MENU
\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

【この素晴らしき世界】最終回のネタバレ考察!感想や口コミは?

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

若村麻由美さんが主演する月9ドラマ『この素晴らしき世界』の最終回(第9話)が、2023年9月14日(木)夜10時から放送されました。

ドラマ『この素晴らしき世界』は、どこにでもいるような平凡な主婦が、ある日突然、失踪した大女優になりすまして、違う世界へと飛び込んでいく…というストーリーです。

最終回は、沖野島の起こした犯罪を暴露すべく、妙子や莉湖・夏雄たちに加え陽一やあきらも一致団結して動画生配信の計画をすすめますが、一方で安原は妙子たちの計画を潰そうと動き…と言う展開になります。

豆ねこ

最後まで目が離せない展開となりました!

この記事では、ドラマ『この素晴らしき世界』の最終回(第9話)のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『この素晴らしき世界』
最終回放送日9月14日(木) 夜10時~
放送局フジテレビ
脚本烏丸マル太
全放送回数全9話
主題歌小田和正『what’s your message ?』
出演若村麻由美、木村佳乃、マキタスポーツ、沢村一樹ほか
ドラマ『この素晴らしき世界』概要

『この素晴らしき世界』関連記事

目次

【この素晴らしき世界】最終回ネタバレあらすじ

最終回放送日
2023年9月14日(木)

浜岡妙子(若村麻由美)、比嘉莉湖(木村佳乃)、水田夏雄(沢村一樹)たちは沖野島紀明(吉田宗洋)が起こした犯罪を暴露することを決意。陽一(マキタスポーツ)やあきら(中川大輔)、育田詩乃(平祐奈)、蒼井蛍(永瀬莉子)、浅野俊徳(佐戸井けん太)らの協力も得て一致団結して計画を進めていた。若菜絹代(若村・二役)の不倫相手で、妙子に助言を送っていたMr.Summer timeこと刃月恭介(椎名桔平)も背中を押してくれている。さらに妙子たちは暴露サイトを運営するグリフ(久保山知洋)にも協力をあおぎ、次の日曜の24時から動画生配信を決行することに。
しかし、妙子たちの行動はグリフを通じて安原光顥(西村まさ彦)に筒抜けだった。沖野島の犯罪を隠蔽した國東統次郎(堺正章)に事情を話した安原は、同じく裏事情を知るテレビ局専務、堂道(ふるごおり雅浩)に、日曜日の夕方に放送される同局のニュース情報番組のコーナーに若菜絹代本人を出演させるよう頼む。そこで、現在世間に若菜として顔を出している人物が偽物だと告発させ、妙子たちの計画をつぶすことをもくろんでいた。
妙子たちと安原たちの思惑がぶつかり合う中、日曜日を迎える。妙子たちは莉湖の自宅で配信準備を始め、そこには櫻井佳音(葉月ひとみ)の姿もあった。一方、テレビ局のスタジオでは、安原や室井セシル(円井わん)たちが見守る中、若菜のコーナーが始まる。莉湖の家ではグリフが妙子たちに番組を見せまいと必死になり…。

ドラマ公式HPより

この記事は最終回のネタバレを含みます!

ネタバレ①生放送が始まる。

沖野島(吉田宗洋)の事件の告発を暴露系サイトからネット配信で行おうとしていた妙子(若村麻由美)や莉湖(木村佳乃)らに先んじて、妙子が演じる絹代を偽物だとテレビの生放送で告発しようと試みた本物の若菜絹代(若村麻由美)。

暴露系サイト運営者のグリフ(久保山知洋)は妙子らにその放送を見せないために懸命になっていましたが…。

帝都テレビでは日曜の18:00にその生放送が始まりました。

「こんばんは、若菜絹代です」

大女優然とした貫禄のあるその声はスタジオを支配し、皆がその発言に注目していました。

彼女はリハーサルとは異なる原稿を読み始めました。

その頃、アイドルの七瀬ほのか(足川結珠)もまた、ファンに対してライブ配信を始め、「帝都テレビの放送を見て欲しい」と訴え始めました。

絹代はデビュー以来ずっと自由のない理不尽な状況に置かれており、その世界から逃げようとしていたこと、そして今なお、自身と同じように苦しめられている若い世代がいるのだと訴えました。

