MENU
\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

【ハヤブサ消防団】1話のネタバレ考察!感想や口コミは?桜屋敷の住人

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

中村倫也さんが主演する池井戸潤さん原作のドラマ『ハヤブサ消防団』の第1話が、2023年7月13日(木)夜9時から放送されました。

『ハヤブサ消防団』は、都会から田舎の町・ハヤブサ地区へと引っ越しきたミステリー作家の青年が、町で起きた怪事件をきっかけにハヤブサ地区の謎と闇に迫るミステリーとなっています。

豆ねこ

池井戸潤さん原作ミステリー
ドラマも話題となりそうですね♪

この記事では、ドラマ『ハヤブサ消防団』の第1話のあらすじ・ネタバレ考察や、ドラマを見た視聴者の感想を紹介します。

ドラマタイトル『ハヤブサ消防団』
1話放送日7月13日(木) 夜9時~
放送局テレビ朝日系
脚本香坂隆史
全放送回数全9話
主題歌『命日』ちゃんみな
出演中村倫也、川口春奈、満島真之介、山本耕史、生瀬勝久ほか
ドラマ『ハヤブサ消防団』概要
あかり

『ハヤブサ消防団』関連記事

目次

【ハヤブサ消防団)】1話ネタバレあらすじ/桜屋敷の住人

第1話放送日
2023年7月13日(木)

亡き父の故郷、長閑な“ハヤブサ地区”に移住したスランプ気味の作家・三馬太郎(中村倫也)は、地元の消防団員である藤本勘介(満島真之介)らと出会う。その直後、遭遇した火災現場で彼らの必死の消火活動を目の当たりにした太郎は、自分もハヤブサを守りたいという思いに駆られ、消防団への入団を決意。そして、この火災が連続放火である可能性を知り…⁉そんな中、太郎はミステリアスな女性・立木彩(川口春奈)に出会い…⁉

Yahoo!TV番組表より引用

この記事は第1話のネタバレを含みます!

ネタバレ①ミステリー作家・三馬がハヤブサ地区へ

ミステリー作家の三馬は、5年前に明智小五郎賞を受賞し作家に専念しました。しかし続けてヒット作が出ず、新作に取り掛かるもなかなか筆が進まず行き詰っていました。そんな時、父の遺産相続をしてそのままになっていた一軒家の売却依頼の書類が届きます。三馬は5歳の頃から行ったことのなかった家を見に行ってみることにしました。父の家はハヤブサ地区にありました。コンビニもなく、近くの商店に行くにも車が必要な場所です。自然豊かな土地に心奪われた三馬は、東京からハヤブサへ引っ越すことを決めました。引っ越しが済み掃除をしていると、勘助が家にやってきます。寄り合いがあると誘われて行ってみると、男たちが集まってきて消防団の勧誘を始めます。分団長は「俺たちがハヤブサを守らないといけない」と熱く語りました。しかし消防団の経験もなければコミュニケーションが苦手な三馬は断ります。

ネタバレ②ハヤブサで火事が発生!

勘助と三馬が釣りに出かけている時、勘助に火事の連絡が入りました。ハヤブサ消防団の出番です。三馬がハヤブサを訪れた時に世話してくれた波川の家が火事になっていました。三馬はあっけにとられながらも、勘助の指示で消火活動を手伝います。消防団のメンバーが波川の妻を火事現場から助け出した瞬間、家が崩れました。今年に入って3軒目の火事でした。漏電が原因と言われていますが連続放火だろうと、ハヤブサ消防団のメンバーは話しました。

後日、浪川は妻と共に妻の実家へ行くことを伝えに来ます。そして三馬に「これからも面白いの書いてよ、楽しみにしてる」と言い帰っていきました。三馬が5歳の頃に話を書いていたことを波川から聞き、三馬は「ハヤブサは僕が守る」と書いていたことを知ります。それからスランプだったのがウソのように原稿を仕上げることができました。「面白い!最高です。まるで覚醒したかのようだ」と編集の中山に褒められました。三馬は消防団の仲間に入りたいと申し出ます。

ネタバレ③浩喜という男

浩喜という男が波川の家に火をつけたのではないかと聞き、三馬は浩喜の家を訪れます。「何をしている」と話しかけられた三馬は咄嗟に「野菜を育ててみようかと思って。綺麗にされていますね。」と応えました。「何を作るんだ」と聞かれた三馬は「茄子やきゅうりを作ってみようかと」と答え帰っていきました。

浩喜は三馬の家へ茄子ときゅうり、肥料をもってきました。三馬は浩喜の行動に驚きます。浩喜が波川の火事は放火なのかと尋ねます。三馬は「まだなんとも言えないが可能性はある」と言うと、浩喜は帰ろうとします。三馬が感謝を伝えると、浩喜は「ハヤブサはどうだ?」と聞きました。「越してきてよかったです」という三馬に浩喜はにっこりと微笑み去って行きました。

しばらくして、消防団としての活動で行方不明者の捜索を行うことになりました。捜索対象は浩喜です。浩喜は3日前から帰っておらず、山道に車が放置され、車内に財布とスマホが入ったバックがありました。川で浩喜の服が見つかり、川の上流の滝つぼへ行って捜索活動をしていると、勘助が滝底に何かを触ったような感覚になりました。しばらくすると、浩喜が浮かび上がってきました。

豆ねこ

中村倫也さん主演の池井戸潤ミステリー!
どのような謎や闇があるのか気になるね!

