰よ!?」と驚愕していました___。

豆ねこ

若村麻由美さんや木村佳乃さんの演技も楽しみ♪

【この素晴らしき世界】5話の考察と感想

考察/感想①芸能界と一般社会の乖離

妙子は結婚、妊娠、出産、そして一人息子を育て上げたアラフィフおばちゃんとしては極めて真っ当なバランス感覚の持ち主です。

そんな彼女から見たら、芸能界のルールはおかしいことばかり。

17歳でもアイドルとして仕事を貰っているからには『社会人』として扱われるほのか。

でも妙子にしてみれば、まだ彼女は子供としか認識できません。

そんな芸能界で生きてきた若菜絹代の夫である夏雄の視点もまた妙子にとっては新鮮で、その言葉に力を貰い、妙子は学んでいくのです。

莉湖もまた、プロダクション曼殊沙華を懸命に守ろうとしているものの、彼女自身も芸能界しか知らず、妙子と過ごすうちに目から鱗が落ちるような感覚を味わっているようです。

何が『普通』なのか、それはそれぞれの業界や社会ごとに変わるものなのでしょうが…妙子の日常は芸能界に交わることで化学変化を起こし始めており、反対に莉湖やセシル、夏雄…そしてほのかの感覚も、妙子と交わることによってじわじわと変化をみせているように感じます。

考察/感想②過重労働が問題じゃなかった!

プロダクション曼殊沙華が元スタッフの櫻井佳音に訴訟を起こされてごたついている過重労働問題は、実は櫻井がテレビ局のディレクターに言い寄られてなし崩し的に男女関係にもつれ込んだセクハラ問題だったことが詳らかになりました。

しかし、それはもともとがセクハラから始まったものであったとしても、そして一時的とはいえ個人的な男女交際に発展していたことから、相手方を訴えることが難しい問題になっていたのです。

しかし、今回…それでなぜテレビ局のディレクターでなく、会社が訴えられることになるのかはまだ明らかにされていませんが…もしかしたら櫻井が告白したにもかかわらず、そしてそのことを覚えていたにもかかわらず、莉湖が櫻井を庇ったり、救いの手を差し伸べなかったことに対する逆恨みだったのかもしれない、と推察しました。

これまでに曼殊沙華のスタッフたちが莉湖に対して口を閉ざしていたのも、そうした理由からだったのかもしれません。

こういう作劇が巧いなぁと思っていたら、脚本家の烏丸マル太というのはプロデューサーの鈴木吉弘氏のペンネームで、鈴木氏は「電車男」「ガリレオ」「HERO」など数々の名作ドラマのプロデュース・企画を手掛けており、その展開の密度の濃さに納得しました。

考察/感想③凄腕マネージャー、セシル

5話における最大の功労者はセシルです。

訴訟問題についてフラットな立場で莉湖に事実説明を行ったり、沖縄一泊二日の旅をゲットするために陽一を納得させるミッションの遂行など、多岐にわたって大活躍していました。

前回は妙子が暴走することに対して厳しい言葉で糾弾するシーンもありましたが、終始一貫して、彼女の『若菜絹代のマネージャー』としての姿勢はブレていません。

そして妙子だけでなく、詩乃を見事に配置した作戦Bと、そのための仕込みのプロセスは見事でした。

動じずに采配していく素晴らしい軍師ぶりで、さらに妙子に『女優になれ!』とその気にさせる手練手管は人たらしの西條(時任勇気)より上かもしれません。

本物の若菜絹代のことを悪魔と呼び、恐らくめちゃめちゃ苦労させられただろうセシルですが。

その仕事の渦中で鍛えられただろう多角的なマネジメントスキルはハンパないレベルだと思われます。

そうして成功させた妙子の沖縄出張ですが…まさかその映画祭の様子がワールドワイドに配信されてしまうとは…。

本物の若菜絹代は、妙子の姿を見てこれからどう動いていくのか…遠からず嵐が起こりそうな予感がします。

【この素晴らしき世界】5話の口コミを紹介

https://twitter.com/wk___koju/status/1692178604313223357?s=20

先週はホロッと涙したのに、今週は声出して笑ったw 今クールVIVANTの次にハマっているのがこのドラマだったりする。若い子に媚びて幼稚な作品が多い昨今、大人向けの作品はやはり面白いなぁ…とシミジミ。

豆ねこ

第5話の口コミは放送後に更新します♪

【この素晴らしき世界】キャスト(出演者)は?

