MENU
\ ポイント最大11倍! / 詳細を見る

【この素晴らしき世界】8話のネタバレ考察!敵と直接対決へ!!感想や口コミは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

若村麻由美さんが主演する月9ドラマ『この素晴らしき世界』の第8話が、2023年9月7日(木)夜10時から放送されました。

ドラマ『この素晴らしき世界』は、どこにでもいるような平凡な主婦が、ある日突然、失踪した大女優になりすまして、違う世界へと飛び込んでいく…というストーリーです。

第8話では、家を飛び出した妙子がプロダクション曼珠沙華へ行き、安原からプロダクション曼珠沙華の社員やタレントを新しい会社へ移籍させるという話を聞きます。そして莉湖は沖野島の件をあきらめる…というストーリーになりますが、果たしてどんな展開になるのでしょうか!?

豆ねこ

ストーリーも最終章!

この記事では、ドラマ『この素晴らしき世界』の第8話のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『この素晴らしき世界』
8話放送日9月7日(木) 夜10時~
放送局フジテレビ
脚本烏丸マル太
全放送回数全9話
主題歌小田和正『what’s your message ?』
出演若村麻由美、木村佳乃、マキタスポーツ、沢村一樹ほか
ドラマ『この素晴らしき世界』概要

『この素晴らしき世界』関連記事

目次

【この素晴らしき世界】8話ネタバレあらすじ

第8話放送日
2023年9月7日(木)

浜岡妙子(若村麻由美)は陽一(マキタスポーツ)と口論になり、家を飛び出した。行くあてのない妙子が『プロダクション曼珠沙華』に向かうと、事務所では比嘉莉湖(木村佳乃)が会社を畳む場合の資金整理の計算をしていた。莉湖は沖野島紀明(吉田宗洋)の問題に取り組む決意を固めたのだ。すると、妙子のスマホに育田詩乃(平祐奈)から沖野島のカバンを盗んだと連絡が入り、怪しい薬が入ったカバンを室井セシル(円井わん)に預けたと知らされる。

そんな中、事務所に安原光顕(西村まさ彦)がやって来て、海外の投資家たちに新会社の説明をして来たと莉湖に告げる。安原は『プロダクション曼珠沙華』の社員、タレントを移籍させる会社を設立したと言う。すでに國東統次郎(堺正章)の了解も得ており、莉湖の放漫経営を指摘。さらに、新会社のメンバーとしてある人物を招き入れる…。

安原に会社から追い出された莉湖は妙子に一連のことを謝り、「これで終わりにしよう」と言うのだが、妙子は納得出来ない。翌朝、妙子は水田夏雄(沢村一樹)に会う。若菜絹代(若村・二役)が家に帰っていることを告げる夏雄に、妙子は莉湖が沖野島の件をあきらめたことを話す。夏雄も自分には誰かの人生に口出し出来るような資格はないと言うが、やはり妙子は納得する事が出来ない。

妙子は陽一に電話をして、あきら(中川大輔)もいる事を確認して自宅に帰ることに。そして、ある決意をして家族会議に臨んだ。家族との話を終えた妙子は莉湖に電話し、ある提案をする…。

ドラマ公式HPより

この記事は第8話のネタバレを含みます!

ネタバレ①沈みゆく泥船?