【ハヤブサ消防団】1話の考察と感想

考察/感想①癖のありそうなキャラクターたち

ハヤブサ消防団のメンバーそれぞれも癖のありそうな雰囲気がプンプンしました。まだほとんどセリフがなかったキャラクターもいますし、役者も個性的な演技をする方々ばかりなので面白くなりそうです!

考察/感想②放火がテーマかと思いきや殺人事件!?

最初は放火がテーマなのかと思っていましたが、殺人事件に発展していて驚きました。もし浩喜が放火犯だったら話が終わってしまいますよね?浩喜に気づかれてしまった放火犯が殺したのでしょうか…。謎が深まります。

考察/感想③浩喜の笑顔にキュン

みんなから怖がられて避けられていた浩喜でしたが、「ハヤブサはどうだ?」と三馬に聞いた後の笑顔がとても素敵でした。『あっ、実はハヤブサのことを思ってたいい人なのかも』なんて思っていたので、亡くなってしまって残念でした。

【ハヤブサ消防団】1話の口コミを紹介

https://twitter.com/takamakamo/status/1679478499667763200?s=20
https://twitter.com/_____fasatto/status/1679478466021048320?s=20

ハヤブサ消防団おもしろかったー!後で見ようと思ってリアタイ10ふんくらいしかみてないけど!火事のとこから。消火するシーンがドキュメンタリーみたいでヒヤヒヤした

ハヤブサ消防団、初回を見た感想
まあまあ、やや無気味なシーンが多かったが、次回も見たい
山本耕史、梶原善の演技は良い
一番感心したのが満島
川口春奈の評価はまだ早い

ハヤブサ消防団めちゃめちゃ面白い!!!!!
ミステリーといいつつホラーみもあって
私の大好きなジャンル!!!!!
これは今期ドラマリアタイ決定です!!!!!
ハヤブサ消防団だけは絶対にリアタイする!!!!!

第1話。初回は人物紹介程度。いかにも謎が多そうなハヤブサ。消防団は田舎の警察という感じか?消防団が謎に立ち向かう。放火の犯人は誰か?まだそんな程度。あまりワクワク感は無い。ちょっと物語のテンポがスローかな?

豆ねこ

初回放送から泣いてしまった・・

【ハヤブサ消防団】キャスト(出演者)は?

『ハヤブサ消防団』のキャスト(出演者)を紹介します。

  • 三馬太郎(みまたろう)役:中村倫也さん
  • 立木彩(たちきあや)役:川口春奈さん
  • 藤本勘介(ふじもとかんすけ)役:満島真之介さん
  • 真鍋明光(まなべあきみつ)役:古川雄大さん
  • 徳田省吾(とくだしょうご)役:岡部たかしさん
  • 森野洋輔(もりのようすけ)役:梶原善さん
  • 宮原郁夫(みやはらいくお)役:橋本じゅんさん
  • 中山田洋(なかやまだひろし)役:山本耕史さん
  • 山原賢作(やまはらけんさく)役:生瀬勝久さん
  • 江西佑空(えにしたすく)役:麿赤兒さん
  • 映子(えいこ)役:村岡希美さん
  • 山原展子(やまはらのぶこ)役:小林涼子さん
  • 賀来武彦(かくたけひこ)役:福田転球さん
  • 村岡信蔵(むらおかしんぞう)役:金田明夫さん
  • 波川志津雄(なみかわしづお)役:大和田獏さん
  • 山原浩喜(やまはらひろき)役:一ノ瀬ワタルさん

三馬太郎(みまたろう)役:中村倫也さん

ミステリー界の新星として30歳で“明智小五郎賞”を獲得したものの、2作目以降は不遇な作家生活を送っている。都会の生活に嫌気がさし、亡父とゆかりのある自然に囲まれた“ハヤブサ地区”へ移住することに。そこでのんびりとした暮らしを夢見ていたが、地元の消防団に入ったことで、連続放火事件に巻き込まれることになる。作家としての観察力と推理力で事件の真相を探ろうとするが、やがてハヤブサに隠された恐るべき陰謀に気づくことに…。

立木彩(たちきあや)役:川口春奈さん

太郎よりも少し前にハヤブサ地区へ移住してきた映像ディレクター。田舎ではその洗練された美貌が目を引いている。現在は映像系の専門学校の講師をしたり、ハヤブサ地区PRのための町おこしドラマ企画をすすめている。その脚本を依頼したことから太郎と急接近するが、実は誰にも言えない過去を秘めている。