『この素晴らしき世界』のキャスト(出演者)を紹介します。

  • 浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん
  • 若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)
  • 水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん
  • 比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん
  • 室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん
  • 西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん
  • 安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん
  • 浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん
  • 浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん
  • 育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん
  • 真由美(まゆみ)役:猫背椿さん
  • 蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん
  • 大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)
  • 浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん

夫と息子と暮らすどこにでもいるような主婦で、スーパー『ラビットマート』でパート従業員として働いている。これまで子育てとパートに追われ、趣味も何もなくただ生きてきた。ある日突然、容姿だけでなく声も似ているということで失踪した大女優・若菜絹代の替え玉としてスカウトされ、人生が一変する。

若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)

『プロダクション曼珠沙華』に所属する大女優で、夫は水田夏雄。数々の映画やドラマに出演し人気があるが、裏では”悪魔”と恐れられるほどワガママ放題。数年前のスキャンダルが表に出て謝罪会見に追い込まれるが、会見に出るのが嫌で失踪する。

水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん

若菜の夫で、元は売れない俳優。結婚してからはヒモ夫となる。雰囲気はどこかチャラい。若菜になりすますことになった妙子に、女優の振舞い方などを優しくレクチャーする。

比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん

芸能事務所『プロダクション曼珠沙華』の社長。創業者である父が倒れ、急きょ社長に就任した。事務所存続のため、若菜からひどい言葉を浴びせられ続けても耐えてきた。若菜が失踪したことで対応に追われる。

室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜の付き人。仕事のできる優秀な人物だが、3年もの間、若菜に虐げられ続けてきたため、若菜のことを”悪魔”と言う。妙子が若菜になりすます際には、若菜のプロフィール情報をまとめるなどしてフォローする。

西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜のチーフマネージャー。若菜にそっくりな妙子を見つけ、なりすましを依頼する。妙子の女優生活をセシルと共にフォローする。

安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん

『プロダクション曼珠沙華』の副社長。突然社長になった莉湖をフォローしている。なりすましを迷う妙子に対し、金をちらつかせて決断させる。

浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん

妙子の夫で、印刷会社に勤務している。妻である妙子に全くの無関心。家事を全くせず、一人では何もできない。会社では若手社員の扱いに苦戦している。

浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん

妙子と陽一の息子。社会人1年目にもかかわらず、出社せずに公園で時間をつぶすサボリーマン。妙子に対して冷たい態度をとるが、見た目や雰囲気の変化を敏感に感じ取る。

育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん

『ラビットマート』で働く新米パートで、妙子のパート仲間。手際が悪い上に、仕事を教えてもらってもメモも取らず覚える気もない様子。誰にも言えない秘密を抱えている。

真由美(まゆみ)役:猫背椿さん

『ラビットマート』で働く妙子のパート仲間。妙子とは気が合い、家族の愚痴などをよく話している。夫と離婚することを考えている。

蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん

学生起業家で、数社の代表取締役を務めている。ITの天才で、抜群のプログラミングスキルを持つ。あきらと出会い仲良くなり、仕事仲間に誘おうとする。

大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)

ヘアメイクアップアーティスト。若菜になりすます妙子のヘアメイクを担当する。

浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

敏腕弁護士。ある人の依頼で『プロダクション曼珠沙華』を訴えようとする。

まとめ【この素晴らしき世界】5話のネタバレ考察!感想や口コミは?

この記事では、『この素晴らしき世界』第5話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も要チェックだね!

今なら沢村一樹さん出演ドラマ『ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者』や、木村佳乃さん出演ドラマ『僕のヤバい妻』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料お試し視聴ができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

\無料期間中の解約OK/

『U-NEXT』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次