あきら(中川大輔)が詐欺事件に巻き込まれて警察に出頭___。

混乱の中で陽一(マキタスポーツ)に浮気を疑われ、その勢いで「出ていけ!」と言われて…スーツケース一つで莉湖(木村佳乃)のもとに身を寄せた妙子(若村麻由美)。

夜遅くまでオフィスで作業をしていた莉湖は、妙子に「会社を畳む」と告白しました。

莉湖は、沖野島(吉田宗洋)の犯罪から目を背けず、社長として矢面に立つことを決意したのです。

その時、妙子はスマホが鳴ったことに気付きました。

沖野島の近くに潜入してきた詩乃(平祐奈)が、怪しい薬物が入った沖野島の鞄を奪ったと報告してきたのです。

そして、その鞄はマネージャーのセシル(円井わん)に託したと…。

そこにやってきたのは副社長の安原(西村まさ彦)です。

長年、莉湖の父のもとでプロダクション曼殊沙華の番頭として暗躍してきた彼は、海外からの投資を募り、新しい会社を立ち上げるのだと莉湖に告げました。

そして、本物の若菜絹代が自宅に戻ってきているのだとも。

「貴女たちは、本当に何も解っていない。この世界を回しているのは…『お金』です」

彼は国東監督(堺正章)の了承を得て莉湖の元から、スタッフやタレントを根こそぎ奪い、莉湖に放漫経営のツケを全て押し付けて放逐するというのです。

そして安原はある人物を呼びました。

新会社のスタッフだという…それは、セシルでした。

その手にあったのは、詩乃が奪ったという沖野島の鞄です。

大切な証拠が、安原に渡ってしまい、万事休す…。

安原は、莉湖と妙子を『世間知らず』と誹り、放り出しました。

莉湖は自らの脇の甘さを悔い、妙子に巻き込んでしまったことを詫びたのです。

妙子は「諦めないよね?」と莉湖に問いましたが。

莉湖は「もう、終わりにしましょう」と寂しそうに微笑みました。

涙をこぼしながらも、感謝を伝え、莉湖は妙子を抱きしめ「さようなら」と告げて去りました。

プロダクション曼殊沙華は、終焉を迎えたのです。

ネタバレ②浜岡家の家族会議から…

妙子は夏雄(沢村一樹)から、若菜絹代の帰還を告白されました。

ゴメン、と謝る夏雄に、妙子は素直に「教えて欲しかった…そんなことを言える立場じゃないけど」と吐露します。

まるで長いものに巻かれるように、夏雄は絹代に寄り添い、国東監督の陣営にいたのです。

「正義を貫ければいいけど…」

彼はそう自嘲気味に言いました。

妙子は、プロダクション曼殊沙華が潰れても、沖野島を告発することを諦めたくなかった、とまだ考えていたのです。

そんな彼女に、夏雄は「若菜絹代は『籠の中の鳥』で、その『籠』を誰かが勝手に壊すことが愛情だとは思えない」と言ったのです。

自宅に戻った妙子は、陽一と、警察から解放されたあきらと、三人で家族会議を行いました。

冷静さを取り戻した三人は、互いに謝罪し、それぞれが抱えていた秘密を告白したのです。

あきらは、入社して間もなく、上司が業者からリベートを受け取っていたことにショックを受けて、会社に行けなくなったのだというのです。

陽一は、長く会社員として勤めてきた先輩として「子供じゃないんだから、巧く受け流すとか…」と言いましたが、妙子は気づけなかったことを詫びながらも「相談して欲しかった」と伝えました。

しかし、あきらのことは「間違っていないと思う」とも。

悪いことを悪いと思えるあきらは偉い、と素直に褒めたのです。

受け入れたり、戦ったりできなければ、逃げても良いのだと…。

「じゃあ、次はお母さんの番!」

そう言って、妙子はテレビで謝罪会見の録画を見せて「これは私!」と陽一たちに言いました。

ネットニュースの写真、映画祭のプレゼンターの動画などを次々と見せて、若菜絹代の身代わりを演じていたことを暴露したのです。

「だから、浮気もしていないし…お父さんが心配するようなことは何もない」

そして、その身代わりも何もかもが終わったのだと告げ「普通の女の子に戻ります!」と宣言したのです。

その報酬500万円の札束を見て呆然とする陽一とあきら。

それから、問題の沖野島の犯罪に話が及びました。

証拠も武器もなく告発はできない、という妙子に、陽一は部下のモンスター社員と取引先の社長との間のトラブルを話し「証拠をネットにあげるのは?」と言い出したのです。

陽一が知恵を貸してくれたことが意外だった妙子でしたが。

あきらもそういう手段ならいくらでもあるのでは、と背中を押してくれたのです。

「警察じゃないから、証拠がなくても”言ったもん勝ち”だし…」

そしてあきらは「お母さんには強い武器がある」と言いました。

若菜絹代のふりをしてネットで告発すれば日本中が注目する___と。

無理無理無理!と及び腰になる妙子に、陽一が言いました。

「今までだってできてたじゃん?」

そのひとことで、彼女の心は決まったのです。

ネタバレ③最強の布陣…!?

