MENU
\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

【この素晴らしき世界】6話のネタバレ考察!『プロダクション曼珠沙華』感想や口コミは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

若村麻由美さんが主演する月9ドラマ『この素晴らしき世界』の第6話が、2023年8月24日(木)夜10時から放送されました。

ドラマ『この素晴らしき世界』は、どこにでもいるような平凡な主婦が、ある日突然、失踪した大女優になりすまして、違う世界へと飛び込んでいく…というストーリーです。

豆ねこ

キャストは大人の俳優さんぞろいです!

この記事では、ドラマ『この素晴らしき世界』の第6話のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『この素晴らしき世界』
6話放送日8月24日(木) 夜10時~
放送局フジテレビ
脚本烏丸マル太
全放送回数全9話
主題歌小田和正『what’s your message ?』
出演若村麻由美、木村佳乃、マキタスポーツ、沢村一樹ほか
ドラマ『この素晴らしき世界』概要

『この素晴らしき世界』関連記事

目次

【この素晴らしき世界】6話ネタバレあらすじ

あわせて読みたい
- YouTube Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.
第6話放送日
2023年8月24日(木)

浜岡妙子(若村麻由美)は比嘉莉湖(木村佳乃)から、娘の亜美(尾碕真花)が孫の信男(須山結斗)を自分のもとに置いて行った理由を聞かされる。それは、亜美が離婚した貴一郎(松村遼)が入院したからで、重い病状なのに身寄りがない彼のために亜美は病院に付き添っているとのことだった。妙子は莉湖も病院へ行かなくて良いのか尋ねるが、莉湖は亜美が嫌がると答えた。
そんな莉湖が抱える問題のもう一つは、櫻井佳音(葉月ひとみ)からの訴訟問題。莉湖は佳音からセクハラの話を聞いたが、当時は問題視しなかったことを妙子に明かす。妙子は佳音の話し方で気づかなかったのは仕方ないと慰めるのだが、セクハラの相手ではなくなぜ莉湖の事務所が訴えられるのか理解できないでいた。
ある日、妙子の息子・あきら(中川大輔)は蒼井蛍(水瀬莉子)と一緒に木村久之(二條正士)に会っていた。木村は蛍が作ったマッチングアプリの登録者個人情報にアクセスしてタレント志望者に芸能事務所を紹介しようと考えており、その仕事の一部をあきらにやって欲しいと頼む。あきらは違法性を心配するが、蛍に大丈夫だと言われてタレント志望の男性と会うことに。しかし、あきらが男性に出した名刺には『プロダクション曼珠沙華』と書かれていて…。

ドラマ公式HPより

この記事は第6話のネタバレを含みます!

ネタバレ①信男の母親と、父親

妙子(若村麻由美)が莉湖(木村佳乃)の家で家事をしていたら、リビングのテレビには沖縄でしてきた仕事の映画祭の授賞式が流れていました。

信男(須山結斗)の父親は重度のアルコール依存症で入院しており、離婚したとはいえ、莉湖の娘の亜美(尾崎真花)がつきっきりで看病していたのです。

亜美は、余命わずかとなった元夫を看取る覚悟でいました。

莉湖はもともとその結婚に反対しており、離婚したとはいえ、母娘は未だに反目していました。

妙子は、莉湖の周りではありえないことばかりが起こる、と思っていました。

そんな彼女はスーパーのパートと、莉湖の家のハウスキーパー&シッター…そして時々若菜絹代の代役とで大忙しです。

その頃、プロダクション曼殊沙華が抱えていたもう一つの大きな問題はスタッフの櫻井佳音(葉月ひとみ)の過重労働と自殺未遂の訴訟問題です。

佳音についている弁護士は、妙子の同僚の真由美(猫背椿)のモラハラ夫・浅野(佐戸井けん太)でした。そもそもなぜ、セクハラの相手の沖野島ディレクターではなく、プロダクション曼殊沙華が訴えられるのか…?!