若き日の彼女を青森の田舎で見出し、”若菜絹代”という女優を作り出したのが映画界の巨匠・国東監督(堺正章)であり、その強大な権力によって苦しめられている人が沢山いるのだという事実を明らかにしたいというのです。

そして、自分自身でその人生を一度壊してしまう必要がある…と考えた、とも。

その様子を見て、安原(西村まさ彦)は放送を中止させようとしましたが、既に同じ内容の動画がほのかのサイトからライブ配信されていました。

スタジオの中には沢山の隠しカメラが仕込まれていたのです。

絹代はアイドルの女性が急性の薬物中毒で亡くなった事件を語り始めました。

グリフは莉湖らによって監禁され、沖野島の個人情報と事件の詳細なデータが蛍(永瀬莉子)によって暴露されたのです。

そして、スタジオに一人の女性が現れました。

それこそが本物の”若菜絹代”でした。

カメラの前で語っていた絹代は、妙子だったのです。

ネタバレ②もう一人の『ミスター・サマータイム』

絹代=妙子が、国東が巨大な権力を駆使して沖野島の事件を隠蔽したことまで喋ったところで、安原は気づきました。

今回の暴露の段取りを組んだのがセシル(円井わん)だったのです。

そして、画面の中にいた絹代=妙子の手には、沖野島のバッグの中にあったはずの違法ドラッグが…!