意を決した妙子の招集で、莉湖の家のリビングに集まったのは実に豪華な顔ぶれでした。

あきらと蛍(永瀬莉子)、詩乃、浅野弁護士(佐戸井けん太)、櫻井佳音(葉月ひとみ)…そして、夏雄。

自らを消極的で意気地なしだという莉湖でしたが、妙子と出会って「まずやってみること」が大事だと気づいたと言いました。

音頭取りをしたのは妙子です。

すると周囲からは知恵がどんどん集まります。

蛍はハッキングの技を駆使して沖野島を探り、櫻井が個人情報を提供してくれました。

詩乃はバズりそうな配信者・グリフ(久保山知洋)のゴシップサイトを紹介し、そこのライブ配信で告発を行おうということに話がまとまったのです。

日曜深夜24時に配信することで、月曜の朝から一気に拡散されることを狙っての設定です。

しかし、その裏でグリフは国東と安原に買収されていました。

黒幕の二人はテレビ局の重役・堂道(ふるごおり雅浩)を抱き込んで、妙子らの配信の数時間前、日曜夕方の報道番組に本物の若菜絹代を出演させて、影武者だった妙子の存在を告発し、その言動は信じるに値しないものだということを世間に訴えようと企んでいたのです。

その頃、国東から「どうして逃げ出したんだ?」と問われた絹代は「謝罪会見をするのが嫌になりました」と答えました。

”不倫相手”の男と離別させたのは、国東だったのです…。

日曜に向けて着々と進む準備の中で、妙子のもとにミスター・サマータイムから「会いたい」と連絡が入りました。

そこには莉湖と夏雄の同席も促していたのです。

訪れたのは葉山の海を臨む大学病院の緩和ケアセンターでした。

待っていたのは、一人の男性。

刃月恭介(椎名桔平)___5年前の、絹代の不倫相手とされた暴力団幹部です。

彼は、妙子と莉湖の企みをほぼ理解したうえで、彼は見守ってきたのだと言いました。

「ミスター・サマータイムとは、厳密にいえば私一人のことではない」

そう告白した彼は、もう一人の大切な仲間のことを示唆し、夏雄と二人で話すことを望みました。

刃月は5年前の不倫騒動で、写真が流出したことを詫びたのです。

その当時の彼は、病気が発覚し、余命宣告を受けて「最後にもう一度彼女に会いたくなって、会って、さよならを言いたかった」と言いました。

彼は貧しい家の生まれで不良少年となり、そのまま反社の世界に堕ちたのです。

そんな若い頃に出会ったのが若菜絹代でしたが、あっという間に大人たちによって引き離されてしまいました。

時を経て…いざ、死を目の前にして…彼が望んだのが絹代との再会です。

それが死にゆく者への同情であったとしても…。

そんな刃月に、その当時絹代を送り迎えしていたのは自分だったのだと、夏雄は告白しました。

「解っていました…絹代の心の中に、ずっと貴方という存在がいたことは…」

絹代が、本当に愛したのは貴方だけです、と夏雄は断言したのです。

全てを操っていたのは国東でした。

その指示で夏雄と絹代は結婚し、絹代は『妻』の役を演じていたのです。

しかし、夏雄は一緒に暮らし始めた絹代を好きになってしまいました。

それが叶うことのない片想いであったとしても悔いはない、と夏雄は言いました。

絹代を愛しているからこそ、彼女が愛しているもの、愛している人を愛することができるのだ、と。

その言葉を聞いて安堵した刃月。

「あなたと話せて、本当に良かった。さぁ…大事な話をしましょう」

そしてむかえた日曜日。

陽一は妙子に「しっかりな!」という言葉で送り出しました。

しかしその頃、本物の若菜絹代がセシルや安原に付き添われてテレビ局入りしていました。

国東らの指示でグリフが暗躍し、配信の準備を行っている妙子らはテレビやネットが遮断されてその動きに気付けません。

そして午後6時。

報道番組が始まると、絹代は『5年前に反社会勢力と不適切な接触を図っていたのは莉湖であり、偽物が謝罪会見を行ったのだ』と実名と写真を使って暴露したのです…!