認定の難しい『セクハラ』で訴えるより、それを黙認した会社を訴えた方が手っ取り早くて確実だと思われているのです。

しかし「それは理不尽だ!」と妙子は憤りました。

莉湖はその言葉にホッとしたのです。

そのころ、あきら(中川大輔)は蛍(永瀬莉子)と組んだビジネスに引き込まれて行きました。

蛍が開発したマッチングアプリでタレント志望者をスカウトする仕事を頼まれたのです。

しかし、あきらに渡された名刺には「プロダクション曼殊沙華」と印字されていたのです。

あきらは、戸惑いながらも蛍や仲間たちに丸め込まれていました。

そんなある日の昼、近所のベンチでぼーっとしていたあきらを見つけた妙子は「会社はどうしたのだろう」と心配して声をかけました。

自分も少し後ろ暗いこともあって、突っ込み切れませんでしたが。

あきらは、妙子から見てもどこか不自然でした。

莉湖は病院に詰めている亜美の元を訪れました。

しかし、亜美はシッター(妙子)に信男を預けていると聞いて、咎めるような複雑な表情を浮かべました。これまで、仕事ばかりで亜美のことをかまってこなかったツケが回ってきたかのように、亜美は莉湖を責め立てたのです。

莉湖は反論できませんでした。

ネタバレ②ある土曜日の昼下がりに…

妙子は土曜日に夏雄(沢村一樹)とトレーニングに励んでいました。

油断するとせっかくのダイエットが無駄になってしまうからです。

妙子は夏雄に亜美のことを聞いてみました。

夏雄は莉湖母子とは家族ぐるみで付き合いがあって、亜美が子供のころから知っていました。

そして「莉湖は子育ては一切しておらず、亜美も母親だとは思っていない」と言うのです。

同じ頃、自宅マンションの近くで、詩乃(平祐奈)と陽一(マキタスポーツ)とあきらが偶然ばったり出会ってしまいました。

詩乃は陽一を無難にやりすごし、同級生のあきらには「いずれ全部話す」と言って納得させました。

そしてあきらに「番号変わったでしょ?」と言い、あきらの名刺を貰ったのですが、そこには偽のプロダクション曼殊沙華のロゴと、あきらではない佐藤何某の名前が…それを見た詩乃は何かに気付きました。

その直後、陽一が帰宅すると、リビングには上裸の夏雄がいたのです。

「ああ、どうも!」とにこやかに笑う夏雄。

妙子は夏雄を紹介し「昔の同僚でたまたま会って、漏水トラブルを見て助けてもらった」と言い張って納得させましたが、陽一は不機嫌です。

あきらは妙子の変化に気づいていました。

「母さん、なんか最近綺麗になったと思わない?まぁ、父さんは気づいてないだろうけど」と言って陽一を揺さぶったのです。

妙子は莉湖の家でシッターをしていましたが、そのことを家族には詳しく話していません。

莉湖が帰ってこられず、信男を一人にはできないので、遅くまで比嘉家に残っていました。

その日は亜美の元夫の状態が悪くて、莉湖も病院に詰めていたのです。

妙子は信男を寝かせたあとで、リビングにあった亜美の幼い頃のアルバムを見ていました。

その中には亜美と元夫、そしてまだ幼かった信男の写真も残されていたのです。

遅くに帰ってきた莉湖に、妙子は「信君は、お父さんのこと覚えてるんじゃないかな…会わせてあげるべきだと思う。愛してくれたお父さんの記憶を、信君に残してあげるべきじゃないかな?」と言いました。

莉湖は亜美がそれを嫌がるとは思いましたが、静かに頷きました。

いつもとは違って帰りが遅く、LINEをしてもレスがない妙子を心配して、陽一は職場のスーパーに電話をしてしまいました。

そして夏雄のことも聞いてしまったのです…。

ネタバレ③それぞれの家族のかたち

莉湖は妙子と一緒に、信男を病院に連れて行きました。

「パパに会わせてあげて」という言葉に一瞬複雑そうな顔をした亜美でしたが。

信男をベッドの傍に連れて行きました。

「かきごおりのひと?」

信男は小さい頃にかき氷を作ってくれたパパのことを覚えていました。

亜美は涙を流して信男を抱きしめました。

間もなく、亜美の元夫は亡くなりました。

スマホのメッセージに気付いた妙子は慌てて「早退した人の代わりに残業してた」と返信しましたが。

その嘘は陽一にはバレバレだったのです。

しかし、彼は妙子に何も言いませんでした…。

莉湖は亜美を産んだものの、自分でちゃんと育てられなかった過去を悔いていると妙子に吐露しましたが「過去なんて、棚に上げちゃえばいい。溝は埋めようとしなかったら埋まらないよ?」と返されて、納得してしまいました。