沖野島の悪事の全てがワールドワイドに晒され、セシルは莉湖の傍で微笑んでいました。

彼女はこのために、莉湖たちを裏切って見せて、安原サイドに潜り込んでいたのです。

そして、刃月恭介(椎名桔平)が紹介してくれた、もう一人の『ミスター・サマータイム』がセシルでした。

沖野島が薬物を飲ませて死なせたアイドルが、セシルの姉だったのです。

その死の真相を知りたくて、セシルはマネージャーとして芸能界に入ったのでした。

そしてもうひとり、本物の若菜絹代もセシルに協力していたのです。

「セシルは、私のマネージャーだから!」

刃月の前で、初めて絹代と対面した妙子でしたが。

「貴女にお願いがあるのよ。私、”若菜絹代”の殻を破りたいの。だから、私が言いたいことを代わりに読んで欲しい」

そうして手渡された紙を、妙子はカメラの前で読み上げ、そして言葉を尽くして語り掛けました。

若い世代に、こんな世界を引き渡してはいけない。

この世界には悪意のある人間がいる…だけど、私たちの問題は、多くの人たちがそれに気づいているのに、何も変えられない…ということ。

こんなよくわからない世界に自分を合わせていく必要などない。

人は、誰でも『自分の人生の選択をする権利』を持っている。

たとえ親でも、それを奪うことはできない。

自分で必死に考えて、自分自身で決めて、歩き出さなければいけないのだ、と。

懸命に語る絹代=妙子の真剣な眼差し___その瞳は潤んでいました。

「この世界は、本当に素晴らしいのだと…!」

その言葉に、スタッフたちは心からの拍手を送っていました。

「お前たち、何をしでかしたか解ってるのか?」

安原にそう問われて、夏雄は笑っていました。

そして国東に絹代が「(妙子に)私が芝居をつけたの」と言ったのです。

そんな彼女に「続けてみたらどうだ?」と言う国東。

夏雄(沢村一樹)は、大役を果たした妙子を抱きしめて「お疲れさまでした」と言いました。

それを見て、周囲は笑っていたのです。

その頃、陽一(マキタスポーツ)は自宅の窓から花火を見ていました。

「夏が終わるなぁ」と呟いて。

ネタバレ③そして、それからの彼らは…

翌朝から何か世界が変わるかと思ったら、特に何が起こるわけでもなく。

それぞれの日常が戻ってきたかのようです。

沖野島は警察に呼ばれ、安原ら上層部がごっそり抜けたプロダクション曼殊沙華の先行きはまだ不透明ではありましたが…。

セシルは姉の墓前で妙子と莉湖に詫びました。

そんな彼女を、妙子は「よく頑張ったねぇ」と労ったのです。

セシルは、以前妙子と介護施設で一緒に働いていた同僚の娘でした。

幼かったセシルと姉は妙子のことが大好きで、妙子が若菜絹代に似ていたことから、絹代本人のファンになり、そしてプロダクション曼殊沙華に入社したのです。

そのオフィスでは顧問弁護士として浅野(佐戸井けん太)が紹介され、社員たちに莉湖が事件のことを説明し、ゼロからもう一度前を向いて頑張っていきたいと語りました。

櫻井佳音(葉月ひとみ)も会社に戻ってきて、セシルと一緒に現場に出るようになっていたのです。

あきら(中川大輔)は会社を辞めて、蛍(永瀬莉子)とあらたにビジネスを立ち上げることになりました。

ラビットマートのパート生活に戻った妙子と詩乃(平祐奈)は、真由美(猫背椿)に夫の浅野弁護士の浮気の証拠を手渡し…やっと、彼女はモラハラ夫をぶっちぎって離婚できたのです。

妙子は相変わらず陽一が丸めて脱いだ靴下に悪態をつく日々です。

一年経って、妙子がいつも通りラビットマートのバックヤードにいたとき、彼女の前にセシルと西條(時任勇気)が現れ、「いましたあああああああああ!」という絶叫と共に連行されたのです。

「若菜、またいなくなっちゃってさぁ…またお願い出来るよねぇ」

そう言って夏雄が車を出しました。

映画の撮影、ギャラは10万ドル=1000万円越え___そして現場はロサンゼルスです。

凄まじい無茶ぶりに「絶対無理だからああああああああ!」と叫ぶ妙子でしたが。

車はレインボーブリッジを渡り、一路成田空港を目指していたのです。

豆ねこ

若村麻由美さんの演技が素晴らしかった~♪

【この素晴らしき世界】最終回の考察と感想

考察/感想①毎回のラストから次への展開が巧い!

前回(8話)のラストで、莉湖と妙子が暴露生配信しようと密かに準備を進めるなかで、安原らが本物の絹代を使って先んじてテレビの生放送で都合の良い情報を流そうとしている___かのようにリードしていましたが。

一週間ドキドキさせておいて、この展開は凄い!と思わせる流れでした。

脚本と演出、素晴らしかったですね。

前回、せっかく入手できた沖野島の薬物入りの鞄がセシルに奪われ、彼女が安原側に付いたのだという絶望的な状況からの、起死回生の生配信→6時間早くテレビで放送して莉湖と妙子を叩き潰す!という安原たちの陰謀にドキドキしていましたが、あれよあれよという間に形勢が見事に逆転していく様子は圧巻でした!

ほぼ毎回のように、何らかの種を撒いておいて一週間引っ張り、一瞬で作品世界に没入させてくれる、そんな展開が用意されており、本当に楽しませてもらいました!

考察/感想②暗躍する女・セシル

8話で莉湖を裏切り、安原の新会社に移ることを選択したセシル。

しかし、その実態は沖野島に殺された姉の事件の真相を探るために莉湖と妙子を騙していた、ということ…彼女こそが刃月恭介と共に妙子に示唆を与え、励まし続けたもう一人の『ミスター・サマータイム』でした。

そして昔の妙子を知っていたという事実。

1話から、常に仏頂面だったセシルが今回の暴露ミッションの成功を見届けて微笑んだ時、彼女もまたこの作品のヒロインだった、と感じました。

妙子たちは、セシルの手のひらの上で操られていたも同然です。

さまざまな因縁が絡み合っていた本作で、何年も前からいろんなことを探り、道筋をつけ、そして多くの人を手繰り寄せて操り、復讐を果たした…そんな物語の軸になっていたのがセシルでした。

彼女がいる限り、プロダクション曼殊沙華はきっと大丈夫。

セシルは絹代のことを『悪魔』と呼んでいましたが。

そんな我儘大女優・若菜絹代が認めた敏腕マネージャーなのですから、この世界に入った動機はさておき、セシルはきっとこれから先もバリバリ働いていくんだろうな、という予感でいっぱいでした。

考察/感想③予想を超えたどんでん返し!