豆ねこ

若村麻由美さんや木村佳乃さんの演技も楽しみ♪

【この素晴らしき世界】8話の考察と感想

考察/感想①妙子は、素敵なお母さん

妙子がクレバーな女性だということは作中で積み重ねられてきましたが。

その誠実さがじわりと表されていたのが家族会議のシーンです。

あきらが会社に行けなくなった理由を聞いて、正しいことと、そうでないことをきちんと理解し、判断できたことを認め、そして「あきらは間違っていない」と褒めました。

それは、決して親バカな言動ではなく、長年向き合ってきた息子の成長ぶりと、その真っ当さを喜んでいたのです。

『会社員』として清濁併せ吞むことを長年やってきた夫の陽一とは違った視点で、瞬時にそう言える妙子は凄いなと思います。

とても素敵なお母さんとして、彼女はそこに存在していました。

そんな彼女の考え方は莉湖を始めとしていろいろな人を巻き込み、小さなムーブメントを起こしました。

妙子自身がいう「普通の女の子」とはとても思えない求心力です。

芸能界に巣食う巨悪に対抗するなど、”普通”ではとても出来ない決断ですが。

それを思い立ってしまったとき、妙子の周りには凄い人材がスクラムを組んでいました。

どこにでもいそうなスーパーのパート主婦だった妙子。

そんな彼女がヒロインになった瞬間だったと思います。

考察/感想②夏雄のフェロモン

俳優としてだけでなく、トークバラエティなどでも稀有な才能を発揮している沢村一樹さん。

与えられた役割として『大女優・若菜絹代の夫』を演じ続けてきた夏雄の立場で、長い間芸能界の裏側を漂ってきた彼にも、絹代への確かな愛と、それなりの自我がありました。

だからこそ、妙子たちの計画にのって、沖野島を告発する企みにも参加してきたのです。

いつも素敵な佇まいで、妙子=若菜絹代をサポートしてきた彼でしたが、期待を裏切らないセクシーさがダダ洩れになった瞬間がありました。

それは、以前浜岡家のリビングで見せた上裸ではなく。

今回、ちらりと見えたくるぶしです。

莉湖の部屋に結集した協力者たちの前に立った彼のむき出しの足首。

白いスニーカーソックスからチラ見えした日焼けした肌はめっちゃフェロモンを感じさせるショットでした。

期待を裏切らないセクシーさ。

演出の巧みさを感じた瞬間でした。

そして絹代に対する誠実さ。

ちゃらいだけのイケオジかと思ったら、とんでもない…。

今回で夏雄のキャラクターの評価が爆上がりしたのは言うまでもありません。

考察/感想③ミスター・サマータイムの正体

まさか『不倫相手』とされた刃月がミスター・サマータイムだったとは!

意外過ぎて驚くと同時に、彼が言った『もうひとり』の存在が気になります。

若菜絹代を巡る二人、刃月と夏雄の対峙は本作でも注目すべき名シーンでした。

女優として存在してきた若菜絹代。

彼女は国東らが作り上げた虚像であり、果たすべき役割を与えられた籠の鳥でした。

若い頃からそうして生きてきた彼女でしたが、唯一その意志を持って動いたのが刃月との恋だったのかもしれません。

引き裂かれてしまった想いを宝物のように大切にしてきた絹代は、だからこそ『謝罪会見』を拒み、国外逃亡を図ったのでしょう。

刃月と夏雄の会話から、絹代のこれまで見えていなかった部分が詳らかにされてきました。

彼女は、寂しい人なのかもしれません。

しかし盲目的に国東の指示に従ってしまうところは、妙子とは対照的です。

次回、最終回。

安原と国東以外はみんなハッピーになってくれることを願っています。

【この素晴らしき世界】8話の口コミを紹介

https://twitter.com/yuri_mayu8813/status/1699789919592530049?s=20

いろいろ背負い込まされ、追いつめられる木村佳乃を見てて、つい「旦那さんも矢面に立たされてるし、大変だよな」と思ってしまった……。

結構面白かったから、終わっちゃうの残念((+_+))
ラストは絹代と若菜が入れ替わってて、2人と仲間たちで悪を成敗するスカッとするラストだと予想。

「死を前にして会いたくなった自分に憐れみだけで会ってくれた」と言うやくざ(椎名 桔平)と「本当に愛しているのはあなた、自分の妻を上手に演じてくれただけ」という夏雄(沢村一樹)。罵倒し合うのかと思いきや、若菜絹代を愛する2人の男たちがなんとも潔くカッコいい

夏雄さんの本心。
切なすぎて涙出そうだった。
究極の片思いだね。
優しい人なんだ。
揺るぎない愛情と自信に満ちた目だった。

【この素晴らしき世界】キャスト(出演者)は?