その日、信男は亜美のもとに帰っていったのです。

「またね…亜美も、また来てね」というと、亜美は「はい」とちょっと他人行儀な返事をして、帰っていきました。

そのあとを妙子は追い、莉湖のもとにあったアルバムを手渡したのです。

公園のベンチでそれを見ていた亜美は「母に写真を撮ってもらったのなんて、運動会や発表会ぐらいで、普通の写真も思い出もない」と言いましたが。

アルバムの中には莉湖が確かに慈しんで亜美を育てていた日々が残されていました。

手書きの付箋が付けられたそのページに、亜美の眼は潤んで真っ赤です。

「あなたのこと、ちゃんと見てた。完璧ではないけど、精いっぱいやろうとしてたんだよ…」

最後の頁に残されていたのはかき氷を前にした亜美夫婦と信男の写真。

「私は、父親もいないし、何かの間違いで生まれてきたのかと思ってた」という亜美。

妙子はそれを否定し「時々は電話してあげて、あなたにも、信男君にも会いたいと思ってるはず」と伝えました。

その夜。

夏雄のもとに来客がありました。

玄関を開けると、そこには白いストールを被った妙子…ではなく、それは___若菜絹代だったのです…。

豆ねこ

次回、波乱の予感!?

【この素晴らしき世界】6話の考察と感想

考察/感想①あきら、やばくね?

あきらの不安定さは今どきの若者の傾向だなぁと感じましたが、蛍と彼女の周りの人間が…多分かなりやばい…。

倫理観がバグッているとしか思えません。

ベンチャービジネスの突破口にするとはいえ、実在の『プロダクション曼殊沙華』を語り、偽名の名刺まで持ってるのは、完全にアウトです。

詐欺です。

しかも多分、あきらはまだ会社を辞めていないので、副業禁止だったら懲戒解雇もあり得ます。

あきら、危うすぎるよ…まるでリストラされたおじさんみたいな風情でベンチに座っていたら、そりゃあお母さんだって心配になるよ!と説教したくなりました。

いやマジで、あきらがおかれた状況、かなりやばいです…。

考察/感想②比嘉家の母と娘

単純に持て余して放り出した育児放棄かと思ったら、結構深刻な状態だった亜美。

離婚したとはいえ、やっぱり元夫のことは好きだったんでしょうね。

もしかして、母娘そろってダメンズウォーカーなのか、莉湖と亜美…。

でも、妙子が介在していることで和解に向かえそうでとりあえず良かった…。

信男は、ちゃんとパパのことを覚えていて、きちんとお別れ出来たのも、妙子の後押しがあったから…ということで、今回、普通の感覚をもったおばちゃん=妙子が大活躍でした。

そういえば、今回はシッター&ハウスキーパーのお仕事ばかりで、妙子=若菜絹代のシーンがなかったなぁ、と終わってから気づきました。

もし今、妙子が莉湖のそばにいなかったら___亜美から突然押し付けられた信男は持て余されて、莉湖の仕事は中途半端になり、パンクしていたことは想像に難くありません。

妙子、実はめちゃめちゃ有能です。

そうして比嘉家の家庭内の問題は一段落かと思われますが…そうこうする間にプロダクション曼殊沙華の訴訟問題は深刻さを増しています。

そこに違和感を感じて素直に「おかしくね?」と発言する妙子と、業界の常識の間には凄まじいばかりの乖離がありますが…果たしてその溝を埋めて、正しく裁かれるべきものが裁かれ、守られるべき人が守られる、そんな結果をゲットできるのか…次週、何らかの動きがありそうです。

考察/感想③帰ってきちゃったご本人?!