藤本勘介(ふじもとかんすけ)役:満島真之介さん

太郎と同い年のハヤブサ消防団員。工務店で働きながら、消防団の活動にも参加している。太郎を消防団に引き入れた張本人で、明るく陽気な性格。しかし、空気を読めないところがあり、先輩たちに叱られることもしばしば。ハヤブサ地区の生まれ育ちで、故郷を愛している。連続放火事件の犯人を捕まえるために奮闘する。

真鍋明光(まなべあきみつ)役:古川雄大さん

太陽光発電の“ルミナスソーラー”の営業スタッフ。ハヤブサ地区の住民にソーラーパネルの設置を勧めている。引っ越してきたばかりの太郎にも営業に訪れる。太郎は彼に対して“ある疑念”を持っている。

徳田省吾(とくだしょうご)役:岡部たかしさん

ハヤブサ消防団の班長を務める呉服屋・一徳堂の2代目店主。消防団の中では珍しいインテリタイプで、骨董品収集が趣味。自分の動画配信チャンネルで骨董品の紹介をしているが、人気はない。気弱な性格で決断力に欠け、失敗してしまうタイプ。

森野洋輔(もりのようすけ)役:梶原善さん

役場の土木課に勤めるハヤブサ消防団の副分団長。消防団では中間管理職的存在で、賢作と郁夫のケンカをなだめる役目を担っている。副分団長という立場なのに、雑用もやらされている。

宮原郁夫(みやはらいくお)役:橋本じゅんさん

養鶏場の経営者している。ハヤブサ消防団の分団長。消防団のまとめ役で、強気な性格。賢作とは長年仲が悪く、よく口喧嘩している。町長にも物怖じしない。団員に対しても厳しいが、消火活動では一番頼りになる男。

中山田洋(なかやまだひろし)役:山本耕史さん

“草英社”の編集者で、太郎の担当。雑学に詳しく、好奇心が強い。太郎がハヤブサに移住した後も、打ち合わせを口実によく訪ねてくる。ハヤブサの事件に興味を持ち、自分の知り合いを使って、太郎に情報を教えてくれる。

山原賢作(やまはらけんさく)役:生瀬勝久さん

林業の仕事をしながら、ハヤブサ消防団の部長を務める。無口で怖そうな顔をしているが、消防団の古株として後輩たちを見守っている。ハヤブサに起こる事件に疑問を感じ、太郎と一緒に真相を明かすべく動くが…。郁夫とは小学校からの同級生だが、仲が悪い。

江西佑空(えにしたすく)役:麿赤兒さん

ハヤブサ地区の中心部にある「隋明治」の住職で、住民たちからの人望が厚い。

映子(えいこ)役:村岡希美さん

ハヤブサ地区に住んでいる初老の女性。夫に先立たれ、それ以降は大きな屋敷で一人暮らしをしている。

山原展子(やまはらのぶこ)役:小林涼子さん

太郎の家の物置にあった昔のアルバムに写っていた謎の女性。太郎は、特別なオーラを放つこの女性のことが気になる。

賀来武彦(かくたけひこ)役:福田転球さん

ハヤブサ地区にある「居酒屋サンカク」の店主。ハヤブサ消防団の協力団員でもある。

村岡信蔵(むらおかしんぞう)役:金田明夫さん

ハヤブサ地区がある八百万町の町長。ハヤブサ地区のことをなぜか嫌っており、消防団とは事あるごとに衝突する。

波川志津雄(なみかわしづお)役:大和田獏さん

ハヤブサ地区の住人。道に迷っていた太郎を親切にも案内してくれたが、その後大きな悲劇に見舞われる。

山原浩喜(やまはらひろき)役:一ノ瀬ワタルさん

ハヤブサ地区の住人。素行が悪く、若い頃から”札付きのワル”として恐れられていた。現在は更正したものの、住民たちからは煙たがられている。

まとめ【ハヤブサ消防団】1話のネタバレ考察!感想や口コミは?

この記事では、『ハヤブサ消防団』第1話のあらすじやネタバレ考察、感想・口コミ、そしてキャストについて紹介しました。

豆ねこ

次回の放送も要チェックだね!

今なら中村倫也さん主演ドラマ『石子と羽男』や『珈琲いかがでしょう』も国内最大級の動画配信サービス「U-NEXT」で無料トライアルができます。

まだ、登録していない人はサービスが終わってしまう前に、31日間の無料サービス期間中の解約も一切料金がかからない「U-NEXT」で損することなく今すぐお得に無料視聴してみてくださいね♪

\無料期間中の解約OK/

『石子と羽男』まずは無料視聴を試す >>

『U-NEXT』の動画配信サービスは見放題動画だけでも約26万本あります。また、動画だけでなく170誌の雑誌や61万冊の以上の電子書籍(その内40万作品が漫画)が読み放題という国内最大の動画配信サービスです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次