冒頭の帝都テレビのスタジオで原稿を読み始めた絹代の表情が少しずつ変わっていき…「あれ?これは妙子では?」と思ったら…やはり、妙子と絹代が入れ替わっていました。

その時点で『???』となりましたが。

凄いどんでん返しが待っていましたね。

このまま安原と国東にねじ伏せられ、莉湖や妙子、そしてプロダクション曼殊沙華のみんなはなすすべもなくやられてしまうのだろうか…?と思ってドキドキしていたら、その反撃は本当に鮮やかで、素晴らしいものでした。

ほのかとの連携や、騙されたふりをしてグリフを監禁し、凄い勢いで威嚇する櫻井佳音など、ほぼオールスターキャストでみんな活き活きと活躍していました。

これまでに撒かれた種が見事に花開き、凄まじい密度で伏線を回収して「あーーー…面白かった!」と言えるドラマは最高です。

これだけの密度で作り込みをしておきながら、消化不良を起こす余地が全くない!

素晴らしかったと思います。

妙子のキャストさんは当初別の女優さんでしたが。

若村麻由美さんでドンピシャでした。

まるで当て書きしたかのようなシンクロ具合で、普通のパート主婦(というには相当な美人でしたが)と大女優の二役(実際には妙子が演じる絹代、と言う中間のキャラクターも存在するのでほぼ三役)を見事に演じ分け、最終回ではその「ちょっとの違い」までを表現する細やかさでした。

「ああ、もうダメかも…」「えー…どうなっちゃうの?!」というところからの凄まじい巻き返し、そして大団円!

今季トップクラスのラストシーンでした。

【この素晴らしき世界】最終回の口コミを紹介

この素晴らしき世界、終わった。
毎週楽しみに観ていた女優若村麻由美さんが好きで、
この女優さんもいろんなことがあったけど、なんか…好き

この素晴らしき世界、期待に反して本当に楽しく見た…そもそも鈴木京香さんから若村麻由美さんに急遽変わったことも忘れていたぐらい若村さんのドラマだった!!他の方もそうだけど普段よく見てるドラマや映画の若手の主役の親役、上司役、悪のドン、みたいな世代が主役して

「この素晴らしき世界」面白かった。どこに進んでいくのかなって途中中だるみしたけど、最終回は感動しちゃった。体調不良で降板した女優さんには気の毒だけど、若村麻由美さんが良かったし、木村佳乃さんとのコンビもすごく合ってたみたい。来週は特別編だそうで、また楽しみ!

なんか…流して見てた間に最終回来たけど、個人的にわりと良かった、この素晴らしき世界。と思ったら、来週早速特別編か。楽しみ!

脚本、良かった。プロデューサーが作ったとは驚き。 テンポ感も良かったし、妙子も、妙子版若菜絹代も、本家若菜絹代も、それぞれのキャラがよく見えた。 何より、妙子のセリフにはときめくものがたくさんあった

面白かったなあー この素晴らしき世界。メーセージも今も今までも大事なメッセージだったし終わり方も好き

【この素晴らしき世界】キャスト(出演者)は?