『この素晴らしき世界』のキャスト(出演者)を紹介します。

https://twitter.com/minmi_311/status/1674601747812323329?s=20
  • 浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん
  • 若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)
  • 水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん
  • 比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん
  • 室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん
  • 西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん
  • 安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん
  • 浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん
  • 浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん
  • 育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん
  • 真由美(まゆみ)役:猫背椿さん
  • 蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん
  • 大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)
  • 浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん

夫と息子と暮らすどこにでもいるような主婦で、スーパー『ラビットマート』でパート従業員として働いている。これまで子育てとパートに追われ、趣味も何もなくただ生きてきた。ある日突然、容姿だけでなく声も似ているということで失踪した大女優・若菜絹代の替え玉としてスカウトされ、人生が一変する。

若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)

『プロダクション曼珠沙華』に所属する大女優で、夫は水田夏雄。数々の映画やドラマに出演し人気があるが、裏では”悪魔”と恐れられるほどワガママ放題。数年前のスキャンダルが表に出て謝罪会見に追い込まれるが、会見に出るのが嫌で失踪する。

水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん

若菜の夫で、元は売れない俳優。結婚してからはヒモ夫となる。雰囲気はどこかチャラい。若菜になりすますことになった妙子に、女優の振舞い方などを優しくレクチャーする。

比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん

芸能事務所『プロダクション曼珠沙華』の社長。創業者である父が倒れ、急きょ社長に就任した。事務所存続のため、若菜からひどい言葉を浴びせられ続けても耐えてきた。若菜が失踪したことで対応に追われる。

室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜の付き人。仕事のできる優秀な人物だが、3年もの間、若菜に虐げられ続けてきたため、若菜のことを”悪魔”と言う。妙子が若菜になりすます際には、若菜のプロフィール情報をまとめるなどしてフォローする。

西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜のチーフマネージャー。若菜にそっくりな妙子を見つけ、なりすましを依頼する。妙子の女優生活をセシルと共にフォローする。

安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん

『プロダクション曼珠沙華』の副社長。突然社長になった莉湖をフォローしている。なりすましを迷う妙子に対し、金をちらつかせて決断させる。

浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん

妙子の夫で、印刷会社に勤務している。妻である妙子に全くの無関心。家事を全くせず、一人では何もできない。会社では若手社員の扱いに苦戦している。

浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん

妙子と陽一の息子。社会人1年目にもかかわらず、出社せずに公園で時間をつぶすサボリーマン。妙子に対して冷たい態度をとるが、見た目や雰囲気の変化を敏感に感じ取る。

育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん

『ラビットマート』で働く新米パートで、妙子のパート仲間。手際が悪い上に、仕事を教えてもらってもメモも取らず覚える気もない様子。誰にも言えない秘密を抱えている。

真由美(まゆみ)役:猫背椿さん

『ラビットマート』で働く妙子のパート仲間。妙子とは気が合い、家族の愚痴などをよく話している。夫と離婚することを考えている。

蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん

学生起業家で、数社の代表取締役を務めている。ITの天才で、抜群のプログラミングスキルを持つ。あきらと出会い仲良くなり、仕事仲間に誘おうとする。

大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)

ヘアメイクアップアーティスト。若菜になりすます妙子のヘアメイクを担当する。

浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

敏腕弁護士。ある人の依頼で『プロダクション曼珠沙華』を訴えようとする。

まとめ【この素晴らしき世界】8話のネタバレ考察!敵と直接対決へ!!感想や口コミは?

この記事では、『この素晴らしき世界』第8話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も要チェックだね!

今なら沢村一樹さん出演ドラマ『ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者』や、木村佳乃さん出演ドラマ『僕のヤバい妻』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料お試し視聴ができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

\無料期間中の解約OK/

『U-NEXT』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次