前回のラスト___海の向こうのどこかのリゾートを満喫していた若菜絹代が偽物(妙子)の存在を知って驚愕していましたが。

その絹代が帰ってきました。

人に見られないように顔を隠して…。

ドアを開けた瞬間から、夏雄は自然に彼女のことを受け止めていましたが、その様子に彼の底知れなさがじわじわと漂っていました。

あまりにもその態度が普通だったから。

失踪から時を経てずぶぬれで戻ってきた妻の絹代を、驚くでも責めるでもなく、さらりと迎え入れたのです。

そんな夏雄だから、絹代は長い間傍に置いていたのでしょう。

それが『愛』かどうかは別にして…。

いずれにせよ、絹代が戻ってきた…ただし、女優復帰するかどうかはまたその先の話です。

妙子の『お仕事』はこれで終わるのか、それとも…という一つの局面に立ったわけです。

その妙子は予想外にのめり込んだ莉湖と信男のハウスキーパー&シッターの仕事で家を空けることが増え、とうとう陽一に怪しまれる事態に陥ってしまいました。

…アンガーマネジメントの講習の成果があってか、まだ陽一は何も行動に移しませんが、浜岡家は一触即発、次回は爆発の危険性大です。

【この素晴らしき世界】6話の口コミを紹介

病院にいるお父さんに息子を会わせるところで号泣…。
母子のいざこざでも泣いちゃった。

家族にこれだけ秘密ができると大変だなぁ…。若菜さん帰って来たし、来週も波乱の展開になりそうだな~

【この素晴らしき世界】キャスト(出演者)は?

『この素晴らしき世界』のキャスト(出演者)を紹介します。

  • 浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん
  • 若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)
  • 水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん
  • 比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん
  • 室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん
  • 西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん
  • 安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん
  • 浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん
  • 浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん
  • 育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん
  • 真由美(まゆみ)役:猫背椿さん
  • 蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん
  • 大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)
  • 浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん

夫と息子と暮らすどこにでもいるような主婦で、スーパー『ラビットマート』でパート従業員として働いている。これまで子育てとパートに追われ、趣味も何もなくただ生きてきた。ある日突然、容姿だけでなく声も似ているということで失踪した大女優・若菜絹代の替え玉としてスカウトされ、人生が一変する。

若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)

『プロダクション曼珠沙華』に所属する大女優で、夫は水田夏雄。数々の映画やドラマに出演し人気があるが、裏では”悪魔”と恐れられるほどワガママ放題。数年前のスキャンダルが表に出て謝罪会見に追い込まれるが、会見に出るのが嫌で失踪する。

水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん

若菜の夫で、元は売れない俳優。結婚してからはヒモ夫となる。雰囲気はどこかチャラい。若菜になりすますことになった妙子に、女優の振舞い方などを優しくレクチャーする。

比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん

芸能事務所『プロダクション曼珠沙華』の社長。創業者である父が倒れ、急きょ社長に就任した。事務所存続のため、若菜からひどい言葉を浴びせられ続けても耐えてきた。若菜が失踪したことで対応に追われる。

室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜の付き人。仕事のできる優秀な人物だが、3年もの間、若菜に虐げられ続けてきたため、若菜のことを”悪魔”と言う。妙子が若菜になりすます際には、若菜のプロフィール情報をまとめるなどしてフォローする。

西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜のチーフマネージャー。若菜にそっくりな妙子を見つけ、なりすましを依頼する。妙子の女優生活をセシルと共にフォローする。

安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん

『プロダクション曼珠沙華』の副社長。突然社長になった莉湖をフォローしている。なりすましを迷う妙子に対し、金をちらつかせて決断させる。

浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん

妙子の夫で、印刷会社に勤務している。妻である妙子に全くの無関心。家事を全くせず、一人では何もできない。会社では若手社員の扱いに苦戦している。

浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん

妙子と陽一の息子。社会人1年目にもかかわらず、出社せずに公園で時間をつぶすサボリーマン。妙子に対して冷たい態度をとるが、見た目や雰囲気の変化を敏感に感じ取る。

育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん

『ラビットマート』で働く新米パートで、妙子のパート仲間。手際が悪い上に、仕事を教えてもらってもメモも取らず覚える気もない様子。誰にも言えない秘密を抱えている。

真由美(まゆみ)役:猫背椿さん

『ラビットマート』で働く妙子のパート仲間。妙子とは気が合い、家族の愚痴などをよく話している。夫と離婚することを考えている。

蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん

学生起業家で、数社の代表取締役を務めている。ITの天才で、抜群のプログラミングスキルを持つ。あきらと出会い仲良くなり、仕事仲間に誘おうとする。

大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)

ヘアメイクアップアーティスト。若菜になりすます妙子のヘアメイクを担当する。

浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

敏腕弁護士。ある人の依頼で『プロダクション曼珠沙華』を訴えようとする。

まとめ【この素晴らしき世界】6話のネタバレ考察!感想や口コミは?

この記事では、『この素晴らしき世界』第6話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も要チェックだね!

今なら沢村一樹さん出演ドラマ『ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者』や、木村佳乃さん出演ドラマ『僕のヤバい妻』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料お試し視聴ができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

\無料期間中の解約OK/

『U-NEXT』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次