『この素晴らしき世界』のキャスト(出演者)を紹介します。

https://twitter.com/minmi_311/status/1674601747812323329?s=20
  • 浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん
  • 若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)
  • 水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん
  • 比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん
  • 室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん
  • 西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん
  • 安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん
  • 浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん
  • 浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん
  • 育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん
  • 真由美(まゆみ)役:猫背椿さん
  • 蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん
  • 大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)
  • 浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

浜岡妙子(はまおかたえこ)役:若村麻由美さん

夫と息子と暮らすどこにでもいるような主婦で、スーパー『ラビットマート』でパート従業員として働いている。これまで子育てとパートに追われ、趣味も何もなくただ生きてきた。ある日突然、容姿だけでなく声も似ているということで失踪した大女優・若菜絹代の替え玉としてスカウトされ、人生が一変する。

若菜絹代(わかなきぬよ)役:若村麻由美さん(二役)

『プロダクション曼珠沙華』に所属する大女優で、夫は水田夏雄。数々の映画やドラマに出演し人気があるが、裏では”悪魔”と恐れられるほどワガママ放題。数年前のスキャンダルが表に出て謝罪会見に追い込まれるが、会見に出るのが嫌で失踪する。

水田夏雄(みずたなつお)役:沢村一樹さん

若菜の夫で、元は売れない俳優。結婚してからはヒモ夫となる。雰囲気はどこかチャラい。若菜になりすますことになった妙子に、女優の振舞い方などを優しくレクチャーする。

比嘉莉湖(ひがりこ)役:木村佳乃さん

芸能事務所『プロダクション曼珠沙華』の社長。創業者である父が倒れ、急きょ社長に就任した。事務所存続のため、若菜からひどい言葉を浴びせられ続けても耐えてきた。若菜が失踪したことで対応に追われる。

室井セシル(むろいせしる)役:円井わんさん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜の付き人。仕事のできる優秀な人物だが、3年もの間、若菜に虐げられ続けてきたため、若菜のことを”悪魔”と言う。妙子が若菜になりすます際には、若菜のプロフィール情報をまとめるなどしてフォローする。

西條隼人(さいじょうはやと)役:時任勇気さん

『プロダクション曼珠沙華』社員で、若菜のチーフマネージャー。若菜にそっくりな妙子を見つけ、なりすましを依頼する。妙子の女優生活をセシルと共にフォローする。

安原光顕(やすはらみつあき)役:西村まさ彦さん

『プロダクション曼珠沙華』の副社長。突然社長になった莉湖をフォローしている。なりすましを迷う妙子に対し、金をちらつかせて決断させる。

浜岡陽一(はまおかよういち)役:マキタスポーツさん

妙子の夫で、印刷会社に勤務している。妻である妙子に全くの無関心。家事を全くせず、一人では何もできない。会社では若手社員の扱いに苦戦している。

浜岡あきら(はまおかあきら)役:中川大輔さん

妙子と陽一の息子。社会人1年目にもかかわらず、出社せずに公園で時間をつぶすサボリーマン。妙子に対して冷たい態度をとるが、見た目や雰囲気の変化を敏感に感じ取る。

育田詩乃(いくたふみの)役:平祐奈さん

『ラビットマート』で働く新米パートで、妙子のパート仲間。手際が悪い上に、仕事を教えてもらってもメモも取らず覚える気もない様子。誰にも言えない秘密を抱えている。

真由美(まゆみ)役:猫背椿さん

『ラビットマート』で働く妙子のパート仲間。妙子とは気が合い、家族の愚痴などをよく話している。夫と離婚することを考えている。

蒼井蛍(あおいほたる)役:永瀬莉子さん

学生起業家で、数社の代表取締役を務めている。ITの天才で、抜群のプログラミングスキルを持つ。あきらと出会い仲良くなり、仕事仲間に誘おうとする。

大木戸らん(おおきどらん)役:谷田部俊さん(我が家)

ヘアメイクアップアーティスト。若菜になりすます妙子のヘアメイクを担当する。

浅野俊徳(あさのとしのり)役:佐戸井けん太さん

敏腕弁護士。ある人の依頼で『プロダクション曼珠沙華』を訴えようとする。

まとめ【この素晴らしき世界】最終回のネタバレ考察!感想や口コミは?

この記事では、『この素晴らしき世界』最終回(第9話)のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

最後まで要チェックだね!

今なら沢村一樹さん出演ドラマ『ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者』や、木村佳乃さん出演ドラマ『僕のヤバい妻』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料お試し視聴ができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

\無料期間中の解約OK/

『U-NEXT』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次